SMBCモビットは派遣社員でもお金を借りられるのか?

派遣社員の方のなかには、生活費が足りないことからSMBCモビットの利用を考えている人も多いですよね。SMBCモビットは、WEB完結なら電話連絡なしという魅力的なカードローン商品を取り扱っており、派遣社員の方はぜひとも利用したいところでしょう。

とはいえ、平成29年に厚生労働省が発表した『貸金構造基本統計調査』によると、派遣社員や契約社員といった非正規雇用者は、正規雇用者と比較して平均年収が100万円以上も低いという調査結果でした。

正社員よりも平均年収が低いという事実は、多くの派遣社員の方が実感していることでしょう。さらに、派遣社員は派遣会社との契約期間があることから収入が不安定になりがちであり、「SMBCモビットから借り入れできる自信がない」という人もいますよね。

当記事では、「SMBCモビットは派遣社員でもお金を借りられるのか?」というテーマで解説していきます。SMBCモビットの利用を検討している派遣社員の人は、申込前にぜひ参考にしてください。

SMBCモビットは派遣社員でもお金を借りられる

申込条件を満たしていれば、派遣社員の方でもSMBCモビットの審査に通過してお金を借りられます。公式サイトには「アルバイト、パート、自営業者の方も利用可能」という記載のみですが、派遣社員の方でもSMBCモビットから融資を受けられるのです。

実際、SMBCモビットの審査担当者に電話で確認したところ、「申込条件を満たしていれば、派遣社員の方でもカードローン審査に通る可能性がある」という回答でした。

ただし、SMBCモビットの申込条件には、「安定した収入のある方」という貸付条件が記載されています。安定した収入がない派遣社員の人は、審査担当者から貸倒れのリスクが高いと判断され、SMBCモビットで融資を受けられないのです。

安定した収入に明確な基準はありませんが、目安としては”毎月1回以上の収入が2か月以上継続していること”です。毎月1回以上の収入が2か月以上継続していない派遣社員の人は、SMBCモビットの審査に落ちる可能性が高いので覚えておきましょう。

なお、国税庁が発表している「平成29年分民間給与実態統計調査結果」によると、派遣社員やアルバイト、パートを含む非正規雇用者の平均年収は175万円となっています。

現時点の収入が非正規雇用者の平均年収に近ければ、審査担当者から安定した収入があると認められ、派遣社員の人でもSMBCモビットから融資を受けられる可能性が高いでしょう。

派遣社員が審査に落ちる原因

雇用形態が派遣社員であることに問題はありませんが、審査担当者から返済能力に問題があると判断された場合には、SMBCモビットの審査に落ちます。SMBCモビットは貸倒れを避ける必要があるため、返済能力がない人に融資を行うわけにはいかないのです。
派遣社員の人がSMBCモビットの審査に落ちてしまう原因は、以下の通りです。
派遣社員がSMBCモビットの審査に落ちる原因

  • 勤続年数が短い
  • 虚偽申告をしている
  • 他社借入が多い
  • ブラックリストに載っている

派遣社員の方がSMBCモビットの審査に落ちる原因は、ひとつではありません。SMBCモビットの審査担当者は、返済能力を申込者の個人情報から総合的に判断するため、一概に「〇〇だったら審査に落ちる」とは言えないのです。

そのため、今回はSMBCモビットの審査に落ちる原因の中から、派遣社員の方に多いものをピックアップしました。SMBCモビットの利用を検討している派遣社員の方は、申込前に必ず確認しておきましょう。

勤続年数が短い

派遣社員として働き始めて間もない人は、勤続年数が短いことから審査担当者に安定した定期収入がないと判断され、SMBCモビットの審査に落ちる可能性が高いです。
派遣社員としての勤続年数が短い人は、職場環境や業務内容が合わないといった理由から短期間で派遣先を辞める恐れがあり、審査担当者に返済能力を疑われてSMBCモビットの審査に落ちる可能性が高いのです。

一方、派遣社員としての勤続年数が長い人は、今後も継続して働くことが予想できることから、審査担当者に継続した返済能力があると判断されるため、SMBCモビットの審査に通過する可能性が高いです。

とはいえ、SMBCモビットの審査基準は非公開のため、審査通過に必要な勤続年数は分かりません。SMBCモビットの公式サイトにも、「勤続年数は〇年以上必要」といった内容は書かれていません。

ただし、派遣社員の方に必要な勤続年数は、申込時に提出する収入証明書類から推測できます。SMBCモビットでは、給与明細を収入証明書として提出する場合、直近2か月分が必要だからです。

直近2か月分の給与明細が必要ということは、最低でも同じ職場に3か月は勤めている必要があります。つまり、派遣先に配属されてから3か月未満の派遣社員は、SMBCモビットの審査に落ちる可能性が高いと推測できるのです。

同じ職場に3か月間勤めていない派遣社員の人は、SMBCモビットの審査に落ちる可能性が高いということを覚えておきましょう。

虚偽申告をしている

自分の年収に不安があることから虚偽申告する派遣社員の人もいますが、申込内容を事実と異なっていることを審査担当者に見抜かれてしまうため、SMBCモビットの審査に落ちます。

SMBCモビットに申し込む際は、本人確認書類と収入証明書類の提出が必要であり、申込情報との相違点を審査担当者に確認されてしまうからです。

自分をよく見せるために年収や雇用形態を偽った場合、余計に状況が悪化する恐れがあるため、SMBCモビットに申し込む際は正しい情報を申告しましょう。

ブラックリストに載っている

派遣社員の人がブラックリストに載っていた場合、審査担当者から貸倒れのリスクが高いと判断されるため、SMBCモビットの審査に落ちます。

ブラックリストとは、返済トラブルを起こしたことから要注意人物として記録されている状態のことです。具体的には、クレジットカードやカードローンの返済額を滞納し、自己破産や債務整理といった金融事故を起こした場合にブラックリストとして記録されます。

なお、金融事故は信用情報という金融履歴のデータに記録され、個人信用情報機関に保管されています。個人信用情報機関に保管された信用情報は、SMBCモビットのなどの金融機関に共有されるため、隠し通すことは不可能です。

つまり、ブラックリストに載っている派遣社員の人は、「借りたお金を返してない」「過去に返済トラブルを起こした返済能力のない人」という情報が個人信用情報機関に残っているため、貸倒れが高いことからSMBCモビットの審査に通らないのです。

なお、派遣社員の人がブラックリストに載る主な原因は、携帯電話料金本体の支払い遅延や奨学金の滞納です。派遣社員の人のなかには、正社員よりも収入が少ないことから、携帯電話料金の本体代や奨学金の返済が遅れてしまう方が多いのです。

実際、厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査の概況」を見ると、派遣社員は正社員よりも賃金が35.0%程度低いという調査結果が出ています。

ブラックリストに載っている場合、5年~10年の間はクレジットカードを作成できず、住宅ローンや自動車ローンといったローン商品を組むこともできなくなるため、SMBCモビットからの借り入れを諦めるしかありません。

なお、自分の信用情報が気になる派遣社員の人は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求を行うことで確認できます。信用情報の開示請求については、「シー・アイ・シー(CIC)」の公式サイトを参考にしてください。

他社借入が多い

貸金業者からの借入額が年収の3分の1に達している派遣社員の人は、貸金業法の総量規制に抵触することからSMBCモビットの審査に落ちます。SMBCモビットからの借り入れは、貸金業者からの借入額に含まれるからです。

総量規制とは、貸金業者からの借入額の合計を個人年収の3分の1までに制限する法律のことです。なお、貸金業者に含まれるのは、信販会社、消費者金融会社、クレジットカード会社(キャッシング枠のみ)からの借り入れです。

たとえば、派遣社員の平均年収「328万円」の場合、総量規制に抵触する金額は100万円程度です。貸金業者からの借入額が個人年収の3分の1に達していた場合、絶対にSMBCモビットの審査に通りません。

とくに、正社員との付き合いが多い派遣社員の人は、クレジットカードの利用頻度が増えがちです。正社員の金銭感覚に合わせてしまうことから、自分の収入だけでは支払いを賄えず、クレジットカードのキャッシング枠を利用する機会が増えてしまうのです。

また、銀行は銀行法が適用されることから総量規制の対象外ですが、SMBCモビットの審査担当者は「借金が多い=返済能力が低い」と判断します。

たとえば、住宅ローンや自動車ローンを組んでいる派遣社員の人は、SMBCモビットの審査担当者から返済能力が低いと判断される可能性が高いです。

派遣社員の人は、他社借入が多ければ多いほど、SMBCモビットの審査に落ちる可能性が高いということを認識してください。また、SMBCモビットに申し込む際は、10万円程度の必要最低限の金額を希望しましょう。

派遣社員がSMBCモビットの審査に通るコツはWEB完結申込を利用すること

派遣社員の人がSMBCモビットの審査に通るコツは、申込方法をWEB完結申込にすることです。SMBCモビットのWEB完結申込なら、勤務先への電話連絡をなしにできるからです。
SMBCモビットの審査では、申込者が勤務先で本当に働いているのかを確認するため、審査担当者が直接職場に電話をかけます。

そして、派遣社員の場合、上司や同僚が従業員一人ひとりの名前を把握していないことが多く、どうしてもSMBCモビットの審査担当者からの電話対応が難しくなります。上司や同僚が申込者の在籍の有無を答えなかった場合には、SMBCモビットの審査に通りません。

しかし、WEB完結申込を利用すれば電話連絡なしになるため、勤務先にかかってくる電話を心配する必要はありません。職場の上司や同僚が、「SMBCモビットの審査担当者からの電話を取り次いでくれるのか?」という不安に怯えることがないのです。

なお、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するには、以下の条件を満たしている必要があります。

【WEB完結申込の利用条件】

  • 「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」のいずれかの口座を持っている方
  • 「社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)」もしくは「組合保険証」を提出できる方

ただし、SMBCモビットの公式サイトから「カード申込」を選択してしまった場合、職場への電話連絡が行われることになるので注意しましょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
原則24時間最短3分