プロミスで一括返済するメリットと全額返済可能な返済方法

消費者金融会社でキャッシングを利用した場合、通常分割で返済をしていきます。返済期日までに決まった金額を返済されている方が多いのではないでしょうか。

しかし、「完済まで時間がかかる」「利息分を余計に多く払うのちょっともったいない」と感じる人もいるのではないでしょうか。

プロミスでは借入金の一括返済もすることができます。

ここでは、プロミスカードローンの一括返済の方法とそのメリットをまとめました。特に、プロミスでの借金をすぐにでも完済(全額返済)したい方におすすめです。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間


プロミスでの利息(金利)を含めた総借入額を知る

一括返済(全額返済)とは、借入金の元金と利息(金利)をまとめて返済するものです。
プロミスに限らず消費者金融での借入金を一括返済する場合、特別な手続きをすることはなく、残りの借入金と利息分を支払えば問題ありません。
そのためには、まず利用者がプロミスで利息も含め、いくら借りているのかを知る必要があります。それでは、プロミスでの一括返済額を知るにはどうしたらいいのでしょうか。

一括返済額(借入総額)を知るにはプロミスコールに電話するのがおすすめ

一括返済のため残りの借入残高は、自分で計算することもできますが、一括返済日によって利息額がかわってきますので、まずプロミスコールに電話をして、一括返済する予定日を決め、全額の返済額を算出してもらいましょう。

利用者が自分で借入残高を確認することもできる

自分で現在の残高確認を確認するには、支払い方法が口座振替、または利用明細書の送付を希望している場合にはカード利用明細書で確認できます。また、明細書の受取をWEBにしている場合には、ログインフォームより会員ページにし、「明細の確認」より、借入金の残高の確認ができます。
ただし、利用明細書が発行された日を1日でも過ぎてしまいますと利息分が増えてしまいますので、利用明細に記載された金額と一括返済額が異なることがありますので注意が必要です。
それでは、一括返済の流れと方法をみていきましょう。

プロミスで借入金を一括返済する流れ

プロミスの借入金を一括返済するための流れは次の通りです。

  1. 一括返済する日を決める
  2. プロミスコールに電話して合計の借入残高を確認する
  3. 返済方法を選ぶ
  4. 返済金を入金

プロミスの借入金を一括返済する日を決める

まずは一括返済をする返済日を決めます。基本的に返済日はいつでも問題ありません。次回の返済期日に合わせて全額返済することも可能ですし、即日で一括返済することも可能です。

借入残高をプロミスに電話をして確認する

一括返済するが決まったら、自分で残りの元金と決定した返済予定日までの利息を計算してもいいですが、確実なのはプロミスコールに電話して一括での返済額を確認します。電話や店頭窓口(お客様サービスプラザ)で『一括返済をしたい』旨をとプロミス担当者に伝えると、返済額だけでなく、返済方法についても案内してくれます。

返済方法を選んで入金する

一括返済の返済方法については、この後詳しく解説しますが、口フリ(口座振替)以外の返済方法であればどの手段からでも一括返済が可能です。

口フリ以外の返済方法で一括返済が可能

プロミスの返済方法には、ネット返済、プロミスATMでの返済、プロミスの提携ATM(三菱東京UFJ銀行、セブン銀行などのコンビニATM)での返済、店頭窓口(お客様サービスプラザ)での返済、振り込みでの返済、口座引き落としでの返済があります。
これら、口座引き落とし以外の返済方法すべてで、一括返済が可能となります。
なお、プロミスの返済方法については、「プロミスカードローンのお得な返済方法」で詳しく解説しております。
プロミスでの借入金を一括返済できるな返済方法は下記の通りです。

  • インターネット返済
  • プロミスATM
  • 提携先金融機関ATM・提携先コンビニATM
  • コンビニ端末
  • 店頭窓口
  • 銀行振り込み

上記の返済金額のいずれでも、一括返済が可能です。
ただし、返済方法で口フリ(口座振替)を選択している場合には、自動引き落としでの一括返済ができません。
プロミスコールに電話をして、一括返済する予定日を決めてから、残りの元金と返済予定日までの利息の合計を算出してもらい上記の方法で一括返済する必要があります

プロミスの返済時には利用手数料のかからない返済方法がお得である

プロミスに全額返済を行う際には、返済時の利用手数料にも注意しましょう。
上記5通りの返済方法の中でも、提携先金融機関ATM・提携先コンビニATM返済と振込返済については、利用の度に一定の手数料が発生します。
提携先金融機関でのATM(三井住友銀行ATMは手数料無料)・提携先コンビニATMでの返済にかかる手数料と主な銀行の振込み手数料は、下の図の通りです。

提携先金融機関ATM・提携先コンビニATMでの手数料
返済金額 利用手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円
振込返済の際の利用手数料
銀行名 振込手数料
みずほ銀行 3万円未満は216円・3万円以上は432円
三菱東京UFJ銀行 270円
りそな銀行 432円
ゆうちょ銀行 5万円未満は216円・5万円以上は432円

ATMでの返済時は1,000円未満の端数が入金できないので注意する

ATMでの返済では硬貨での支払いが一部の機械を除きできないということです。そのため、一括返済の際はピッタリの金額での返済が難しくなります。そのため、ATMでの一括返済するばあいには、1,000円未満の端数が残ってしまいます。

この利息の発生しない端数は「無利息残高」つまり、残高に対して利息や手数料がつかない残高扱いとなります。

プロミスでの契約を解約する場合、借入金を完済することが解約の条件となっていますので、無利息残高がある状態では、プロミスとの契約を解約することができません。

もし、完済後にプロミスとの契約を解約する場合には、インターネット決済や店頭窓口または銀行振り込みにて1円単位までぴったりと返済する必要がありますので注意してください。
なお、完済後に再びプロミスより融資を受けた場合には、この端数分は最初の返済日に精算されます。

一括返済の際に便利な返済方法はネット返済

プロミスでの借入金を一括返済する場合に一番便利な方法が、ネット返済です。
その理由は、インターネットにつながる環境であれば、24時間いつでもどこでも返済が可能であることと、1,000円未満の端数が出てしまうATMでの返済とは異なりで1円単位での返済ができるということです。

おまけに、利用手数料も無料なので、プロミスでの借入金を全額返済する場合には、最もおすすめできる返済方法です。

一括返済の最大のメリットは支払う利息総額が減ること

なんといっても一括返済のメリットは、支払うべき利息総額へ減ることです。

消費者金融業者の借入金の利息は、

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365日(366日) × 利用日数

で計算します。

つまり、借入期間が長ければ長いほど支払うべき利息総額も大きくなります。
プロミスでの利息については、「プロミスカードローンの金利と利息」で詳しく解説しています。
それでは、プロミスカードローンを通常の支払期日で返済した場合と一括返済した場合の利息総額を比較してみましょう。

プロミスカードローンの一括返済と通常の返済との利息額を比較する

プロミスカードローンのキャッシングを利用した場合、一括返済することによってどのくらい利息総額が減るのか、具体例をあげて解説いたします。
プロミスから金利17.8%で、30万円を1年間借りた場合、月1回返済(12回払い)したと考えると、利息総額は2万9,701円となります。
一方同様に、
プロミスから金利17.8%で30万円を1ヶ月間借りて、一括返済した場合利息総額は4,389円です。利息総額の差は、約2万5,000円も違います。

つまり、プロミスから借り入れしている期間を短くすることで利息総額を節約することができます。

また、プロミスの提携先金融機関でのATM(三井住友銀行を除く)やセブン銀行などのコンビニATMで返済した場合には、利用ごとに1万円までは108円、1万円を超えると216円の手数料がかかります。この利用手数料も、一括返済であれば節約することができるわけです。

無利息サービスを利用して一括返済するとよりお得

30日間無利息サービス

プロミスでの無利息サービス期間中に、一括返済した場合には支払う利息負担額は0円になります。
ただし、無利息期間サービスを利用するには条件があります。
プロミスでは、初めての申し込みに限り借入期間30日間の無利息サービスを受けることができます。
プロミスでの30日間無利息サービスを受けるには、下記の条件を満たし場合に適用されます。

  • プロミスの申し込みが初めてであること
  • Web明細の利用登録とメールアドレスを登録していること

プロミスのポイントを利用することでも無利息サービスを受けられる

プロミス会員ページでのポイント利用することによって、ポイントごとに無利息期間のサービスを受けることができます。その貯まったポイントを利用してサービスを受けられるというものです。そのサービスの一環として、無利息期間サービスを受けることが可能です。下の図に無利息適用期間と必要なポイント数をまとめましたのでご覧ください。

無利息適用期間と必要なポイント数
無利息適用期間  必要ポイント
7日間 250ポイント
15日間 400ポイント
30日間 700ポイント

また、ポイントを貯めるには、プロミスの会員ページへのログインや収入証明書の提出などをすることで、ポイントを貯めることが可能です。

ポイントが貯まる条件と獲得できるポイント
ポイントを貯める条件 獲得できるポイント
プロミスポイントサービス申込 100ポイント
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5~20ポイント
プロミスインターネット会員サービスログイン 10ポイント

ポイントサービスの申し込み方法は、プロミスの会員サービスページにログインし、「ポイント申し込みボタン」をクリックすれば、ポイントサービスに登録されます。

プロミスでは毎月返済しなければならない最低返済額がある

プロミスの場合、毎月の決められた最低金額以上の金額であれば毎月の返済額を自由に変更しても問題ありません。毎月決められた最低金額を最少返済額といいます。プロミスの最少返済額は借り入れ直後の残高によって決まるために借り入れが無い限りは変わることはありません。最少返済金額とは、毎月にこの金額は最低支払わなければ、いけない金額のことを言います。
プロミスでは最少返済金額は借入残高に応じて変動します。下の図に借入残高別の最少返済金額をまとめましたのでご覧ください。

借入残高と最少返済額
借入直後の残高 最少返済額
30万円以下 借入後残高×3.61%
30万円超100万円以下 借入後残高×2.53%
100万円超 借入後残高×1.99%

つまり、借入残高が20万円の場合は以下のようになります。
20万円×3.61%=7220円 返済額は、1000円未満を切り上げて8000円となります。
このように一定率が定められているので、借入残高が多ければ多いほど返済金は多くなり、少なければ少ないほど返済金は少なくなります。

例えば、プロミスから30万円借りた場合、毎月の返済しなければいけない金額は、1万3000円となります。一括返済する場合には、残りの元金と返済日までの利息の合計額を支払うことになります。

一括入金して全額返済したからといって契約を解約したわけではない

プロミスで借入金を一括返済した場合には、プロミスでの借入残高は0円になりますが、プロミスとの契約を解約したわけではないので、お金が必要になった際には、再びカードローンを利用することができます。
しかし、一括返済で借入金を全額返済したからといって、プロミスとの契約そのものを解除したことになりません
プロミスとの契約そのものを解除する場合には、プロミスコール(電話)へ連絡をするかプロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)での手続きが必要となります。
しかし、プロミスのカードローンは手数料や年会費などの費用は無料です。したがって、再びプロミスを利用する機会がある方は、解約しないほうがいいでしょう。プロミスとの契約を一度解約してしまうと、再び利用する際には、初回の申し込み・契約時と同様に、申し込み審査、契約が必要となりますので注意しましょう。

他のカードローンや住宅ローンを組みたいのであれば完済後に即解約がおすすめ

プロミスでの借入金をすべて完済しても解約していない場合には、信用情報に「プロミスと契約している」と記載されてしまいます。信用情報での記録が、新たにカーローンや住宅ローン・車のローンをを組む際にネックになる可能性があります。プロミスでの一括返済を行って借入金を完済したあと、今後プロミスを利用しないのであれば解約をおすすめします。

プロミスでの返済を一括返済することで利息総額を抑えられるというメリットがあることがおわかりいただけたと思います。お金に余裕のある際には、一括返済や繰り上げ返済(追加入金)を行い、早めの完済を目指すことが、プロミスカードローンを上手に利用するコツですよ。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 4.5~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間