主婦がアコムの審査に通過してお金を借りるにはどうしたらいいのか

主婦なら一度は、急な出費や生活が苦しいなどの理由や毎日のやりくりが大変で、お金が必要になることは有るかと思います。

2006年に貸金業法がに改正され、2010年に完全施行となった、個人への貸付を年収の3分の1を借入額の上限とする総量規制で、収入のない専業主婦が消費者金融からお金を借り入れるのは難しくなったといわれています。

それでは、主婦は、アコムをはじめとする消費者金融業者からお金を借りることができなくなってしまったのでしょうか。

主婦でも安定した収入があればアコムを利用できる

アコムカードローンでは、下記を申し込み条件としています。

  • 年齢が20歳~69歳である
  • 安定した収入がある
  • 返済能力がある


アコムカードローンの申し込み条件は、20歳以上で安定した収入と返済能力がある人が対象となります。
つまり、アルバイトやパートをしていて、安定した収入がある場合には、たとえ主婦であってもアコムに申し込みができるということです。
しかし、収入のない専業主婦(主夫)はアコムに申し込むことができません。

専業主婦がアコムを利用するためには安定した収入を得ることが必要

専業主婦がアコムを利用するためにはパートやアルバイトまたは内職などして安定した収入を得るが必要です。
パートや内職などで安定した収入があればアコムでの申し込み条件をクリアできます。そのため、専業主婦でアコムを利用したいと検討している場合には、まず収入を得るようにしましょう。

ただし、勤続0か月の場合には、安定収入がないとみなされてしまいますので、最低でもパートやアルバイトをしてから、6か月以上勤務してからアコムに申し込むようにしましょう。

収入がある主婦の場合であれば家族に内緒でアコムを利用することも可能

アコムを利用する際に、ご主人や家族には内緒にしたいという主婦の方もいると思います。
アコムに限らず、家族に内緒で借金をすることはあまり好ましいことではありませんが、なんらかの事情がある場合もあるでしょう。

アコムでは家族に内緒でお金を借りることが可能です。なぜなら、アコムは大手の消費者金融であり、利用者情報の保護を徹底しているからです。

自宅にアコムからの郵便物を届かないようする

アコムでは、申込み時に契約書やローンカードなどの郵便物を自宅に送るかどうかがを選択することができます。
その際に、自宅に郵便物を送付しないように設定しておくことでアコムからの自宅への郵便物が届かなくなります。
自宅への郵便物を避ける方法としては、下記の2つの方法があります。

この上記の2つの項目詳しくみていきましょう。

店頭窓口やむじんくん(自動契約機)で契約する

アコムには店頭窓口むじんくん(自動契約機)インターネット、電話、郵送など様々な申し込み方法があります。

その中でも、店頭窓口およびむじんくん(自動契約機)で契約した場合には、契約後すぐにローンカードをを受け取ることができますので、ローンカードが自宅に届くことはありません。一方、インターネット申し込みや電話での申し込みを行って来店せずに契約した場合には、契約書はローンカードが自宅に届きますので注意しましょう。インターネット申し込みをして、契約書類やローンカードを自宅へ送付されたくない場合には、申しみじに来店契約したい旨を担当者に伝え、審査通過後にむじんくんや店頭窓口に出向いて、契約することで自宅への郵送物を避けることが可能です。

明細書の発送をなくし、WEBでの明細書を発行してもらう

アコムが明細書を発行する場合には、申込み時に自宅に発送するかどうかを申込者本人に確認をします。
その際に明細書の送付をせずにホームページから確認する手続きに変更すれば自宅に明細書が送られてくることはありません。
また、明細書送付の手続きは次の2つで手続き可能です。

もし、アコムの請求書が郵送で届くことに抵抗があるようでしたら、返済前に事前に手続きをしてみることを検討いたします。

自宅にアコムからの電話がかかってこないようにもできる

アコムから自宅への電話がかかってこないようにするためにはこの2つです。

  • 申込時に希望連絡先を携帯電話にしておく
  • 申込時に自宅の電話番号を記入しない

申込時に希望連絡先を携帯電話にしておく

アコムへ申し込む際に希望連絡先を選択できるので携帯電話を選択してください。これによってアコムからの基本的な連絡は申し込み者の携帯電話にかかってきます。

申込時に自宅の電話番号を記入しない

アコムの審査の際には自宅には電話がかかってくる場合があります。
なぜなら、アコムの担当者が自宅に電話をしてつながるかどうかを確認するためです。
このため、希望連絡先を携帯電話にしたとしても自宅に電話がかかってきてしまいます。
もちろん、アコムの担当者が申込者の自宅に電話をかけて、アコムの社名や用件を伝えることはありませんが、自宅への電話を避けたい方もいると思います。その場合には以下の方法を考えてみてもいいと思います。

  • 申込時に自宅の電話番号を記入しない
  • 担当者に事情を話して相談する
  • 自宅への電話を携帯電話に転送設定する

どうしても自宅への電話を避けたいのであれば事前にアコム担当者に事情を話して相談してみてもいいでしょう。
アコムからの電話については、「アコムからの電話がかかってくるのはどんな時か」で詳しく解説しております。
上記あげたものは、あくまでも自宅に郵便物が届かなくなる方法と自宅に電話がかかってこなくなる方法ですので、家族に内緒で借金ができるものを保証するものではありません。
家族に知られることなくアコムを利用することができますが、あまりおすすめはしません。
なぜなら、家族に内緒で借金をしてしまうと返済が困難なときに家族に返済の相談することが難しくなることや借金が発覚した際に家族間でのトラブルの可能性も出てくるためです。
もし、家族がいる場合には、借金について、まず家族間で相談してみることがよいでしょう。どうしても家族に話すのが抵抗がある場合などは、無料の法律相談などを利用するのもいいでしょう。

専業主婦がカードローンを利用できない理由は総量規制のため

そもそも収入のない専業主婦はカードローンを利用することができません。それは総量規制と関係があります。
総量規制とはアコムを含む消費者金融などの貸金業が消費者金融などの貸金業者が個人にお金を貸す場合に、貸金業者からの総借入残高が借り手の年収の3分の1を超えてはいけないという、貸金業法という法律で定められた規制のことです。そのため、専業主婦や無職など無収入の場合には年収はゼロであるため、借りられる利用限度額の上限もゼロとなってしまうからです。

配偶者貸付制度を利用すれば例外的に専業主婦でも借入できる

収入のない専業主婦の場合、総量規制の影響でアコムを含めた消費者金融会社での借り入れをすることはできません。安定した収入があることと年収の3分の1を超える借り入れできないという総量規制があるためです。ただし、借り入れできる例外があります。

夫婦の年収を合算して借り入れができる制度が配偶者貸付である

配偶者貸付とは夫婦の年収を合算してその合計の3分の1の金額までお金を借りることができる制度です。
ただし、配偶者が長期の返済の滞納や自己破産などの金融事故を起こしてブラックリストに載っている場合は、配偶者貸付を利用することができません。

アコムやプロミスの大手消費者金融では配偶者貸付を行っていない

すべての消費者金融業者が配偶者貸付を実施しているわけではありません。アコムやプロミスなどの大手消費者金融では審査に手間やコストがかかるために配偶者貸付を実施していません。配偶者貸付はアスカやレディースフタバエニーなど中小の消費者金融業者や専業主婦でもまたはクレジットカード会社に限られています。

配偶者貸付を利用するには配偶者の許可が必要である

配偶者貸付を利用する場合には以下の書類を提出することが必要となります。

  • 婚姻関係を証明する書類(住民票・戸籍謄本など)
  • 配偶者の同意書

加えて、50万円以上を超える借り入れの場合には配偶者の収入証明書も必要となります。この際に、収入証明書として認められるのは、給与明細書、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、課税証明書、納税通知書などがあげられます。
つまり、配偶者貸付を利用する場合、配偶者に内緒でお金を借りることは難しいといっていいでしょう。
配偶者貸付のメリットは大きくありません。夫婦間で内緒にしないのが前提であれば、配偶者貸付を利用せずに、配偶者が契約者本人となり金融機関で借り入れたほうが早いからです。また、前述したように配偶者貸付に対応してくれるカードローン業者も少なく、上記のように申し込みにも配偶者の書類の提出があるなど手続きも面倒になります。
収入のないあるいは少ない専業主婦(主夫)の場合、アコムを含む消費者金融からお金を借りるのは難しいと思います。その結果、専業主婦で安定した収入がないためにいかなる金融業者からも借り入れができないと思ってしまい、ヤミ金(闇金)などの悪徳金融業者を利用してしまうケースもありますので注意しましょう。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


専業主婦が利用可能な銀行カードローンからお金を借りる

銀行カードローンは総量規制の対象ではない

総量規制の問題を解決してくれるのが銀行のカードローンです。消費者金融と違って、銀行は別の法律で動いているので総量規制に従う必要がありません。そのため、定期収入のない専業主婦であっても借り入れが可能な場合があります。ただし、大手から地方銀行まで最近は銀行の多くも消費者金融と同じく定期収入があることをカードローンが組める対象にしているので注意が必要です。

銀行の多くは定期収入がある人を対象にしている

銀行も多くが定期収入のある人を対象にしているのには以下のような理由があります。

  • 無収入のため延滞などが心配
  • 本人の収入で判断できないので審査が難しい
  • 銀行も総量規制を取り入れるべきという動きがある

銀行カードローンが総量規制の対象外だといっても、滞納する確率が高い人にお金を貸したくないのは銀行も同じです。そのため延滞が心配で、しかも審査の難しい専業主婦向けのキャッシング商品は少なくなっています。また、今のところ法律上は問題ないのですが銀行の貸し過ぎを防ぐために総量規制を取り入れるべきという風潮が近年出ており、さらに専業主婦への融資は厳しくなっています。新たに借り入れをしたいのであれば、専業主婦向けの商品のある銀行を選びましょう。

専業主婦でもローンが組める銀行は楽天銀行やイオン銀行

専業主婦でも申し込み可能な銀行カードローンは、楽天銀行スーパーローンイオン銀行カードローンですです。なお、この他にも横浜銀行など地方銀行の一部では、専業主婦でも申し込み可能なカードローンを取り扱っています。
楽天銀行カードローンは配偶者の同意書などが必要ないため誰にも内緒で借りやすい銀行です。本人確認書類は必要なので免許証などを準備しましょう。また、それぞれ異なる注意点があるので確認してみてください。
楽天銀行は契約書類やローンカードの郵送物の受け取りが必須です、楽天銀行の申し込みを検討するには、次のことを確認しましょう。

  • 郵送物の受け取りが必要
  • 利用限度額は最大50万円(専業主婦の場合)

楽天銀行で確認しておきたいのがどうしても郵送物が発送になることです。インターネット上での手続きですから、カードや確認書類などを自宅で受け取る必要があります。郵送物があることで配偶者に追求されるなど不利益が起きる可能性がある人は特に注意が必要です。カードの最大限度額が高いことにも一応注意しましょう。

これらの専業主婦でも申し込み可能なカードローンは50万円以上の利用限度額を希望すると審査が厳しくなる傾向にありますし、使い過ぎて返済が大変になることも考えられます。もしも利用する金額が決まっているのであれば少額で申し込むことも可能です。インターネット環境があれば全国的に作りやすいカードである分、きちんと注意しておきましょう。