プロミスの審査時に必要な書類や提出方法

大手消費者金融プロミスのカードローンを利用するためには、申込時に本人確認書類、収入証明書類を提出する必要があります。

  • 本人確認書類(身分証明書)運転免許証、パスポートなど⇒申込み時に必ず必要
  • 収入証明書類類(所得証明書類)源泉徴収票や給与明細書⇒希望する利用限度額によっては必要

なお、プロミスの申し込み方法によって、提出する書類が変わることはありません。ただし、必要書類の提出方法には違いがあります。ここでは、プロミスの審査・契約時に必要な書類と提出方法について解説いたします。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能


プロミスの申し込みや審査に必要な本人確認書類

プロミスの申し込みには、本人確認書類(身分証明書)の提出が必要です。一方、印鑑や保証人や担保などは必要ありません。
プロミスカードローンを利用する際に、必要になる本人確認書類(身分証明書)は以下の書類です。

  • 運転免許証(表面:裏面)
  • パスポート(写真および住所のページ)(
  • 健康保険証(+例)マイナンバーカード)

2016年10月に「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」が改正され、健康保険証などの顔写真のない書類を本人確認書類として利用する場合には、健康保険証以外にもう1つの公的書類を求められることになりました。

そのため、健康保険証を本人確認書類として使用する場合には、住民基本台帳カード(写真付きマイナンバーカード)や住民票といった追加の書類が必要となります。
(健康保険証と「+1点(例:マイナンバーカード)」が必要となるのは、店頭窓口や自動契約機による契約手続きの場合です。)

外国籍の方の場合の本人確認書類

外国人の方がプロミスカードローンに申し込む際には、永住権を認めた「特別永住者証明書」もしくは「在留カード」が必要です。

特別永住者証明書や在留者カードは、特別永住者の法的地位等を証明するものとして交付されるもので,氏名,生年月日,性別,国籍・地域,住居地,有効期間の満了日などの情報が記載されているため、本人確認書類として有効となります。そのため、運転免許証やパスポート等の書類の提出は不要です。

    カードローンの利用がはじめて利用限度額が50万円以下なら運転免許1枚で、借入可能
    カードローンの利用がはじめてで利用限度額が50万円以下であれば、運転免許証1枚でプロミスからお金を借りることができます。プロミスをすぐに利用したいのであれば、24時間スマホからでも申し込み可能なWEB申し込みから申し込みをするようにしましょう。

    プロミスの特徴

    プロミスカードローン

    プロミスのおすすめのポイント

    • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
    • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
    • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

本人確認書類に記載されている住所が現住所と違う場合には別途書類必要

本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う方の場合には以下の書類が別途必要となります。

  • 公共料金の領収書
    (電気・水道・ガス・固定電話・NHKなどの領収書)
    携帯電話料金の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書


上記にあげた書類は発行日または領収日付から6か月以内の最新のものが有効となります。
引越しなどで本人確認書類の住所と現住所が異なる場合には、事前にこれらの書類を準備しておきましょう。

本人確認書類にマイナンバーが記載されている場合は分からないよう送付する

2016年から国民1人ひとりにマイナンバー(個人番号)が付番されるマイナンバー制度が始まりました。
そのため、住民票などのマイナンバーが記載されていることがあります。マイナンバーは他人に安易に教えてはならないため、
必要書類の提出時には、相手にわからないようにする必要があります。そのため、個人番号(マイナンバー)、本籍地が記載されている場合は、個人番号本籍地を隠す(塗りつぶす)など、写らない状態にして提出するようにしてください。

プロミスで有効な本人確認書類とみとめられない書類

プロミスでは、下記にあげる書類のみを本人確認書類(身分証明書)として提出したとしても有効な書類とは認められません。

  • 印鑑登録証明書
  • 運転経歴証明書
  • 住民票の写し住民票の記載事項証明書
  • 在留カード・外国人登録証明書・特別永住者証明書
  • 各種年金手帳
  • 戸籍謄本・抄本
  • 各種福祉手帳・母子健康手帳・身体障害者手帳

これらの書類のみでは、たとえ正式な書類だとしてもプロミスで有効な本人確認書類とは認められませんので注意しましょう。
そのため、プロミスの申込時には、運転免許証またはパスポートといった有効な本人確認書類を提出するようにしましょう。

希望する利用限度額によっては収入証明書類類の提出が必要になる

プロミスの公式ホームページでは下記の場合には、収入証明書類が必要と明記されています。プロミスでの申し込みに収入証明書類が必要な場合は下記の3つのケースです。

  • プロミスからの借り入れ希望額が50万円を超える場合
  • 他社からの借入残高とプロミスからの借り入れ希望額の合計が100万円を超える場合
  • すでに提出済みの収入証明書類が3年以上経過している場合

これらの3つのケース以外でも、申込者に安定した収入があるかどうか判断できないない場合には、プロミスの審査担当者より、収入証明書類を求められる場合があります。

また、プロミスの契約時に収入証明書類を提出するとポイントが付き、ポイント利用することで無利息期間サービスやATM手数料が無料になるサービスが受けられます。

なお、収入証明書類の種類は、正社員やパート・アルバイトといった給与取得者と自営業や個人事業主とで提出する収入証明書類が異なります。

収入証明書類の種類:正社員やパート・アルバイトの給与所得者の場合

給与取得者の場合、次のいずれかの書類が収入証明書類類として有効となります。

  • 源泉徴収票や給与明細書(直近の2か月分と1年分の賞与明細書)
  • 住民税決定通知書、課税証明書、所得証明書、納税証明書

源泉徴収票や給与明細書は勤務先の総務や人事の方に発行を依頼すれば、会社にもよりますが、1週間程度で発行してくれます。

一方、住民税決定通知書、課税証明書、所得証明書、納税証明書は、最寄りの市役所で発行してくれます。
もし、源泉徴収票や給与明細書の再発行を会社に言いづらいのであれば、お住まいの市役所で納税証明書や課税証明書してもらい、提出するようにしましょう。

収入証明書類の種類:自営業や個人事業主の場合

自営業などとされている個人事業主の場合には、会社員やパート・アルバイトな異なり、源泉徴収表や給与明細書は発行されません。

その代わりに確定申告書や所得証明書といった書類が収入証明書類類として有効となります。
個人事業主・自営業者の方が提出できる収入証明書類類は下記のいずれかです。

  • 所得(課税)証明書
  • 税額通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書

加えて、以下の営業の実態がわかるいずれかの書類も収入証明書類として有効です。

  • 営業許可証
  • 報酬明細
  • 支払い調書
  • 収支内訳書

収入証明書類が不要な50万円以下の借り入れの場合でも、自営業者や個人事業主は、収入が不安定であるため、収入証明書類類の提出をしないと、返済能力に問題があるとみなされ、審査に不利になってしまう場合もあります。
そのため、申込み時には収入証明書類類を準備しておき、申込み時に提出するようにしましょう。
なお、プロミスで、有効な収入証明書類類については、「プロミスでお金を借りる際に収入証明書類は必要か」で詳しく解説しております。

必要書類の提出方法

プロミスの申込方法は、以下の通りです。

  • WEB申し込み
  • 自動契約機(無人契約機)での申込申し込み
  • 店頭窓口申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送申し込み

これらの本人確認書類は、申込時に収入証明書類などの必要書類と一緒にプロミスに提出します。必要書類の提出方法を下の表にまとめました。

申込・契約方法 提出方法
WEB申し込み・WEB契約 WEB上から画像をアップロードする
自動契約機での申し込み・契約 店舗へ持参する
店頭窓口申し込み・契約
電話申し込み FAXまたは店舗に持参する
郵送申し込み・契約 郵送

この中でも、スマホやパソコンからWEB上にアップロードする方法が最も手軽で時間もかかりません。そのため、すぐに融資を希望している場合にはWEB申込を利用するようにしましょう。

WEB申し込みの場合にはプロミス公式会員ページや公式アプリからアップロードする

24時間申込受付可能なWEB申込では、本人確認書類などの必要書類をスキャナーや携帯電話のカメラで撮影した画像を、プロミス会員ページにアップロードします。
ただし、必要書類のアップ時に写真やスキャンしたデータが不鮮明だと、審査担当者に再提出を求められ、審査に時間がかかる場合がありますので注意しましょう。

画像のアップロード前に、運転免許証やパスポートの顔写真の判別できるか、書類の文字は読めるか確認してから提出するようにしましょう。

また、スマートフォンの場合は、プロミスの公式アプリからでもアップロードが可能です。
プロミスの公式アプリアプリローンを利用すると、必要書類の提出やカードローンの申込の他、利用限度額の増額や、アプリローンを利用してカードローンなしでセブン銀行ATMを利用して借り入れが可能です。

店頭窓口や無人契約機での申込や契約の場合来店して提出する

店頭窓口や無人契約機での店舗での申込または、来店での契約の場合、本人確認書類や収入証明書類の原本またはコピーを持参し、プロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)や自動契約機、SMBCローン契約機にて書類提出を行います。
なお、プロミスの店頭窓口や自動契約機の営業時間は下の表の通りです。

店頭窓口 平日10:00~18:00(一部店舗では平日20:00、土日祝日18:00まで)
自動契約機 年中無休9:00~22:00(一部21時まで)
三井住友ローン契約機(三井住友銀行内) 年中無休9:00~22:00(一部21時まで)

土日祝日はプロミスの店頭窓口の休業日です。そのため、店頭窓口での申し込みはできません。土日祝日に、プロミスのカードローンに申込をする場合には。インターネット、自動契約機、電話で申込むようにしましょう。

電話申込みの場合にはFAXまたは直接店舗に持参する

電話申込みの場合、直接店舗に出向いて提出する方法とFAXで送付する方法の2種類の提出方法があります。直接店舗に出向く方法は、店舗の営業時間内であれば、すぐに契約が可能です。

一方、FAXで送付する場合にはプロミスコール0120-24-0365に電話で問い合わせをして、プロミスのオペレーターにFAX番号を聞いてから、本人確認書類や収入証明書類類といった必要書類をFAXします。
しかし、必要書類をFAXする方法は、書類送付後、契約のために店舗に行く必要があるります。そのため、店舗の営業時間内であれば、おすすめする方法でありません。
なお、電話申込みの営業時間は9:00~22:00となっています。

郵送で送付する

郵送で申し込みをする場合には申込書や本人確認書類のコピー(収入証明書類類)を同封の上、郵送します。郵送での申込の場合には、プロミスとのやり取りに時間がかかります(プロミスからの返信も郵送で行われるため)
そのため、急いで融資を受けたい場合はWEBか自動契約機を利用して申込をするようにしましょう。

職場への電話連絡を回避するなら勤務先が確認できる書類の提出が必要

プロミスでは審査時に申込者が申告した勤務先にきちんと勤務しているかどうかを確認する在籍確認を電話で行っています。
しかし、申込者の勤務先に電話がつながらない、勤務先に在籍しているかどうかを教えてくれない、もしくは、職場に電話をかけてしまうとプロミスでのキャッシング利用がバレてしまうなどの場合には、在籍確認の電話連絡を免除されます。

その代わりに、会社名が記載されている健康保険証と給与明細書(最新のもの2か月程度)や源泉徴収票の書類の提出が必要となります。

なお、プロミスの審査時の在籍確認については、「プロミスでの在籍確認のタイミングと電話の内容」で詳しく解説しています。

プロミスカードローンの申込みや審査時の必要書類についてみてきました。申し込みに必要な本人確認書類などの必要書類をあらかじめ確認しておくことで、借り入れの手続きをスムーズにすすめることができますよ。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間