レイクALSAのWEB申込(WEB契約)は来店不要で申込から借入までWEB完結が可能

レイクALSAは、新生銀行グループの新生フィナンシャルが発行している消費者金融カードローンです。

レイクALSAでは最短即日融資(21時(日曜日は18時まで)までに契約手続き完了審査・必要書類の確認を含む契約をしておく必要があります。)が可能なのはもちろんこと、申込方法、電話、郵送、自動契約機、WEBと多岐にわたり、契約や資金振込までネット上で可能なWEB完結申込ができるなど、申込方法から契約方法まで利用しやすいように様々な方法を提供しています。

ここでは、レイクALSAのWEB申込の流れWEB申込後にWEB契約と銀行振込を利用して、WEB完結で借り入れを行う方法について詳しく解説いたします。

レイクALSAのWEB申込から借入までの流れ

レイクALSAの申し込み方法には、WEB申し込み(インターネット申し込み)の他に自動契約機での申し込み電話での申し込みがありますが、インターネット申し込みは24時間受付可能であるため、他の申し込み方法に比べてネット環境さえあればすぐに申し込みが可能です。
そのため、レイクALSAを利用してすぐにお金を借りたい場合には、インターネットからの申し込みがおすすめです
ただし、即日融資を受けたい場合には、21時(日曜日は18時)までに申込をして契約手続き完了(審査・必要書類の確認を含む)しておく必要があります。
レイクALSAでWEB申込から借入までの流れは以下の通りです。

  1. レイクALSA公式サイトかアプリを開く
  2. 「お申し込み開始」のボタンを押す
  3. 必要事項を入力して進む
  4. 仮審査結果が画面上に表示される、またはメールで届く
  5. 本人確認書類を提出する
  6. 担当から登録した個人の電話番号に連絡があり、その後在籍確認(職場への電話連絡)
  7. 本契約をする
  8. 契約後に銀行振り込みまたは提携ATMから借り入れ

申込時には、お申込みフォームで必要事項を全て記入し申込が完了します。申込が完了してからは仮審査、本審査という流れで進み、仮審査は申込完了から最短15秒で終了、本審査も審査時間内(8時10分~21時50分 第三日曜日のみ8時10分~19時)であれば1時間程度で申込から借り入れまでが終了します。
実際に、WEB申込時に記載する項目は以下の通りです。

  • 氏名、生年月日、性別、婚姻の有無
  • 郵便番号、都道府県、住所
  • 居住形態、居住年数、家賃か住宅ローンの金額、同居人数
  • 固定電話の有無、自宅電話番号、携帯電話番号
  • 職業の有無、勤務形態、勤務先名、業種、職業、勤務先電話番号
  • 勤務先従業員数、保険種別、勤続年数、給料日、月収(手取り額)、年収(総支給)
  • 他社借入の有無、件数、金額
  • 運転免許証の有無
  • 希望するメールサービス
  • アンケート

上記の申告項目は、嘘偽ることなく正確な申告を心掛けましょう。
なぜなら、嘘の申告をしたとしても、本人確認書類との照合や職場への電話連絡で虚偽の申告がバレてしまいます。そのため、審査に否決(審査の落ちてしまう)になるだけでなくブラックリストに乗り、悪質の場合、詐欺罪として刑事事件として立件される可能性があります。

特に、WEB申込ではオペレーターと対面で申告を行っているわけではありませんので、申告内容を間違える場合が多いです。申告内容の間違いや記入漏れがあると審査時間が長くかかってしまう可能性があります。申込み時によく分からない部分がある場合には、レイクALSA(電話:0120-09-09-09)に電話してからWEB申込した方が無難です。

レイクALSAでのWEB申込から借り入れまでをスムーズに行うポイント

レイクALSAでの申し込みから契約までをスムーズにするポイントは次のとおりです。

  • 運転免許証などの必要書類を事前時準備しておく
  • レイクALSAの審査回答時間内(8時10分~21時50分・第三日曜日:8時10分~19時)に申し込みを完了させる
  • 申し込み内容の記載時には正確に記載する
  • 必要書類のアップロード時は写真がぼやけないようにする
  • 勤務先への電話連絡に対応できる時間帯に申し込む

レイクALSAでは、仮審査結果の完了後に運転免許証やパスポートといった本人確認書類の提出が必要です。そのため、申し込み前に本人確認書類を準備しておくようにしましょう。

レイクALSAのWEB申し込みの受け付けは、24時間いつでも受け付けています。しかし、審査結果の回答がなされる時間は、8時10分~21時50分(第三日曜日のみ8時10分~19時)です。そのため、審査回答時間内にWEB申し込みを完了させることで、WEB申し込みから融資までをスムーズに行うことができます。

また、レイクALSAでのWEB申込の際には、年収や職業といった申込み内容を正確に記入し、本人確認書類の写真をメールなどアップする際には、顔写真や文字がぼやけないように撮影しましょう。なぜなら、申し込み内容や本人確認書類の提出時の不備のために、審査時間が長くなる可能性があるためです。

なお、レイクALSAのWEB申し込みの場合にも、審査時に勤務先への電話連絡(在籍確認)があります。そのため、たとえば、勤務時間内や営業時間内といった勤務先の電話がつながる時間に申し込みを完了するようにしましょう。勤務先の休業日にレイクALSAに申し込みをして、当日中の勤務先の電話連絡が難しい場合には、WEB申込み後、すぐにレイクALSAのコールセンターに電話をして、レイクの担当者に相談してみましょう。

WEB申込完了後すぐに仮審査が開始される

WEB申込が完了するとすぐに仮審査が開始されます。仮審査では、申込者の年収や職業、雇用形態といった申告内容を基にスコアリングシステムによる審査および、個人信用情報機関から申込者の信用情報(ローンの申込や借り入れの履歴)を照会して、審査を行います。
仮審査の結果は、レイクALSA独自のスコアリングシステムにより借入が可能かどうかの結果がコンピューターで自動で算出されるため、仮審査の結果は最短15秒で画面上に表示されます。

スコアリングシステムとは申込者の年収や借入状況、勤続年数などが機会により点数化されるシステムのことで、このシステムにより審査の標準化が図られます。人が関与しない点数化によって審査がスムーズに行われるという訳です。

一方、申込者の信用情報による審査は、CICやJICCのような個人信用情報登録機関に登録されている情報を基に審査します。ここでは、申込者の信用情報に記載されている他社借入件数や他社借り入れ金額、延滞情報他社申込情報など様々なクレジットやカードローンなどの「信用借入」に関する情報が確認されます。審査から返済能力があるかどうかを総合的に判断して融資の可否を決めています。

この際に、他社借り入れ件数や他社借り入れ金額が多い、もしくは、信用情報に長期の滞納や任意整理、自己破産をいった債務整理の記録があるなど事故情報が記載されている場合には、返済能力がないと判断され、審査に落ちてしまいます。

関連項目:「レイクALSAの審査基準と審査に通るポイント

WEB申込での書類と書類の提出方法

レイクALSAの申し込み(仮審査の結果後)運転免許証または本人確認書類の提出が必要となりますので、事前に準備しておきましょう。
なお、運転免許証がない場合は、本人確認書類として有効期限内または現在有効な健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書の用意が必要となります。※ただし「氏名」「生年月日」「現住所」の3項目が記載されているものに限ります。

なお、個人番号カードは、表面(顔写真、住所などが記載されている面)のみ提出する必要があります。通知カードの取扱いはありませんので注意が必要です。
また、本人確認書類記載の住所が現住所と異なる場合や自動契約機で契約をする場合に健康保険証を用意される場合は、現住所が記載された以下のいずれかの書類(原本)を合わせて提出する必要がありますので、確認をしておきましょう。

  • 公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話・NHK)
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 収入証明書類

収入証明書の提出が必要な場合

レイクALSAでは以下に該当する場合源泉徴収票などの収入証明書類が必要となります。

  • レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合
  • レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合
  • 既にご提出いただいた収入証明書類の発行日から、3年以上経過している場合

※上記に該当しない場合でも、パートやアルバイトもしくは自営業者と収入が不安定な方の場合には、書類の提出をお願いする場合があります。

なお、収入を証明する書類の提出が確認できない場合は、たとえ審査に通過したとしても利用限度額が制限される場合がありますので、早めの提出を心掛けましょう。
レイクALSAで有効な収入確認書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

※いずれも前年度(前年度)のものに限る。
なお上記書類の提出が困難な場合には、給与明細書(直近連続する2ヶ月)給与明細の提出で代替が可能です。賞与分を年収に合わせて申告している場合は、給与明細に合わせて直近の賞与明細も提出する必要があるので注意が必要です。

必要書類の提出方法

WEB申込では、本人確認書類や収入確認書類を提出する場合、アプリ、メール、または自動契約機での書類提出が可能です。
レイクALSAの公式アプリからアプリの場合は、レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」をダウンロードし、アプリトップ画面の「書類提出」から提出が可能です。

必要書類をメールで提出する場合は、レイクALSAホームページ上の「審査状況のご確認画面」から「メールによるご提出」ボタンをクリックすることで提出が可能です。

上記いずれかの方法であっても、ぼやけている場合や、画面に対して提出書類が小さすぎる場合、逆にフレームはみ出している場合など、本人確認書類の確認が鮮明に取れなければ再提出が必要となりますので注意する必要があります。

なお、写真は必ず横向きで撮影しましょう。縦向きで撮影された場合も再提出になります。

また、自動契約機で必要書類を提出の場合は、お近くの自動契約機で「はじめてのお申込み ご契約手続き」をタップし、「事前にお申し込みのお客様は はい を選択して下さい」で「はい」を選択すると、提出を求められるので、自動契約機にセットしてください。

本人確認書類を提出するとすぐに本審査が行われる

仮審査通過すると、運転免許証や収入証明書といった必要書類を提出後、すぐに本審査が行われます。
レイクALSAの本審査では提出された本人確認書類や収入証明書が申告内容に沿ったものなのかが確認され、同時に「職場への在籍確認(電話連絡)」が行われます。
本人確認書類で確認されるのは申告された「氏名」「生年月日」「住所」に相違がないかで、収入証明書では「年収」「勤務先」「勤務先住所」に相違がないか確認されます。
これらは申込人の現在の事実と申告が相違していないか確認する作業的な審査であるため、相違していることが無ければそのまま契約手続きになります。
しかし、申告した年収が実際の年収と異なる場合や、実際の勤務している職場に在籍していない場合は、本審査に通りません。

その上、審査に通らないだけではなく、レイクALSAで今後借入することができなくなる可能性もありますので正確な申告を心掛けましょう。

本審査では在籍確認の電話連絡(職場への電話連絡)を行う

レイクALSAの本審査では職場への在籍確認が必ず行われます。
在籍確認とは、審査時に電話で申込み時に申告した勤務先にきちんと在籍しているかを確認するものです。
レイクALSAででの在籍確認は原則「職場への電話確認」が行われ、仮審査が可決すると本審査時に申込者の職場へ在籍確認の電話が入ります。在籍確認の電話連絡の内容は以下の通りです。

  • レイクALSAの審査担当者が個人名で申込者の職場に電話してくる
  • 申込者本人が出た場合、氏名や生年月日など個人を特定する情報が確認できた時に終了
  • 申込者本人が席を外している場合、「〇〇は現在席を外しています」との回答を得られれば修了
    (あくまで勤務先での在籍が確認できれば良い)
  • 申込が本人が退職したなどの理由ですでに勤務先に在籍していない場合は、確認が取れないので審査は否決となる。

在籍確認はレイクの審査担当者が個人名で電話をかけてくるので基本的には職場へカードローンの申込がばれることはありませんが、電話がかかってくるような職場ではない場合や、そもそも自分あてに電話はかかることがほぼ無い場合などは、ばれてしまう事もあります。

そもそも在籍確認はカードローンのみならずクレジットカードを作る際にも行われるものですので、在籍確認を隠すのではなく、「クレジットを申込んだから、自分に在籍確認の電話がきます」と会社に先に伝えておくのも一つの手段かもしれません。

ただし、電話する時間を指定できるなど(完全な時間の指定はできません)、ある程度の電話連絡の融通はきいてくれるので自分の都合の良いように相談してみるのも一つの手段と言えるでしょう。

特に、土日祝日の場合には、会社の休業日になっていることもおおく、在籍確認の電話連絡がとれないと審査が完了しない可能性があります。そのため、なるべく申込者の勤務先に人がいる時間に申込するようにしましょう。もし、勤務先への電話がつながらないようであれば、申込み後にレイクの審査担当者に相談してみましょう。会社名のある保険証や給与明細書の提出で在籍確認の電話連絡のかわりとしてくれる場合もあります。

関連項目:「レイクALSA審査の在籍確認・職場(勤務先)への電話連絡のタイミング

職場への電話連絡をどうしても避けたい場合にはSMBCモビットのWEB完結申込へ申し込む

レイクALSAでは、原則、審査時に申込者の職場への電話連絡が行われますが、大手消費者金融のSMBCモビットのWEB完結申込であれば、職場への電話連絡なし、不要な場合があります。
どうしても、カードローンの審査時に職場(会社)への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみましょう。
ただし、SMBCモビットのWEB完結申込は、申込時に社会保険証もしくは組合保険証の勤務先を証明できる書類と三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っていることが必要となります。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能


契約が完了すればすぐに借入可能

本審査を通過すれば、契約を残すのみです。契約はWEB契約(インターネットからの契約)または自動契約機による契約を選択できます。WEB契約を選択すれば、その場で契約手続きを完了し、レイクALSAのログイン画面から指定口座を選択して銀行振込ができます。ただし、自営業者や個人事業主の場合には、自動契約機のみの契約をなります。そのため、自営業者の方がWEB申込を利用する場合には、必ず自動契約機での契約を選択するようにしましょう。
WEB契約の場合は即日指定の銀行口座へ振込がされます。自動契約機の場合は専用ローンカードが発行されるので、提携ATMにて借入を行って下さい。
レイクALSAに初めて契約する場合には、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認を含む)で、当日中に振込みが可能です。

WEB契約

WEB契約を希望する場合には、ローンカードの有無を審査結果の仮審査の通知後に選ぶことが可能です。
なお、ローンカードなしを希望の場合、契約に関する郵送物はありません。
契約時の書面は郵送に代わり、会員ページで閲覧いただく方法(電磁的方法)にて交付します。なお、会員ページのログイン方法は、電子メールで確認できます。

そのため、自宅へのローンカードや利用明細の郵送物を避けたい場合には、WEB契約がおすすめです。
一方、ローンカードが必要な場合には、申込者の自宅(住所宛限定)にカードを本人限定郵便で郵送いたします。

自動契約機での契約

レイクALSAではWEB申込後に自動契約機に出向いて契約することも可能です。
自動契約機での流れは以下のとおりです。

  1. タッチパネル画面で契約手続きを行う
  2. 運転免許証または本人確認書類を自動契約機でスキャンさせる
  3. 契約内容確認書にご署名
  4. ローンカードの発行・受け取り

自動契約機で契約する場合には、運転免許証などの本人書類といった必要書類を持参して、自動契約機に出向いて契約を行います。自動契約機で契約の手続きを行い、本人確認書類などの必要書類を提出後、契約書面に署名すると、ローンカードが発行されます。そのため、自動契約機に行く際には、本人確認書類を忘れずに持参するようにしましょう。

レイクALSAでは借り入れ(融資)も来店せずにWEBのみで行える

レイクALSAの借り入れ方法(融資方法)は銀行振込とATMから2つがあります。
なお、レイクALSAでWEB完結にする場合には、審査結果の通知のメールがきたあとにWEB契約をしてホームページから振込手続きを行います。

契約後WEB上で会員ページから振込融資の依頼ができる

レイクALSAではWEB上の会員ページからスマホやPCを利用して振込融資を受けられます。会員ホームページからの振込融資の流れは以下の通りです。

  1. レイクALSAホームページから、会員ページにログインする
  2. この際の会員番号はカードに記載されている番号(会員番号8桁でも可)を入力する
    (暗証番号は契約時に本人が決めた番号)
  3. ログイン後、「振込によりお借入を申し込む」を選択
  4. 振込希望金額と振込先金融機関を選択

上記の流れで銀行振込での融資を受けることができます。
レイクALSAで借り入れ金を振込依頼する場合には、基本的に平日の9時~平日14:15までに振込依頼が完了すれば、すぐに指定した金融機関に反映されます。
なお、レイクALSAで初回契約時には、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認を含む)で、当日中に振込みが可能となります。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

そのため、レイクALSAで、即日融資を受けたい場合には、21時(日曜日は18時)までに契約を完了させるようにしましょう。
また、WEB申し込みやWEB契約をしても、希望をすればローンカードを自動契約機で発行することができます。そのため、レイクATMや提携ATMまたは、コンビニATMでの借り入れも可能です。

ATMからローンカードを利用して融資が受けることが可能

レイクALSAではローンカードを利用して、ATMからの融資を受けることが可能です。
レイクALSAで融資を受けられるATMは以下の通りです。

  • 新生銀行レイクATM
  • コンビニATM(セブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATM)
  • その他ATM(三菱東京UFJ銀行など)

レイクALSAでは、新生銀行レイクATMだけでなく、コンビニやその他金融機関のATMでも借り入れや返済に手数料がかかりません。
そのため、住まいや職場の最寄りの提携コンビニATMから手数料無料で、引き出しが可能です。
また、レイクALSAの公式アプリダウンロードすれば、ローンカードがなくても、アプリを利用して、セブン銀行ATMで融資を受けられます。
カードの受取はできないけれどATMを使いたいという場合にはレイクALSAの公式アプリとセブン銀行ATMを使いましょう。
セブン銀行ATMについてはアプリをダウンロードして会員登録をしておくことでカードがない時でも借り入れを行うことができます。カードを持ち歩きたくない、カードの受取はできないけれどATMを使いたいという場合にはレイクALSAの公式アプリとセブン銀行ATMを使いましょう。

WEB申込でもレイクALSAの無利息期間サービスを利用できる

レイクALSAでは初めての契約者限定で、無利息期間サービスを利用できます。
レイクALSAでは2つの「無利息期間サービス」が存在します。2つの無利息サービスとは借入額5万円までにかかる利息を180日間無料とするサービス」と、「借入額全額分の利息を30日間無料とするサービス」があります。
借り入れ額全額30日間無利息または180日間無利息(5万円のみ)のどちらの無利息期間サービスを利用するのかは、利用者が契約時に選ぶことが可能です。
なお、レイクALSAの無利息サービスの開始日は契約日の翌日から30日間です。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

利息0円サービスが選べるのはレイクALSAだけ

レイクALSAは、無利息期間も2種類がある使いやすいカードローンです。初めて利用する方を対象に30日間または180日間の(5万円まで)の無利息サービスをを行なっています。 インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 初めてなら全額30日間無利息サービスを実施中
  • 5万円までなら最長180日間の無利息期間を選べる
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円
審査時間お申込み後、最短15秒
融資までの時間最短即日融資も可能(※)

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く