SMBCモビットの金利を引き下げる方法

銀行や消費者金融で金融機関でお金を借りるときに、さまざまな項目に気を使っているのではないでしょうか。金利、借り入れ可能額、借入期間。その中でも特に「金利」は、今後の返済額を左右する項目なので、できることならなるべく低く抑えたいものです。

SMBCモビットに限らず、大手消費者金融の金利幅の設定は大きくなっており、その中でどの金利が適用されるかは、借り入れ極度額や個人の信用情報、他社借入額や所得などから算出されます。そこで算出され、SMBCモビットから提示された金利条件をのむことによって借り入れが行われるのです。

しかし、さまざまな要件が絡んで金利が左右するのであれば、裏を返すとSMBCモビットの提示条件より、交渉次第で金利を下げることが可能ということでもあります。

利息制限法によれは、借入利息には上限があっても下限はありません。つまり、借入額が大きくなれば金利は下がらざるを得ませんし、借入額が小さくても交渉次第では金利を下げることも可能というということになります。

ここではSMBCモビットの金利を下げる具体的な方法について紹介しますので是非参考にしてみてください。

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%

大手消費者金融と金利の比較

まず、SMBCモビットの金利について説明していきます。大手消費者金融と、大手銀行カードローンやとの金利差を確認してみましょう。
SMBCモビットの金利と大手消費者金融である「アコム」「アイフル」「プロミス」と比較してみましょう。

SMBCモビット アコム アイフル プロミス
借入金利(実質年利) 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~17.8%

※ただし借り入れ利用限度額にによって異なる
上記の表でSMBCモビットと他社消費者金融の金利を比較してみたところ、大手消費者金融ではプロミスを除き、金利差は無い状態となっています。
プロミスに関しましても下限金利が高いため上限金利が若干安くなっているのみであり、大手消費者金融4社比較しても金利差はほとんどないと言っても良いでしょう。
下限金利の3.0%に関して言えば、大手の銀行カードローンと同程度の低い設定がされていますので、極度額が大きく設定できるのでしたら、その下限金利の恩恵を受けることが可能です。
続いて大手銀行カードローンである「三菱UFJ銀行カードローン」「三井住友カードローン」「みずほ銀行カードローン」と比較してみましょう。

SMBCモビット 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行
借入金利(実質年利) 3.0~18.0% 1.8%~14.6% 4%~14.5% 2.0%~14.0%

※ただし借り入れ極度額によって異なる
大手銀行カードローンと比較してしまうと、やはりSMBCモビットとの金利差が目立ってしまいます。下限金利に関しては三井住友銀行を下回るものの、上限金利に関しては三菱UFJ銀行で14.6%ですので、少額借り入れをしたいだけなら銀行カードローンを選んだほうが金利が必要以上に掛らないためおすすめと言えるでしょう。
ただし、銀行カードローンは審査に時間がかかったり、審査自体の基準が厳しかったりしますので、金利が高くてもすぐにお金を借りたいという人は、最短即日融資も可能のSMBCモビットを利用するのが良いでしょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



クレジットカードのキャッシング枠でとの金利の比較

次に大手信販会社である「オリコカード」「JCBカード」「セゾンカード」クレジットカードのキャッシング枠での金利と比較してみましょう。
table>

SMBCモビット 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 借入金利(実質年利) 3.0~18.0% 1.8%~14.6% 4%~14.5% 2.0%~14.0%

※ただし借り入れ極度額によって異なる
大手信販会社クレジットカードのキャッシング枠での金利と比較すると、SMBCモビットに軍配が上がるのが分かります。上限金利が同じであるのにも関わらず、下限金利は低くてオリコの4.50%となっていますので、SMBCモビットでの借り入れをする方がおすすめと言えるでしょう。
もちろんこれら信販会社はクレジットがメインの為、キャッシングの金利が高いということは理解する必要があります。

金利の上限には利息制限法と出資法が関わってくる

借り入れ極度額によって金利は変わってきます。

極度額 上限金利(実質年利)
10万円以下 20.0%
100万円以下 18.0%
100万円を超える場合 15.0%

上記の表は利息制限法における極度額に応じた上限金利の変化となっています。出資法においては一律20.0%以下との規制がありますので、正規の貸金業者や銀行等においては実質年利20.0%を超えた貸付を行うことが出来ません。なお、利息制限法と出資法の間にある金利設定では、出資法違反には該当しないため刑事処罰の対象とはなりませんが、利息制限法違反になりますので行政処分の対象となります。よって、同様に正規の貸金業者では設定することが出来ません。
SMBCモビットに関しましても、この利息制限法の範囲内での貸付を行っており、上限金利が18.0%と設定されているのです。

利用利用限度額によって金利は変わる

 SMBCモビットに限らず、ほとんどのカードローンは利用限度額に応じて金利が下がって設定されるようになっています。SMBCモビットに関しては、限度額と金利の詳細な関係は明らかになっていませんので、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」を参照してみましょう。

利用限度額 金利(実質年利)
500万円以下400万円超 1.8%~6.1%
400万円以下300万円超 6.1%~7.6%
300万円以下200万円超 7.6%~10.6%
200万円以下100万円超 10.6%~13.6%
100万円以下10万円以上 13.6%~14.6%

このように、利用極度額に応じて金利が段階的に変化しているのが分かります。
SMBCモビットでもこのように金利が上がるごとに適用金利も変化していくと考えて良いでしょう。ただし、適用金利は利用限度額のみで金利が決定するわけではなく、個人の属性や信用情報、年収や勤務先などさまざまな情報を精査されて金利が決定されます。よって、必ずしもこの限りではないということも併せて覚えておきましょう。

SMBCモビットの金利を下げる方法

現在設定されているSMBCモビットの金利を下げるためには以下の点に注目してください。

  • 現在の信用情報
    • 現在の取引状況
  • 現在他社借り入れがあるか

それでは順次説明していきましょう。

SMBCモビットは交渉次第で金利を下げてくれる

結論から言えば、SMBCモビットは交渉次第で金利引き下げに応じてくれます。
ではその方法を紹介しますと言いたいところですが、まずその前に、確認しておきたいことがあります。
大手の消費者金融機関では大手銀行に対抗するために審査と借り入れまでのスピードで勝負に出たという経緯があることを認識する必要あります。
そういった経緯から消費者金融では多数で小口の融資取扱いのメインとなっていきました。そして、利用限度額を50万で可決させた場合は万が一債務整理された時に少なくとも元本分は先に回収しておきたいとの考えから最大金利18.0%を適用させます。
次にSMBCモビットのような消費者金融業者が打った手は、優良顧客の囲い込みです。例えば借入限度額を100万超に引揚げた場合、金利を利息制限法の上限金利である15.00%まで引き下げます。
ただしこれでも金利は利息制限法の最大金利です。つまり、こちらから打診をすれば適正な金利にまで下げてくれる可能性は十分にあるということです。
それでは具体的に金利引き下げ交渉について確認してみましょう。

金利利交渉ができる顧客とは半年以上の利用実績があること

誰もが金利交渉できるわけではありません。基本的には半年以上の利用事績があり、利用限度額を8-9割程度利用し返済に遅れがない顧客は優良顧客とみなされ、金利の引き下げや限度額の増額に応じてくれる可能性があります。ポイントは「当初審査時よりも属性が悪化しておらず、かつ優良な利用実績があるかどうか」になるといってもよいでしょう。なお、金利の下げ幅に関してはSMBCモビットの回答次第となってしまいます。

SMBCモビットの金利引き下げのコツ

それでは実際に金利を下げるためにどうすればよいか紹介していきます。

信用を少しずつ築いていく

何よりもSMBCモビットとの信頼関係を築いてください。少なくとも半年以上の利用実績が必要です。借り入れをし、返済日には必ず返済をするのはもちろんの事、他社借り入れにおいてトラブルや金融事故を起こさないことが鉄則です。
利用者トラブルや借り入れ状況などはCICやJICCなどの個人信用登録機関に管理されていますので、他社での延滞などがあれば仮にSMBCモビットで問題を起こしていなかったとしても金利引き下げの交渉はまず無理だと思って間違いないでしょう。

利用限度額の8割~9割までの金額を上限として利用をする


例えば、全然使っていない人から金利の引き下げを交渉されても、この顧客はカードローンを使う予定がないと認識され、交渉には応じてくれません。つまり、少額しか借りていないのなら限度額を上げる必要はないし、限度額が上がらないのなら金利も下げる必要はないと考えられてしまいます。

基本的に金利引き下げは、極度額の増額審査も同時に行われますので、借り入れ実績も薄く今後も使う必要性がない顧客に関しては、金利の引き下げはされないと考えて間違いないでしょう。
金利の引き下げを交渉するには極度額の8割~9割程利用し、今後極度額を上げればまだまだ利用してくれる顧客だなと認識させる必要があります。借入残高が多く返済実績がある顧客を沢山確保したいSMBCモビット側からすれば、優良顧客の囲い込みをかけて金利引き下げ交渉に応じる可能性があります。

他社借り入れをSMBCモビットで借換する

他社借り入れが多いと金利引き下げ交渉が上手くいかないことが多いです。これは他社借り入れが多い=返済に余裕がないと判断されることが多いからです。もし返済が可能であれば残債をなくしてしまいましょう。

もしくは、他社借入金をSMBCモビットで借換し一本化してしまうのがよいでしょう。SMBCモビットは融資残高が増えるのみならず、他社借り入れもなくなるため金利引き下げ交渉に応じてくれる可能性が上がります。他社一本化をすることによってメインのカードローンであるという認識をさせることが重要です。

他社への乗換を打診する

逆に他社へ借換することをSMBCモビットに打診してみましょう。
金利引き下げ交渉にはよく利用される手段で、カードローンのみならず各種さまざまなローン商品で行われています。金利に関しては、信販会社から大手金融機関までこの方法への対策が一番難儀するポイントだと考えて間違いないでしょう。
 
金利交渉する際には、例えば〇〇銀行は△△%での融資利率だったため、そちらで現在の残高を借換しようかと思っていると伝えてみてください。その上で、本当は使い勝手がいいSMBCモビットカードローンを使い続けていたい、けれど、金利が少し高いためこれ以上借り入れをするならば金利に関しては考え直さないといけないと併せて伝えることも効果があります。
SMBCモビットとしても、せっかくの優良顧客を他社にとられるのは嫌ですし、金利を下げれば引き続き利用してくれる顧客だと認識できれば、金利引き下げ交渉に応じる可能性があります。

借入額を年収の3分の1から大きく下回るようにする

SMBCモビットなど貸金業者から借り入れをする際に必ず知っていなければならないことがあります。それは「総量規制」です。
総量規制とは「個人の借入総額が、原則、年収などの3分の1未満に制限される仕組み(一部例外となる借り入れもあります)」を言います。
そのため、借入額を3分の1から大きく下回れば、他社への乗換する可能性をにおわせることができ、SMBCモビットも他社へニーズが流れるのは当然避けたいと思うため、金利引き下げ交渉に応じてくれる可能性があります。

金利引き下げの注意点

SMBCモビットに限らず、金利引き下げ交渉をした際には、当初申込時のように所得確認書類の提出を求められます。
これによって金利の引き下げと同時に借り入れ極度額の増額も見込めるのですが、逆に転職で勤務先が変わった、年収が下がった、雇用形態がアルバイトになったなど、個人の属性を下げてしまった場合には金利の引き下げどころか借入限度額の減額をされてしまう場合もありますので、引き下げ交渉をする際には思いもよらない結果になる場合があることを念頭においておく必要があります。

金利の引き下げを行う時のポイント

金利の引き下げをするということはSMBCモビットにとって「自社の収益を減らすこと」と全く同義だと言って間違いないでしょう。
言い換えれば、交渉するということは「あなたの会社の収益を減らしてください」と言っていることになります。一見乱暴な意見に見えると思いますが、この乱暴な意見を通すためにはSMBCモビットとの関係が重要になってくるのです。つまり、SMBCモビットが自社の収益を減らしてまで貸していたいと思えるかどうかなのです。

優良顧客だと認識させること

金利引き下げ交渉を行うには、なんといってもSMBCモビットに「この顧客が他社へ流出すると収益が減る」と思わせる必要があります。つまり優良顧客だと認識させる必要があるのです。借入額も多く、返済も延滞等なく実績がきちんとあることはもちろんのこと、長年の取引実績があることや、他社借り入れが少ないこと(SMBCモビットカードローンがメインのカードローンだと思わせること)も重要な項目になっています。

銀行カードローンと比較すると金利は決して低いとは言えませんが、金利の交渉次第では同程度まで下げてくれる可能性もあります。そのためにも、普段からきちんと取引実績を積んでおき、今後もメインのカードローンとして利用していくという気概を持って臨むべきと言えます。

優良顧客以外の金利引き下げ交渉は難しい

裏を返せば、返済に窮しており金利を引き下げてほしいと交渉した場合は逆効果であることが分かります。貸したくもない客の金利をわざわざ下げる理由はありませんし、金利を大きく取ったまま今後の融資を渋られる可能性もあります。

金利引き下げ交渉というのは、いつでも自分が相手よりも上の立場に立って交渉できる場合以外にはできないと思っていて間違いないでしょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有