18歳・19歳の未成年でもプロミスの審査に通る?

学生であれば、アルバイト代や奨学金だけではお金が足りず、どうしてもお金が欲しいという場合があるのではないでしょうか?

また、社会人であれば上司の付き合いに加え、車の購入費用や冠婚葬祭などにお金がかかるということも多いはず。

お金が必要な時は、プロミスなどの消費者金融お金を借りる方法がありますが、プロミスでは基本的に未成年の方の借り入れはできません。

では。お金が必要な時、未成年の人はどうすればいいのでしょうか?ここでは、プロミスを含む消費者金融での借り入れが未成年が利用できない理由と、未成年がお金を借りる方法についてご紹介していきます。

未成年はプロミスを含む消費者金融のカードローンの審査は通らない

未成年者はプロミスをはじめとした消費者金融での融資を受けられません。
18歳・19歳の未成年といえば、大学生や社会人としてすでに自立しており、何かとお金が必要になることが多いでしょう。

しかし、たとえ、親の同意や返済できるほど安定した収入があったとしても、未成年者が消費者金融で借り入れを行うことはできず、諦めるしかありません。
ではなぜ、未成年者は、プロミスでの借り入れができないのでしょうか?

未成年がプロミスを利用できない理由は民法第5条にある

プロミスは申し込める人の条件に20歳以上70歳未満の安定した収入のある方としています。

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。
(引用:プロミス公式ページ

つまり、仮に親の同意があったとしても未成年がプロミスから融資を受けることはできません。たとえ、未成年であれば社会人で安定した収入があったとしても同様です。
では、なぜ返済の能力があると思われる社会人でも、未成年だった場合は借り入れを行えないのでしょうか?

プロミスが未成年の借り入れを行なっていない最も大きな理由は民法第5条にあります。

1. 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2. 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3. 第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

引用:Wikipedia:民法第5条

民法第5条によれば、親の同意なしで契約した場合は、後でその契約を取り消すことができます。つまり、仮に未成年に融資を行なった場合、未成年者によってその契約を無効にすることが可能となります。

そのため、未成年者への融資はリスクが高く、プロミスをはじめとする消費者金融では未成年者への融資を行なっていません。
キャッシングやカードローンといった消費者金融からの借り入れは基本的に20歳を超えてからと考えておきましょう。

20歳以上は安定した収入があればプロミスを利用できる

20歳以上であれば学生でも社会人でも基本的にプロミスから融資を受けることができます。
しかし、いずれにしても安定した収入を証明できなければいけません。

プロミスをはじめとした消費者金融では、基本的に20代前半は審査に不利となります。なぜなら、20代前半の人は、まだ働き始めたばかりで、収入が安定していない、そして返済能力が低いと判断されるためです。

20歳の誕生日を過ぎていれば、基本的に借り入れを行うことができますが、会社の勤続年数、学生であればバイト先での勤続年数が審査に通過する鍵となります。

仮に、勤続年数が3ヶ月未満だった場合、安定した収入があるとは言えず、比較的審査に落ちやすいでしょう。そのため、20歳の人が

未成年者が年齢をごまかしてもすぐにバレてしまう

プロミスの申し込み時に、年齢をごまかして申し込みをしたとしてもすぐにバレてしまいます。
なぜなら、消費者金融で借り入れの申し込みを行う際、本人確認ができる身分証明書のコピーを求められるためです。
本当は、未成年でありながら、申し込みフォームで20歳と記入したとしても、すぐにバレて審査に落ちてしまうでしょう。
また、先述した通り20代前半は審査が不利となっていますが、審査の申し込み自体は可能です。

しかし、20歳以上であっても、審査に通りやすいだろうと勤続年数をごまかしての申し込みや、水増しした年収での申し込みは職場への在籍確認等で基本的にバレてしまいます。

たとえ、虚偽の申し込みをしても審査時にすぐにプロミスに発覚してしまうため、未成年者の人は20歳になってからプロミスに申し込むようにしましょう。

未成年がプロミス以外の金融機関でお金を借りる方法

未成年がプロミス以外でお金を借りるためには、未成年向けのローンなどを利用する必要があります。
銀行などその他金融機関であれば、未成年でもお金を融資するサービスを設けているところがほとんどです。
では、未成年者がお金を借りる方法は具体的にどのようなものなのでしょうか?
未成年でも借り入れできる主なサービスは以下の3つです。

  • 学生ローン
  • 目的別ローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

上記それぞれの利用方法と、借り入れのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

学生ローン

未成年の学生の方であれば、学生ローンを利用してお金を借りることができます。
学校の教材費や授業日に加え、交際費や旅費などが必要な学生にとっては、非常に嬉しい金融サービスでしょう。

ここでは、学生ローンの仕組みとメリット・デメリットについて解説していきます。

学生ローンは申込者自身に収入がないと申し込みができない

学生ローンとは主に大学生・専門学生を対象とした金融サービスで、基本的に未成年でも借り入れができることが特徴です。しかし、未成年でも利用可能ですが、アルバイト等で安定収入がなければ審査通過が難しくなります。さらに、学生ローンでは、ローンの利用目的が最重要視されます。

そのため、利用目的が学費や教材費、パソコン購入費用、交際費等であれば審査に通過する可能性がありますが、パチンコなどギャンブル目的で利用することはできません。

また、学生ローンのサービスを提供している会社はさまざまで、借りられる金額はそれぞれ異なります。保護者の同意があれば高額の借り入れができるところもあれば、同意の有無に限らず定額の借り入れを行なっているところもあります。

中には借り入れ可能な資格が20歳以上のところもあるため、どこの学生ローンを利用するかあらかじめ確認しておきましょう。

未成年でも借り入れができるといっても、あくまで学生ローンは借金です。

必ず返済する義務があり、融資を受ける際はあらかじめ返済プランを見積もっておくことが大切です。

学生ローンのメリットデメリット

学生ローンのメリットデメリットは以下の通りです。
メリット

  • 未成年でも利用可能
  • 借金が親にバレにくい
  • アルバイト先への在籍確認の電話がない

デメリット

  • 目的別ローンや銀行カードローンに比べると金利が高い
    (消費者金融と同程度の金利)
  • 返済が滞るとブラックリストに載ってしまう

学生ローンの大きなメリットは、アルバイトなどの収入があれば未成年でも借り入れが可能という点でしょう。通常、消費者金融で融資を受けるためには20歳以上である必要があり、未成年でも気軽に借り入れが行えます。
また、アルバイト先の確認や親の同意が必要ないことがほとんどなため、その他借金の借り入れよりも周りにバレにくいという点も魅力です。
このように、学生ローンは学生に寄り添ったサービスのため、バレたくないという気持ちを考慮してもらえます。しかし、金利は15.0%~18.0%と一般的な消費者金融と変わらないため、返済が大変になる可能性があります。

さらに、返済が滞った場合自宅へ催促の郵便物が届いたり、電話で返済の催促が行われるなど、返済のリスクが高い点がデメリットとなります。仮に返済が61日以上遅れた場合はブラックリストにのり、以降5年間ほどは、どの金融会社からも審査が通りにくくなります。返済が遅れて催促が来ても絶対に無視せず、返済の目処や返済金額を相談するようにしましょう。
場合によっては返済金額を減額してもらえる可能性があるため、どうしても、返済が遅れる際は、返済が遅れる旨を伝えることをおすすめします。

目的別ローン

未成年の社会人の方には目的別ローンがおすすめです。
学生ローンは、大学生や専門学生に限られるため、未成年であっても社会人が利用することはできません。
目的別ローンとは、お金の使用用途があらかじめ定められており、例えば車を買う資金が欲しい場合はマイカーローンを利用することができます。
目的別ローンには以下のようなものがあります。

  • マイカーローン
  • ブライダルローン
  • フリーローン
  • 教育ローン
  • メモリアルローン(葬儀)
  • トラベルローン

上記の各種目的別ローンは、定められた用途以外での使用はできません。
仮に、マイカーローンを利用した場合、契約元の金融業者が直接、車の販売店などの法人へ支払うため、契約者の元にお金が振り込まれることはありません。

目的別ローンを利用して、別用途に使おうという考えはやめましょう。一方、学生ローンや消費者金融のフリーローンの場合は、基本的に使用用途は自由なため、旅費や娯楽費、冠婚葬祭等に利用することができます。

しかし、フリーローンは金融機関によって金利が2倍以上異なります。目的別ローンは、地方銀行のフリーローンよりも、審査は厳しいですが、できるだけ金利の安いメガバンク等で借り入れすることをおすすめします。なお、各種目的別ローンは学生でも利用可能です。

関連項目:「銀行からお金を借りる方法と銀行の取扱ローンの種類

クレジットカードのキャッシング枠

消費者金融から借り入れができない場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を借り入れる方法があります。
一度審査に通れば上限金額以内の借り入れがいつでもできるため、こまめに借りたいという方にはオススメです。しかし、こまめにキャッシングで借り入れを行うと、借金をしている感覚が薄くなり、借り癖がつきやすいという危険性があります。

ここからは、どういった人がクレジットカードのキャッシング枠を利用できるのか、そのメリット・デメリットについて解説していきます。

キャッシングでの借り入れ

クレジットカードのキャッシング枠を利用した借り入れ方法です。高校生を除く18歳以上の方であれば、保護者の同意があればクレジットカードを発行することができます。通常、クレジットカードにはお店で利用するショッピング枠と、コンビニ等のATMで直接現金を引き出すキャッシング枠とがあります。

手元に現金が欲しいという方には、クレジットカードのキャッシング利用がおすすめです。

しかし、年会費のかからないような学生専用のクレジットカードの発行はキャッシング枠が設けられていないことがほとんどです。そのため、一般用のクレジットカードを発行するようにしましょう。ただし、未成年の場合はキャッシング枠が5万円?10万円と、低く設定されることがあるため、注意が必要です。

クレジットカード発行の際はキャッシング枠があるのか、またキャッシング枠はいくらなのかあらかじめ確認してから作成しましょう。

キャッシングによる借り入れのメリットデメリット

クレジットカードのキャッシング枠のメリットデメリットは以下の通りです。
メリット

  • キャッシングの枠内の使用であれば何回でも引き出し可能
  • 24時間365日引き出し可能
  • 海外のATMで現地の通貨を引き出せる

デメリット

  • マイル等のポイントがつかない
  • 借り癖がつきやすい
  • 金利が高い

キャッシングは学生ローンや目的別ローンのように、借り入れのたびに審査を行う必要がなく、枠内であれば何度でも引き出し可能です。

例えば、キャッシング枠が10万円であれば、10万円以内であればいくらでも何度でも引き出せるため、足りない時にいつでも補える点が大きなメリットです。

また、海外旅行へ行く方はキャッシング枠のあるクレジットカードを持っていくことで、いざという時にお金に困らない点も魅力の一つでしょう。

しかし、ショッピング枠とは異なりマイルをはじめとしたポイントが基本的につかないため、お得に利用するということはできません。

さらに、いつでも簡単にお金を引き出せるため、借り入れをしている感覚がなくなりやすく、いつの間にか多額の借金を背負っていたとならないように注意が必要です。

また、キャッシング枠はショッピング枠より金利が高いことがほとんどです。

例えば、ショッピング枠の金利が14.0%のところ、キャッシング枠の金利が18.0%ということもあります。クレジットカードのキャッシング枠は気軽に利用できる反面、使いすぎや、自分の借金額に気づかない危険性があります。そのため、クレジットカードのキャッシング利用は計画的に行いましょう。

未成年が金融機関以外からお金を借りる以外にお金を作る方法

金融機関からの借り入れが難しいという方は、その他の方法でお金を作りましょう。中でもすぐにお金を手にできる方法に、私物を売ったり、友人や親から直接お金を借りるという方法があります。
ここでは、金融機関から融資を受けるのが、が難しい未成年が、具体的にどうすればお金を得ることができるのか

私物の販売する

自分の私物を売ってお金にする方法は即金性があり、今すぐにでもお金が欲しいという方にはオススメです。
「うちには売るものがない」と思っている方は、本当に売れるものはないのか探してみてください。
使わなくなった洋服やヘッドフォン、iPhoneケース、フィギュア、本、使い終わった教科書や教材、ステッカーなどはお金になります。

特に、限定品やレアなものには、プレミアム価格がついていることがあります。以前自分がコレクションしていたものがあるのであれば、高く売れることが多いです。

私物を売る手段としては、質屋、リサイクルショップ、ヤフオクなどのネットオークション、メルカリなどのフリマアプリなどが一般的です。
中でもメルカリは利用者数が多いため売れやすく、何でも気軽に出品することができます。さらには、リサイクルショップよりも基本的に高く売れることが多いため、私物を売るのであればメルカリがオススメです。

早ければその日に売れ、発送から入金、メルカリから銀行口座に着金されるまで1週間程度で完了することがあります。自分が売れないだろうと思っているものでも、意外と価値がついていたりするものです。そのため、どうしてもお金が必要な時には、一度私物を販売することも考えてみましょう。

関連項目:「不要な大型家具はメルカリ大型便を利用して高く売ろう!

友人や親からお金を借りる

売る私物がないという方は、友人や親から借りてお金を捻出する方法もあります。友人や親からお金を借りれば、金利は発生しませんし、利息を取られるということはあまりないでしょう。

しかし、友人や親などの知人からお金を借りる際は、お金が必要な正当な理由がなければ貸してくれないことが多いと思います。お金が必要な明確な理由がある場合にのみ、知人に頼みましょう。また、知人からお金を借りるという行為は、自分自身の信頼度が大きく関係します。
信頼度が高ければ貸してくれるでしょうし、信頼度が低ければお金を貸したくないと思われる可能性があります。以前他の友人にお金借りていて、まだ返済できていないという場合は要注意です。

万が一、返済ができなかったり遅れたりすると信頼が失われ、友人や親との関係が崩れる可能性があります。そのため、知り合いからお金を借りる際は十分に注意しなければいけません。お金が原因で一生の友達を無くすということも考えられます。

知人からお金を借りる方法は最終手段と考え、金融機関を利用するなど、できる限り自分の力でお金を作るようにしましょう。