プロミス解約の手続きやメリット・デメリット

プロミスでの借り入れを返済し終わったら、解約しておくことをおすすめします。

プロミスの契約は住宅ローンや自動車ローンの審査に影響する可能性があるためです。
プロミスでの借入枠があるだけで、「プロミスからまた借り入れするのでは」と金融機関から思われやすくなります。

プロミスでの解約は電話と店頭窓口(お客様サービスプラザ)でできます。特に電話での解約がスピーディーにできるのでおすすめです。

ここでは、プロミスでの解約の流れやメリット・デメリットについてまとめました。

プロミスカードローンの電話での解約方法

まずは電話での解約の流れを説明いたします。電話の営業時間は平日の9:00~18:00です。
早朝・夜間や土日祝日は休業となってますので、営業時間にご注意ください。

電話での解約の流れ

電話での解約の流れは下記の通りです。

  1. 電話(音声案内)
  2. オペレーターによる本人確認
  3. 解約手続き
  4. 解約完了

プロミスのオペレーターより「次回のご利用のために契約を残しておきませんか?」などと案内が入りますが、すぐに解約したいことを伝えると
本人確認が取れ次第、プロミスの担当者がすぐに解約の手続きをすすめてもらえます。

上記のように電話での解約だと非常にスムーズにできますので、プロミスの解約をしたい場合には電話での解約をおすすめいたします。

プロミスカードローンの店頭窓口(お客様サービスプラザ)での解約方法

電話での解約以外にもプロミスの店頭窓口に出向いてプロミスとの契約を解約する方法があります。
店頭窓口での解約の場合には、店頭へ出向いて解約の意思を伝えるだけで問題ありません。その際には、運転免許証などの本人確認書類印鑑プロミスのローンカードを持参してください。あとは、店頭窓口で解約申込書を記載して提出すれば解約の手続きは完了します。
ただし、店頭での解約の場合には、有人の窓口(お客様サービスプラザ)に出向く必要がありますので、契約者のお住いの地域によっては電話での解約よりも時間がかかることがありますので注意しましょう。下の図に、全国のプロミスの店頭窓口をまとめましたので参考にしていただければと思います。最近では、プロミスではお客様サービスプラザの数が減っています。現在ある日本全国のお客様サービスプラザを下の図にまとめましたので、参考にしてもらえばと思います。

エリア お客様サービスプラザ所在地
北海道・東北地方 札幌・仙台
関東地方 渋谷(東京)・新橋(東京)・大宮・千葉・横浜
東海・中部北陸地方 名古屋・金沢
近畿地方 京都・梅田・なんば・神戸
中国・四国地方 広島・松山
九州・沖縄地方 福岡・鹿児島・那覇

また、プロミスの自動契約機コーナーや三井住友銀行店舗内に設置されたローン契約機では解約手続きを行うことができませんので、ご注意ください。

解約証明書の発行について

解約証明書は、住宅ローンや自動車ローンを組む際に、消費者金融への借り入れがないことを証明する書類です。
また、返済金完済した時に発行できる完済証明書という書類もあります。完済証明書も解約証明書と同様に消費者金融からの借り入れがないとこを証明する書類として利用できますが、この書類は解約前でも請求することができます。

解約証明書は郵送か店頭窓口の場合はその場で受取できる

電話での解約の場合、解約証明書は郵送で送られてきます。一方、店頭窓口(お客様サービスプラザ)での解約の場合にはその場で受け取ることが可能です。加えて、解約時に、契約書も返してもらうことができます。その場合、後日郵送になります。

プロミスを解約するメリット・デメリット

プロミスでの契約を解除する場合のメリット・デメリットをまとめましたので、参考にしてみてください。

解約の一番のメリットはプロミスでの借金をすることがなくなる

プロミスを解約する一番のメリットは、今後プロミスでの借金をしなくてもいいということです。

キャッシングに慣れてた方の中には、利用限度額をまるで自分のお金と同じような感覚で捉えている人がいます。プロミスカードローンの利用限度額は、貯金や自分のお金とは全く違いますが、自分のお金のように捉えてしまうと借金をすることに抵抗がなくなってしまうので、借金の額がどんどん増えていってしまいます。

このように借金を増えていくことを防ぐには、プロミスを解約してしまうことが一番です。

また、もちろん申込時に発行されたローンカードも解約すると使用できなくなるのでカードの紛失や悪用されることもなくなります。

なお、他のカードローン業者に新規でキャッシングの申し込みをするときにもプロミスとの契約がなくなっているために審査面で有利に働くことがあるでしょう。

解約するデメリットは再度キャッシングを受けたい場合に申し込み・審査が必要になる

プロミスを解約すると、申込時にローンカードは使用できなくなるので、再度、申し込み、契約する必要があります。
その際には、新規での申し込みと同じ扱いになるので、必ず審査に通る保証はありません。また、プロミスの利用で貯めたポイントも0になってしまいます。
近いうちにプロミスでのキャッシングを利用する場合には、プロミスとの契約を解除しないほうがいいでしょう。

また、一度解約して再度申し込みをしたとしても、プロミスの30日間無利息サービスを受けることはできません。なぜなら、「はじめてご契約」した方を対象としているためです。(ただし、再度申し込みをしてプロミスポイントを貯めて利用する場合にはその限りではありません。)

プロミスでの完済と解約のちがい

借入金を全額返済してローンカードを処分することが解約だと思いがちですが、これは「借入金の完済」であって解約ではありません。プロミスでの借金を全額返済した後もプロミスのとの契約は有効になっていますので、プロミスの借金を完済して解約したい場合には、解約手続きをすすめましょう。

プロミスでは、借金を完済してその後解約したい場合でもすぐに解約が可能です。また、解約後も必要になったら再契約は可能です。プロミスでの借金完済して、次回利用しないようでしたら解約してしまうのも1つの手段だと思いますよ。

プロミス

おすすめポイント

申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
(インターネットで手続きから借り入れ・返済まで可能)

  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間