アコムの返済額は毎月いくらになるのか?

アコムの利用を検討している方の中には、借り入れた際に毎月の返済額がいくらになるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

毎月の返済額が分からないと、返済計画が立てられないため、借り入れをするのが不安になりますよね。

アコムへの返済額が明確になれば、安心して借り入れをすることができます。

当記事では、アコムの返済額が毎月いくらになるのか解説します。

アコムに毎月返済する金額はいくらになるのか?

アコムに毎月返済する金額は、利用者の限度額と借入金額によって設定されます。

利用者は、限度額内であれば、アコムから何度でも借り入れをすることができるため、契約後に借り入れ金額が増えることで、毎月の返済額が増加することがあります。

新たな借り入れを行った際は、アコム公式サイト内の会員ページやATMの利用時に発行される明細書で、最低返済額を必ず確認するようにしましょう。

定率リボルビング方式で返済する

アコムからの借り入れは、定率リボルビング方式で毎月返済していきます。

定率リボルビング方式とは、利用残高に一定の割合をかけた金額を、毎月返済していく方法です。

アコムでは、利用者の契約極度額に応じて、一定の割合が下記の通り設定されています。

ご契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

アコムからの借入金額に、契約極度額で設定されている一定の割合をかけた金額が、毎月の最少返済金額になります。

たとえば、契約極度額500,000円の人が、100,000円の借り入れをした場合の最低返済額は下記のようになります。

100,000円(借入残高)×3.0%(一定の割合)=3,000円(最少返済金額)

最少返済金額に1,000円未満の端数が発生した場合は、端数を切り上げて1,000円単位にします。

最少返済額は、返済が進み利用残高が減っても自動的には変わりませんが、新たな借り入れをすると再計算されてしまい、毎月の返済額が上がってしまうので注意しましょう。

定率リボルビング方式は返済総額が大きくなる

定率リボルビング方式は、最少返済額だけを支払っていると、返済総額が大きくなってしまうおそれがあります。

毎月の返済額の中には、利息や手数料が含まれているため、元本がなかなか減らず返済期間が延びてしまうからです。

利用者がアコムへ支払う利息は、下記の方法で計算します。

借入残高×借入利率÷365(366)日×利用日数=利息

たとえば、利用者がアコムから金利18.0%で100,000円を借り入れた場合、30日分の利息は下記のようになります。

100,000円(借入残高)×0.180(金利)÷365×30日=1,479円

毎月の最少返済額が5,000円に設定されていた場合、最少返済額から利息を引いた3,521円が元本の返済分になります。

借入残高に対する利息は、1日ごとに発生しているため、利用日数が増えれば最少返済額内の元本の割合が少なくので、完済までの日数が延びてしまいます。

そのため、利息の支払いを抑えたい場合は、一括返済などを利用して借り入れ期間を短くするようにしましょう。

返済期限は35日目まで

アコムの返済期日は、前回返済を行った翌日から35日目になります。

35日以内であればいつでも返済することができるので、返済日を給料日の翌日にするなど、利用者のライフスタイルに合わせることができます。

しかし、アコムの返済を35日間隔で行っていると、月間の日数にバラつきがあるため、返済日を忘れてしまうこともあります。

アコムでは、利用者が返済日を忘れてしまっても、返済の3日前と返済日にメールで連絡をしてくれるeメールサービスを行っています。

そのため、アコムへの返済期限を忘れてしまいそうな人は、アコムのeメールサービスに登録をしておきましょう。

毎月の返済額を抑えるための方法

急な出費が重なったことで、アコムへの返済日までに現金が用意できない場合は、下記の方法で毎月の返済額を減らすことができます。

  • 最少返済額を再計算して返済額を減らす
  • アコムに相談して一時的に返済額を減らす

アコムへの返済を遅延してしまうと、返済日を1日過ぎるごとに遅延損害金が発生するため、返済金額が増えてしまいます。

また、返済額を2か月以上滞納してしまうと、信用情報に傷がついてしまい、クレジットカードの発行や新たなローンが組めなくなってしまうおそれがあります。

そのため、アコムへの支払いができないとわかったら、早めの対策をとることが大切です。

最少返済額を再計算して返済額を減らす

アコムへの返済が進み、借り入れ当初から利用残高が減っている場合は、アコムに申請することで、毎月の返済額を減らせる可能性があります。

アコムの定率リボルビング方式は、利用残高に一定の割合をかけた金額を最少返済額として返済していくため、利用残高が減れば最少返済額も少なくなるからです。

たとえば、アコムの契約極度額50万円の人が30万円の借り入れをした場合、一定の割合が3%になるため、毎月の最少返済額は9,000円になります。

しかし、アコムへの返済が進み、利用残高が10万円になった場合、最少返済額を再計算すると、3,000円になります。

つまり、最少返済額の変更をアコムに申請することで、毎月の返済額を9,000円から3,000円まで減らせる可能性があるのです。

最少返済額の変更は、アコムの公式サイトの会員ページ、ATM、電話で申請することができるため、アコムへの返済額を減らしたい人は、最少返済額の変更を利用してみましょう。

アコムに相談することで返済額を一時的に減額できる

アコムの返済日までに現金が用意できない場合は、下記のお問い合わせ窓口に相談することで、返済額を減らせる可能性があります。

アコム総合カードローンデスク
0120-629-215
受付時間:平日9:00~18:00

アコムの公式サイトには、返済のポイントとして下記の記載があります。

「今月はいつもの返済金額だとちょっと厳しい・・・」そんなとき、一時的に利息以上の最少額でのご返済も可能です。

「利息以上の最少額」についてアコムに問い合わせたところ、利息以上の最少額は、最少返済額に含まれている利息分のみの金額という回答でした。

たとえば、アコムから金利18.0%で100,000円を借り入れ、最少返済額が5,000円に設定されていた場合、35日分の利息の1,726円から1,000円未満を切り上げた2,000円が返済額になります。

利息以上の最少額であれば、返済額を半分以下に抑えられるため、返済の負担を大きく減らすことができます。

利息以上の最少額の返済は、アコムの許可を得ているため遅延にはならないため、遅延損害金の発生や信用情報への影響がありません。

ただし、利息以上の最少額での返済は、緊急の場合の対策のため、アコムに相談しても必ず認められるわけではありません。

しかし、アコムは、利用者の状況に合わせて返済金額を柔軟に対応してくれるため、返済に困ったら、まずはアコムに相談してみましょう。