アコムでの借金をより早く完済するにはどうしたらいいか

アコムでの借金の返済を始めてから、一度も遅れることなく毎月きちんと返済をきちんとしているにもかかわらず、借金がなかなか減らないとお悩みの方もいると思います。

アコムの借金を毎月きちんと返済しているのになかなか借金が減らないのには理由があります。ここでは、アコムの借金をより早く完済するためにはどうしたらいいのかを解説いたします。

アコムでは毎月返済しないといけない金額は限度額決定される

アコムカードローンの返済方式は定率リボルビング方式である

まずアコムの返済方式から見ていくことにしましょう。
アコムカードローンの返済方式は、毎月の一定の返済額を支払う定率リボルビング方式です。
アコムカードローンの毎月の返済額は金額が固定ではなく、借入限度額と所定の割合で決められています。

利用限度額によって返済時の最低金額が決まる

それでは、「所定の割合」について解説いたします。下記の図がアコムで借り入れの契約をした際の最低金額の割合となります。
下記の図がアコムで借り入れの契約をした際の最低金額の割合と最少返済金額になります。

借入限度額と最少返済額
借入限度額 最低返済額の割合  割合から出した金額 決定返済額
10万円 4.2% 4,200円 5,000円
20万円 4.2% 8,400円 9,000円
30万円 4.2% 12,600円 13,000円
40万円 3.0% 12,000円 12,000円
50万円 3.0% 15,000円 15,000円

最少返済額は借入限度額×一定の割合=各回の最低返済額 ※千円未満は切上げます。
それぞれ借りた金額に対して、上記の割合を掛けた金額が毎月支払わないといけない最低返済額となります。例えば、借入額が50万円の場合には3.0%になります。

返済額から利息を引いた分が、借入残高の元金返済に充てられる

元金の返済にあてられるのは、返済額から利息分を引いた額です。つまり、利息金額が多ければ多いほど、元金はなかなか減ることがありません。
後述いたしますが、アコムでは毎月の返済額を最少返済額よりも多く入金することによって繰り上げ返済(追加入金)や一括返済ができます。

繰り上げ返済や一括返済することで利息総額が少なくなりかつ、元金の減りが早くなります。そのため完済までの期間が短くなるとわけです。

毎月の返済金額が低いと元金の減りは遅くなる

返済金を支払うとき、返済金はまず利息に充当されます。
それでは、返済金額の違いによってどのくらい返済総額と返済期間に違いが出るのかを見てみることにしましょう。
アコムカードローンで金利18.0%で50万円を借りた場合で、返済額が最少返済額の1万5,000円と3万円との場合を比較してみましょう。

最少返済額の1万5,000円を毎月返済した場合

毎月の最少返済額は1万5,000円になります。

この最少返済額で、月々の返済をした場合、完済するまで47回(47回目の返済額は8,327円)

利息総額は19万8,327円になります。

毎月3万円を返済した場合

一方、金利18.0%で50万を借りて毎月3万円返済した場合には
完済するまでの返済回数は20回(20回目の返済額は9,706円)、利息総額は7万9,706円
最少返済金額で返済した場合との完済までの期間の差は、月1回の返済とみなして約2年3か月そして、利息総額の差は、約11万9,000円にもなるわけです。
毎月に支払う返済金額が低いと元金の減りも遅くなるために、完済前の期間も長くなってしまいます。また、それにともなって利息総額も増えてしまうわけです。

つまり最少返済金額でずっと返済し続けていると、借入金の元金がなかなか減らずに結果として完済が遅くなってしまいます。
アコムに限らず、消費者金融のキャッシングを利用するときは、意識的に返済を早く行うことによって、借金の元金を減らしていくのが有効です。

アコムでは返済時に追加入金(繰り上げ返済)をすることが可能です。それでは、アコムの追加入金(繰り上げ返済)について解説いたします。

借金を早期に完済するには追加入金(繰り上げ返済)が有効

アコムの借金を早期に完済するためには追加入金をすることが1番の近道です。
アコムでは借入金額に応じて最低返済金額は決められていますが、返済金額には上限はありません。返したいときに返せるだけ返すことが可能です。

アコムでは口座振替以外の返済方法であれば追加入金可能

アコムでは、下記の返済方法があります。

  • インターネット返済
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 銀行振り込み
  • 口座振替

上記の返済方法の口座振替以外でしたら特別な手続きをすることなく、毎月の返済額を多く入金することによって追加入金(繰り上げ返済)や一括返済が可能です。繰り上げ返済や一括返済することで利息総額が少なくなりかつ、元金の減りが早くなりますで、早期に借金の完済ができるでしょう。

追加入金のメリット元金を早く減らせること

追加入金をすると元金をより早く減らすことが可能です。
それでは最少返済額と比べてどれだけの元金を速く減らすことができるのでしょうか。

アコムで30万円を金利18.0%で借りた場合を例にして比較してみましょう。
この場合、初回返済月の利息額は、8,500円になります。
最少返済額の1万3,000円を初回の返済月に返済したとすると、先に利息分の支払いがに充当されますので、

1万3,000円-8,500円=4,500円
この4,500円が元金分の支払いとなります。

一方、返済月に最少返済額の1万3,000円と追加入金として1万7000円、合計3万円を
返済した場合はどうなるでしょうか。

3万円-8,500円=2万1,500円
この2万1,500円が元金分の支払いとなります。
つまり、追加入金した1万7,000円は利息ではなく元金の返済に充てられるわけです。

このように追加入金した金額は、すべて元金の支払いに充てらます。つまり、元金の減りが速くなるのため結果として完済までの期間も短くなります。

追加入金の注意点

この追加入金も注意しないといけないことがあります。それは、追加入金をしすぎることによって、手元にお金がなくなり、毎月の支払時にお金がなくなる場合があることです。たとえ、追加入金をしていても、月々の支払いに遅れれば返済の延滞となってしまいます。そのため、追加入金をする際には、月々の返済に無理のないようにする必要があるでしょう。

どうしてもアコムの借金が返せない場合には

返済期日より前にアコムの担当者に支払いの延期などを相談する

どうしても返済期日にアコムカードローンの借金を返済できない場合には、返済期日が来る前に事前にアコムの担当者に支払いの延期や支払い額の減額を相談してみるといいでしょう。支払い期日の延期や支払い額減額に関しては、「次の給与日まで待って欲しい」など正当な理由があるときには相談に応じてもらえる場合が多いです。
ただし、支払いの延期をしてもらったとしても、本来の支払い期日を過ぎてしまっていることには変わりないため、延滞損害金が発生してしまいますので注意してください。

どうしても支払いの目処が立たない場合には法律家に相談する

どうしてもアコムでの借金の支払いのめどが立たたないなどの理由で、直接アコムに連絡して支払い期限日の延長などのお願いするのが難しい場合には、日本貸金業協会や法律の専門家など外部の専門機関に相談してみることをおすすめいたします。

アコムでは借入金を最少返済金額で返済していると元金がなかなか減らずに、完済まで時間がかかってしまい。結果として、支払う利息総額が増えてしますことがあります。お金に余裕のある時は、意識的に追加入金を意識的に心がけていきましょう。
もしアコムで借り入れをしているようでしたら、追加入金を利用して、完済までの期間を短縮すると利息総額も抑えられお得ですよ。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間