第四銀行カードローン「解決スビーディ」の特徴や申込から審査・契約までの流れ

突然お金が必要になりカードローンを利用したいとお考えの方は数多くいらっしゃいます。そのような方の希望に沿うため、第四銀行カードローン「解決スピーディ」は、24時間365日申込み受付サービスや、第四銀行の口座を持っていなくてもカードローン発行前に借入金額を入金するサービスがあります。

ここでは、第四銀行カードローンの審査内容について詳しく解説します。

第四銀行カードローン「解決スビーディ」の特徴

第四銀行カードローン「解決スビーディ」の特徴は以下のようになっています。

  • 金利は年4.0%~14.8%
  • 利用限度額は10万円~500万
  • 1,000円からの利用も可能
  • 申し込みから契約までWEBで完結
  • WEB完結申し込みでなければ第四銀行の口座が無くても利用可能
  • 女性向けのローン相談窓口ダイヤルがある

第四銀行は金利が年4.0%~14.8%、利用限度額は10万円~500万円で、銀行系カードローンのなかで一般的な水準です。1,000円から借入れすることも可能なので、「あと少しだけ足りない」といった事情にも対応できます。

第四銀行の口座をお持ちの方は申し込みから契約までWEBでできるので、店舗に足を運ぶ必要はありません。電話や郵送、FAXでの申込も受け付けているので、ご自分ににあった方法で申込みしてください。

第四銀行独自のサービスとして、女性向けのローン窓口もあります。女性はカードローンを利用することに抵抗があることもあるかもしれませんが、こちらの窓口ならば女性も安心して相談することができます。女性向けローン相談ダイヤル(0120-608-431)は無料で、朝9時から夜の8時まで(土日祝日・年末年始を除く)利用可能です。

第四銀行カードローン「解決スビーディ」の申し込みから審査の流れ

第四銀行カードローン「解決スピーディ」の申し込みから審査は以下の順で行われます。

  1. 申し込み
  2. 審査結果通知
  3. 契約手続き
  4. ローンカードの発行・郵送

申し込みは方法4種類

第四銀行カードローン解決スピーディへの申し込みは以下の方法で行います。

  • インターネット(PCやスマートフォン)
  • 電話
  • FAX
  • 郵送

申し込みは、第四銀行の口座を持っていればWEB完結申し込みを選ぶことができます。
WEB完結契約とは、申し込みはもちろん必要書類や契約のための書類もインターネットで行う契約のことです。解決スピーディの申し込みは、電話やFAXでも24時間365日受付けています。必要な時にすぐに申込みすることができます。
WEB完結申し込みの場合は、申し込みの時点で本人確認書類をインターネットでアップロードします。第四銀行の口座をお持ちで、WEB完結申し込みをご希望の方は申し込みの時点で本人確認書類を用意する必要があります。

FAXまたは郵送で申し込みの方は、申込書に加えて本人確認書類と所得証明資料(希望借入限度額が50万円超の場合のみ)も同時に送付します。ちなみに本人確認書類は基本的に運転免許証で、運転免許証を所持していない人はパスポートかマイナンバーカードを提出します。所得証明資料は源泉徴収票・所得証明書・税額通知書のいずれかを用意します。

申し込み完了後の審査時に在籍確認の電話連絡が必ずある

申し込み後、申込み者が本当に勤務先に勤めているのかどうかを確認するために在籍確認が行われます。在籍確認は申込書に記載した勤務先に電話で行われます。在籍確認は必ず行われます。

勤務先にカードローンを利用することを知られたくないという方もいらっしゃいます。そのような方のために、在籍確認は細心の注意を払い、社名は名乗らずに担当者の個人名で電話がかけられます。
在籍確認がとれない場合は、給与明細書や源泉徴収票が必要となります。

申込時に返済方法を選択する

申し込みの際には、返済方法を口座振替タイプかATM入金タイプかを選択することができます。口座振替タイプならば毎月決まった日に口座から自動で返済額が引き落とされます。ATM入金タイプは定められた期間内に自分で解決スピーディの口座へと入金します。ATMは利用時間・利用する金融機関によって手数料が発生します。

口座振替タイプを選択した場合は、ローンカード発行前に口座に借入金額を入金してもらうサービスを受けることができます。口座振替タイプは口座にお金を入れておけば、うっかり返済日を忘れるようなこともありません。これらのことから、口座振替かATMかどちらの返済方法にするか迷った場合は口座振替タイプを選択することがおすすめです。

審査結果通知

審査結果は最短で翌営業日に分かります。長くても2~3営業日内には審査結果がでます。
審査結果はWEB完結申し込みの方はメールで、それ以外の方は指定された連絡先へ電話で通知されます。審査に通過できなかった場合、WEB完結申し込みの方はメールで、それ以外の方は自宅へ郵送にてその結果が通知されます。

契約手続き

WEB完結申し込みで契約可能額が50万円以下の場合、ここで審査を通過すれば契約可能です。メールにてURLが送られてくるので、そこへログインし契約内容を確認してください。
WEB完結申し込みで審査に通過し契約可能額が50万円超の場合は、所得証明資料をアップロードします。申し込み内容と所得が相違ないと証明されれば契約できます。審査結果はメールで送られてきます。そのメールに記載されているURLへログインし契約内容を確認しましょう。

WEB完結申し込み・FAX・郵送以外の申し込みの場合、審査に通過しましたら必要書類を郵送またはFAXにて送付します。必要書類は申込書・本人確認書類・所得証明資料(利用限度額が50万円超の場合)です。申し込み内容と本人情報や所得が相違なければ契約可能です。

ローンカードの発行・郵送

審査に通過し必要書類が受理されましたら、解決スピーディを利用するのに必要なローンカードの発行を待ちます。このローンカードを利用し、ATMから借入れや返済を行います。ローンカードは、第四銀行側が必要書類を受理してから2~3営業日ほどかかります。しかし申込み時に返済方法を口座振替タイプと選択すれば、ローンカード発行前に口座に借入金額を入金してもらうことができます。お急ぎの方は口座振替タイプを選択しましょう。
ローンカードが手元に届きましたら、第四銀行カードローン解決スピーディを利用開始できます。

第四銀行カードローン「解決スビーディ」の審査基準

第四銀行カードローン解決スピーディに申込むことができる条件

解決スピーディを利用するためには以下の条件を満たす必要があります。

  • 契約時に満20歳以上70歳未満
  • 安定した収入があること(パート・アルバイト可能、年金収入のみは不可能)
  • 保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社の保証を受けられること

エム・ユー信用保証株式会社の保証を受けられることというのは、過去にエム・ユー信用保証株式会社で問題を起こしたことが無いということです。
エム・ユー信用保証株式会社は第四銀行の他に、東邦銀行・千葉銀行・栃木銀行・武蔵野銀行・滋賀銀行・百五銀行・池田泉州銀行・山陰銀行・山口銀行・阿波銀行・佐賀銀行・十八銀行の保証会社をしています。また、エム・ユー信用保証株式会社は三菱UFJファイナンシャルグループに所属しています。三菱UFJファイナンシャルグループには三菱UFJ銀行やじぶん銀行があります。

これらの銀行のカードローンで、長期の延滞や代理人返済などの問題を起こしてしまった場合は、エム・ユー信用保証株式会社の保証を受けることができません。

また、エム・ユー信用保証会社は三菱UFJ銀行とアコム株式会社が共同出資ししてできた保証会社です。ですので、当然消費者金融であるアコムともつながりがあります。ですので、過去にアコムで問題を起こしてしまった場合もエム・ユー信用保証会社の保証を受けることはできません。

審査の際には申込者の信用情報に問題があるかどうかを確認する

解決スピーディの審査に通過するためには、個人信用情報に問題が無いかどうかが重要になります。個人信用情報とは、その人個人が過去や現在に契約しているローンについての情報のことをいいます。具体的には以下のような情報のことをいいます。

  • ローン申し込み情報
  • 借入れ状況
  • クレジットカード・ローンの支払い情報
  • ローン返済における延滞の有無
  • 金融事故の有無

金融事故とは、長期延滞・保証会社や保証人による代位弁済・債務整理・強制解約などを指します。債務整理とは、借金の減額、抹消、支払期日延長を申し立てる手続きのことです。具体的には、自己破産・現在借入れ中のローン(まだ完済していないローン)に対する過払い金請求などが債務整理に値します。
この個人信用情報が分かると、その人の現在の借入れ状況に無理がないかどうか、過去にローンを組んでもきちんと返済しているかどうかなどを把握することができます。

個人信用情報は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)・株式会社シー・アイ・シー(CIC)・株式会社日本信用情報機構(JICC)という3つの個人信用情報機関により管理されています。
日本国内で貸金業務をしている会社はこの個人信用情報機関のどれかに必ず加盟しなければなりません。そのうえ、これら3つの個人信用情報機関はそれぞれの情報をやり取りしています。このことから、日本国内で銀行や消費者金融を利用すれば、3つの個人信用情報機関に登録されるので、ローンに関するすべての情報を、融資を申込む銀行や消費者金融に伏せておくことはできません。
それぞれの個人信用情報が個人信用情報機関に記録される期間は以下の表で表します。

ローンの申し込み情報 申込み日から半年
契約・支払い情報 解約日から5年間
延滞に関する情報 完済日から1~5年間
債務整理以外の金融事故 5年
債務整理 5~10年

ちなみに第四銀行はKSCとJICC、保証会社のエム・ユー信用保証株式会社はJICCとCICに加盟しています。
個人信用情報の中でも特に重要視されるのは、金融事故と現在の借入れ状況です。

申込者の信用情報に金融事故(異動情報)の記録がある

個人信用情報機関に金融事故を起こしたことの情報が残っている場合は、審査通過はかなり難しくなります。つまりは、過去10年以内に債務整理した人や、過去5年以内に代位弁済・返済中の債務整理・強制解約などの債務整理以外の金融事故を起こした人は、審査を通過はかなり厳しくなります。

第四銀行カードローンにとって、金融事故を起こされてしまうと大きな損失を被ることになります。過去に金融事故を起こしていると、また金融事故を起こすのではと警戒されてしまいます。

他社借り入れがある

解決スピーディに申込む時点で、他にどれくらい借入れしているのかは審査にとって重要視される事項です。
解決スピーディの公式ホームページには、「お試し診断」といった、簡易審査をすることができます。これは審査通過できるかどうかを簡易的に判断するものです。解決スピーディの簡易審査は、生年月日・性別・独身か既婚か・他社借入れ状況を入力して行います。

この簡易診断を実際に利用してみましたところ、消費者金融系ローン会社からの借入れが5件以上となると以下の条件では「融資可能かどうかは判断できません」という結果になりました。
そのことから考えると、消費者金融系カードローンに5件以上の借入れがあると審査通過は難しいでしょう。

他社に借入れがある場合は、申し込み前に1件でも完済して借入件数を減らすか、もしくは複数のローンを一本化するおまとめローンを利用することをおすすめします。

第四銀行カードローン「解決スビーディ」の審査に落ちてしまう原因

解決スピーディの審査に落ちてしまう理由としては以下のような理由が考えられます。

  • 収入が低すぎる
  • 申し込みブラックになっている
  • 勤務期間が短すぎる
  • 反社会的勢力に所属している
  • 虚偽申告をした
  • 過去にエム・ユー信用保証株式会社で過去に問題を起こした

申込者の収入が低すぎる

解決スピーディはパートやアルバイト、専業主婦(配偶者に安定した収入がある場合のみ)でも利用可能なため、高収入でないと審査に通過できないわけではありません。しかしあまりにも収入が低すぎると、審査に落ちてしまうことがあります。

解決スピーディの最低返済額は2,000円です。(借入残高が2,000円未満のときは、その限りではありません。)毎月2,000円を返済することが難しい収入である場合は審査通過は難しくなります。

申し込みブラックになっている

銀行をはじめとする金融機関でのローンの申し込み情報は審査の合否に関わらず半年間は個人信用情報機関に登録されています。

この半年間に他社にローンの申し込み、審査落ちを何度も繰り返していると申込みブラックとなり、新たにカードローンの申し込みをしようとしても審査に落ちやすくなります。

何回申し込みをすると申込みブラックになるかは公表されてはいませんが、半年間に3回以上申込み、審査落ちを繰り返すと審査に通過しにくくなります。

勤務期間が短すぎる

現在の勤務先の勤務期間が短すぎる場合、完済途中で仕事を辞めてしまうのではと判断され、審査に落ちてしまうことがあります。

勤務期間はパート・アルバイトである場合は1年未満、パート・アルバイトよりも辞めやすい正社員の場合は半年以下だと審査に通過しにくくなります。

反社会的勢力に所属している

第四銀行は反社会的勢力との関係を遮断するという基本方針を表明しています。

反社会的勢力に所属している、もしくは反社会的勢力と関係を持っている場合は審査に通過はできません。

虚偽申告をした

審査を有利に進めたいがために、悪質な虚偽申告をした場合(収入を大幅に高く申告する、実際には勤めていないのに勤め先と偽る等)、信用が無くなるために審査通過はかなり厳しくなります。

虚偽申告を行うと、第四銀行や保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社のブラックリストに載ってしまうことがあります。そうなりますと、今回の申し込みの審査に落ちてしまうだけでなく、今後も審査通過は難しくなります。

それどころか、今後第四銀行以外のエム・ユー信用保証株式会社が保証会社をしている銀行や、エム・ユー信用保証株式会社と同じMUFGグループである三菱UFJ銀行やじぶん銀行でもカードローンの審査通過できなくなります。

エム・ユー信用保証株式会社が保証会社をしている銀行は、第四銀行の他、東邦銀行・千葉銀行・栃木銀行・武蔵野銀行・滋賀銀行・百五銀行・池田泉州銀行・山陰銀行・山口銀行・阿波銀行・佐賀銀行・十八銀行があります。

過去にエム・ユー信用保証株式会社で過去に問題を起こした

解決スピーディの保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社で、過去に長期延滞・代理人返済・金融事故などの問題を起こした場合は、審査通過は難しいです。
この場合は個人信用情報機関と違い、長期間経過しても情報が抹消されることはありません。
なお、エム・ユー信用保証株式会社は第四銀行の他に以下の銀行の保証会社を務めています。

  • 東邦銀行
  • 千葉銀行
  • 栃木銀行
  • 武蔵野銀行
  • 滋賀銀行
  • 百五銀行
  • 池田泉州銀行
  • 山陰銀行
  • 山口銀行
  • 阿波銀行
  • 佐賀銀行
  • 十八銀行
  • じぶん銀行
  • 三菱UFJ銀行

過去にこれらの銀行で返済上の問題を起こしてしまった場合は、審査に落ちてしまいます。

第四銀行カードローン「解決スピーディ」の審査通過するためにすべきこと

他社に借入れがある場合(特に消費者金融)、解決スピーディの審査に通過するためには、その借入件数を減らしてから申し込みをすることをおすすめします。
解決スピーディの審査において借入件数は重要視され、借入件数は少ないほうが審査は有利になります。消費者金融などから5件以上の借入れがある場合は、1件でもいいから完済して減らすか、もしくはおまとめローンを利用し複数のローンを1本化しましょう。

第四銀行カードローン解決スピーディの審査に落ちた場合には消費者金融カードローンに申込む

解決スピーディの審査に落ちてしまった場合、他の銀行系カードローンも同様に審査に落ちてしまう可能性があります。あまりに申し込みを繰り返すと申込みブラックとなり、より審査に通過しにくくなってしまいます。
消費者金融カードローンと銀行カードローンとでは審査基準が異なります。そのため、何度も銀行系カードローンに申し込みをしては審査落ちを繰り返すよりは、消費者金融カードローンに申込むことも一つの手です。
消費者金融に申込む際に一つ注意点があります。第四銀行の保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社は、三菱UFJ銀行とアコム株式会社が共同出資してできた会社です。解決スピーディの審査に落ちてしまい消費者金融に申込むときは、アコムに申し込みをするのはやめておきましょう。

アコム以外の大手の消費者金融カードローンには、プロミス・アイフル・SMBCモビットなどがあります。解決スピーディの審査に落ちてしまった場合、これらのカードローンに申込むこともおすすめです。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有