アコムカードローンの月々の返済額

消費者金融では、借り入れ金の月々の返済額は決まっています。

もちろんアコムでも同様です。それでは、月々の返済額がどのように決められ、そして、どうしたら返済総額を抑えることができるのでしょうか。

ここでは、アコムカードローンの月々の返済額の決められ方と、利息総額を抑えて返済総額を抑える方法について解説したします。

アコムの返済方式は定率リボルビング方式

まずアコムの返済方式から見ていくことにしましょう。アコムカードローンの返済方式は、毎月の支払額を一定する定率リボルビング方式です。
アコムカードローンの毎月の返済額は金額が固定ではなく、借入限度額と所定の割合で決められます。

借入限度額によって返済時の最低金額が決まる

それでは、「所定の割合」について解説いたします。下記の図がアコムで借り入れの契約をした際の最低金額の割合となります。
下記の図がアコムで借り入れの契約をした際の最低金額の割合となります。

それぞれ借りた金額に対して、上記の割合を掛けた金額が毎月支払わないといけない最低返済額となります。例えば、借入額が50万円の場合には3.0%になります。
借入額が下記の額の場合には最低返済額はこのようになります。

借入限度額 最低返済額の割合  割合から出した金額 最少返済額
10万円 4.2% 4,200円 5,000円
20万円 4.2% 8,400円 9,000円
30万円 4.2% 12,600円 13,000円
40万円 3.0% 12,000円 12,000円
50万円 3.0% 15,000円 15,000円

最少返済額は借入限度額×一定の割合=各回の最低返済額 ※千円未満は切上げます。

金額は固定ではなく限度額によって変動しますので、まずは自分借りた金額がどの契約額の区分に入っているかを確認してから返済の計画を立ててみるといいでしょう。
なお、アコムでの借入金のシミュレーションに関しては、「アコムの返済シミュレーション」で詳しく解説しています

アコムでの返済時には利息は返済額に含まれている

それではアコムへ支払うことになる利息はどのようになっているのでしょうか。
アコムの返済における利息について、下記にまとめてみました。

  • 最低返済額は利息額も含んだ金額である
  • 支払額は元金返済と利息に分けることができる

アコムの最低返済額は、利息を含めた金額です。
アコム返済時に支払ったお金は、以下のように分類されます。

  1. 利用手数料
    (コンビニATMや銀行振込などの利用手数料)
  2. 利息
  3. 元金

上記の順番で支払いがなされていきます。この場合、最低返済額の支払いをすれば自動的に利息の支払いもされることになります。返済時に利息と元金を別々に支払う必要はありません。つまり、毎月必要な金額を支払うだけで利息と元金両方の支払いができるわけです。
ただし、上記の順番で支払いがなされていくので、利息分はそのままで、先に元金だけを優先して返済するということは不可能ですので、注意してください。

返済期日は2パターン

次にアコムカードローンの返済期日をみていくことにしましょう。
アコムでは返済期日は毎月指定期日または35日ごとの返済のどちらかを選ぶことができます。

毎月指定期日返済では毎月決まった日に返済する

毎月指定期日とはカードローン利用者が毎月の返済期日を決めて返済していく方法です。例えば、毎月20日を返済期日とした場合、毎月6日~20日の間に返済すれば問題ありません。
ただし、返済期日の15日以上前に返済をした場合、前月分の追加入金扱いとなってしまいます。この場合、返済期日にもう一度返済しないといけなくなります。
(返済期日が毎月20日と設定した場合には、返済月の5日以前は前月分の追加入金として処理され、もう一度20日までに再度返済が必要となります。)

35日ごとの返済の場合、返済期日は月によって変わる

35日ごとの返済とは文字通り35日ごとに借入金をしていく方法です。

初回の支払いは借り入れの翌日から数えて35日までに返済をします。

例えば、借入日が4月1日だった場合には、4月2日から5月6日までの間に支払いをします。
2回目以降の支払いについては、返済日の翌日から35日までに返済することとなります。
例えば、5月6日に返済をした場合、次回の支払いは6月10日までに返済すれば問題ありません。

35日ごとの返済のメリットは返済間隔をを35日間の中で調整できる

35日ごとの返済のメリットは、返済間隔を35日間の中で自分のペースに合わせて調整できるというメリットがあります。

例えば、初回の返済日が5月6日で次の返済を6月14日にした場合には3回目の返済期日は5月15日となります。このように返済のペースを速めることができるわけです。ただし、35日ごとの返済の場合には返済日が毎月変わるので次回の返済日を忘れないようにしましょう。

月々の返済額比較

それでは、実際月々の返済額が変化することでどのくらい返済総額が変わってくるのでしょうか。具体例を挙げて解説していきます。

アコムカードローンを金利18.0%で10万円を借りた場合、借入金の利息は日割りで計算されますので、
10万円××18.0%÷365(366)×借りた日数
となります。

10万円を1か月借りた場合の利息総額は1,500円

10万円を1か月借りた場合の利息総額
1か月(30日間・1回払い)で返済した場合には
10万円××18.0%÷365(366)×30=1,500円

利息総額は、1,500円になります。
(毎月の返済額は、10万1,500円)

10万円を3か月借りた場合の利息総額は3,014円

10万円を3か月(90日・3回払い)借りた場合の利息総額
10万円××18.0%÷365(366)×90=3,014円

利息総額は、3,014円になります。
(毎月の返済額は、3万4,338円)

10万円を最少返済額で返済しつづけた場合の利息総額は1万9,772円

アコムカードローンの借入金10万円の時の最少返済額は、5,000円です。

毎月最少金額の5,000円のみでの返済の場合は、返済回数は24回となり(24回目は4,772円)利息総額は19,772円となります。

10万円を30日間借りた場合と比べるとその差は、1万8,000円ほど違います。

つまり、最少返済額で返済してしまうと、毎月の返済額は増えますが結果として返済総額は増えてしまいます。お金に余裕のあるときには追加入金などをして、元金を減らすようにしましょう。
アコムの利息や金利については、「アコムの金利・利息と返済額」で詳しく解説しております。

金利30日間0円サービスを利用すると利息の支払いがお得になる

アコムでは金利0円のサービスを行っています。
金利0円サービスを利用するには、下記の条件を満たしてしないとなりません。

  • アコムでの契約が初めてであること
  • 返済期日「35日ごと返済」にすること

ただし、この金利0円サービスは契約日から30日間ですので、借入日からの起算ではありません。つまり、契約後にすぐに借り入れをしないと金利0円期間が減ってしまうので注意してください。

アコムの金利0円サービスについては、「アコムの無利息期間サービスの上手な利用法」で詳しく解説しております。

アコムでは返済の忘れを防ぐ仕組みがある

アコムカードローンでの返済日をうっかり忘れてしまうということもあるかと思います。アコムでは、返済日を忘れないために下記の仕組みがあります。

  • eメールサービス
  • インターネット決済なら24時間・365日
  • 追加入金(繰り上げ返済)が可能

それではそれぞれの項目をみていくことにしましょう。

返済のタイミングをメールで知らせてくれる

アコムでは返済のタイミングをメールで知らせてくれるサービスがあります。下記の返済のタイミングをメールで知らせてくれます。

  • 返済期日の3日前
  • 返済期日の当日
  • 返済期日経過後

特に、35日ごとの返済を設定されている場合には、毎月の返済日が変わりますので、大変便利なサービスといえるでしょう。
ただし、返済日を過ぎてしまった場合には、遅延損害金として実質20.0%がかかりますので注意してください。

アコムのeメールサービスは、アコムの会員ページより「会員サービス」から登録が可能です。

インターネット決済なら24時間・365日返済可能

アコムでは、インターネット決済をつかって24時間、365日返済が可能です。

なお、アコムでのインターネット決済については下記の流れになります。

  1. アコムの会員ページにログイン
  2. 「インターネットによるご返済のお手続き開始」をクリック
  3. 返済金額などを入力し、金融機関を選択
  4. 選択した金融機関のインターネットバンキングにログインし、口座を選択
  5. 送金(返済)

アコムでは、現在多くの銀行や信用組合・信用金庫のインターネットバンキングが利用できます。
インターネット決済については、「アコムのインターネット返済」で詳しく解説しております。

追加入金(繰り上げ返済)が可能

アコムでは返済日以外でも追加入金することが可能です。
追加入金とは、返済期日に申し込みの際に決めた返済額を超えるお金を入金することです。また、お金に余裕のある時などは、返済日以外に入金することも追加入金となります。
追加入金、アコムの口座振込以外の返済方法すべてで行う事が可能です。
追加入金については、35日ごとの返済と毎月指定期日返済で方法がことなります。

35日ごとの返済での追加入金方法

35日ごとの返済を選んだ場合には毎月返済があるわけではありません。
この場合、毎月の返済時(約定返済時)に最少返済額よりも多く返済することでその追加された金額は追加入金扱いとなります。

毎月指定期日返済での追加入金方法

毎月指定期日で返済している場合には、毎月の返済とは別に追加入金する方法もあります追加入金の方法としては、前回の返済日以降に発生した利息額を超える金額を入金すればいいわけです。
なお、追加入金の方法に関しては通常の返済方法と同様です

アコム公式ホームページの返済シミュレーションを利用して返済額を算出できる

アコムの公式ホームページには「返済シミュレーション」という返済額や返済回数を計算してくれるページや返済早見表のページがあります。アコムの公式ページ「返済シミュレーション」では下記のことが算出できます。

  • 返済回数から毎月の返済金額を算出する
  • 毎月の返済金額より返済回数を算出する

上記の2つの計算をするには、ページ内に借り入れ希望額や金利などの項目を入力するだけで自動的に返済回数や毎月の返済金額を計算してくれる大変便利なサービスです。
申し込み前や契約前でも無料でできますので、アコムカードローンでのキャッシングを検討されている方には是非おすすめします。

アコムに限らずお金を借りる際にはしっかりと返済計画を立てる必要があります。
つまり、できるかぎり返済回数を減らして早期完済を目指すことがポイントになります
アコムではインターネットでの返済シミュレーションができますので。毎月の返済額が気になる方は借り入れ前に計算してみてはいかがでしょうか。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短30分 最短1時間