au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンの特徴や金利・限度額を比較

2019年4月下旬から、KDDIグループであるKDDIフィナンシャルサービスでは、スマホ利用に特化した「au WALLET スマートローン」のサービスを開始します。

すでに、KDDIは、2008年に三菱UFJ銀行と共同でじぶん銀行を設立し、じぶん銀行のサービス中でじぶんローンというカードローン商品を取り扱ってます。

じぶん銀行カードローンは、auユーザーへの金利優遇のプランが準備され、利用している人も多いのではないでしょうか。

ここでは、KDDIグループのカードローンであるau WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンの金利や利用限度額・サービス内容を比較していきます。

どちらのカードローンが合っているのか、ぜひ参考してみてください。

au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンとの違い

au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンはKDDIに関連したカードローンですが、2つのカードローンは運営会社が異なります。

じぶん銀行カードローンは、株式会社じぶん銀行が運営しているのに対して、au WALLET スマートローンの運営会社は、au WALLET クレジットカードを発行しているKDDIフィナンシャルサービスです。

KDDIフィナンシャルサービスは、貸金業者であるため、au WALLET スマートローンはアコムやプロミスといった大手消費者金融カードローンと同様に総量規制の対象です。

  • 貸金業者登録番号
    関東財務局長(2)第 01503 号
  • 包括信用購入あっせん業者登録番号
    関東(包)第 107 号
  • 日本貸金業協会会員番号
    第005845号

KDDIフィナンシャルサービス株式会社の会社概要より

なお、貸金業法で定められている総量規制では、貸金業者で借りられる金額は年収の3分の1まで定められています。

一方、じぶん銀行カードローンは、銀行法で運営される銀行カードローンに分類され、総量規制の対象外です。

下の表にau WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンとの各項目を比較しましたので、参考にしてみてください。

au WALLET スマートローン じぶん銀行カードローン
利用可能な年齢 満20歳以上70歳以下 満20歳以上70歳未満
利用限度額 最大50万円 通常、カードローンau限定割 誰でもコース:10万円以上800万円以内(10万円単位)
カードローンau限定割 借り換えコース:100万円以上800万円以内(10万円単位)
金利 8.0~18.0% 1.8%~14.6%
在籍確認 あり あり
最短即日融資 可能 不可
提携先ATMなど アプリの利用で、セブン銀行ATM 三菱UFJ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イーネット
ATM利用手数料 セブン銀行ATM(アプリ利用時)1万円以下108円、1万円超206円 無料
返済方法 口座振替 自動支払い(口座引き落とし)
セブン銀行ATMでのスマホによる現金入金 提携ATMからの返済
指定口座への振込み入金 指定口座への振込
返済日 毎月26日 35日ごと返済と毎月の指定日返済が選べる。
毎月指定日返済の場合には、利用者が自由に決められる

それでは、上の表にある項目ごとに2つのカードローンを比較してみます。

利用限度額や金利の比較

利用限度額はじぶん銀行カードローンのほうが高い

au WALLET スマートローンの利用限度額は最大50万円です。
一方、じぶん銀行カードローンの利用限度額は、10万円以上800万円以内です。(借換ローンを利用する場合には、100万円以上800万円以内)

そのため、50万円を超える借り入れを希望する人は、じぶん銀行に申し込みするようにしましょう。

金利はそこまで変わらない

次に、金利を比較してみます。
au WALLET スマートローンの金利は、8.0%~18.0%です。ただし、初回契約時は、返済能力があるかどうか不明であるため上限金利である18.0%が適応される可能性が高いです。

一方、じぶん銀行カードローンの金利は、通常コース2.2%~17.5%(年率)、借換えコース
なお、じぶん銀行カードローンでは、、auユーザーの人の場合、通常コースでは、上記の金利より年0.1%金利優遇、借換えコースでは、通常の金利より年0.5%金利優遇されます。

じぶん銀行で利用限度額を50万円とした場合、au WALLET スマートローンと同様に上限金利である17.5%が適応されます。

そのため、50万円を借りた場合には、au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンでは、金利の差は0.5%程度です。

金利の差0.5%というのは、50万円借りた場合、年間の利息額の差が、2500円しか変わりません。

したがって、50万円借りた場合を比較すると、そこまでの金利の差はないと考えていいでしょう。

利用条件や申し込み方法の比較

au WALLET スマートローンの利用にはauIDが必要

続いて、au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンの利用条件を詳しく比較してみましょう。

au WALLET スマートローン じぶん銀行カードローン
利用条件 au 携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかを個人契約している人 ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま
au WALLET クレジットカードをもっていない人 安定継続した収入のあるお客さま(自営、パート、アルバイトを含みます)
入会受付時、満20歳以上70歳以下 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられるお客さま
毎月の安定した収入がある人
現住所が国内にある人

上の表から20歳以上やアルバイトやパートでも安定した収入があれば申し込み可能なことは共通です。しかし、au WALLET スマートローンの場合、auの携帯電話やauの回線を利用している人でないと、au WALLET スマートローンからお金を借りることはできません。

なぜなら、au WALLET au携帯電話、タブレット、データ専用端末、auひかり/auひかり ちゅら等のご契約が登録されたIDが必要となるためです。くわえて、二重のローンを回避するためにすでにau WALLET クレジットカードをすでに持っている人は、にau WALLET クレジットカードを解約する必要があります。

一方、じぶん銀行カードローンは、安定した収入があり、保証会社であるアコム(株)の保証を受けられる人であれば、auの携帯電話などの契約者でなくても、申し込み可能です。
なお、保証会社とは、保証会社とは、カードローンの申込者の審査とカードローン利用者の返済が遅延・滞納した際にその借入金の立替を保証する会社のことです。

じぶん銀行カードローンの保証会社は、大手消費者金融のアコムが務めています。そのため、過去のアコムの審査に落ちていると、じぶん銀行カードローンの審査に通らない可能性もあるので注意しましょう。

関連項目:「じぶん銀行カードローンの申込から審査の流れや審査基準
関連項目:「アコムが保証会社を務めている銀行カードローンと利用時の注意点

申し込み方法はどちらもWEBのみ

au walletスマートローンは、スマホを利用してau WALLET アプリもしくは、公式サイトから申し込み可能です。

au walletスマートローンの申込時には、申込み時の面倒な入力フォームも、au IDを入力することで、申込者の名前や住所といった個人情報の一部の入力内容を反映してくれます。

au walletスマートローンは、スマホのみからの申し込みしかできませんが、一方じぶん銀行カードローンは、PCを利用して申し込みも可能です。

また、じぶん銀行に口座が無い、もしくは、auユーザーでない場合でも、ネットからの申し込みができます。

最短即日融資が受けることが可能なのはau walletスマートローンだけ

最短即日融資を受けたいのであれば、au walletスマートローンを利用するようにしましょう。

au walletスマートローンの審査時間は最短30分で、9時~21時の時間帯であれば、その日のうちに審査結果が判明します。

契約すぐにau WALLET スマートローンのアプリをダウンロードすれば、セブン銀行ATMを利用して、土日祝日でも24時間お金を引き出せます。

一方、じぶん銀行カードローンは、じぶん銀行口座を持っていれば最短で申込みから融資まで1営業日以上かかります。なぜなら、じぶん銀行カードローンは、銀行カードローンであるので、警察庁のデータベースへの照会が義務付け最短でも翌営業日の審査回答となるためです。

関連項目:「銀行カードローン、個人即日融資停止へ 貸付自粛制度の導入も

口座を持っていない人は、ローンカードの到着を待たなければならないため、融資まで1週間以上かかってしまう場合があります。

そのため、口座の有無にかからず、じぶん銀行カードローンから、即日融資を受けることはできません。

審査項目やや審査基準はどちらも変わらない

au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンでは審査内容や審査基準大きく違っているというようなことはありません。

au WALLET スマートローン・アイフル両社ともに審査の時に基準にするのは「属性情報」と信用情報です。

属性情報とは申込者の年齢や職業などの個人情報

属性情報というのは、年齢・職業などの個人情報のことを言います。具体的には「年齢、職業、雇用形態、勤務先、勤続年数、年収、収入形態、居住年数、居住形態、住宅ローンや家賃負担額、家族構成、固定電話か携帯か、健康保険の種類」といった項目の情報のことです。

au WALLET スマートローンやじぶん銀行カードローンの審査では。、属性情報での審査にスコアリングシステムを導入しています。

スコアリングシステムというのは、それぞれの属性についてスコアを付けていき、その合計点数を審査の可否に利用する仕組みです。
たとえば、職業であれば「医師・弁護士・公務員のスコアが高い」などと決められています。

信用情報に利用者の借入状況や金融事故の有無が記載されている

信用情報というのは、個人信用情報機関に記録されている過去のクレジットカードやカードローンの申込情報、利用状況、支払状況に関する情報のことです。消費者金融業者は審査の際に信用情報機関に照会を行って、申込者の信用情報を入手します。

信用情報には、事故情報と呼ばれるものがあり、長期延滞、債務整理、自己破産、代位弁済といったような返済上のネガティブ情報です。

事故情報があると、返済の力がないと審査担当者に判断され、au WALLET スマートローンやじぶん銀行カードローンともに審査に通ることが非常に難しくなってしまいます。

そのため、どんなに属性情報がよくても込者の信用情報に事故情報があると審査に落ちる可能性が高くなるので気を付けましょう。

審査の一環としてau WALLET スマートローン、じぶん銀行カードローンともに審査の一環として、申込者の返済能力があるかどうかをはんだんするため在籍確認の電話連絡を行います。

在籍確認とは、申込者が実際に申告した会社で勤務しているかを、審査担当者が申込者の職場に電話をかけて確認することです。

職場への電話連絡は、個人名や銀行名でかかってくるため、カードローンを利用している事実が会社に知られることはないでしょう。

ただし、審査において職場への電話連絡を避けることはできません。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば確実に職場への電話連絡なしにできる

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、確実に審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、審査時に職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。
ただし、SMBCモビットのWEB完結申し込みは、申込時に社会保険証もしくは組合保険証の勤務先を証明できる書類と三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っていることが必要です。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能



借り入れ方法の比較

au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンの借り入れ方法を下の表にまとめした。

KK au WALLET スマートローン じぶん銀行カードローン
借り入れ方法 口座振り込み 口座振り込み
au WALLET残高へのチャージ コンビニATMや三菱UFJ銀行ATM・セブン銀行ATMからの借り入れ
セブン銀行ATMでのスマホによる現金出金(アプリ利用)

au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローどちらのカードローンも利用できますが、借り入れ方法には、違いがあります。

au WALLET スマートローンカードレスであるため、au WALLET残高へのチャージとアプリを利用して、セブン銀行ATMから融資を受ける方法のみです。なお、セブン銀行ATM利用時は、取引ごに手数料がかかります。

一方、じぶん銀行カードローンは、契約時にローンカードが発行されるため、セブン銀行ATMやローソンATM、イーネットATMといったコンビニTMもしくは、三菱UFJ銀行やゆうちょ銀行ATMからお金を引き出せます。加えて、コンビニATMの手数料は無料です。

そのため、契約後現金を引き出したい人は、じぶん銀行カードローンの利用を、ショッピングで利用したい人は、au WALLET残高へのチャージが可能なau WALLET スマートローンの利用をおすすめします。

なお、au WALLETを利用してキャッシュレスでお買い物ができる店舗は以下の通りです。

コンビニ 飲食店 ネットでの利用
セブンイレブン マクドナルド Amazon.co.jp
ローソン ガスト iTunes Store
ファミリーマート バーミアン Wowma!
ミニストップ ピザーラ

上記以外の詳しい店舗については、「使えるお店 | au WALLET プリペイドカードの使い方 | ご利用ガイド | au WALLET」で詳しく紹介しています。

返済方法と返済期日を比較

au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローンの返済方法の違いを下の表にまとめました。

au WALLET スマートローン じぶん銀行カードローン
返済方法 口座振替 自動支払い(口座振替)
セブン銀行ATMからの返済 提携ATMからの返済
指定口座への振込み入金 指定口座への振込
返済期日 毎月26日 35日ごと返済と毎月の指定日返済が選べる。
毎月指定日返済を選択すると、毎月の返済日を利用者が自由に決められる

上の表から、じぶん銀行カードローンの方がコンビニATMや三菱UFJ銀行ATMが手数料無料で利用できるため、返済時の利便性はあるといえます。

そのうえ、返済サイクルもau WALLET スマートローンが毎月26日しか選べないのに対して、じぶん銀行カードローンは、毎月のご返済日を利用者が指定してご返済可能な 期日指定返済と35日サイクルでの2つの返済期日を契約時に選べます。

また、じぶん銀行カードローンは、追加入金をして繰り上げ返済ができます。
なぜなら、契約時にローンカードが発行されるため、追加入金をしたいときには、いつでもローンカードを利用してコンビニATMや三菱UFJ銀行ATMから返済できるためです。

したがって、じぶん銀行カードローン利用時には積極的に繰り上げ返済を行い、借り入れ元本を減らして、元本にかかる利息を減らしていきましょう。

ここまで、au WALLET スマートローンとじぶん銀行カードローン2つのカードローンを比較してきました。

50万円以下の利用ですぐにお金が必要な人には、au WALLET スマートローンがおすすめです。
一方、50万円を超える金額を希望していて、返済時の利息額を抑えたい人には、じぶん銀行カードローンを利用するといいでしょう。