アコムですぐにお金を借りるにはどうしたらいいか

突然の出費で、今すぐにでもお金を借りたいということがあるかと思います。

そんな時カードローンのキャッシングを利用すると大変便利です。

三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下である消費者金融の大手、アコムでも、テレビCMや広告などで「最短30分の審査回答」や「最短1時間での融資」と宣伝している通り、すぐにキャッシングを受けられます。

それでは、アコムですぐにお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、アコムですぐにお金を借りられる申し込み方法や融資方法またシーン別すぐにお金を借りられる方法について詳しく解説いたします。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間



安定した収入があればすぐにアコムからお金を借りられる

アコムでは20歳以上で安定した収入があればお金を借りられます。アコムカードローンの申し込み条件は、公式ホームページにも記載があるとおり、

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

と記載されています。つまり、安定した収入があれば正社員ではなくアルバイトでもパートでも申し込みができるということです。つまり、20歳以上で安定した収入があれば学生でも主婦でも問題ありません。
アコムカードローンの基本情報を下の図に記載しておきます。

実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間

アコムの金利は3.0%~18.0%となっており、借入金額によって利息の設定が異なります。
また利用限度額は最大で500万円までの融資を受けることが可能です。それでは、アコムですぐにお金を借りる手順をみていくことにしましょう。

アコムでお金を借りるには申し込みが必要である

アコムカードローンの申し込みから借り入れまでの流れは下記の通りです。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 借り入れ(融資)




それでは申し込みから借り入れまでの流れについて詳しくみていくことにしましょう。

アコムからすぐにお金を借りるにはインターネットか電話・自動契約機での申込がおすすめ

アコムカードローンの申し込み方法は、「インターネット」「電話」「店頭窓口」「むじんくん(自動契約機)」店頭窓口」「郵送」の5種類があります。
すぐにお金を借りたいのであれば、上記の方法のインターネット、電話、またはむじんくん(自動契約機)での申し込みをおすすめいたします。
理由は、上記の申し込み方法の受付け時間が長い点にあります。
インターネット・電話は365日24時間、むじんくん(自動契約機)は365日土日を問わず8時~22時です。
それではこの3つ申し込み方法をみていくことにしましょう。

インターネット申し込みの流れ

インターネットでの申し込み手続きの流れは次の通りです。

  1. アコムの申し込みページにログイン
  2. 氏名や生年月日、住所などの個人情報を入力
  3. 現在の勤務先を入力
  4. 他社での借入や希望利用限度額などを入力
  5. 審査結果などを伝えるための連絡先を入力
  6. (なお返済時に口座振替が必要な場合には振込口座を入力)

  7. アンケートを入力すれば、申し込みは完了




申し込みが完了すると、申し込みが完了するとアコムから申し込み完了のメールが登録したメールアドレスに送付されます。その際に本人確認のため申し込み時に入力した連絡先にアコムの担当者から電話がかかってくることがあります。

その後すぐに、運転免許証などの書類提出のメールがきますので、本人確認書類の写真データをメールで送付すれば書類提出は完了です。
なお、本人確認書類の提出は、メールの他にもアコム専用アプリ、FAX、郵送で行うことができます。

スマーフォンではアコムのアプリから申し込みが可能

スマートフォンからアコムのキャッシングに申し込みする際には、アコムの専用アプリ「アコムナビ」を利用する便利です。パソコンでは、申し込みに必要な書類を撮影後いったん保存したりスキャンしたりなどに時間がかかりますが、アコムの専用アプリでは本人確認書類をスマートフォンで撮影後、アプリから送ることができます。アコムの公式アプリについては、「アコムのアプリを利用すると必要書類の提出も簡単にできる」で詳しく解説しております。もちろん、スマートフォンでも公式ホームページからの申し込みもできます。

電話での申し込みは申し込み内容を電話口で伝える

アコムでは電話で融資の申し込みをすることが可能です。電話での申し込みの場合、初めての方お問い合わせという電話番号に電話をし、その際に申し込みしたい旨をアコムの担当者に伝えるとその場で申し込みから簡単な審査までを行ってくれます。
ただし、電話申し込みの場合、本人確認書類などの提出書類はカメラで撮影したものを送ることができません。
本人書類提出する際には、店頭窓口またはむじんくん(自動契約機)、FAX、または郵送での本人確認書類の提出が必要となります。

むじんくん(自動契約機)での申し込みは人目に気にせず契約可能

アコムのカードローンは日本全国1,000か所以上にに設置してあるアコムの無人契約機、むじんくんから申し込みを行うことができます。
なお営業時間は年中無休8:00~22:00までです。
申し込み方法は下記の通りになります。
むじんくん(自動契約機)の申し込みの流れは下記の通りです。

  1. 申し込み(事前に申し込みをしていない場合)
  2. 必要書類の提出
  3. 担当オペレーターとの会話
  4. 在籍確認
  5. ローンカード発行

事前申し込みしていない場合の申し込み

まずむじんくん(自動契約機)にある申込用紙に、氏名、住所、勤務先などを記入します。事前にインターネットなどで申し込みを済ませている場合にはこの手続きはは省略できます。

必要書類の提出

むじんくんのガイダンスに従って、スキャナーに運転免許証などの本人確認書類を読み込ませます。

担当オペレーター話すこともある

むじんくんにいけば文字通り無人で契約できると思った方もいるとは思いますが、実際は異なります。
むじんくん(自動契約機)に備えつけてある電話で、アコムの担当オペレーターと話す必要があります。オペレーターに聞かれる内容については、借入の目的、利用希望額。借入状況(件数、金額)です。特に、他社借入状況についてはきちんと申請するようにしましょう。ウソの申請をしたとしても信用情報機関で利用者の信用情報を管理し消費者金融業や銀行などの金融機関で情報を共有してますので、すぐにウソが発覚してしまいます。

すぐに借りれる申込方法とメリット・デメリット
申し込み方法 受付け時間 メリット・デメリット
インターネット 365日24時間 メリット:365日・24時間申込可能。
デメリット:担当者に不明点や質問がある場合には電話で聞く必要がある。

電話 365日25時間 メリット:365日・24時間申込可能。借り入れの質問などが電話で相談可能。
デメリット:電話口(口頭)での申し込みネットの比べて申し込みに時間がかかる。
むじんくん(自動契約機) 8:00~22:00 メリット:すぐにローンカードが発行できるアコムの担当者と電話相談も可能
デメリット:審査時間にむじんくん(自動契約機)内で待たされる可能性もある。

カードローン申し込み時の提出書類は運転免許証などの本人確認書類

申し込み後には本人確認書類を提出することになります。
本人確認書類は、下記のいずれかが有効となります。

  • 免許書
  • パスポート
  • 健康保険証(+マイナンバーカード顔写真あり)

なお、上記書類と現住所が違う場合には次にあげる書類が必要です。

  • 公共料金の領収書(電気・水道・ガス・固定電話・NHKなどの領収書)携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書

また、外国の方がアコムに申し込む場合には、上記の本人確認書類に加えて、「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」が必要になります。
提出方法は、前に述べた通り書類の写真データを「メールで送る」か「専用HPからアップロード」すれば問題ありません。(FAX、郵送でも送付可能)

収入証明書が必要な場合もある

アコムでは下記の場合に本人確認書類に加えて収入証明が必要となります。

  • アコムで50万円を超える借入限度額を希望する場合
  • 今回の申し込み分と他社との借入総額が100万円を超える場合

収入証明書として有効なものは、下記のいずれか1つの書類です。。

  • 給与明細書(直近1か月分)
  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告証明書

なお、会社員やパート・アルバイトなどの給与取得者の場合は給与明細書・自営業者などの個人事業主の場合には、所得証明書や確定申告証明書が一般的です。
アコムで有効な収入証明書については、「アコムで収入証明書が必要な場合」で詳しく解説しております。

アコムカードローンの審査は土日祝日を問わず終日行っている

申し込みを完了した時点から審査が開始される

アコムだけなく銀行や消費者金融での審査では、返済能力があるかどうかがチェックされます。具体的には申込時に提出した情報は正しいか、勤務先できちんと働いているかなどが審査担当者によってチェックされ、返済能力があるかどうかが判断されます。
アコムに限らず銀行や消費者金融などの金融機関はこの審査に通過しないとお金を借りることができないので注意してください。
アコムの公式サイトには、借り入れ審査回答は最短30分と記載してあります。

申込時にまず仮審査が行われる

アコムでは申し込み情報と信用情報を照会して事故情報や遅滞、滞納がないかをコンピューターが点数化(スコアリング)して審査を行っています。
信用情報とはとは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報および、ローンや公共料金等の支払い情報のことです。アコムへ申し込みした際に、アコムは自社が加盟している信用情報機関を通じて信用情報をチェックします。そして、利用状況に事故情報がないかを確認します。
事故情報とは、金融機関等におけるネガティブ情報をいいます。
一般的にはいわゆる「ブラックリスト」と言われています。長期延滞や債務整理、強制解約、代位弁済、協会停止などの返済に関しての問題が起こった際には事故情報として記録されます。
この金融事故情報は一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この金融事故を過去に起こして記録が残っていると審査に通るのは難しいといえるでしょう。

本人確認書類提出後に本審査が行われる

本人確認書類などの必要書類をアコムに提出すると、本審査が行われます。
アコムの本審査では、アコムの担当者が、申込者から提出された書類と信用情報に不備がないかを確認します。他社での借入件数や借入額、住所の一致など申し込み書類と本人確認書類または信用情報を照合して、信用リスク(お金をかして大丈夫かどうか)を判断します。
これらの審査が完了した後、アコムの担当者が申込時に入力した勤務先に違いがないかを電話で確認する在籍確認の電話があります。

在籍確認は担当者の個人名で申込者の勤務先に電話をかける

アコムでは申し込みの際に氏名、住所、生年月日だけでなくさまざまな個人情報を入力しますが、その他にも現在勤務している会社名や電話番号また所属部署も入力します。その情報を元にして、アコムの担当者がその会社に在籍しているのかどうかを確認するために勤務先に必ず確認の電話をします。その電話での確認を在籍確認といいます。
しかし、アコムが利用者の勤務先に電話するとなると、勤務先にキャッシングを利用していることが知られてしまうのではないかと思ってしまうと思いますが、安心してください。アコムでは在籍確認の電話をする際、アコムの担当者が社名を名乗ることや用件をいうことは一切ないからです。アコムの担当者は個人名でなおかつ非通知で電話をかけます。

在籍確認の主な流れ

在籍確認の主な流れを説明いたします。
申込者本人が電話に出る場合と、本人が不在の場合の2つのケースに分けて説明いたします。

申込者本人が電話に出る際には、

「もしもし、私○○(アコム担当者名)と申しますが、●●さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

これで申込者が電話を取ると、

「私、アコムの○○と申します。この度はお申し込みありがとうございました。これにて在籍確認は終了です」

といって電話が終わり、在籍確認は完了します。

申込者本人が不在の場合には、

「もしもし、私○○(アコム担当者名)と申しますが、●●さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

申込者の勤務先の方が電話を取って

従業員「●●は本日外出しております。」

本人が不在の場合でも勤務先に在籍していることさえ判明すれば在籍確認は完了となります。
アコムに限らず消費者金融の多くでは、原則として電話での在籍確認は必須といってもいいでしょう。
ただし、勤務先に電話をしてもその職場に在籍しているかどうかを教えてくれない場合、また利用者の勤務先が土日祝日などで定休日等の場合などは、本人確認の連絡がきた際にアコムの担当者に相談してみましょう。担当者の判断で在籍確認の代わりになる書類提出や在籍確認を利用者の勤務先の翌営業日に延期してくれることもあるようです。

アコムでの在籍確認については、「アコムの在籍確認のタイミングや電話での内容」で詳しく解説しています

アコムの担当者が在籍確認の電話をして、他に問題がなければ審査に通過となります。あとは契約してアコムからの融資を受けるだけです。

審査受付の時間帯とと審査回答がなされる時間帯は異なる

審査回答時間とは、アコムが実際に審査を行っている時間を指します。
つまり、この審査回答時間以外の時間に申し込みをしても、すぐに審査結果がわかりませんので注意が必要です。
なお、アコムでは店頭窓口は平日9時30分~18時まで(一部店舗は19:00まで)まで、自動契約機(むじんくん)は8時~22時(一部店舗は21時まで)、インターネットでは2121時まで対応しております。電話での審査回答時間9:00~21:00までですが、インターネットと電話は24時間審査の受付をしています。なお、審査回答時間外に審査の受付をした場合には、翌日の9:00以降にアコムより審査回答が来ます。下の図に審査回答時間についてまとめましたので参考にしてみてください。

アコムの審査回答時間について
審査時間
店頭窓口 平日9:30~18:00(一部店舗は19:00まで)
自動契約機 8:00~22:00(一部店舗は21:00まで)
ホームページ 9:00~21:00
電話 9:00~21:00

アコムでは申し込みから最短1時間で融資ができる

アコムでは下記の4つの方法でお金を借りることができます。

  • ATMでのキャッシング
  • インターネットでの振込での借入
  • 電話での振込での借入
  • 店頭窓口での借り入れ

すぐにお金を借りたいのであれば、ATMでのキャッシングとインターネットでの振込融資が手続きまでスムーズに行なえます。

ここでは、ATMでのキャッシングとインターネットでの振込融資(銀行振込)2つの方法について解説いたします。

ATMでのキャッシングする場合はローンカードの受取が必須

アコムのローンカードがあれば、アコムの専用ATMをはじめ、提携している金融機関やコンビニATMが利用できます。
下の図に提携先金融機関とコンビニをまとめましたので参考にしてみてください。

              

 

アコムで利用できるATMと営業時間
ATM 金融機関名 融資可能時間
アコムATM アコム自社 24時間利用可能
提携ATM 三菱東京UFJ銀行 24時間利用可能
セブン銀行 24時間利用可能
イオン銀行 24時間利用可能
ローソンATM 24時間利用可能
イーネットATM 24時間利用可能
西日本シティ銀行 平日7:00~23:00・土日祝8:00~21:00
福岡銀行 平日7:00~23:00・土日祝8:00~21:00
北海道銀行 8:00~21:00
熊本銀行 8:00~21:00
親和銀行 8:00~21:00
東京スター銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
北陸銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
第三銀行 平日8:00~21:00・ 土日祝9:00~17:00
広島銀行 平日8:00~21:00・土日祝8:00~19:00
八十二銀行 平日7:00~22:00・土日祝8:00~20:00
クレディセゾン 6:00~23:00

これらのATMは終日営業(メンテナンス時間帯を除く)してところが多く、いつでも融資を受けることができます。
なお、アコム専用ATM以外の提携ATMを利用する場合には、利用ごとに1万円以下の利用であれば108円、1万円を超える利用であれば216円の利用手数料がかかります。一方、アコムATMは利用金額を問わず手数料無料です。
ATMを利用して即日融資を受ける場合には、遅くとも20時までに申し込みをすれば間に合う可能性が大きいといえるでしょう。

ローンカードは店頭窓口やむじんくん(自動契約機)で発行できる

ATMを利用する際には。店頭窓口またはむじんくん(自動契約機)で契約を行い、ローンカードを受け取る必要があります。
下記、に店頭窓口とむじんくん(自動契約機)の営業時間をまとめましたので、参考にしてみてください。

  • 店頭窓口 平日9時~18時(一部店舗は19時)
  • むじんくん(自動契約機) 年中無休8時~22時(一部21時)
  • 三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーの一部 年中無休8時~22時(一部21時)

土日祝日や夜間も営業しているむじんくん(自動契約機)または三菱東京UFJ銀行内のカードローンコーナーで契約をしてローンカードを受け取ることをおすすめいたします。また、ローンカードは郵送での送付も可能です。

ネットの振込での借入をする場合楽天銀行を利用すると便利

振込融資を利用する場合には振込先の金融機関によって振込を依頼できる時間が異なります。
各金融機関別の即日融資が可能な振込依頼時間のみを下の図にまとめましたので参考にしてください。

各金融機関の受付時間や振込実施時間
振込先 振込依頼方法 受付時間 振込実施時間
楽天銀行 ホームページ 終日0:10~23:50 振込受付完了後1分ほど
ゆうちょ銀行 ホームページ 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
ゆうちょ銀行 ホームページ 平日9:00~14:00 当日17:00までに振込
ゆうちょ銀行 ホームページ 平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
ゆうちょ銀行 ホームページ 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込
その他銀行・金融機関 ホームページ 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
その他銀行・金融機関 ホームページ 平日9:00~14:30 振込受付完了後1分ほど
その他銀行・金融機関 ホームページ 平日14:30~23:50 翌営業日9:30頃に振込
その他銀行・金融機関 ホームページ 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込

インターネットを使用しての振込融資依頼場合、楽天銀行の口座を持っているのであれば24時間いつでも振込依頼が可能です。
一方、楽天銀行以外の金融機関の場合には平日の14:30までに振込依頼をすればすぐに反映します。
また、ゆうちょ銀行の場合には平日14時までに振込依頼をすれば当日17時までの反映ができます。
申し込み日当日に融資を受けるいわゆる即日融資希望の場合には、楽天銀行を利用する場合には、先ほど述べた審査回答時間の1時間前の20時まで、
一方、楽天銀行以外の金融機関を利用する場合には、平日の14時までに申し込み・契約を完了させておかないといけません。つまり、楽天銀行以外の金融機関を利用して、土日祝日の即日融資は受けられないということになります

電話での振込依頼も可能

電話での即日融資可能な振込依頼時間のみを下の図にしましたので、参考にしていただければと思います。

電話での振込依頼の場合
電話での依頼 振込受付時間 備考
アコムプッシュホンサービス 平日0:10~9:00 当日9:30に振込
アコムプッシュホンサービス 平日9:00~14:00 当日17:00までに振込
アコムプッシュホンサービス 平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
アコムプッシュホンサービス 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込
フリーコール 平日9:00~14:00 当日15:00までに振込
フリーコール 平日14:00~23:50 翌営業日9:30頃に振込
フリーコール 土日祝0:10~23:50 翌営業日9:30頃に振込

上の図からもわかるとおり、電話での振込依頼は平日のみの受付です。
土日や祝日の場合、金融機関の翌営業日の振込となりますので注意しましょう。
つまり、電話での振込依頼をする場合には土日の即日融資を受けることができませんので注意しましょう。

初回借り入れの場合平日18時までに振込依頼すれば当日中の融資可能

初めて借り入れを行う場合で、以下の条件を満たしている場合には、平日18時までに電話で振込依頼をすれば、当日の19時までに反映が可能です。
ただし、インターネットなどで申し込みから審査、契約までが完了しており、かつ三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていることが条件となります。

店頭窓口での借り入れは平日9時~18時(一部店舗は19時まで)

アコムの店舗の営業時間は平日が18時まで(一部店舗19時まで)です。
営業時間内に申し込み、契約、借り入れを済ませましょう。こちらも土日祝日は営業してませんので注意しましょう。

申し込み当日中にすぐに融資が可能な時間帯と融資方法

下の図に各融資方法と即日融資が可能な曜日や日時をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

各融資方法での曜日別、当日中に融資(即日融資)可能な時間の目安
融資方法 曜日別 申し込みする時間の期限(目安) 即日融資が受けられる条件
ATMでの融資 平日・土日祝日 20時まで 審査回答の終了時間である21時までに申し込み完了
インターネットでの振込依頼 平日 楽天銀行利用の場合は20時まで その他金融機関利用の場合は、14時まで 楽天銀行の場合は、審査回答の終了時間である21時までに、その他の金融機関を利用する場合には15時までに申し込み完了
土日祝日 楽天銀行利用の場合は20時まで 楽天銀行のみ即日融資可能、審査回答の終了時間である21時までに申し込み完了
電話での振込依頼 平日 14時まで 金融機関の営業時間である15時までに申し込み完了
土日祝日 土日祝日は即日融資は不可 不可
店頭窓口 平日 18時まで(一部店舗は19時) 店頭窓口の営業終了時間である18時までに申し込み完了
土日祝日 土日祝日は即日融資は不可 不可

アコムですぐにお金を借りる方法(シーン別)

アコムカードローンですぐにお金を借りる方法をシーン別にまとめたのが下の図になります。

平日9時~14時にすぐにお金を借りたい場合
申し込み・契約方法 融資方法 備考
インターネット ATMでのキャッシング ローンカードの受取が必要
振込による借入 すべての金融機関 ※店舗に出向かずに借入可能
電話(FAX) ATMでのキャッシング ローンカードの受取が必要
振込による借入 すべての金融機関 ※店舗に出向かずに借入可能
むじんくん(自動契約機) ATMでのキャッシング アコムATMが店舗内に併設されいるため大変便利(振込による借入も可能)
店頭窓口 ATMでのキャッシング アコムATMが店舗内に併設されいるため大変便利(振込による借入も可能)
土日祝日・平日15時以降(夜間・早朝)にすぐにお金を借りたい場合
申し込み・契約方法 融資方法 備考
インターネット ATMでのキャッシング ローンカードの受取が必要
振込による借入 楽天銀行のみ※店舗に出向かずに借入可能
電話(FAX) ATMでのキャッシング ローンカードの受取が必要
むじんくん(自動契約機) ATMでのキャッシング アコムATMが店舗内に併設されいるため大変便利(振込による借入も可能、楽天銀行のみ)

振込による借り入れの場合には曜日と時間に注意する

振込による借入の場合には、金融機関の営業時間が平日の9時~15時までであるために、平日の14時とそれ以外の時間帯で、融資出来る時間が異なります。
平日の9時~14時以外の時間に振込による融資を依頼した場合には、翌営業日(早朝の場合は当日の9時以降)となりますので注意してください。ただし、楽天銀行は、ほぼ24時間振込による借入が可能です。

店舗に出向かずに借り入れできる方法もある

インターネットや電話で申し込み・契約をすませて、振込での借り入れをする場合には、ローンカードを発行せずに借り入れが可能なため店舗に出向く必要がありません。

30日間金利0円サービスを利用できる

アコムでは初回の契約に限り金利0円のサービスを行っています。金利0円サービスを利用するには、下記の条件を満たしてしないとなりません。

  • アコムでの契約が初めてであること
  • 返済期日「35日ごと返済」にすること

ただし、この金利0円サービスは契約日から30日間です。借入日からの起算ではないので注意してください。つまり、契約後にすぐに借り入れをしないと金利0円期間が減っていってしまいます。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間