au WALLET スマートローンの審査内容と審査に通るコツ

4月23日より、KDDIグループのKDDIフィナンシャルサービス(KFS)は、au WALLET スマートローンのサービスを開始しました。

au WALLET スマートローンは、スマートフォンからカードレスで借り入れ可能な便利な新しいタイプのカードローンです。そのため、利用を検討している人も多いかと思います。

ここでは、au WALLET スマートローンの審査内容と審査に通るコツを解説していきます。

au WALLETスマートローンの利用条件

まず、au WALLET スマートローンの利用条件から見ていきましょう。
au WALLET スマートローンの利用条件は以下の通りです。

  • au 携帯電話、auひかり、auひかりちゅらのいずれかを個人契約している人
  • au WALLET クレジットカードをもっていない人
  • 入会受付時、満20歳以上70歳以下
  • 会社員、公務員、個人事業主、アルバイト・パート、年金受給者 (年金以外に安定した収入のある方)
  • 現住所が国内にある人

無職や専業主婦といった無収入の人は申し込みできない

申込者本人に安定した収入がない人は、au WALLET スマートローンに申し込めません。
申込条件にもあるように、au WALLET スマートローンを利用するには、毎月の安定した収入が必要です。

なぜなら、au WALLET スマートローンの取扱をしている、KDDIフィナンシャルサービスは、アコムやプロミスと同じく消費者金融のローンであるためです。

消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者からお金を借りる際には、借り入れ額の上限は総量規制によって制限されます。

総量規制とは、貸金業法によって定められた借入金額の上限は、貸金業者を利用する場合、原則キャッシング可能な金額が利用者の年収の3分の1に制限される法律です。

そのため、無職の人や専業主婦は、収入がないため利用限度額の上限も0円になるため、au WALLET スマートローンを利用できません。

学生でも収入があれば利用できる

au WALLET スマートローンは、申し込み条件に記載されているとおり、安定した収入があれば、アルバイトやパートでも利用可能です。

そのため、学生の人は、アルバイト・パートとして申し込みをすれば、au WALLET スマートローンの審査に通過する可能性があります。

したがって、学生の人のau WALLET スマートローンに利用については、大手消費者金融のプロミスやアコムと同様の基準と考えればいいでしょう。

安定した収入があってもauに契約していないと申し込みできない

au WALLET スマートローンは、au 携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約している人でないと利用できません。

なぜなら、au WALLETスマートローンの申込には、au携帯電話、タブレット、データ専用端末、auひかり/auひかり ちゅら等のご契約が登録の際に発行されるauIDが必要となるためです。

そのため、安定した収入があり、auを契約していない人、スマホから申し込みから借り入れまで可能な、大手消費者金融のプロミスに申し込むようにしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能



また、既にau WALLET クレジットカードを持っている人は、クレジットカードとカードローンの2つの債務が発生するおそれがあるため、au WALLET スマートローンを利用できません。

au WALLET クレジットカードを持っている人で、au WALLET スマートローンに申し込みを検討している人は、残高を完済してから解約手続きを行ってから申し込むようにしましょう。

審査時間は最短30分

au WALLET スマートローンは、大手消費者金融の審査時間と同様に、申込から審査完了まで最短30分で完了します。そのため、すぐにお金を借りたい人におすすめです。

ただし、深夜や早朝などは、審査結果の回答がすぐに来ない場合がありますので、すぐにお金を借りたい場合には、9時~20時くらいを目安に申し込みをするようにしましょう。

au WALLET スマートローンは最短即日融資可能

au WALLET スマートローンは、最短即日融資に対応しているため、申込当日にお金を借りられます。

加えて、au WALLET スマートローンのアプリをウンロードして、セブン銀行ATMを利用すれば、銀行振込の時間外である平日の15時以降や土日祝日での最短即日融資が可能です。

ただし、最短即日融資を受けるには、申込者の条件と審査状況によるため、すぐの融資を希望している人は、9時~20時の間にau WALLET スマートローンに申し込みましょう。

au WALLET スマートローンの審査内容と審査基準

au WALLET スマートローンの審査内容は、公表されていませんが、au WALLET スマートローンは消費者金融であるため、他の消費者金融アコムやプロミスなどと同様の審査内容や審査基準であると推測できます。 そのため、au WALLET スマートローンの審査は大手消費者金融と比べ、特段に甘いわけではありません。

以下のような人は、au WALLET スマートローンの審査に落ちてしまいます。

  • 信用情報に金融事故情報がある
  • 他社借り入れ金額や件数が多い
  • 在籍確認がとれない

そのため、大手消費者金融や銀行カードローンと比べると、審査が甘いわけでも厳しいわけでもなく同程度だと推測されます。

他社借り入れ金額や件数が多い

au WALLET スマートローンでは、他社借り入れ金額が総量規制の上限の金額に達していると審査の落ちてしまいます。

総量規制では、他社借り入れ金額をあわせた貸金業者の借り入れの合計が年収の3分の1にいないになるためです。

また、他社借り入れ金額が、申込者の年収の3分の1以内におさまっていたとしても、他社借り入れ件数が多い、もしくは他社借り入れ件数が多い場合には、返済能力が無いと判断され審査の落ちてしまうでしょう。

信用情報に金融事故記録ある

au WALLET スマートローンの審査では。申込者の信用情報に金融事故の記録があると、返済能力がないとみなされ審査の落ちてしまいます。

信用情報とは、ローンやクレジットカードの利用や返済の履歴で、個人信用情報期間に保管されています。au WALLET スマートローンの審査時には、大手消費者金融や銀行と同様に
利用者の信用情報を確認して返済能力があるかどうかを判断します。その際に、信用情報に、長期返済の滞納や債務整理の記録といった金融事故の記録があると審査のおちてしまいます。

なお、ローンだけではなくau携帯電話の本体を分割払いした場合に、長期滞納といった返済上のトラブルも信用情報に記載されるため、au WALLET スマートローンを利用できません。

ちなみに、信用情報には記載されませんが、auの電話料金を未納もしくは、滞納している場合には、返済の能力がないとみなされ審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

在籍確認がきちんと完了していない

au WALLET スマートローンの審査では、電話連絡による在籍確認が必須です。そのため、在籍確認が取れなかった人は、審査に通るのは難しいでしょう。

在籍確認とは、申込者申告した勤務先に電話をして、申告した勤務先が正しいかどうかを確認することです。
au WALLET スマートローンの審査では、担当者が、申込者の勤務席に電話をかけてます。

ただし、勤務先に電話をしても 実際には勤務していなかった場合には在籍確認が確実に完了したとみなされないため審査に通りません。

au WALLET スマートローンの審査担当者は、申込者の勤務先に個人名もしくはKDDIの名義で電話をかけることが多いです。しかし、どうしても職場への電話をさけたいのであれば、他社のカードローンを利用することをおすすめします。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば確実に職場への電話連絡なしにできる

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、確実に審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、審査時に職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、SMBCモビットのWEB完結申し込みは、申込時に社会保険証もしくは組合保険証の勤務先を証明できる書類と三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っていることが必要です。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能



過去に三菱UFJフィナンシャルグループ関連のカードローン審査に落ちたことがあると審査に通らないことがある

過去に三菱UFJフィナンシャルグループである、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)じぶん銀行カードローンや大手消費者金融のアコムの審査の落ちてしまっていると、au WALLET スマートローンの審査の通らない可能性があります。

なぜなら、三菱UFJフィナンシャルグループとKDDIグループとの結びつきが強く、カードローンの顧客情報を共有している可能性あるため、三菱UFJフィナンシャルグループ関連のカードローン審査に落ちていると、au WALLET スマートローンの審査に通らないおそれがあります。

そのため、過去に三菱UFJフィナンシャルグループが関係するカードローンの審査に落ちている場合には、au WALLET スマートローンと同時に他社の消費者金融を検討するようにしましょう。
SMBCグループの消費者金融プロミスであれば、三菱UFJフィナンシャルグループではないため、審査に通る可能性が高まるでしょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能



審査の通過しやすくなるコツ

au WALLET スマートローン審査に通過しやすくなるコツは以下のとおりです。

  • 申込時は申告内容を正確に記載する
  • 利用限度額を10万円以内にする
  • 収入証明書を必ず提出する

申込時は申告内容を正確に記載する

au WALLET スマートローンの申し込む際には、申告内容を正確に記載しましょう。
特に、年収や他社借り入れ状況は、融資の可否に関わる項目であるため、記載ミスや記載漏れがあると、審査時間が長くなることや、最悪の場合は虚偽申告を疑われて審査落ちてしまう可能性があります。
au WALLET スマートローンの申し込み場合、名前や住所といった個人情報はauIDに反映されているので、そのまま反映されると思われます。

そのため、年収や勤務先、他社借り入れ状況を正確に記載して、申し込み完了前にもう一度確認するようにしましょう。

利用限度額を10万円以内にする

au WALLET スマートローンの利用限度額は50万円で、大手消費者金融よりもかなり少額ですが、
可能であれば、利用限度額を10万円以内に設定しましょう。利用限度額を少なくすることで返済能力があることが審査担当者に評価され、審査に通過する場合があります。

特に、年収が少ない場合や他社借入件数や他社借り入れ件数がある人は、5万円~希望限度額(利用限度額20万円以内)にしましょう。

収入証明書を必ず提出する

au WALLET スマートローン収入証明書を提出することで、審査担当者に返済能力がみとめられ、審査の通過しやすくなると考えてられます。

収入証明書類とは、源泉徴収表や給与明細書、納税証明書などの書類です。
なお、au WALLET スマートローンの利用限度額と他社借り入れ金額の合計が100万円を超える際には、収入証明書の提出が必要です。

特に、アルバイトやパートといた収入が不安定の人は、収入証明書を提出して、担当者に返済能力を認めてもらうようにしましょう。