セブン銀行カードローンの申し込みから審査までの流れ

セブン銀行カードローンは、金利や利用限度額の設定がシンプルで分かりやすく、カードローン初心者に大変おすすめのカードローンです。

初めてセブン銀行カードローンに申し込む場合、どのように審査が進むのか不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事ではセブン銀行カードローンの審査の流れなどについて説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

セブン銀行カードローンの特徴

セブン銀行カードローンには、以下の特徴があります。

  • 金利は年15.0%
  • 利用限度額は10万円・30万円・50万円の3種類
    (利用限度額70万円・100万円は2018年3月で受付停止)
  • ダイレクトバンキング・セブン銀行ATMで、手数料無料で借入れ可能
  • >申し込みから契約までWEB完結
  • セブン銀行のキャッシュカードをローンカードとして利用可能
  • カードローン申し込みと同時に口座開設できる
  • 審査時に勤務先への在籍確認の電話連絡ははされない

セブン銀行カードローンの金利は年15.0%の1種類、利用限度額は10万円、30万円、50万円の3種類と設定がとてもシンプルです。ですので、今までカードローンを利用したことが無い人にも理解しやすいのではないでしょうか。しかし銀行系カードローンの金利は年14.0%前後であるものが多いので、セブン銀行カードローンの金利年15.0%はやや高めです。
参考に他の銀行カードローンの利用限度額と金利をご紹介します。

銀行名 利用限度額 金利
ジャパンネット銀行 10万円~1,000万円 2.5%~18.0%
三井住友銀行 10万円~800万円 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行 10万円~500万円 1.8%~14.6%
みずほ銀行 10万円~800万円 2.0%~14.0%
りそな銀行 10万円~800万円 3.5%~12.475%

セブン銀行カードローンは、セブン銀行の口座情報をインターネットで閲覧できるダイレクトバンキングやセブン銀行ATMであれば、時間曜日問わず手数料無料で借入れできます。なお、セブン銀行ATMは全国のセブンイレブンに設置してあるので、必要な時にすぐに利用可能です。(セブン銀行ATMの場所は、公式ホームページ「セブン銀行ATM検索」にて検索可能です。」

セブン銀行カードローンは申し込みから契約までWEBで完結できます。セブン銀行カードローンはセブン銀行の口座がないと利用できないのですが、口座申し込みもカードローン申し込みと同時にすることができます。この口座開設もWEBで行うことができます。

セブン銀行カードローンは審査時の在籍確認は行われない

カードローンの審査は勤務先へ本当に勤めているかどうかを調査する在籍確認が行われることが多いのですが、セブン銀行カードローンは勤務先への電話等の在籍確認は行われません。在籍確認が行われないカードローンは極めて珍しいです。カードローン申込み時の勤務先への電話を避けたいという人には、おすすめのカードローンです。

三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローンといった銀行カードローンや消費者金融のカードローンの多くは、審査時に申込者の勤務先へ電話連絡をする在籍確認が行われます。しかし、セブン銀行カードローンでは審査時の勤務先への電話連絡は行われません。審査時に職場へ電話連絡を行わないカードローンは他にSMBCモビットのWEB完結申込しかありません。
(アコムやプロミスでは、審査担当者に相談することで、書類提出でも可能。)そのため、カードローン申込時の職場への電話連絡を確実に避けたい場合には、セブン銀行カードローンの利用をおすすめします。

セブン銀行カードローンの申し込みから審査の流れ

セブン銀行カードローンは申し込みから契約まで以下のような流れで行われます。

  • セブン銀行カードローンの公式ホームページから申し込み
  • 審査・審査結果通知
  • 利用開始(借り入れ)

セブン銀行カードローンは申し込みがきちんとできましたら、あとは審査結果を待つだけです。この流れのシンプルさもカードローン初心者におすすめできる点の一つです。

セブン銀行カードローンの公式ホームページから申し込む

セブン銀行カードローンは、セブン銀行カードローンの公式ホームページから申込みします。セブン銀行の口座をお持ちの方と、そうでない方で申し込みフォームが違います。セブン銀行の口座をお持ちでない方は、カードローン申し込みと同時に口座開設も行うので、口座を持っていない方専用の申し込みフォームから申し込みをしてください。
セブン銀行カードローンは申し込みの時点で本人確認書類を提出します。本人確認書類提出はインターネットで画像をアップロードすることにより行います。セブン銀行カードローンの公式サイトによると、近日本人確認書類の不備が多くなっているとのことです。本人確認書類の画像を送るには以下のことに気を付けてください。

  • 本人確認書類の画像はブレがなく鮮明なものを選ぶ
  • 撮影時はフラッシュをOFFにして光の反射を防ぐ
  • 本人確認書全体が写るようにする
  • 画像は加工しない

本人確認書類に不備がありますともう一度提出し直さなければならなくなります。早くセブン銀行カードローンを利用するためにも、1回で受理されるように気を付けて本人確認書類を送信しましょう。

本人確認書類はあるならば運転免許証を提出しますが、運転免許証が無い場合は健康保険証かパスポートなどにします。
その際には、住所・名前・生年月日がきちんと分かるように、裏面にそれらが記載されている場合は裏面の画像もアップロードします。

審査・審査結果通知

セブン銀行カードローンの審査は、セブン銀行と保証会社であるアコム株式会社が行います。この審査で利用可能かどうかや利用限度額がいくらとなるのかが決まります。

審査結果回答はには申し込みから最短で翌営業日となります。申し込みが多い時期だと2、3営業日かかることもあります。審査結果がでましたら登録されたメールアドレスにお知らせがきます。

利用開始(借り入れ開始)

審査に通過できましたら、セブン銀行カードローンを利用することができます。申込み時に既にセブン銀行の口座をお持ちの方は、そのキャッシュカードをローンカードとして利用できるので、審査通過のお知らせがきましたらすぐに利用開始できます。
セブン銀行のお口座を持っておらず、セブン銀行カードローンの申し込みと同時に開設した人はセブン銀行の口座のキャッシュカードが到着してから利用可能となります。

キャッシュカードの到着にかかる時間は、デビットカード機能付きの場合は2週間から3週間ほど、デビットカード機能無しの場合は1週間から10日ほどかかります。そしてさらに、キャッシュカードを受け取った後最終の本人確認が行われます。この本人確認には1週間ほどかかります。

つまりは申し込みから利用開始まで、デビットカード機能付きキャッシュカードを申込んだ場合は3週間から1ヶ月、デビットカード機能無しの場合は2週間から3週間かかってしまいます。

お急ぎの方でセブン銀行の口座を持っていない場合は、セブン銀行カードローンはおすすめできません。

セブン銀行カードローンの審査基準

セブン銀行カードローンを利用できる条件

セブン銀行カードローンは以下の条件を満たさないと利用できません。

  • セブン銀行の口座を持っていること
    (カードローン申し込みと同時に開設可能)
  • 契約時に満20歳以上70歳未満
  • 保証会社であるアコム株式会社の保証を受けられること
  • 外国籍である場合は永住者であること

セブン銀行の口座を持っていない人はセブン銀行カードローンの利用はできませんが、セブン銀行カードローンの申し込みと同時に口座を開設することも可能です。

セブン銀行カードローンの保証会社はアコムが務めている

アコム株式会社の保証を受けられるというのは、アコム株式会社で過去に問題(長期延滞や金融事故など)を起こしていないということです。
アコム株式会社はセブン銀行の他以下の銀行の保証会社も請け負っています。

  • 三菱UFJ銀行
  • ソニー銀行
  • じぶん銀行
  • 北海道銀行
  • 札幌信用金庫
  • 青森銀行
  • 岩手銀行
  • 山形銀行
  • 足利銀行
  • 群馬銀行
  • 常陽銀行
  • 愛知銀行
  • 十六銀行
  • 中京銀行
  • 八十二銀行
  • 北陸銀行
  • 第三銀行
  • 南都銀行
  • 広島銀行
  • 伊予銀行
  • 四国銀行
  • 宮崎銀行
  • 西日本シティ銀行

これらの銀行のカードローンで延滞や金融事故などの返済に関する問題を起こしてしまった場合も、アコム株式会社にその情報が残ってしまいます。そうしますとセブン銀行カードローンの利用条件から外れてしまうので、セブン銀行カードローンの審査通過は難しいです。アコム株式会社は消費者金融であるアコムも運営しています。アコムで過去に長期の滞納や任意整理や自己破産といった債務整理などの返済上の問題を起こした場合も同様に審査通過は難しくなります。

セブン銀行カードローンの審査で重要視されるのは個人信用情報

セブン銀行の審査基準として重要視されるものは個人信用情報です。個人信用情報とは以下のような情報のことをいいます。

  • ローン申し込み情報
  • 他社借入れ状況
  • クレジットカード・ローンの支払い情報
  • ローン返済における延滞の有無
  • 金融事故の有無

金融事故とは、長期延滞・保証会社や保証人による代位弁済・債務整理・強制解約などを指します。債務整理とは、借金の減額、抹消、支払期日延長を申し立てる手続きのことです。具体的には、自己破産・現在借入れ中のローン(まだ完済していないローン)に対する過払い金請求などのことを債務整理といいます。

これらの個人信用情報は全国銀行個人信用情報センター(KSC)・株式会社シー・アイ・シー(CIC)・株式会社日本信用情報機構(JICC)という3つの個人信用情報機関により管理されています。

日本国内の貸金業者は必ずこの個人信用情報機関のいずれか、もしくはすべてに加盟することが義務付けられていて、3つの個人信用情報機関はそれぞれの情報をやり取りしています。つまりは日本国内でローンの審査を受ける際には、現在までの自分のローンの状況は全て審査を受ける会社に伝わっています。

それぞれの個人信用情報が個人信用情報機関に記録される期間は以下の表で表します。

ローンの申込み情報 申込み日から半年
契約・支払い情報 解約日から5年間
延滞に関する情報 完済日から1~5年間
債務整理以外の金融事故 5年
債務整理 5~10年

この期間を経過しないと、過去に起こした金融事故などの問題がローンを申し込む会社にバレてしまいます。
セブン銀行カードローンの審査においても、過去5年間で債務整理以外の金融事故や長期延滞、過去10年以内に債務整理した場合、審査通過は難しいでしょう。

セブン銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由

「セブン銀行カードローンの利用条件を満たし、個人信用情報にも問題がない」そういった方でも審査に落ちてしまうことがあります。このような場合には以下のこと考えられます。

収入が低すぎる・もしくや家賃や他のローンの額が多すぎる

セブン銀行カードローンの最低返済額は、利用限度額が最低の10万円の場合で原則5,000円です。
毎月5,000円を問題なく返済に充てられないと判断された場合は、審査通過できません。
収入が低すぎる、もしくは他のローン(住宅ローンや車ローンも含む)や家賃などの月々確実にかかる支出が多すぎることが原因で審査に落ちてしまうことがあります。
申し込みブラックになっている
個人信用情報機関に申し込みの情報が登録されている半年間の間に、申し込み・審査落ちを何度も繰り返すと申し込みブラックになってしまい、審査に落ちてしまいます。

現在の勤務先の勤務期間が短い

現在の勤務先での勤務先が短すぎると、すぐに仕事を辞めてしまい返済できなくなるのではないかと判断され審査に落ちてしまうことがあります。
正社員の場合は半年、正社員よりも辞めやすいパート・アルバイトの場合は1年より勤務期間が短いと、審査通過の確率は下がってしまいます。

反社会的勢力に属している、もしくは関係している

セブン銀行は反社会的勢力との関係を完全に断つと表明しています。反社会的勢力に属している、もしくは関係していると審査通過できません。

申込み時に虚偽申告している

申込み時に虚偽申告していると、信頼できない申込者とみなされ審査に落ちてしまいます。
多少のミスなら大丈夫なのですが、審査通過するために故意的に悪質な虚偽申告をしてしまうと審査通過は難しいでしょう。

なお、セブン銀行カードローンの審査に落ちる理由や落ちてしまった場合には、「セブン銀行カードローンの審査基準と審査に落ちる原因」で詳しく解説してますので、ぜひご覧ください。

セブン銀行カードローンの審査に通過するためにはどうしたらいいのか?

セブン銀行カードローンの審査に通過するために申し込み前にできることは、他社の借入れを減らすことです。
重要なのは借入額よりも借入件数なので、1件でもローンを完済するか、もしくは複数のローンを一本化するおまとめローンを利用してみてはいかがでしょうか。そのほうが審査通過しやすくなります。

セブン銀行カードローンに落ちてしまったらアコム以外の消費者金融へ申し込む

一般的に銀行系カードローンよりも消費者金融カードローンのほうが、金利が高く審査に通過しやすい傾向にあります。
短期間で申し込み・審査落ちを繰り返していると申し込みブラックとなり、さらに審査通過しにくくなってしまいます。申し込みブラックを防ぐためにも、早めに消費者金融に申込んでしまうことも一つの手です。
消費者金融に申し込む際の注意点としては、セブン銀行の保証会社はアコム株式会社なのでアコムへ申し込みをすることは避けましょう。アコム以外の大手消費者金融にはプロミス・アイフル・SMBCモビットなどがあります。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有