プロミスの口コミや評判

消費者金融を利用したことがない人でも、テレビCMや広告でプロミスの名前を知らない人はいないと思います。

実は、「プロミス」という名前は社名ではありません。正式な会社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社といいます。SMBCと名前でもうお気づきかと思いますが、プロミスは、三井住友銀行と業務提携した三井住友銀行グループの一員です。

ここでは、プロミスカードローンの特徴やメリット・デメリットからみられる口コミ・評判をご紹介いたします。 口コミや評判をご覧になって、カードローンを選ぶ際の参考にしてもらえると幸いです。

プロミスの特徴と取扱ローン

プロミス、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は三井住友銀行の傘下であるため、銀行カードローンと同じくらいの社会的信用と資金力が大きな魅力です。

プロミスでは下記のような異なる種類のキャッシング商品を取り扱っています。

  • フリーローン
  • おまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン
  • レディースキャッシング

まず、各キャッシング商品の特徴をみていくことにしましょう。

フリーローンは最も利用者の多い一般的なカードローン

最も利用者の多い、一般的なキャッシングと言えるのが《フリーローン》です。
プロミスフリーローンの申し込み条件は、満20歳以上69歳以下で本人に安定した収入がある方です。
(パートやアルバイト・学生や主婦でも収入があれば申し込み可能です。)
プロミスカードローンの詳細を下の図にまとめましたのでご覧ください。

プロミスフリーローン詳細

申し込み資格 年齢満20歳~69歳までの安定した収入がある人
学生、主婦でも安定した仕事をしていれば申し込み可能
利用限度額 1万円~500万円
利用期間 最長1~80回(6年9か月)限度額契約のため回数をオーバーしてもデメリットなし
借入利率 実質年率:4.5%~17.8%
借入方法 店頭窓口・プロミスATM・提携ATM・振込融資
返済方法 店頭窓口・プロミスATM・提携先ATM・ネットバンキングからの振込・銀行振り込み
返済期日 毎月指定期日
担保・保証人 不要
保証会社 なし

プロミスの実質金利はで下限金利で4.5%、上限金利で17.8%です。特に、上限金利に関しては、大手消費者金融業者の中では一番安い方といえるでしょう。
利用限度額は最大で500万円となっています。プロミスは総量規制対象のカードローンであるため、その利用者の年収によって利用限度額は変化します。プロミスのフリーローンの申し込みについては、「プロミスカードローンの申し込みの流れで詳しく解説しています。」

複数の消費者金融での借入をまとめるならおまとめローン

複数のキャッシング会社からの借り入れを1つにまとめたいと考えている方におすすめしたいのがおまとめローンです。
申し込み条件は年齢が満20歳以上65歳以下で本人に安定した収入がある方が対象です。
(パート・アルバイトでも収入があれば学生・主婦の借り入れも可能)

プロミスおまとめローンの詳細
申し込み資格 20歳以上65歳以下で本人に安定した収入がある方
(主婦、学生でもパートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込み可能)
資金使途 他の貸金業者からの借入金返済
借換対象ローン 消費者金融・クレジットカードなどのキャッシング(銀行カードローンは対象外)
融資額 1万円~300万円
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中からどれか(三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外は5日)
返済期間・回数 最終借入以後最長10年、1回~120回
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど)
収入証明書(源泉徴収票、確定申告書などで最新のもの)

複数のカードローン会社などから借入ので返済している場合、どうしても利息が大きくなり毎月の返済額が大きくなりがちです。また、借入しれいる会社ごとに返済日も異なると返済に非常に時間がかかります。
それらをまとめることで、返済金額と返済の手間の負担が減ります。ただし、プロミスのおまとめローンを契約すると、完済までプロミスで新たな借入ができなくなりますので注意しましょう。

自営業者は審査に不利といわれますが「自営者カードローン」安心

個人事業主や経営者の人向けの商品である自営者カードローンも、大手消費者金融であるプロミスならではのキャッシング商品の一つです。
自営者ローンの申し込み条件は、年齢が満20歳以上65歳以下で自営業を営んでいる方が対象です。(法人の場合には対象外となりますので注意しましょう。)

プロミス自営者ローンの詳細
申し込み資格 年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
資金使途 生計費および事業費
融資額 300万円まで
金利適用方式 単一金利
借入利率 6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中からどれか(三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外は5日)
返済期間・回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
担保・保証人 不要
必要書類 本人確認書類(運転免許証、または健康保険証、パスポートなど)
収入証明書(源泉徴収票、確定申告書などで最新のもの)
事業実態を疎明する書類(営業許可証・受注書・発注書・納品書・請求書・領収書、発行日が直近1年以内のもの)

自営業者は会社勤務のいわゆるサラリーマンに比べると信用が低く、キャッシングなどでは審査に通りにくいと言われています。
しかも、一般的にキャッシングでの借り入れは事業資金には利用できないことになっているので、たとえフリーキャッシングの審査に通って借り入れができても事業用の資金に充てることができません。
その点、自営者ローンならそもそもが自営業者向けの商品なので、普通のキャッシングよりも自営業者が借りやすいです。
さらに借りたお金が事業資金としても生活費にでも利用できるというのもプロミスならではのうれしいポイントです。

使用用途が決まっている場合には目的ローン

教育資金や結婚資金など、借りたお金の利用目的が具体的に決まっている人向けの商品が目的ローンです。
申し込み条件は年齢が満20歳以上69歳以下で本人に安定した収入がある方が対象です。(パート・アルバイトでも収入があれば学生・主婦の借り入れも可)

プロミス目的ローンの詳細
申し込み資格 年齢満20歳~69歳までの安定した収入がある人
学生、主婦でも安定した仕事をしていれば申し込み可能
利用限度額 1万円~300万円
利用期間 最長1~80回(6年9か月)限度額契約のため回数をオーバーしてもデメリットなし
借入利率 実質年率:6.3%~16.5
借入方法 店頭窓口・プロミスATM・提携ATM・振込融資
返済方法 店頭窓口・プロミスATM・提携先ATM・ネットバンキングからの振込・銀行振り込み
返済期日 毎月指定期日
担保・保証人 不要
保証会社 なし

明確な利用目的がある場合、フリーローンの比べると高額の借り入れをするケースが多くなります。そうなると返済期間が長くなることが予想されるので、通常よりも低金利で借りられるというのは返済を検討する際

配慮が嬉しいレディースキャッシング

キャッシングでお金を借りるということに対して、初めてだと不安を感じる人も多いと思います。
特に女性の場合、慣れないキャッシングで電話などで男性スタッフに対応されると、それだけで怖いと感じてしまうこともあるかと思います。そんな方のためにプロミスでは、女性専用のレディースキャッシングを用意しています。
利用条件自体はフリーローンと同様になっていますが、問い合わせや申し込みから審査結果の連絡まで、すべての電話対応を必ず女性スタッフが行う専用ダイヤルを設けているというのが最大のポイントです。

プロミスでは、通常のフリーローンをはじめ、おまとめローンや自営者カードローン》、目的ローンと言った利用者が条件や目的に合わせて選ぶことができる多彩なキャッシング商品を取り扱っています。
さらに女性専用のレディースキャッシングを設定するなど、キャッシングの利用に不安を感じる女性に対しても配慮しています。
それでは、実際にプロミスを利用した方の口コミや評判をまとめて、プロミスのメリットやデメリットをご紹介いたします。

プロミスの口コミ・評判からみたメリット

プロミスの口コミ・評判からみた主なメリットは下記の4つです

  • すぐに借り入れができる
  • 申し込みから契約、借り入れ、返済までがすべてWEB完結でも可能
  • 周りの人に気づかれずに融資ができる
  • 30日間無利息サービスが利用できる

それではそれぞれの口コミ・評判をみていくことにしましょう
プロミスカードローンを利用した方の口コミ・ユーザーレビューをご紹介いたします。

コンビニで即日融資できたのがよかった

ショッピングでお金を使いすぎてしまい、生活費が足りなくなってしまったので、プロミスでの借り入れを考えました。希望金額が50万円以下だったので、申し込みに必要な書類は、運転免許証だけで大丈夫でした。申し込みから1時間以内に、審査に通過したとの連絡が担当者からあり、すぐに契約後、コンビニATMからの借り入れをすることができました。コンビニからキャッシングできるので大変便利ですね。 アルバイト 女性20代

プロミスカードローンは即日融資が可能なカードローン

プロミスカードローンは申し込み当日に融資を受けることが可能です。
即日融資可能な申し込み方法は、「ネット申し込み」「店頭窓口(お客様サービスプラザまたは自動契約機での店舗での申し込み」、または「電話での申し込み」があります。
また、借り入れ(融資)方法も「瞬フリ」のサービス(銀行振り込み)または、ローンカード受取後、ATM借り入れの2種類があります。
特に、「瞬フリ」のサービスを利用する場合、三井住友銀行あるいはジャパンネットバンクの口座を持っていると平日の昼間はもちろんのこと土日祝日でも24時間融資が可能です。なお、プロミスの即日融資については、「プロミスで即日融資をスムーズに受けるためのポイント」で詳しく解説しております。
また、プロミスカードローンはセブン銀行やローソンATMなどのコンビニATMでも借入や返済が可能です。コンビニでの利用については、「プロミスカードローンならコンビニATMでの利用も可能」で詳しく解説しております。

申し込み・契約・借り入れ、返済まですべてをWEB完結できるのがいいですね

プライベートでまとまったお金が必要になったので、プロミスのキャッシングを利用しました。ネットで申し込み、本人確認、契約まで完了、その後、インターネットバンキングを利用して口フリで融資を受けましたプロミスではネットで申し込みから契約、借り入れそして、返済まで人に会うこともなく手続きできるので大変便利です。会社員 男性 30代

プロミスはWEB完結サービスで申し込みから借入まで可能です

プロミスではWEB完結サービスを利用して、店頭窓口(お客様サービスプラザ)や自動契約機に出向くことなく申し込みから借り入れまでをすることができます。また、インターネット決済を利用すれば、借り入れ金の返済も家に居ながらにして可能です。
プロミスのWEB完結については、「プロミスのWEB完結ならカードレスや郵送物なしで借入可能」で詳しく解説しております。

家族にバレないで契約することが出来たので迷惑かけないで済んだ

生活費が苦しくなったため、プロミスにWEBでの申込をしました。しかし、家族には内緒にしたかったので、ローンカードの発行はなしにしてもらいました。審査の途中、勤務先へ在籍確認はありましたが、。担当者名の個人名での再度確認の電話がありました。返済金額は借り入れ残高に応じて変動していました。1年くらいで完済しました。 会社員 男性30代

カードレスや郵送物なしでの借り入れ可能

プロミスではローンカードなしでの融資や自宅に契約書類などの郵便物が届かないように手続きすることができます。明細書やローンカードなどが自宅に郵送されて、家族にキャッシングを利用していることが気づかれてしまうことのないように利用者のプライバシーに配慮しています。
くわえて、電話での在籍確認の際には、プロミスの名前は出さず、担当者の個人名で申込者の勤務先に電話をするために、職場の人にもカードローンの利用が気づかれにくいでしょう。

30日間無利息サービスが利用できた

自動車免許合宿にいく為にプロミスでお金を借りました。初めての利用で不安なんこともあったので、店頭窓口まで出向いて申し込みをしました。窓口の担当者から初めての利用の場合、一定の条件を満たすと30日間無利息サービスが利用できるのところだったので
利用してみました。無利息期間サービスがあるとお得に感じますね。会社員 20代 男性

プロミスでは30日間無利息サービスを利用することが可能

プロミスでは、初めての申し込みに限り借入期間30日間の無利息サービスを受けることができます。
ただし、30日間無利息で融資を受けるには下記の条件を満たす必要があります。

  • メールアドレスを登録
  • Web明細の利用登録

このサービスを利用すると、初回出金日(借入日)の翌日から30日以内に返済が完了した分については利子を返す必要がありません。また、無利息サービス期間中であれば、期間中に追加融資を受けたり、完済後に再度借り入れをしても無利息期間は適応されます。ただし、無利息期間を過ぎても返済が完了していなかった分については通常通り利息が発生するため、注意が必要です。

プロミスカードローンの口コミ・評判からみたデメリット

プロミスカードローンの口コミ・評判からみた主なデメリットは下記の3つです

  • 金利が高い
  • 案内の電話がかかってくることがある
  • カードを発行しない契約にしたため、銀行の引き出しが時間外の時は利用できなかった

プロミスカードローンを利用した方のデメリット面との口コミ・ユーザーレビューを詳しくご紹介いたします。

返済時の金利が高いので早めに返さないと利子がかさんでしまう

別途支払いがあったけど、その支払いをするお金が足りなかったからプロミスから借りました。ネットから申し込み、振り込みで融資を受けました。申し込みをしてから、審査・融資までは2時間くらいだったと思います。月々5,000円くらいを返済していましたが
金利が高かったので完済までは1年半くらいかかりました。会社員 20代 男性

追加入金や一括返済をして利息総額を抑えることが可能

追加入金とは、返済期日に申し込みの際に決めた返済額を超えるお金を入金することです。また、お金に余裕のある時などは、返済日以外に入金することも追加入金となります。追加入金をして繰り上げ返済をすればする程返済回数が減り、利息総額も減らすことができます。
プロミスでの追加入金や一括返済については、「プロミスで一括返済するメリットと方法」で詳しく解説しています。

完済後でのプロミスから電話がかかってくることがある

プロミスでの借り入れ理由は、生活費に困ったためです。無人機での手続きだったのでとても簡単でした、翌月のボーナスですぐに完済したのですが、完済後、増額での案内の電話がありました。会社員 30代 女性

プロミスからの増額案内などの電話は断ることができる

プロミスでは増額などの案内のために、利用者に携帯電話に電話をすることがあります。しかし、申し込み時や申し込み後でも電話での提案や案内は不要の旨を伝えれば、案内の電話はかかってきません。
ただし、返済期日に支払いが遅れている場合や住所変更などがあったにもかかわらずプロミスに報告をしていない場合には電話が来ることがありますので、注意しましょう。

カードを発行しない契約にした為、時間外の銀行からの融資ができなかった

まとまったお金が必要になったため、ネットで申し込みをしカードレスで申し込みをしました。申し込み後1時間以内でした。急いでいたのでとても助かりました。しかし、カードを発行していなかったので、追加の融資を受ける際に銀行時間外のため利用できませんでした。会社員30代 男性

プロミスではカードレスでの契約後でもローンカード発行が可能

プロミスではカードレスでの契約の場合でも後日、店頭窓口(お客様サービスプラザ)あるいは自動契約機に出向いてローンカードを受け取ることが可能です。もちろん、自宅に郵送を希望しても構わないいう方は、ローンカードの自宅への郵送も可能です。

プロミスカードローンの口コミや評判からメリット・デメリットを見てきました。
このようなメリット・デメリットを事前に理解した上で、プロミスカードローンを賢く計画的に利用してみてはいかがでしょうか。

プロミス

おすすめポイント

申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
(インターネットで手続きから借り入れ・返済まで可能)

  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間