アコムの審査に落ちる理由と審査に落ちた場合の対応策

大手消費者金融のアコムは審査が厳しいことで有名です。そのため、審査に落ちてしまってお金を借りられずに困っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、アコムの担当者に審査落ちの理由を聞いてみても、詳細を教えてくれないため、なぜ審査に落ちたのかわからないですよね。

そこで、このページではアコムの審査に落ちた理由を究明したのち、アコム以外のおすすめのカードローンについて紹介していきます。

アコムの審査に落ちる理由

それでは、アコムの審査に落ちる理由をみていきましょう。アコムの審査に落ちる理由は以下の通りです。

  • 申し込み条件を満たしていない
  • 信用情報に金融事故の記録がある
  • 他社での借り入れ金額や借り入れ件数が多い
  • 在籍確認の連絡がきちんと行われなかった
  • 同時に複数の金融機関にキャッシングの申し込みをしている
  • 申込み時の虚偽記載や記入ミス・記入漏れある
  • 暴力団や犯罪に関わるような企業に属している

申込条件を満たしていない

アコムの申込条件は以下の通りです。

アコムの申し込み条件は20歳から69歳安定した収入と返済能力のある方

アルバイトやパート、自営業者・個人事業主でも安定した収入があれば、アコムを利用できます。
しかし、無職(無収入)や専業主婦といった安定収入のない人は、そもそもアコムの申込条件を満たしていません。
そのため、無職(無収入)や専業主婦の方がアコムに申し込みをしても、確実に審査落ちとなってしまうので注意しましょう。

信用情報に金融事故の記録がある

申込者の信用情報に金融事故の記載があると、返済能力がないとみなされアコムの審査に落ちます。

信用情報とは、個人信用情報機関に登録されている利用者のカードローンやクレジットの借り入れや返済の履歴です。

過去に長期返済の遅延や延滞、自己破産や任意整理などの債務整理といった金融事故を起こしていると、申込者の信用情報に事故情報(異動情報)として記録されます。

申込者の信用情報に記載されている金融事故情報(異動情報)は、いわゆる「ブラックリスト」と言われ、一度、信用情報に金融事故情報が記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。

信用情報の事故情報の記録が消える期間
個人信用情報機関  複数の金融機関への申込履歴 (申し込みブラック) 延滞 債務整理 強制解約
CIC 6か月 5年 5年 5年
JICC 6か月 1年 5年 5年
KSC 8か月 5年 10年 5年

さらに、利用者の信用情報に金融事故の記録(異動情報)があると、アコムだけなく他社の大手消費者金融や銀行カードローンの審査にも落ちてしまいます。

そのため、信用情報に金融事故の記録のある人は、信用情報での審査のない質屋もしくは、家族や友人なからお金を借りるようにしましょう。

過去にアコムで金融事故を起こしたことがある

たとえ利用者の信用情報に金融事故の記録がなかったとしても、過去にアコムで金融事故を起こしたことがある人は、アコム社内に利用者の金融事故の情報が残っているため、アコムの審査に落ちてしまいます。

そのため、過去にアコムで金融事故を起こしてしまった人は、他社カードローンへ申し込みましょう。

プロミスカードローンの特徴
プロミスカードローン

プロミスの審査基準はアコムとは異なる

プロミスはアコムとは異なる基準で審査を行っています。プロミスに申込する際は、入力時の記入ミスに気を付け、虚偽申告しないようにしましょう。もちろん、アコムと同じように手続きに必要な運転免許証などの本人確認書類などの必要書類はWEB上でアップロード可能です。もし、在籍確認の電話連絡に不安があるなら、WEBから「カンタン入力」で申込みしたあとに、プロミスの審査担当者から電話が来るので、その時に在籍確認について相談してみて下さい。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK

他社消費者金融での借入金や借り入れ件数が多い

他社を含めた借入額の合計が、申込者の年収の3分の1を超えていると、アコムの審査に落ちます。

消費者金融であるアコムは、貸金業法で定められている総量規制の対象であるためです。

総量規制とは、貸金業者が個人にお金を貸す場合に、年収の3分の1までしか貸付けることができないと決めている法律です。

貸金業者とは、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社のことです。一方、銀行は、貸金業者に含まれません。

例えば、年収300万円の人が、アコムで借りられる上限金額は、年収の3分の1である100万円です。

仮に、消費者金融A社から50万円、消費者金融B社から40万円を借り入れしている状態で、アコムから30万円を借りようしても、審査に通りません。

貸金業者からの借り入れがある場合には、年収の3分の1の金額から現在の借入額の合計額を差し引いた金額が、アコムで借りられる利用限度額の上限になるためです。

そのため、既に消費者金融などの貸金業者から借り入れが、年収の3分の1近くある場合には、今ある借り入れを返済してから、アコムを利用するようにしましょう。

他社借り入れ件数が5件以上あると審査に落ちてしまう

たとえ、総量規制の上限額である利用者の年収の3分の1以内の借り入れであっても、
消費者会社やクレジット会社(キャッシング枠)といった貸金業者の他社借入件数が5件以上あると、返済能力がないと判断されアコムの審査に落ちてしまいます。
そのため、他社借り入れ件数が多い人は、アコムの申し込み前に、借り入れを返済するか、もしくはアイフルのおまとめローンを利用して借り入れ件数をまとめておくようにしましょう。

在籍確認の電話連絡がきちんと完了しなかった

審査時の在籍確認の電話連絡がきちんと完了していないと、アコムの審査に落ちてしまいます。

在籍確認とは、審査時に申込時に入力された勤務先が正しいかどうかをアコムの担当者が電話確認することです。

在籍確認の電話連絡では、アコムの担当者が、申込者の申告した勤務先に電話をかけ、申込者が在籍しているかを確認します。

その際に、申込者自身が電話に対応するかもしくは、勤務先の人が「○○は外出しています。」というように、申込者が勤務先に在籍していることが確認できれば、在籍確認の電話連絡は完了です。

しかし、アコムの担当者からの在籍確認の電話の結果、申込者が申告した勤務先が存在しないまたは、実際に勤めていない、病気や育児休暇などで休職状態であることがわかると、在籍確認がきちんと完了したとみなされないため、無職扱いとされ審査に通りません。

同時に複数の金融機関にキャッシングの申し込みをしている

他の消費者金融への申込み状況は、信用情報に記録され、個人信用情報機関によって各金融機関が利用者の申し込み履歴を共有しています。そのため複数社への同時の申し込みは「よっぽどお金に困っている人」という印象を与え、審査に落ちてしまいます。
(いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれています。)

アコムの申し込みから審査完了までの時間は、最短30分と早く、アコムでの申し込み後、審査結果はすぐに判明するため、複数者のカードローンに一度に申し込みするのは避けましょう。

申し込み内容に虚偽や記入ミス・記入漏れあると審査に落ちてしまう

勤務先や年収といった申し込み内容に、虚偽記載が発覚したときは、審査に落ちてしまいます。

なお、申込時の虚偽記載ではなくても申込時の記載ミスや記載漏れ、必要書類の不備が原因で審査に落ちてしまうこともあります。

そのため、アコムの申込み時には、年収や他社借り入れ金額の申告内容を正確に入力し、提出する運転免許証などの必要書類の有効期限を確認するようにしましょう。

暴力団や犯罪に関わるような企業に属している

アコムでは、利用規約12条で、反社会的団体の排除が明記されているため、暴力団に所属している、あるいは詐欺会社に勤務しているなど反社会的勢力の関係者は、審査に落ちてしまいます。
さらに、過去に、禁錮刑以上の犯罪歴がある人も反社会的勢力とみなされアコムを利用することができません。

アコムの審査の落ちてしまった場合の対応策

アコムの審査に落ちてしまった場合の対応策は以下の通りです。

  • 他の消費者金融や銀行カードローンに申し込む
  • アコムの再審査(2回目の審査)を受ける
  • キャッシング以外の方法でお金を得る

他社カードローンへ申し込む

アコムの審査に落ちてしまい、すぐにお金が必要な場合には、他社カードローン会社に申し込むようにしましょう。

仮に、アコムの審査に落ちてしまっても、審査基準の異なる他社の消費者金融であれば、消審査に通る可能性があるためです。

アコムと同様に、WEB申し込みを利用して即日融資が可能な大手消費者金融のプロミスがおすすめです。

ただし、安定した収入がない人や信用情報に金融事故がある場合には、他社の大手消費者金融に申し込みをしたとしても、他社消費者金融での審査にも落ちてしまう可能性が高いです。

プロミスカードローンの特徴
プロミスカードローン

プロミスの審査基準はアコムとは異なる

プロミスはアコムとは異なる基準で審査を行っています。プロミスに申込する際は、入力時の記入ミスに気を付け、虚偽申告しないようにしましょう。もちろん、アコムと同じように手続きに必要な運転免許証などの本人確認書類などの必要書類はWEB上でアップロード可能です。もし、在籍確認の電話連絡に不安があるなら、WEBから「カンタン入力」で申込みしたあとに、プロミスの審査担当者から電話が来るので、その時に在籍確認について相談してみて下さい。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK

銀行カードローンへ申し込む

安定した収入があり、信用情報に傷がなく、他社借り入れ件数もないのであれば、消費者金融ではなく、銀行カードローンに申し込みましょう。
銀行カードローンは、消費者金融に比べ審査が厳しいと言われていますが、消費者金融と銀行カードローンでは審査基準が異なるので、審査に通る可能性はあります。

しかし、保証会社がアコムである銀行カードローンに申し込むと、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

アコムが保証会社を務めている主要な銀行カードローンは、以下の4行です。

  • 三菱UFJ銀行(バンクイック)
  • じぶん銀行
  • セブン銀行カードローン
  • ソニー銀行カードローン

アコムの審査に落ちた場合、上記の4行への申し込みは避けるようにしましょう。

銀行カードローンの申し込みを検討しているのであれば、アコム以外の消費者金融会社が保証会社を務めている横浜銀行カードローンや三井住友銀行カードローンといった銀行カードローンに申し込むことをおすすめします。

信用情報に不安があるのであれば中小消費者金融へ申し込む

信用情報に不安がある人は、中小消費者金融の申し込みをするようにしましょう。

中小消費者金融であれば、信用情報に不安があっても、安定した収入があれば、審査時に柔軟に対応してくれますのでおすすめです。

ただし、中小消費者金融のキャッシングも大手消費者金融と同様に総量規制対象のローンです。そのため、安定した収入がない場合には、中小消費者金融を利用できません。

中小消費者金融は、大手消費者金融に比べ知名度は低いですが、ヤミ金(闇金融)とは異なり貸金業法に基づいて健全に運営をしています。そのため、法外な利息を要求される。もしくは、違法な取立てをすることは一切ありませんので、安心して利用できるでしょう。

関連項目:「即日融資が可能な中小消費者金融

6か月間の期間を空けてアコムの再審査を受ける

アコムに再び申し込みをして、再審査を受ける場合には、必ず最低でも6か月期間を空けてから申し込みしましょう。
カードローン会社の利用者の契約情報は6ヶ月以内に利用者の信用情報から削除することが義務付けられていますので、6か月を経過すれば申し込み情報が削除されているために審査に通りやすくなるためです。

ただし、申し込み履歴が消える6ヶ月を待っているだけで、アコムの審査に通るというものではありません。

利用者の年収が上がる、返済能力が以前よりも改善した場合には、アコムの再審査(2回目)の審査に通る可能性も出てきます。

一方、、年収が下がった、他社での借入件数や金額が増えたなどの場合にはアコムは返済能力に問題があると判断され、アコムの再審査を受けても、落ちてしまうでしょう。

キャッシング以外でお金を得る方法を検討する

安定した収入がない、過去に金融事故を起こしてしまって現在債務整理の手続き中の場合には、カードローンの審査に通らないため、キャッシング以外でお金を作る方法を提案いたします。 どうしても急ぎでお金がほしいというときには、家族や友人からお金を借りる・質屋からお金を借りる・自分の持ち物を売る・日払いのアルバイトとして収入を得るなど、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる以外の方法を検討しましょう。

質屋からお金を借りる

質屋であれば、安定した収入や信用情報に金融事故の記録がある人(ブラックの人)でも、持ってきた商品に価値がつけば、お金を借りられます。
そのため、価値のある物品もっているだけで、審査なしでお金を借りられます。

ただし、商品に価値がないと質入れできず、質屋からお金を借りることができません。

日払いのアルバイトをする

日払いのアルバイトをすれば、お金を借りることなく、すぐにお金を得ることができます。
日払いのアルバイトの職種は、建築現場や引っ越し現場の軽作業やイベント運営スタッフなど様々です。

日払いアルバイトは、平日だけでなく土日祝日でも多くありますので、平日会社勤めをしている方でも、土日祝日で日払いのアルバイトが可能です。

関連項目:「全国の短期バイト・単発アルバイト|ショットワークス
関連項目「日雇いのバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

多重債務者は債務整理を検討する

借金の返済が困難で、返済を長期延滞いる多重債務者の人は、新たにお金を借りるよりも、債務整理をして、借金の減らしたほうがいいでしょう。
長期滞納の記録が信用情報に記載されて、ブラックリスト入りしていると、金融事故情報が消えるまでは、カードローンを利用してお金を借りられないためです。

債務整理の中でも、任意整理あれば、裁判所を通さず、家族や職場に知られずに借金の減額が可能です。

また、債務整理の費用は分割払いや後払いが可能なので事前に用意する必要はなく、借金減額の浮いた支払利息で支払えます。

債務整理の電話相談は、土日祝日や夜間でも無料でできます。借金の現状を弁護士や専門家に話すだけでも状況が変わるかもしれないので、一度無料の電話相談をしてみると良いでしょう。