アコムカードローンの在籍確認のタイミングや電話での内容

消費者金融業者のカードローンキャッシングを利用する際には、必ずといっていいほど借り入れ審査があります。

その審査の中でも、申込者の勤務先に電話をする在籍確認の中で、アコムでキャシング利用をしていたことが会社の同僚などにバレてしまうのではと不安になるものです。

もちろん、アコムも他のカードローンや銀行系カードローンなどと同様に、申し込みから審査の流れの中で在籍確認は必ずなされます。(モビットの場合は、電話連絡はなし)

ここでは、アコムの在籍確認がいつどのようなタイミングで行われるのかについてまとめました。具体的に在籍確認時電話での内容や土日祝日の在籍確認、また派遣社員や自営業者の方が申し込み時にどの電話番号を登録したらいいのかについても詳しく解説いたします。

カードローン会社から在籍確認の電話が勤務先にかかってくることに抵抗がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

アコムの在籍確認はキャッシング申し込み審査時に必ず行われる

アコムではキャッシングの審査の際には、必ず在籍確認を行います。キャッシングの審査自体は他の消費者金融の審査とほぼ変わりません。

アコムでのカードローン申し込みの際には、氏名、住所、生年月日だけでなく勤務先や現在の借り入れ額などさまざまな個人情報を入力します。
そして、現在勤務している会社名や電話番号の他に、所属部署も入力することになります。
その情報を元にして、アコムの担当者がその勤務に在籍しているのかどうかを確認するために勤務先に必ず確認の電話をします。その電話での確認を在籍確認といいます。
アコムの在籍確認では、申込者本人が電話に出た時点で、在籍確認は終了になります。
たとえ、利用者本人が不在だったとしても勤務先に在籍している事実が確認できれば問題ありません。例えば、本人が外出中でも他の担当者が出て、不在の旨を伝えれば在籍確認は完了となります。

どうしても在籍確認が困難な場合に限り書類での提出が認められる

アコムでの在籍確認は、原則として申込者本人の勤務先への電話連絡になりますが、勤務先に電話をしても申込者本人に取り次いでもらえないような場合に限り、アコムの担当者の判断で電話以外の方法に変更してもらえることもあります。
電話以外の在籍確認として提案されるのは、下記の3つです。

  • 健康保険証(健康保険証)と直近の一か月分の給与明細書を提出する
  • 写真が付いた社員証を提出する
  • 雇用契約書を提出する

この中でも、申込者が提出しやすい書類ということで、勤務先が記載されている健康保険証と直近の1か月分の給与明細の提出することが一般的なようです。
勤務先への電話連絡が難しい場合には、事前にアコムの担当者に相談してみることをおすすめします。
アコムでの在籍確認ができない場合には、「アコムは勤務先への在籍確認なしでも借り入れできるのか」に詳しく記載しております。

土日祝日や夜間に在籍確認が必要なときは翌営業日に延期されることも

もし土日祝日や夜間にどうしてもお金が必要となり在籍確認してほしい場合でもアコムでは終日9:00~21:00の間であれば審査受付または、審査回答をもらうことができます。
(アコムでの審査受付けはインターネットまたは電話での申し込みの場合、24時間365日受付けています。)
審査受付時間審査回答時間の違いについては、「アコムの審査時間と審査結果」で詳しく解説しています。
ただし、土日祝日は申込者の会社が定休日など電話での在籍確認ができないこともあります。
土日祝日や夜間で在籍確認できない場合には、主に下記3つの対応となります。

  • 在籍確認での電話確認なしでカードローン審査を通過する
  • いったん仮の限度額が設定され在籍確認が翌営業日に行われる
  • 在籍確認がなく書類の提出を求められる
    (「在籍確認が困難な場合に限り書類での在籍確認も求められる」で記載)

それでは各項目を詳しくみていきましょう。

在籍確認での電話確認がなしでカードローン審査を通過するケースは少ない

信用情報の確認で消費者金融の利用がなく、審査状況全体として問題がない場合には、在籍確認なしで審査が通ることがありますが、あまりこのケースが採用されることはほぼないといってもいいでしょう。
なぜなら、勤務先の確認ができないため、アコムの申し込み条件の1つである安定した収入のある方という条件をは満たしていないからです。

いったん仮の限度額が設定され在籍確認が翌営業日に行われる

こちらのパターンは多いケースです。土日祝日にどうしてもお金を借りたいという方のために、一旦利用限度額10万円などの低い限度額で設定され翌営業日の在籍確認であらためて利用限度額が決まります。

上記の3つのパターンいずれかでも、土日祝日や夜間でもアコムからお金を借りることはできるわけです。つまり、勤務先がお休みだったとしても、土日祝日の即日融資が可能となるわけです。なお、アコムの即日融資については、「アコムで即日融資を受けるためのポイント」で詳しく解説しております。

どのタイミングで勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのか

在籍確認がされる時期は審査の終盤で行われる

それでは、アコムの在籍確認は審査のどのタイミングで行われるのでしょうか。
まず、アコムカードローンの申し込みから審査終了までの流れをみていきましょう。アコムカードローンの申し込みから審査完了までは下記の通りです。

  1. 申し込み
  2. 申し込み情報や信用情報の確認(利用状況)
  3. 本人確認の電話連絡
  4. 勤務先への在籍確認
  5. 審査終了

在籍確認は上記の通り、住所、氏名などの申し込み情報や借り入れ状況などの信用情報の確認が完了し、電話での本人確認後に行われます。
勤務先への電話の前に、必ず申込者本人にもメールまたは電話で連絡がきますので、その際に在籍確認について不安なことがあれば相談してみてもいいでしょう。
ただし、申込者の職場から人がいなくなってしまうので在籍確認を先にしてほしいと希望があった場合には、信用情報の確認や他社借り入れ状況の照合前に在籍確認をする場合もあります。

この場合も上記の審査流れと同様に一度、申込者本人に電話またはメールで連絡ととってから行いますので、申込者が知らないうちにアコムの担当者が申込者の勤務先に電話をされることはないでしょう。
なお、アコムの審査については、「アコムカードローンの審査の流れ」で、アコムの審査基準については、「アコムの審査基準と落ちた場合の対応策」で詳しく解説しています。

消費者金融名を名乗らずアコムの担当者が個人名でかつ非通知で電話をする

大手消費者金融業者であるアコムが勤務先に直接電話をするとなると不安な勤務先の人に知られてしまうのでないかと不安になってしまうと思いますが、安心してください。なぜなら、アコムでは在籍確認の電話をする際、アコムの担当者が社名を名乗ることや用件をいうことは一切ないからです。(アコムに限らず、大手消費者金融では在籍確認時に社名や商品名を名乗ることはありません。銀行系カードローンの場合には、担当者は銀行名を名乗ります。)

アコムの担当者は個人名でなおかつ非通知で電話をかけます。アコムの担当者が非通知で電話をしてくれるのは、電話に出られなかった場合に折り返してししまった時にアコムを利用していることがわかってしまう、また表示された番号を職場の同僚や上司に検索されアコムを利用していることがバレてしまうことを防ぐためです。
ただし、会社によっては非通知の電話を拒否しているところもあるので、その場合には番号通知で電話をかけます。
また、こちらから折り返しの電話をかけたときには、アコムの担当者は「ACサービスセンター」と名乗りますが、アコムを利用している方が周りにいる場合にはわかってしまいますので、気をつけましょう。

在籍確認の電話では申込者本人が不在でも勤務先が確認できた時点で完了となる

それでは、在籍確認の主な流れを説明いたします。
申込者本人が電話に出る場合と、本人が不在の場合の2つの場合で分けて解説いたします。

申込者本人が在籍確認の電話に出る場合

申込者本人が電話に出る場合に流れは下記のようになります。

    アコム担当者「斎藤と申しますが、○○さんはおりますか。」
    利用者本人「はい、私です。」
    アコム担当者「○○○○(フルネーム)様でしょうか。」
    利用者本人「はい、そうです。」

これで在籍確認は完了となります。
なお、別の従業員が電話に出た場合でも、本人に取り次いでもらえばいいわけです。

申込者本人が不在の場合

それでは、申込者本人が不在の場合はどのようになるのでしょうか。申込者本人が不在の場合には下記のようになります。

    アコム担当者「斎藤と申しますが、○○さんはおりますか。」
    従業員「○○は本日外出しております。」

これで在籍確認は完了です。つまり、本人が不在の場合でも勤務先に在籍していることさえ判明すれば在籍確認は完了となります。
もし、本人が不在の際に勤務先の従業員が「今はいない」や「休んでいる」と返答した場合には不在理由や休みなのか休職中なのかを判断できないためにアコムの担当者は具体的な不在や休みの理由を尋ねることになります。なぜなら、勤務先を退職した場合や退職した場合には融資ができないからです。しかし、在籍確認において電話した用件などの内容を勤務先に尋ねることはないので安心してください。

増額審査の際は基本的には在籍確認はなし

アコムでの利用限度額増額審査の際には、在籍確認は基本的にはありません。
ただし、アコムの別サービスへの申し込みや解約後再び申し込みをする場合には、再び在籍確認を行います。
また、増額申請の審査の際に、申込時の勤務先に変更があった場合には、あらためて在籍確認を行います。
なお、アコムの利用限度額増額については、「アコムでの利用限度額の増額方法」で詳しく解説しております。

派遣社員やアルバイトまたは自営業者の在籍確認はどのようにするのか

在籍確認の電話は申し込みの際に入力した勤務先の電話番号にかかってきます。
しかし、勤務先に複数の番号がある場合や派遣社員の場合、または自営業など自宅で仕事をされている場合などは申込時に勤務先の電話番号をどの番号を入れたいいのかわからなくなってしまうでしょう。このような場合、勤務先の電話番号はどのように記入したらいいのかを詳しくみていきましょう。

勤務先に複数の番号がある場合は代表電話を記載する

申込者の勤務先に代表番号や部署の番号あるいは複数の番号がある場合には基本的には代表番号を申込時に入力するのが基本です。ただし、本社以外の支店または店舗に勤務している場合には勤務している支店または店舗の電話番号を入力してください。
アコムでは、在籍確認前に申込者の携帯電話または固定電話に本人確認の電話を在籍確認が行われる前にしますので、その際に事前に部署の番号などを伝えて、そちらに電話してもらうようにしておくのもいいでしょう。

派遣社員は派遣元と派遣先の2つの番号を申込時に入力しておく

派遣社員は派遣元と派遣先のどちらの番号を申込時に入力するのか迷ってしまうと思いますが、基本的には派遣元の電話番号を入力したらいいでしょう。この場合、本人確認の際に申込者が派遣先の電話番号をアコム担当者に教えて、その後派遣先に在籍確認の電話がかかってくるという流れとなります。

自営業者の場合の在籍確認の電話は自宅へかかってくる

自営業や個人事業主など自宅で仕事をしている場合には自宅の固定電話の番号で問題ありません。
なお、自宅に固定電話のない場合には、申込者の携帯番号にかかってきます。

在籍確認時の要望は通るのか

アコムでは在籍確認を迅速に行うために申込者の希望に対応しています。それではどのようなことに対応しているのでしょうか。次の2つであれば対応しているとのことです

  • 在籍確認の日時を指定できる
  • 在籍確認の電話をする担当者の性別を指定できる

それでは、この2つをみていきましょう。

在籍確認の電話をする日時を指定できる

在籍確認をする日時の指定ができます。例えば、午前中は勤務先に誰もおらず電話に出ることができないなどの理由があれば、アコムの担当者の方で対応してくれることもあるでしょう。ただし、この日の●●時に在籍確認の電話をしてほしいといった希望には対応できません。

電話をする担当者の性別を指定できる

アコムでは在籍確認をする担当者の性別を指定することができます。勤務先に異性から電話がかかってくるのが不安な場合には事前にアコムに相談して、担当者の性別を指定してもらうといいでしょう。

ウソの用件や職場の特定に人につないでほしいという要望は通らない

一方、対応できないものとして主に下記の2つがあげられます。

  • 嘘の用件で電話をしてもらう
  • 職場の特定の人につないでもらう

これら2つの要望にはアコムでは対応していません。また、在籍確認を正当な理由なく拒否することや回避することも基本的にできません。

むじんくん(自動契約機)で申し込みした場合の在籍確認

アコムでは、むじんくんという自動契約機があります。こちらを使って申し込みや契約をすることもできます。
その場合、契約者本人がむじんくん(自動契約機)の前に座っているので、在籍確認の電話をしても本人が電話を取ることができません。
アコムではむじんくん(自動契約機)で契約した場合でも勤務先へ電話連絡が行われます。
その際には、前に述べた本人が不在の場合の同様に下記のような流れになります。

    アコム担当者「斎藤と申しますが、○○さんはおりますか。」
    従業員「○○は本日外出しております。」

これで在籍確認は完了です。
在籍確認は、本人が勤務先に不在であっても問題ないので、むじんくんで契約をするときも特に不安に感じる必要はないでしょう。
アコムの無人契約機(むじんくん)での、申し込みや審査、契約については、「アコムの無人契約機での申し込み・審査から借り入れまで」で詳しく解説しています。

勤務先の虚偽申告やアリバイ会社の利用は禁物

在籍確認の結果が原因でカードローンの審査に落ちてしまうことがあります。どのようなケースで審査に落ちてしまうのでしょうか。在籍確認の結果が原因でカードローンの審査に落ちてしまう主なケースは下記の2つです。

  • 虚偽の勤務先を申告した場合
  • 休職中の場合

それではこの2つのケースを詳しくみていきましょう。

虚偽の勤務先を申告した場合

申込時に虚偽の勤務先を申告した場合には審査に落ちてしまう場合は非常に高いです。例えば、退職した勤務先を入力することや実際は仕事に就いていないのもかかわらず知り合いの会社に頼んで在籍確認に対応してもらう、または無職や水商売(キャバ嬢や風俗関連)などの人に言いにくい仕事についている人を健全な会社に勤務しているようにみせかけるアリバイ会社を利用する場合です。上記にあげたすべてのケースでは、正確な勤務先の確認をすることができないためにたとえ収入があったとしても無職の扱いになる場合があるので、勤務先は必ず正しく申告しましょう。

勤務先を休職している場合

アコムでは休職中の場合は、安定した収入があるとはみなされず無職扱いとしてみなされます。この場合の休職には産休や育児休暇も含まれます。ただし、夏季休暇や年末年始休暇または有給を利用しての休暇に関しては例外です。担当者の判断にもよりますが、すぐに勤務先に復帰できる休暇であれば問題ないということです。

在籍確認の電話でアコムの利用がわかってしまうこともある

在籍確認の電話がアコムのオペレーターからかかってきたことで、勤務先の同僚や上司にキャッシングを利用していることがバレる可能性はほぼありません。それは、アコムの担当者は、必ず個人名で電話をかけてくるからです。電話に出た人が企業名を確認しても、決して名乗ることはありません。
もしアコムの利用がバレるとすれば、同僚や上司の中にカードローンを利用している人がいる場合です。カードローンを利用したことがある人は、勤務先への在籍確認の電話があることをわかっているからです。その際には、事前に在籍確認の電話がかかってきたときの言い訳を考えておくとよいでしょう。

在籍確認のときに勤務先で使える言い訳

在籍確認のときに職場で使える有効な言い訳は下記の2つです。

  • クレジットカードを作ったための在籍確認
  • 名刺交換した人からの連絡や保険・不動産などの営業電話

クレジットカードの在籍確認

クレジットカードを作った場合でも、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるケースがあります。
クレジットカードを持つことは社会的に認知されていますし、クレジットカードの審査ということであれば、悪い印象をもたれることはありません。
アコムの場合、カードローンの他にACマスターカードというカードローン機能が付いたクレジットカードも発行しています。
このACマスターカードは申し込み・審査はアコムのカードローンと同様です。どうしても、勤務先への電話が気になる方は、アコムのACマスターカードを利用してキャッシングをするのも1つの手段です。

名刺交換した人からの営業電話

営業マンであれば、頻繁に名刺交換すると思いますし、異業種交流会などで知り合った人からの連絡がかかってきたと言えるでしょう。また、投資や不動産関係の営業マンや保険の勧誘員と名刺交換してしまうと勤務先に営業電話がかかってくることもあるので、在籍確認の言い訳としては使いやすいと思います。

アコム

おすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機(むじんくん)と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間