アコムの無人契約機での申し込み・審査から借り入れまで

テレビCMや広告のおなじみの大手消費者金融であるアコムは、キャッシング申し込みにみさまざまな申し込み方法があります。

特に、無人契約機での契約は大変便利です。しかしながら、無人契約機を使ったことのない方にとっては不安なことことも多いかと思います。

ここでは、アコムのむじんくん(自動契約機)の申し込み方法や審査・契約や融資の流れをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

アコムカードローンの申込方法は5つの方法がある

アコムには5つの申し込み方法があります。

  • インターネット(スマートフォンアプリを含む)
  • 電話
  • 店頭窓口
  • むじんくん(無人契約機)
  • 郵送




上記のように様々な申込方法があると、どの方法でアコムに申し込めばいいのか悩むと思います。
もし、下記のようなことに該当する場合にはむじんくん(無人契約機)での申し込み・契約をおすすめいたします。

  • アコムの担当者と顔を見て話すのは避けたい
  • できるだけ早くローンカードを発行してもらいたい
  • ATMで借り入れしたい
  • 店頭窓口まで遠いまたは、時間がないので間に合わない

  • (店頭窓口の営業時間は基本的に平日9時~18時まで、土日祝日は休み)

むじんくん(無人契約機)での申込方法

むじんくんでの契約の前に事前に申込を済ませておくと時間短縮になる

もし可能であるなら、むじんくん(無人契約機)に出向く前にインターネットまたは電話で申し込みを済ませておくとむじんくん(無人契約機)内で申込用紙を記入したりすることなく、申し込みから融資までの時間が短縮できます。
インターネットや電話でアコムに申し込む際に記載すること(電話で聞かれる)は、下記の通りです。

  • 氏名・住所・生年月日・家族状況
  • 自宅情報
    (郵便番号、住所、借家または持ち家、入居年月、ローンの有無)
  • メールアドレス、電話番号

  • 勤務先の住所、電話番号、勤務年数、業種、収入形態、給料日、休日
  • 保険証種類や区分
  • 他社からの借り入れ状況
  • 利用希望限度額



上記の申し込み情報をもとに仮審査・本審査がおこなわれますが、審査時間は最短30分です(長くても1時間程度の場合が多いです。)審査結果は、申込時に記載した連絡先(電話・メール)にて伝えられます。
審査結果の連絡の際、アコムの担当者よりインターネットでの手続きで契約するか、店頭またはむじんくん(無人契約機)で契約するかのどちらかを聞かれるので、むじんくんで契約する旨を伝えましょう。

なお、審査時間について注意していただきたいことがあります。アコムの審査回答時間はインターネット、電話ともに審査結果の連絡可能時間が9時~21時となっているので、上記の時間外に申し込みをした場合、審査結果がわかるのは翌日の9時以降となります。
例えば、22時にアコムへ申し込みをした場合、審査結果は翌日の9時以降になります。また、早朝5時に申し込みをした場合には、審査結果は、当日の9時以降になります。

アコムでの審査の流れについては、「アコムカードローンの審査の流れ」で、またアコムでの審査基準については、「アコムの審査基準と審査に落ちた場合の対応策」で詳しく解説しています。

むじんくん(無人契約機)の営業時間は終日8時~22時

アコムの店頭窓口の営業時間は原則として平日9時30分~18時(一部19時まで)ですが、むじんくん(無人契約機)は9時~21時(一部21時30分まで)。しかも年中無休なので、平日の仕事が忙しい方でも出向くこと可能です。

むじんくん(無人契約機)に持っていく必要書類

アコムのカードローンの申し込みには以下の本人確認書類が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(+マイナンバーカード)

また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合には、下記の書類も必要になります。

  • 電気・ガス・水道・NHK受信料などの公共料金の領収書
    (携帯電話の料金の領収書は不可)
  • 社会保険の領収書
  • 納税証明書

ただし、住所を証明できる上記の書類は直近6か月より最近ものまでのものが有効です。つまり、6か月以上前のものは有効な書類ではないとみなされるので注意してください。

収入証明書が必要な場合もある

アコムの公式ホームページでは、収入証明書よる申込者の年収が確認が必要なケースとして、以下の2点をあげています。

  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
  • アコムにおいて希望利用限度額が50万円を超える契約を行う場合

例をあげてこの2つのケースを説明します。

他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

アコム以外の消費者金融業者、例えばA社から30万円、B社から50万円、合計70万円借りているけれども、今回アコムから50万円借りたいという場合です。アコムでの契約が成立すると合計で、120万円となります。
A社借入額30万円+B社借入額50万円+アコム希望借入額50万円=合計借入予定額120万円
このようなケースが他社を含めた借入総額が100万円を超える場合に該当します。

アコムにおいて希望利用限度額が50万円を超える契約を行う場合

アコムで50万円以上のキャッシングを希望している場合、もしくは、アコムでの限度額が50万円を超える金額にしたいという場合などがアコムにおいて50万円を超える契約を行うケースに該当します。

むじんくん(無人契約機)での申込手続きの流れ

むじんくん(無人契約機)での手続きの流れは以下のようになります。

  • アコムカードローンの申し込み
  • 必要書類の提出
  • 担当オペレーターと会話(審査)
  • 在籍確認(審査)
  • 契約完了・ローンカード発行

それでは各項目をみていくことにしましょう。

アコムカードローンへの申し込み

むじんくんコーナーにある申込用紙に、氏名、住所、勤務先や他社借り入れ状況、希望の利用限度額などを記載します。
(インターネットや電話で既に申し込みを済ませてある場合は、むじんくん(無人契約機)内で申し込みすることはありません。)

運転免許証などの必要書類の提出する

むじんくん(無人契約機)の音声ガイダンスに従い、運転免許証や収入証明書などの必要書類をスキャナーに読み込むことで提出いたします。申込に必要な書類を提出後、審査が行われます。

アコムの担当オペレーターと会話

むじんくん(無人契約機)に出向けば機械の操作のみで契約までできると思っている方も多いと思いますが、実際は異なります。むじんくん(無人契約機)に設置されている電話でアコムの担当オペレーターと話をする必要があります。
担当オペレーターは、借り入れの目的や利用希望額また、他社での借り入れ件数や金額について聞いてきますので、きちんと答えるようにしましょう。

その後、「カードや契約書類をむじんくんで発行するか、後日郵送するか」と聞かれるので、
むじんくん(無人契約機)で発行すると答えましょう。

在籍確認は勤務先に不在だとしても在籍していることが確認できれば完了

在籍確認とはアコムの担当者が、申込者の勤務先に電話をかけて、本当に申込者がその会社に在籍しているかを確認することをいいます。

もちろん、申込者本人以外の方が電話に出る可能性もあるので、アコムの担当者は会社名を名乗らず必ず個人名で電話をします。この在籍確認は、申込者が勤務先に不在でも勤務先に在籍していることが確認できれば完了なりますので申込者がむじんくん(無人契約機)内にいても申込者の勤務先に連絡ができるのであれば問題ありません。

契約完了後ローンカード発行してATMにて借入可能となる

アコムとの契約が完了したらその場でローンカードが発行されます。むじんくん(無人契約機)にはアコムのATMが併設されていますので、そこから借り入れが可能です。
なお、アコムのATMを利用する場合には、利用手数料は無料です。それ以外の提携ATM(三菱東京UFJ銀行やイオン銀行、またはセブン銀行やローソンATM)での借り入れや返済での利用の場合には、利用ごとに1万円以内で108円、一万円を超える場合には216円の利用手数料がかかります。アコムの借り入れができるATMは下の表の通りです。

              

 

アコムで利用できるATMと営業時間
ATM 金融機関名 融資可能時間
アコムATM アコム自社 24時間利用可能
提携ATM 三菱東京UFJ銀行 24時間利用可能
セブン銀行 24時間利用可能
イオン銀行 24時間利用可能
ローソンATM 24時間利用可能
イーネットATM 24時間利用可能
西日本シティ銀行 平日7:00~23:00・土日祝8:00~21:00
福岡銀行 平日7:00~23:00・土日祝8:00~21:00
北海道銀行 8:00~21:00
熊本銀行 8:00~21:00
親和銀行 8:00~21:00
東京スター銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
北陸銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
第三銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
広島銀行 平日8:00~21:00・土日祝8:00~19:00
八十二銀行 平日7:00~22:00・土日祝8:00~20:00
クレディセゾン 6:00~23:00

また、ここまでの時間ですが、むじんくん(無人契約機)に入ってからローンカード発行まで事前に申し込みをしている場合には、混雑具合にもよりますが、すいている場合で30分~40分程度です。(事前申し込みをしていない場合は、申込用紙への記入時間などもあるため、すいている場合でも1時間以上かかる場合が多いです。)

むじんくんを利用する際に注意すること

むじんくん(無人契約機)を利用する際の注意点を下記にまとめましたので、参考にしていただければと思います。

  • 事前に申し込みを済ませておく
  • 必要書類を必ず持参して店舗に出向く
  • 店舗内に出入りの際には注意する
  • 即日融資ができないこともある
  • 申し込みの際申告した内容を聞かれる

インターネットなどで事前に申込を済ませておく

むじんくん(無人契約機)では申し込みから契約・ローンカード発行までが可能ですが、むじんくん(無人契約機)に行って審査の結果、融資ができないと言われてしまう可能性もあります。
事前に申し込みをして、仮審査に通過しておけばそこで融資の可否が判明するので無駄足にならずにすみます。

必要書類を必ず持参してむじんくんに出向く

むじんくん(無人契約機)に出向く際には、本人確認書類などの必要書類を忘れないようにしましょう。たとえ、仮審査に通過していたとしてもむじんくん(無人契約機)に出向く際に本人確認書類を忘れてしまうと、契約ができませんので注意してください。

店舗内に出入りの際には注意する

むじんくんの多くは駅前や国道沿いなどに設置されている場合が多いです。
手続き中に誰か入ってきたらと心配になる方も多いかもしれませんが、ドアは自動ロックがかかりますし。扉は曇りガラスになっていますので外から顔が見えることはないので安心してください。

ただし、むじんくん(無人契約機)に出入りする場合には、家族や職場の人など知り合いに見らないようにしましょう。どうしても、知り合いにみられるのが不安な場合は自宅や職場から離れたむじんくん(無人契約機)を利用するといいでしょう・
なお、アコムのむじんくん(無人契約機)はアコムの公式ホームページ「店舗・ATM検索」ページより検索できます。

即日融資ができないこともある

むじんくん(無人契約機)での営業時間内に契約をすませても、その日のうちに借り入れができない(即日融資ができない)場合があります。
その日のうちに借り入れまで済ませたい場合(即日融資希望の場合)には、なるべく早い時間に契約まで済ませておきましょう。(目安は申込日当日の20時までには契約を完了させる。)

申し込みの際申告した内容と同じことを質問される

むじんくん内でアコムの担当オペレーターと会話をする際、「他社借入件数・他社借入金額」や「勤務先」または「年収」など申込時に申告した内容を質問されることがあります。
ここで、申込時に入力した情報と食い違いがないようにしないといけません。
食い違いがあった場合には、最悪の場合審査に落ちてしまうこともありますが、記入ミスや記入漏れの場合には、オペレーターとの会話の際に修正しておきましょう。

むじんくんに出向かなくても申込・審査・契約・借り入れまで可能

インターネットや電話での申し込みでは、申し込みから審査・契約そして、借り入れまで来店することなく手続きすることが可能となります。
この場合、ローンカードは後日郵送にて自宅に送付されます。(後日、店舗に出向いてローンカードを受け取ることも可能)また、上記の方法で当日中の融資(即日融資)を希望する場合には、原則平日の14時までに契約手続きを完了して融資の申し込みまで済ませておくことが必要です。
(来店しない場合の融資は通常振込で行われます。)

なお、楽天銀行を利用する場合は、融資時間は24時間365日ほぼ即時で融資がなされますので、来店不要での申し込みの際は楽天銀行を利用するのが大変便利です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間