専業主婦でもプロミスで借り入れできるのか

専業主婦の中には急な出費や生活が苦しいなどの理由でやりくりが大変キャッシングを利用したいという方もいるのではないでしょうか。

お金を借りる際には、テレビCMや広告などで有名な三井住友フィナンシャルグループでSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを利用したい考えている方も多いと思います。
それでは、プロミスカードローンでは主婦でも借り入れできるのでしょうか。

ここでは主婦がプロミスで借り入れ可能かどうかについてまとめましたので、参考にしてみてください。

専業主婦は収入がないのでプロミスで借り入れはできない

プロミスカードローンの申し込み条件は、公式ホームページに記載されている通り

お申込みいただける方の条件は、年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

つまり、収入のない専業主婦(主夫)は利用することができません。
ただし、主婦や学生でもパートやアルバイトなど安定した収入がある場合には審査の上利用することができます。

プロミスカードローンは総量規制の対象である

プロミスカードローンは総量規制の対象のカードローンです。
総量規制とは消費者金融やクレジット会社などの貸金業者においての個人の借入金額が、年収の3分の1を超える貸付はできないという貸金業法の規制をいいます。
つまり、収入が0円の場合には、総量規制によって借り入れ金額も0円になりますので、プロミスカードローンを利用することができません。

総量規制の例外である配偶者貸付とは

総量規制には配偶者貸付という、「配偶者と合算して年収の合計の3分の1を超えない借り入れは可能」という例外があります。

たとえば、夫の年収が600万円、妻の年収が150万円の場合、それぞれの年収の3分の1である夫200万円、妻50万円の借り入れが上限となります。

しかし、この配偶者貸付を利用した場合、夫婦共に借り入れないの状態であれば妻は夫婦の年収を合計した750万円の3分の1である250万円までの借り入れができます。

ただし、この配偶者貸付を利用する場合には、婚姻関係を証明する書類(住民票・戸籍謄本など)や配偶者の同意書以下の書類が必要となります。つまり、配偶者に内緒でお金を借りることはできないということです。

プロミスでは配偶者貸付はしていない

配偶者貸付という法律の制度で認められている専業主婦への貸付ですが、実際プロミスなどの消費者金融業者が配偶者の収入をもとに融資の可否判断するためには、申し込みの際に配偶者の年収などを確認しないとならないため審査に時間がかかってしまいます。

そのため、プロミスを含むアコム、アイフル、モビットのような大手消費者金融では、審査に時間のかかる配偶者貸付を行っていません。

それでは、安定した収入のない専業主婦がプロミスを利用するにはどうしたらいいのでしょうか。

専業主婦がプロミスを利用できるようにするには

では、主婦がプロミスでお金を借りるにはどうすればいいのでしょうか。プロミスの融資条件が「本人に安定した収入がある方」なので、正社員でなくともなにかしら収入を得られていれば、プロミスの審査に通過する可能性があります。

安定した収入さえあれば、プロミスカードローンに申し込みをして、即日融資を受けることも可能です。

パートやアルバイトをする

プロミスカードローンでは、パートやアルバイトあっても安定した収入があれば雇用形態にかかわらず申し込みができます。たとえ収入が少ない場合でも、希望の利用限度額を少なめにすることで審査に通る可能性があります。また、派遣会社に登録して安定した収入を見つけるという方法もおすすめです

在宅で仕事をする

アフェリエイトや内職などの在宅で仕事をはじめて、個人事業主としてプロミスに申し込みをすれば、審査に通ることもあります。ただし、個人事業主は、会社員などよりも収入が不安定であるため審査に不利になる可能性がありますので注意しましょう。
また、個人事業主でプロミスに申し込みをした場合には、少額の融資であっても収入証明書の提出を求められる場合があります。
(通常プロミスで収入証明書が必要な場合には、プロミスでの希望利用限度額が50万円を超える場合または、他社借り入れの総額と希望利用限度額が100万円を超える場合です。)