自営業者や個人事業主でもプロミスの審査に通過してお金を借りることができる

自営業や個人事業主の方でもテレビCMでよく見かけるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを利用してお金を借りたいと思うことがあると思います。
しかし、自営業者や個人事業主の方は、毎月お給料をもらっている公務員や会社員の方とは異なり、毎月の収入が安定しないこともあるので、プロミスの審査に通過せず、キャッシングを利用できないと思っていませんか。

プロミスでは、ただ自営業や個人事業主という理由で、フリーローンの借入時の審査に落ちてしまうということはありません。さらに、プロミスでは、自営業者・個人事業主や経営者の専用の事業者向けローン(ビジネスローン)である「自営者ローン」という商品も取り扱っています。

ここでは、自営業者や個人事業主がプロミスカードローン(フリーキャッシング)の審査を受ける際の注意点や審査を有利にすすめる点また、プロミスの事業向けビジネスローンである自営業者・個人事業主専用ローン「自営者カードローン」について詳しく解説いたします。

自営業者や個人事業主がプロミスの審査を有利にすすめるにはどうしたらいいか

自営業者や個人事業主は、給与所得者の公務員や会社員などとは違って、毎月の収入が安定していないため、たとえ年収が高くても、会社員や公務員に比べ、たとえ審査に通ったとしても、で契約時に設定される利用限度額が低くなることがあります。
特に、自営業者や個人事業主の場合、プロミスカードローンでの希望利用限度額が50万円を超えると審査のハードルが高くなる傾向にあります。
これでは、プロミスの審査において個人事業主は会社員などの給与取得者にくらべて、デメリットになってしまいます。では、自営業者や個人事業主がプロミスの審査に不利にならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

50万円以下の収入証明書が不要な場合でも収入証明書類を提出して返済能力があることをアピールする

プロミスでは、さきほど申し上げたとおり、プロミスにおいて50万円を超える契約を行う場合と他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要です。つまり、他社からの借り入れがない場合、50万円までは収入証明書類の提出は不要となります。
しかし、プロミスでの希望の利用限度額が50万円以下だとしても、所得証明書や納税証明書などの収入証明書類の提出をするなどして返済能力があることをプロミスの担当者に理解してもらうようにしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)



自宅に固定電話があるとプロミスの審査に有利になる

自営業者や個人事業主の場合には、自宅を事務所または仕事場としている場合が多いです。そのため、申込み時の勤務先は自宅の住所を記載すると思います。

その際に、自宅の固定電話の番号があれば、申込み時に申告するようにしましょう。自宅に固定電話があることで、返済能力があると判断され審査に有利になる可能性があります。

なお、自宅に固定電話ない場合には、プロミスカードローンの申込み時に収入証明書類または取引先との注文請書・注文書や事業計画書など自営業をしていることを証明する書類が必要となる場合があります。

自営業者や個人事業主でもプロミスカードローンをを申込可能

プロミスカードローンの申し込み条件は20歳~69歳で安定した収入がある方である

プロミスの公式ホームページにも載っている通り、プロミスのカードローンの申し込み資格は下記の2つです。

  • 20歳~69歳で安定した収入がある
  • 返済能力がある

つまり、20歳から69歳の間で、かつ安定した収入があれば、自営業や個人事業主でもアルバイトでもパートでも学生でも職業や雇用形態を問わずにプロミスカードローンのキャッシングに申し込みがすることは可能です。
上記に、記載されている安定した収入とは、毎月収入があることをいいます。また、返済能力があるというのは、他社の消費者金融や銀行カードローンからの借入額や返済状況をみて総合的に借りたお金を返済できるかとどうかをいいます。

自営業者や個人事業主とは会社に所属しておらず仕事をしている人

自営業者」や「個人事業主」とは会社に勤務せずに自分のみで仕事をされている人をいいます。具体的には、下記にあげるような仕事が、自営業者や個人事業主に分類されると思って問題ないでしょう。

  • 作家
  • デザイナー
  • プログラマー
  • 飲食店の店主

なお、上記であげた同様の業務であっても、会社との雇用契約がある場合には、会社員や契約社員となり個人事業主や自営業とはなりません。

プロミスのビジネスローン「自営業専用ローン」は自営業者や個人事業主専用のローン

プロミスのビジネスローン「自営業専用ローン」は自営業者や個人事業主などの専用ローン

自営者カードローンは急な事業資金の調達に便利

自営業者や個人事業主などの経営者が事業用資金を借りる方法として低金利で高額の借り入れができる日本政策金融公庫や銀行・信用公庫から事業者ローンの融資を受けるのが一般的です。

しかし、これらの金融機関から融資を受けるためには、提出しなければならない書類が多く、申込から審査完了までのにかかる期間も1~2カ月と長くなるため、
急に事業資金が必要になった場合には利用することが難しいです。
そのような場合に、便利なのが、プロミスの自営者カードローンです。
日本政策金融公庫や銀行・信用金庫などの事業社向けローン比べて金利は高く、また利用限度額(極度額)は低いですが、必要書類が少なく手続きが簡単で、審査の時間もそこまで長くはかかりません。

プロミスの自営者カードローンは総量規制の例外である

プロミスのフリーローン(通常のカードローン)は、個人事業主でも会社員やアルバイトでも審査される項目は同様です。よって借入額の上限は総量規制で定められている年収の3分の1の範囲内に制限されます。

一方、自営者カードローンは、自営業者や個人事業主に特化したカードローンのため、事業の実態が確認できる「事業計画書」などの書類を提出することで、総量規制の例外とみなすことができ、申込者の年収の3分の1を超える借入が可能となります。下の図に、プロミス自営者カードローンの詳細を記載いたしました。

プロミス自営者ローン詳細
申し込み条件 年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
資金使途 生計費および事業費
融資額 300万円まで
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中からどれか(三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外は毎月5日)
返済期間・回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど)
収入証明書(源泉徴収票、確定申告書などで最新のもの)
事業年数や事業用途などの事業実態を疎明する書類(営業許可証・受注書・発注書・納品書・請求書・領収書、発行日が直近1年以内のもの)

プロミスのフリーローンの場合は、使用用途が生計費のみに限られていますが、なんといっても、プロミスの自営者ローンの特徴は、使用用途が自由な点です。

一方、日本政策金融公庫や銀行・信用公庫のビジネスローンの場合には事業資金のみと使用用途が制限されていますが、つまりプロミスでの自営者ローンの場合には、生計費(生活費)にも事業資金や運転資金にもどちらにも使うことが可能です。

また、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関で事業用資金の融資を受ける際には、保証人が必要ですがプロミスの自営者ローンの場合には保証人や担保が不要(連帯保証人も不要)というのもメリットです。

自営者ローンの申し込み条件は通常のカードローンと異なる

自営者カードローンに申し込みできるのは20歳以上65歳以下の個人事業主のみです。
通常カードローン(フリーキャッシングローン)の上限年齢69歳とは異なるため注意が必要です。
また、法人化している会社の代表者は申し込みができません

自営者ローンの申し込み・契約方法は店頭窓口と郵送のみである

プロミス自営者ローンの手続き方法申込から利用までの流れは下記になります。

  • 申し込み
  • 審査・審査回答連絡
  • 契約手続き

通常のプロミスのカードローンとは異なり、申し込み・契約の方法は、店頭窓口(お客様サービスプラザ)・無人契約機(自動契約機)・郵送のみです。
ネットでの申込(WEB申込)はできないので注意してください。
プロミス自営者ローン申し込み希望の場合には、まずプロミスに電話をして申し込み方法について確認が必要となります。
ただし、その場合も店頭窓口か自動契約機のみでの融資となります。(郵送でも申し込みは可能)

自営者ローンでは収入証明書や営業の実態のわかる書類も必要になる

プロミスの自営者カードローンに必要な書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類に加えて下記の書類が必要です。

  • 収入証明書
    確定申告書(前年度証明分)
    ※提出日が1月1日から3月31日の場合は、証明年度が前々年度分のものも受付可
    青色申告決算書または収支内訳書
  • 事業実態を疎明する書類(事業実態がわかる書類)
    営業許可証
    受注書・発注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細に類する書類(発行日が直近1年以内のもの)

通常のカードローン(フリーローン)と比較するとプロミスの自営者ローンは申し込み時に提出する書類が増えますが、日本政策金融公庫や銀行などのビジネスローンと比べると、提出書類は非常に少なく手続きが簡単ですよ。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間