18歳でもアコムを利用できるのか

18歳といえば、大学生や専門学生あるいは社会人一年目の方が多数を占めていると思います。大学や専門学校の友達と遊ぶためにまた社会人としてお金が必要になってくる年代でもあります。
ではお金が必要になった際、どこにお金をかりたらいいのでしょうか。

消費者金融のアコムはテレビコマーシャルも頻繁放映されており学生や主婦でも知っている気軽なカードローンです。では、18歳という年齢でアコムお金を借りることができるのでしょうか。今回は18歳でもアコムでお金を借りられるのかについて解説していきます。


結論からいいますと、アコムでは20歳未満の申し込みはできません。どうしてアコムでは20歳未満の申し込みはできないのでしょうか。また、他にお金を借りる手段はあるのでしょうか。詳しく解説いたします。

18歳だと未成年なので消費者金融のカードローンは利用できない

まずアコムの申し込み条件からみていくことにしましょう。
アコムの申し込み資格として

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

としています。つまり、いくら収入があっても20歳に達していないとアコムに申し込みすることができません。
もちろん、20歳で安定した収入があればアコムのカードローンに申し込み可能です。アコムの申し込みについては、「アコムカードローンの申し込み方法」で詳しく解説しています。
なぜ、18歳や19歳はたとえ収入があっても、消費者金融のカードローンが利用できないのでしょうか。
その理由は民法にあります。

民法第5条
未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
第1項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

つまり、18歳を含む未成年に保護者の同意なくお金をかしたとしてもその契約は取り消すことができるという法律なのでどうしても未成年者を契約することで消費者金融会社に契約を取り消された場合に大きなリスクが発生してしまいます。
そのためたとえ収入があっても、未成年者にお金を貸さないというのがアコムを含めたカードローン会社共通の認識となっているわけです。

20歳を超えていてアコムの審査に通るかどうか心配であれば申し込み前に3秒診断をしてみる

アコムではインターネット限定の診断サービスととして「3秒診断」という、インターネット上で借り入れ可能かどうかを診断してくれるサービスがあります。この3秒診断サービスは申し込みまたは審査の前に、借り入れ可能かどうかを診断してくれる非常に便利なサービスです。満20歳を超えていてアコムの審査に通るかどうか心配であれば、申し込み前に3秒診断を受けることをおすすめいたします。
このサービスは必要な事項を入力するだけで、アコムからの融資が可能かどうの目安判断してくれるものです。

アコムの3秒診断の診断方法

3秒診断では、住所、氏名といった個人を特定するものを入力することがありません。
3秒診断に入力する情報は下記となります。

  • 年齢
  • 他社の借り入れ状況

上記に記載されている「他社の借り入れ状況」とは貸金業者からの借り入れのことです。ですから、他社消費者金融業者やクレジット会社からの借り入れ件数と合計金額を入力すればいいわけです。
3秒診断のページで必要事項を入力し、診断開始のボタンを押すとすぐに診断結果がわかります。
診断結果は、下記の2通りが表示されます。

「お借入できる可能性が高いです。」
「お客さまの入力情報では、お借入可能か判断できませんでした。」

ただし、3秒診断で「ご融資可能と思われます」と表示がなされても審査に落ちることはありますので注意しましょう。3秒診断はあくまでも融資可能かどうかを判断してくれる1つの目安と考えておくとよいでしょう。

18歳でも業者からお金が借り入れできる方法はある

学生ローンを利用する

学生ローンとは大学生や専門学校の学生を対象にした学生専門の消費者金融のことをいいます。
貸付が学生ということは未成年でもお金を借りることができるということになります。ただし、学生ローン会社によっては消費者金融業者と同様に借り入れできる資格が20歳以上から融資可能と年齢制限があるところもあるますので注意しましょう。

それでは、学生ローンのメリットとデメリットについてご説明いたします。
学生ローンのメリットはなんといっても20歳未満でも借り入れができるところにあります。前述したとおり学生ローンによっては申し込み資格が20歳以上または、親権者および保護者の同意書があるかないかによって借り入れできる金額も異なってきますので学生ローンを利用する際には、一度連絡してみましょう。

一方、学生ローンのデメリットには、銀行カードローンに比べて高く大手消費者金融と同じくらいの金利です。また、学生でない未成年の社会人は学生ローンの対象外となるので学生ローンを利用することができません。未成年の社会人がお金を借りる際には、自動車ローンや住宅ローンなどのように用途がはっきりとしている目的別ローンと呼ばれるものが存在します。

その中でも未成年者でも利用できるローンは、トラベルローンや運転免許ローンなどがあります。もちろん未成年の学生の方もこれローンを利用できますので旅行や運転免許資金でお金が必要なときは利用を検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

18歳でもあっても高校生でないのならば、クレジットカードの申し込みをしてカードを発行してもらうことができます。
クレジットカードを利用する場合には、お店やインターネットサイトなどのお買い物で利用するショピングとお金を借りるキャッシングの2種類があります。
キャッシング利用とはクレジットカードを利用して銀行やコンビニのATMなどで現金を引き出すことをいいます。

一般的にキャッシングの利用枠は、20歳以上の安定した収入のある社会人であれば30万円程度のキャッシング枠がありますが、18歳を含む未成年の場合、親または保護者の同意があればキャッシング枠は5万円から10万円が限度額となります。
ただし、未成年でキャッシンを利用する際には親権者の同意が必要な場合や学生専用であるクレジットカードでないとクレジットカードの発行はできてもキャッシングができない場合もあるので、必ずクレジットカードを申し込み前にカード会社に確認してみることをおすすめします。

また、クレジットカードの金利に関してはカードの種類やキャッシング枠によって異なりますが、多くのクレジットカード会社が大手消費者金融業者と同じく年18.0%を採用しています。
それではクレジットカードのキャッシングにメリットとデメリットについてみていきましょう
クレジットカードのメリットとしては下記の3点をあげることができます。

  • コンビニや銀行ATMなどで24時間365日引き出せる
  • 手持ちのクレジットカードを使用するため、新たに審査や手続きが不要
  • 海外のATMで現地通貨を引き出せる

クレジットカードを発行さえしてしまえば新たに審査や手続きもすることなくキャッシングが利用できる点が大きなメリットでしょう。また、海外の現地通貨を現地のATMで引き出せるという点は、海外旅行に行く際などは大変便利なサービスといえます。
クレジットカードのキャッシングにもデメリットがあります。そのデメリットをみていくことにしましょう。クレジットカードのデメリットは下記の3つです。

  • ショッピング利用時のようなポイントが付かない
  • 同じ金額でも、ショッピング利用より金利が高い
  • ATMから気軽にキャッシングできるので借金の感覚が薄くなる

クレジットカードのキャッシング利用の場合には、ショッピング利用時のようにポイントなどが付きません。また、ショピング利用よりも金利が高いので注意しましょう。
クレジットカードのキャッシングは、一旦カードを発行してしまうと新たな審査や手続きなどがないために使いすぎてしまう恐れがあります。キャッシングを利用する場合には特に使い過ぎに注意しましょう。

消費者金融業者からお金を借りない方法もある

親や友人にお金を借りる

基本的に20歳になるまでにはクレジット会社やカードローン会社にお金を借りないという方法も存在します。親や友人といった身近な人からお金を借りるという方法です。利息は取ることはないと思いますし、親の場合には、大学の学費が足りないといった正当な理由がある場合には貸してくれるかもしれません。
また、友達もお金を借りる上でのきちんとした理由がある場合には貸してくれることもあるでしょう。ただし、以前に親や友達からお金を借りて返していなかったりすると貸してはくれないばかりか、トラブルの原因となります。身近な人にお金を借りる場合にはその点を注意しましょう。

自分の持ち物を売る

お金が必要な場合には自分の身の回りの物を見渡してみましょう。使わないものや使用頻度が低くものなど手元にある不用品を処分みてもいいでしょう。
不用品を売る手段としては、リサイクルショップ、質屋、オークションやメルカリへの手品があげられます。特に、フィギュアや本などは希少なものですとプレミアがつき、購入した金額よりも高く売れる場合もあるので、インターネットなどで自分の持ち物についてどのくらいの価値があるのか調べてみるだけでもいいでしょう。

高額のアルバイトをする

どうしても業者や人からお金を借りたくない、自分が価値のあるものを持ってないという場合には、高額のアルバイトをしてみてはいかがでしょうか。インターネットで高額アルバイトと調べてみるとイベントスタッフや治験、現場作業、引っ越しなどの様々な高額アルバイトが見つかるとおもいます。たとえ、現在アルバイトをしていたとしても即日や短期のアルバイトもありますので、お金が必要な際には検討してみてもいいでしょう。