但馬銀行カードローン特徴と審査内容

但馬銀行カードローンは返済額に応じてT-POINTが貯まるという、ユニークな特徴があります。つらいカードローンの返済ですが、ポイントが貯まるのは但馬銀行カードローン独特の嬉しい特徴です。

ここでは、但馬銀行カードローンの特徴と審査について詳しく解説します。

但馬銀行カードローンの特徴

但馬銀行カードローンには以下の特徴があります。

  • 利用できるのは京都府・大阪府・兵庫県のエリア
  • 金利は年1.9%~14.5%、利用限度額は10万円~1,000万円
  • 但馬銀行の口座がなくてもOK(口座無しタイプを選択可)
  • ATM利用は返済の場合はいつでも手数料無料
  • 申請すればT-POINTが貯まる
  • ローンカード発行前の振込み融資を受けられる(但馬銀行以外もOK

利用できるのは京都府・大阪府・兵庫県エリアの方のみ

但馬銀行カードローンを利用できるのは、京都府・大阪府・兵庫県のエリアに住んでいる、もしくは勤務している人のみです。
そのため、上記以外の都道府県の方は利用できないので、他の銀行カードローンを申し込むようにしましょう。

但馬銀行の利用限度額は1,000万円

但馬銀行カードローンの利用限度額は10万円~1,000万円です。最高限度額が1,000万円というのは銀行系カードローンのなかで高額です。金利は年1.9%~14.5%と平均的です。
ちなみに他の銀行系カードローンの利用限度額と金利は以下の表を参考にしてください。

銀行名 借入限度額 金利
三井住友銀行 10万円~800万円 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 10万円~500万円 1.8%~14.6%
みずほ銀行 10万円~800万円 2.0%~14.0%
りそな銀行 10万円~800万円 3.5%~12.475%

但馬銀行カードローンの金利は、大手銀行カードローンと同程度で、利用限度額は、大手銀行カードローンよりも高い金額です。そのため、審査に通過すれば大手銀行カードローンよりも使いやすいでしょう。

口座が無くても利用OK!申込みと同時に口座開設も可能

但馬銀行カードローンは、但馬銀行の口座が無い場合でも利用可能です。申込みの際には「口座なしタイプ」「口座ありタイプ」の2種類あります。
但馬銀行の口座を持っていない場合でも、口座ありタイプを選ぶこともできます。その場合は、但馬銀行の店舗に出向き口座を開設する必要があります。(但馬銀行の店舗を探す場合はこちらのページを利用してください。URL:http://www.tajimabank.co.jp/about/branch/)
返済なら提携先ATMを利用すると手数料無料
但馬銀行カードローンは、但馬銀行のATMの他、以下の提携ATMを利用できます。

  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イーネット(コンビニATM)
  • ローソンATM

これらのATMは借入れの際には所定の手数料がかかりますが、返済のときの手数料は無料です。これらのATMは全国どこにでもあるので、旅先でも返済や借入れ可能です。

但馬銀行カードローンはT-POINTが貯められる

但馬銀行カードローンは、申請をすれば返済額に応じてT-POINTをためることができます。毎月返済額100円につき1ポイントが貯まります。T-POINTは1ポイント1円で使えるので、返済額の1%分が返ってくると考えられます。

但馬銀行カードローンの返済で貯まるT-POINTについて、詳しくは但馬銀行のTポイント公式ページを参考にしてください。
このようなサービスは銀行系カードローンのなかでもかなり珍しいです。同じようにカードローンの返済でT-POINTが貯まる銀行には以下の銀行があります。

  • きらやか銀行
  • 福邦銀行
  • 足利銀行
  • 仙台銀行
  • 宮崎太陽銀行

但馬銀行を含めどこの銀行も地方銀行です。但馬銀行の営業区内に住まい、もしくは勤務地があり、T-POINTを貯めたい人は、但馬銀行カードローンはかなりおすすめです。
ただし、T-POINTを貯めるためには申請が必要なので、T-POINTを貯めたい人は、申込み時に忘れずにT-POINT申請するようにしてください。

ローンカード発行前に融資が受けられる

但馬銀行カードローンはローンカードが発行される前に、口座振り込みによる融資を受けることができます。この口座振り込みサービスは但馬銀行以外の銀行口座でも受けることができます。
ローンカードの発行は融資が決定してから1週間~10日ほどかかります。早くお金を借りたい人にはかなり助かるサービスです。

ただし、但馬銀行カードローンでは、審査結果の回答が申し込みから最短2営業日かかるため即日融資を受けることができません。そのため、即日融資希望であれば、消費者金融カードローンを利用するようにしましょう。

アコムの特徴

アコム

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり



アイフルの特徴

アイフル

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富


但馬銀行カードローンの申込みから審査・契約・借り入れまでのの流れ

但馬銀行カードローンはご利用まで以下のような流れになっています。

  1. 仮審査申込み
  2. 仮審査(在籍確認あり)
  3. 正式契約・本人確認書類提出
  4. ローンカード発行
  5. 借り入れ

仮審査申込みでは口座なしタイプ、口座ありタイプを選択する

但馬銀行カードローンは、WEBでなら24時間365日いつでも受け付けています。口座なしタイプと口座ありタイプのどちらかを選択して申込みます。口座ありタイプは但馬銀行の口座を持っている人、もしくはこれを期に但馬銀行の口座を開設する人のみが利用できます。
口座ありタイプと口座なしタイプのサービスの違いは、口座ありタイプのみ自動融資サービスがあるということです。自動融資サービスとは、公共料金やクレジットカードの支払い、但馬銀行カードローンの返済のときなどで口座の残高が少なく足りない場合に自動的に融資を受けられるサービスのことをいいます。

このサービスを受けたい方は、口座ありタイプを選びましょう。自動融資サービスは大変便利なサービスなのですが、自分で気が付かないうちに融資を受けてしまうこともあります。ご利用には注意が必要です。

あとの2つのタイプの違いは、返済する周期にあります。口座ありタイプは毎月10日が返済日であり、その日に返済する必要があります。口座なしタイプは、毎月決まった返済日はなく、初めての借入れから35日以内に初回返済を行い、その後は返済日からまた35日以内に返済をします。

少しの差ですが、口座なしタイプのほうが返済日と返済日の間が空くのでゆとりある返済が可能です。しかし、完済まで時間がかかるとその分金利分の支払いは多くなってしまいます。口座ありタイプ毎月決まった日が返済のほうが、返済スケジュールを立てやすいという利点もあります。

ゆっくりと余裕を持って返したい人は口座なしタイプ、毎月同じ日に返済をしたい人は口座ありタイプを選択しましょう。

仮審査の開始

申込みが問題なく受理されますと、仮審査が行われます。仮審査にかかる日数は、基本的には2営業日です。繁忙期の場合などには、もう少しかかることもあります。
仮審査ですが審査にかかる日数を考慮すると、収入や勤務先、現在の他社借り入れ状況や信用情報などから総合的に判断されます。

仮審査では在籍確認も行われる

仮審査では在籍確認も行われます。在籍確認とは、申込みの際に申告した勤務先に本当に在籍しているのかどうかを電話にて確認するものです。電話では但馬銀行カードローンからとは名乗らずに、担当者名で電話をかけるようになっており、勤務先にカードローンを利用するということが分からないように配慮されています。

それでもどうしても勤務先への電話は避けたいという方は、申込みからなるべく早くに但馬銀行へ相談しましょう。給与明細等の提出で対応することも可能です。

仮審査結果は登録したメールアドレスに連絡が来ます。仮審査に通過した場合は、本人確認書類の提出・契約と進みます。その際に契約は、WEB・FAX/郵送・来店のどれにするのかを選択します。口座ありタイプ希望で但馬銀行の口座を持っていない人は、来店での契約となります。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なし

アコムプロミスアイフルなどの消費者金融の申込の場合には、但馬銀行カードローンの審査時の職場への連絡は原則として必須です。(書類提出で回避も可能。)
しかし、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、カードローンの審査時の職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能


本人確認書類提出・契約

仮審査に通過しましたら、本人確認書類を提出します。本人確認書類は運転免許証がある場合なら運転免許証を、無い場合は健康保険証・パスポート・マイナンバーカードを提出します。
仮審査通過の際に選択した方法で本人確認書類を提出します。その後但馬銀行から自宅もしくは勤務先へ申込みの確認の電話連絡がきます。但馬銀行に本人確認書類が受理され、申込み内容と相違が無いと確認されれば但馬銀行カードローンに契約できます。

契約・ローンカード発行

正式に契約ができますと、自宅にローンカードが届けられます。ローンカードが手元に届くまで、契約から1週間ほどかかります。申込から融資までだと、2週間前後かかることになります。

この契約からローンカード到着までの1週間を待たずに融資を受けることもできます。但馬銀行カードローンは、契約決定後すぐに指定した口座に振込む初回振込サービスを行っています。この初回振込みサービスは但馬銀行ではなく他の銀行の口座でも受け付けています。なるべく早くお金が必要な方は、ぜひこのサービスを利用しましょう。

但馬銀行カードローンの利用条件とは?

但馬銀行カードローンを利用するためには以下の条件をすべて満たす必要があります。

    年齢が満20歳以上69歳以下

  • 安定して継続した収入があること(配偶者に収入がある場合専業主婦可)
  • (口座ありタイプのみ)但馬銀行の他のカードローンの契約者ではないこと
  • 京都府・大阪府・兵庫県に住んでいる、もしくは勤務していること
  • 但馬銀行の審査基準を満たすこと

但馬銀行カードローンは、配偶者に安定して継続した収入があるのであれば、専業主婦でも利用可能です。ただし、専業主婦が但馬銀行カードローンを利用する際の利用限度額は100万円以下です。これは専業主婦の利用限度額は必ず100万円を超えないということで、場合によっては利用限度額が100万円よりももっと低いこともあります。

但馬銀行が運営するカードローンは「口座なしタイプ」「口座ありタイプ」の2種類です。口座ありタイプのみですが、但馬銀行の他のカードローンの契約者ではないことという条件があります。ですので、口座なしタイプを利用している人が、新たに口座ありタイプに契約することはできません。

但馬銀行の営業エリアは京都府・大阪府・兵庫県エリアです。これらの地域に住んでいるもしくは勤務していないと但馬銀行カードローンは利用できません。但馬銀行カードローンを利用するためには、これらの利用条件を満たし、なおかつ審査に通過する必要があります。

但馬銀行カードローンの審査基準

但馬銀行カードローンの審査基準は以下のとおりです。

  • (口座なしタイプ)
    保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられること
  • (口座ありタイプ)
    保証会社である株式会社オリエントコーポレーション、またはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられること
  • 信用情報に問題が無いということ(金融事故の履歴がない)

審査通過するには保証会社の保証を受けられないと審査の落ちてしまう

保証会社の保証を受けられるということは、その保証会社で過去に問題を起こしていないということです。問題というのは、申込みの際にした悪質な虚偽申告・長期的な延滞・金融事故(※)などです。

金融事故とは、長期延滞・保証会社や保証人による代位弁済・債務整理・強制解約などを指します。債務整理とは、借金の減額、抹消、支払期日延長を申し立てる手続きのことです。具体的には、自己破産・現在借入れ中のローンに対する過払い金請求(完済済みのローンに対する過払い金請求は金融事故に該当しません。)などのことを債務整理といいます。

但馬銀行カードローンの保証会社は、口座なしタイプはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社、口座ありタイプは株式会社オリエントコーポレーション、もしくはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、但馬銀行以外に以下の銀行カードローンの保証会社もしています。

  • ジャパンネット銀行
  • 北洋銀行
  • 北日本銀行
  • 大東銀行
  • 東北銀行
  • 福島銀行
  • 福邦銀行
  • 東日本銀行
  • 横浜銀行
  • 筑波銀行
  • 大垣共立銀行
  • 静岡中央銀行
  • 長野銀行
  • 福井銀行
  • 北越銀行
  • 大正銀行
  • 愛媛銀行
  • みなと銀行
  • 関西アーバン銀行
  • 西京銀行
  • 中国銀行
  • 鳥取銀行
  • トマト銀行
  • 広島銀行
  • 香川銀行
  • 宮崎太陽銀行
  • 福岡銀行
  • 福岡中央銀行
  • 大分銀行
  • 鹿児島銀行
  • 佐賀銀行
  • 筑邦銀行
  • 熊本銀行

さらにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、三井住友銀行と同じ系列で、消費者金融のプロミスとSMBCモビットを運営しています。
そのため、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けるためには、上記の保証会社をしている銀行と三井住友銀行、消費者金融のプロミス・SMBCモビットで過去に問題を起こしていないことが条件となります。
関連項目:「プロミスが保証会社を務めている銀行カードローン

但馬銀行カードローンの口座ありタイプだと、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社もしくは株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられないといけません。

株式会社オリエントコーポレーションは、但馬銀行の他に以下の銀行の保証会社をしています。

  • みずほ銀行
  • 札幌信用金庫
  • 室蘭信用金庫
  • 北日本銀行
  • 福島銀行
  • 福邦銀行
  • みちのく銀行
  • 京葉銀行
  • 武蔵野銀行
  • 八千代銀行
  • 愛知銀行
  • 清水銀行
  • 中京銀行
  • 北越銀行
  • スルガ銀行
  • 紀陽銀行
  • 滋賀銀行
  • 第三銀行
  • 池田泉州銀行
  • 西京銀行
  • 鳥取銀行
  • トマト銀行
  • 広島銀行
  • もみじ銀行
  • 香川銀行
  • 高知銀行
  • 四国銀行
  • 豊和銀行
  • 南日本銀行
  • 宮崎太陽銀行
  • 福岡中央銀行
  • 佐賀共栄銀行
  • 佐賀銀行
  • 筑邦銀行
  • 肥後銀行
  • 琉球銀行

これらの銀行のカードローンで過去に問題を起こしてしまった場合は、株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けることはできません。

審査において信用情報に問題がないかと確認する

但馬銀行カードローンの審査においては、個人信用情報に問題が無いということも重要です。個人信用情報とは、その人のローンに関するすべての情報のことをいいます。ローンの情報とは、申込み情報や返済状況、起こした金融事故などです。
個人信用情報は全国銀行個人信用情報センター(KSC)・株式会社シー・アイ・シー(CIC)・株式会社日本信用情報機構(JICC)という3つの個人信用情報機関に登録されます。日本で貸金業務を行う際には、このいずれか、もしくはすべての個人信用情報機関に加盟することが義務付けられています。

3つの個人信用情報機関は情報をやり取りしているので、日本で利用したローンの状況はすべて記録され、個人信用情報機関が加盟している会社や銀行は、それを見ることが可能です。

それぞれの個人信用情報が個人信用情報機関に記録される期間は以下の表のようになっています。

ローンの申込み情報 申込み日から半年
契約・支払い情報 解約日から5年間
延滞に関する情報 完済日から1~5年間
債務整理以外の金融事故 5年
債務整理 5~10年

これらを考慮すると、以下のような状況だと但馬銀行カードローンの審査通過は厳しいでしょう。

  • 半年以内に申込み・審査落ちを5件以上繰り返している
  • 5年以内に長期延滞をした
  • 5年以内に債務整理以外の金融事故を起こしている
  • 10年以内に債務整理をした

但馬銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由

保証会社の保証を受けることができ、個人信用情報に問題が無い場合でも、但馬銀行カードローンの審査に落ちることがあります。その時に考えられるのは以下の理由です。

  • 収入が低すぎる
  • 勤務期間が短い
  • 反社会的勢力に関係している
  • 申込み時に虚偽申告をした

返済困難になると思われる収入額

但馬銀行カードローンの返済額は、最低でも2,000円です。毎月家賃や生活費を支払ってもこの金額を問題なく支払うことができる収入でないと、審査に落ちてしまいます。
但馬銀行カードローンは、パート・アルバイト、専業主婦(配偶者に収入がある場合のみ)でも利用可能なので、そこまで高い収入は必要ありません。しかし、返済が困難になるのではないかと危惧される収入であると、審査に通過できないこともあります。

勤務期間が短いと仕事を辞めてしまうのではないかと危惧される

現在の勤務先に勤めている期間が短すぎると審査に落ちてしまうことがあります。なぜなら勤務期間が短いと、すぐに仕事を辞めてしまうのではないかと思われてしまうからです。利用者仕事を辞めてしまうと、返済が困難になってしまう可能性があります。但馬銀行カードローンとしては避けたい事態です。

正社員の場合は半年以上、正社員よりも辞めやすいパートやアルバイトの場合は1年以上勤務していれば安心でしょう。

反社会的勢力に属している

但馬銀行や保証会社である株式会社オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、どこも反社会的勢力との関係を遮断し、いかなる取引もしないという表明を出しています。

反社会的勢力に属している、もしくは関係している場合でも、但馬銀行カードローンの審査に通過することはできません。

申込みの際に虚偽申告をした

但馬銀行カードローンの申込みの際に、審査に通過しやすいように虚偽の内容を申告すると、但馬銀行、ならびに保証会社である株式会社オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のブラックリストにのってしまう可能性があります。
そうしますと今回の審査に落ちてしまう上に、今後も申込みをしても審査落ちになってしまう可能性があります。4-1で株式会社オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の関連する銀行や消費者金融を紹介しました。一度ブラックリストに載ってしまうと、それらの銀行や消費者金融に申込みをしても審査に落ちる可能性が高いです。虚偽申告をしても本人確認書類提出などで、嘘であることは分かってしまいます。そのため、申込み時の虚偽申告は絶対にやめましょう。

但馬銀行カードローンの審査の通るためには

但馬銀行カードローンの審査に通過しやすくするために、申込み前にできることがあります。それは、現在の借入れを減らすということです。
借入件数が複数ある場合は、1件でも完済し借入件数を減らす、借入件数が1件の場合も、その借入額を減らすということです。

複数借入れがあり1件でも完済は難しい場合は、複数のローンを1本化するおまとめローンの利用がおすすめです。但馬銀行カードローンの審査に通過しやすくするために、申込み前に借入件数や借入額を少しでも減らしておきましょう。

審査に落ちた場合はプロミス以外の消費者金融に申込を検討する

但馬銀行カードローンの審査に落ちてしまったときは、消費者金融に申込んでみましょう。消費者金融は銀行系カードローンと審査の仕方が違います。一般的に、消費者金融のほうが銀行系カードローンよりも金利が高い分審査に通過しやすい傾向にあります。

しかし、但馬銀行カードローンの保証会社にはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社があります。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は消費者金融のプロミスを運営していて、SMBCモビットとは同じ三井住友銀行グループです。

但馬銀行カードローンの審査に落ちてしまって消費者金融の申し込みを検討するのであれば、プロミスは避けましょう。そこ以外の主な消費者金融は、アイフル、アコムなどがあります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間