審査なしのカードローンからお金を借りたい理由

カードローンは、審査なしで利用することはできません。
カードローンは、担保や保証人不要でお金を借りられるので、利用者が返済不能となってしまうと、金融機関は貸したお金を回収すること不能になってしまいます。

そのため、カードローン会社は、審査を行ってお金を貸しても確実に返せる人かどうか判断しています。

したがって、誰でもカードローン審査に通過できるほど、カードローンの審査は甘くありません。安定した収入のない無職の方や信用情報に金融事故のあるブラックの人は返済能力に問題があるため、カードローンからお金を借りられません。

とはいえ、審査なしのカードローンでお金を借りたい人は、なんらかの理由で、申込や審査に不安があるのではないでしょうか。

ここでは、審査なしのカードローンでお金を借りたい理由や対応策、そして、ブラックや無職の人がお金を借りられる方法について解説いたします。

審査のないカードローン会社は100%ヤミ金である

審査なし、無担保でお金を借りられるカードローン会社は、ヤミ金(闇金融)です。審査なしでお金を借りられるといえ、ヤミ金は絶対に利用してはいけません。

ヤミ金は、10日に1割~5割といった法外な金利で利用者にお金を貸します。そして、利用者が借金を完済できないようにし、利用者から取った利息額を利益にします。

さらに、返済が滞ってしまった場合には、ヤミ金は利用者の自宅や勤務先や友人や家族などに容赦なく取り立ての電話や訪問を行います。

また、ヤミ金からの借金が返せない場合、借金返済の代わりに通帳の売買などの違法な取引をもちかけられる場合もあります。

ヤミ金を一度利用してしまうと、生活に必ず支障が出ますので、絶対に利用してはいけません。

既にヤミ金を利用しているのであれば、警察もしくは弁護士に相談して、一刻も早くヤミ金との関係を断ち切りましょう。

審査なしでカードローンを利用したい理由

「審査なしのカードローンを利用したい」ということは、カードローンの申し込みや審査の内容などが、カードローンを利用する上でのネックになっていると考えられます。 下の表に、「審査なしでカードローンを利用したい理由」とおすすめの対応策をまとめましたのでご覧ください。

審査なしでカードローンを利用したい理由 おすすめの対応策
即日融資を希望している 大手消費者金融を利用する
(審査時間をかけたくない)
会社への電話を避けたい(審査時の職場への電話連絡を避けたい) SMBCモビットのWEB完結申込を利用する
書類の提出をしたくない 50万円以下で申し込む(他社借り入れを含めて100万円以下で申し込む)
自宅への郵便物を回避したい 大手消費者金融の自動契約機で契約する
WEB明細を利用する
他社借り入れがある(多重債務がある 他社借入を減らす
おまとめローンを利用する
債務整理を行う
同時申し込みをして審査に落ちてしまった(申し込みブラック) 6か月期間をあけてからカードローンに申し込む
信用情報に不安がある 独自の審査基準である中小消費者金融に申し込む
ブラックである(信用情報に傷がある) カードローンの利用はできない
金融機関以外からお金を借りる 
質屋・
担保貸付制度を利用する
安定した収入がない 家族や友人からお金を借りる

それでは、上記の対応策について、詳しく解説していきます。

即日融資希望なら大手消費者金融を利用する

すぐにお金が必要で、審査時間をかけたくない人は、アコムやプロミスといった大手消費者金融を利用しましょう。
大手消費者金融なら、審査時間は最短30分、申し込みから借り入れまでは1時間ほどです。また、土日祝日も20時までに申し込みを完了させれば、即日融資を受けられます。

銀行カードローンでは即日融資を受けることができない

アコムやプロミスといった大手消費者金融を利用すれば、即日融資を受けられます。
一方、銀行カードローンは、即日融資を受けることができません。

銀行カードローンも大手消費者金融と同様に即日融資を受けられましたが、2018年より、銀行カードローンは、即日融資ができなくなりました。

銀行カードローンの即日融資ができなくなった理由は、審査時に、申込者に反社会的勢力との関わりがないかを警察のデータベースに照会することを義務付けられたので、審査に時間がかかるようになったためです。

職場への電話連絡をなしにしたいのであればSMBCモビットの申し込みを利用する

カードローン審査時の会社への電話連絡が不安なら、大手消費者金融に申し込むと良いでしょう。

カードローンの審査時には、申込者が申告した勤務先へ担当者が直接電話をして、勤務先が正しいかどうかを確認します。

大手消費者金融も審査時に職場への電話連絡を行いますが、事前に担当者に相談することで会社への電話連絡なしにして書類での審査に代えてくれることもあります。

ただし、審査内容によっては、電話連絡を取れないと審査に通過しないこともあります。

どうしても、職場への電話連絡を回避したいのであれば、SMBCモビットのWEB完結申込をおすすめします。SMBCモビットのWEB完結申込を利用すると、担当者への事前の相談をすることもなく、確実に職場への電話連絡なしで、お金を借りることができためです。

ただし、SMBCモビットのWEB完結申し込みでは、職場への電話連絡をなしにする代わりに、社会保険証か組合保険証のどちらかの保険証の提出が必要です。その上、申込者の収入を証明するために源泉徴収票か直近2ヶ月分の給与明細も必要になります。

さらに、WEB完結申込では、契約時にローンカードを発行しないため、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの普通預金口座が必要です。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
融資までの時間 当日融資
原則24時間最短3分

50万円以下なら運転免許証だけで融資を受けられる

消費者金融や銀行カードローンは、本人確認書類さえあれば融資を受けられます。

本人確認書類として有効な書類は、カードローンごとに異なりますが、どのカードローンでも運転免許証があれば契約可能です。

運転免許証がない場合、健康保険証でも契約は可能ですが、顔写真のない書類に関しては、現住所を確認できる書類が別途に1点必要になります。
別途に提出が必要な書類は、直近6か月に発行された住民票もしくは公共料金の支払い領収書です

なお、カードローンを利用するには、本人確認書類の提出は必須です。カードローン会社では本人確認書類から申込者の年齢と住所を確認しているためです。

借入希望額が50万円を超える場合は収入証明書類が必要

カードローンの借入希望額が50万円を超える場合(他社借り入れを含めて100万円を超える場合)は、収入証明書類が必要です。

消費者金融では収入証明書の提出が貸金業法で定められています。

同様に銀行カードローンも消費者金融の基準に合わせて、一定金額以上の借り入れを希望する際には、利用者に収入証明書の提出を求めています。

なお、収入証明書類として認められる書類は、会社員やアルバイト、派遣社員といった給与取得者であれば源泉徴収票や給与明細書、自営業者や法人代表者の場合には、確定申告書や所得証明書です。

自動契約機での契約やWEB明細を利用すれば郵便物をなしにできる

ローンカードや契約書類などの郵便物の送付をなしにしたいのであれば、大手消費者金融を利用しましょう。

カードローンの利用時に自宅へ送付される郵送物は、ローンカード・契約書類・明細書の3つです。

中でも、ローンカードと契約書類は、自動契約機で契約を行えば、その場でローンカードと契約書類は発行されるため、自宅に郵送される心配がありません。

また、利用明細書は、WEB明細を利用することで、自宅への郵送を回避できます。

WEB明細とは、WEB上で利用記録を管理するサービスです。近年、大手消費者金融の多くがWEB明細を採用しています。

そのため、大手消費者金融の自動契約機を利用して契約し、明細の受け取りをWEB明細にすることで、消費者金融から自宅への郵便物はなくなります。

ただし、返済を滞納時には、催促状が自宅に送付されることがあります。したがって、返済期日は必ず守るようにしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能


多重債務がある場合の対応

他社借り入れ金額が10万円でなおかつ借り入れ件数が1件程度で安定した収入あり、信用情報に問題がないのであれば、特にカードローンの審査に影響はありません。

他社借り入れがカードローンの審査に悪影響を及ぼすのは、銀行や消費者金融もしくはクレジット会社から2件以上お金を借りている人、いわゆる多重債務者の場合です。

多重債務者におすすめするカードローン審査の対応策は以下の通りです。

  • 他社の借り入れを減らしてからカードローンに申し込む
  • 複数の借り入れがある場合にはおまとめローンを利用する
  • 借金があって返済めどが立たない場合には債務整理を行う

他社借り入れがある場合にはカードローンの申し込み前に件数を減らしておく

他社借り入れがある人は、カードローン申し込み前に件数や金額を減らしておくよいにしましょう。

カードローンの申込時に他社借り入れがあると、返済能力に問題があるとみなされ、審査に不利になります。

また、消費者金融カードローンは総量規制対象のカードローンのため、利用限度額の上限は、利用者の年収の3分の1に制限されます。なお、他社借り入れがある場合は、利用限度額の合計額が他社借入金額から差し引かれます。

そのため、可能であれば、カードローンの申し込み前に他社借り入れ金額を完済してから、新たに申し込みするようにしましょう。

たとえ、今ある借り入れを完済ができなくても、借り入れ件数や借り入れ金額を減らしておくことで、返済能力が認められ審査に通りやすくなります。

おまとめローンを利用する

複数の金融業者から借金をしている人は、おまとめローンを利用するようにしましょう。

おまとめローンとは、複数の金融業者からの借金を一本化するローンで、総量規制の例外貸付に該当します。

総量規制の例外貸付とは、借り手に有利な融資の場合、一時的に総量規制を超える融資を認めるという貸金業法の決まりです。おまとめローンを利用すれば、利用者の年収の3分の1を超える借り入れも可能です。

おまとめローンを利用すれば、複数の借金を一本化することで金利が下がります。そのため、
新たに通常のカードローン申し込むより返済負担が軽減されます。

ただし、おまとめローンは、通常のカードローンに比べて借入額が多く、すでに借り入れがある人を対象としているローンであるため、金融業者にとってもリスクの高いローンです。

したがって、契約していない金融会社でおまとめローンの申込をしても、審査に通らないことがおおいです。そのため、すでに利用している消費者金融のおまとめローンを利用するようにしましょう。

返済の目処がたたないのであれば債務整理を行う

借金返済のめどがたたないようであれば、新たにカードローンに申し込むより債務整理の手続きを行いましょう。
返済の目処がたたないと借金だけが膨れ上がってしまい、返済不能に陥るおそれがあるためです。
債務整理の種類には、任意整理・個人再生・自己破産の3つがあります。
債務整理の中でも、任意整理であれば、裁判所を通さずに債権者と債務者との話し合いのみで手続き可能で、借金の整理ができます。

申込ブラックの場合には6か月期間をあけてからカードローンに申し込む

同時に複数の金融機関に申し込んでしまって、審査に落ちてしまった人は(申し込むブラック)には、6ヶ月間期間をあけてから申し込むようにしましょう。

カードローン会社の利用者の契約情報、は6か月以内に利用者の信用情報から削除することが義務付けられています。そのため、カードローンの申し込み情報が削除されているために審査に通りやすくなります。

信用情報に不安がある場合には中小消費者金融を利用する

信用情報に不安がある人は、中小消費者金融を利用してお金を借りましょう。

中小消費者金融は、知名度や信用力がないため独自の審査基準を採用しています。したがって大手消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちてしまうような人でも、安定した収入があればお金を借りることが可能です。

ただし、中小消費者金融も大手消費者金融と同様に総量規制の対象ですので、安定した収入がない人は、お金を借りることができません。

関連項目:「即日融資可能な中小消費者金融」 

ブラックの人や安定した収入のない人はカードローン以外からお金を借りる

過去にクレジットカードやローンの返済でトラブルを起こしてまって、信用情報に長期返済や債務整理の記録がある場合、返済能力がないと判断されカードローンは利用できません。

また、大手消費者金融やほとんどの銀行カードローンでは、利用条件には、「安定した収入」と記載があります。
(一部の地方銀行やネット銀行のカードローンでは、専業主婦でも申込できるカードローンが存在します。)
そのため、安定した収入がない人もカードローンを利用できません。
したがって、ブラックの人や安定した収入がない人は、カードローン以外の以下の方法で お金を借りるようにしましょう。

  • 質屋を利用してお金を借りる
  • 生命保険や定期預金の担保貸付を利用する
  • 家族や友人から借りる

質屋を利用してお金を借りる

質屋を利用すれば、ブラックの人や無職の人でも、信用情報を照会してや年収の審査を行うことなくお金を借りられます。
質屋は、利用者から担保を預かり融資(質入れ)を行います
ただし、3か月以内に、返済をしないと質流れとして担保に出した品物の所有権が質屋に移ってしまいますので、注意しましょう。
なお、質屋でお金をかりる際に、高額融資を見込める商品は、高級時計やアクセサリー、ブランド品もしくは骨董品などです。

担保貸付制度を利用してお金を借りる

生命保険に加入している人や銀行の定期預金がある人は、生命保険や定期預金を担保にお金を借りるようにしましょう。
生命保険や定期預金を担保にしてお金を借りる場合、申込者の信用情報による審査がなく、貸付時の利用条件に、安定した収入が必要な旨もないためです。
そのため、信用情報に金融事故情報があるブラックの人や安定した収入ない無職や専業主婦の人でもお金を借りることできます。
担保貸付を利用して借り入れできる金額は、払戻金や定期残高といった担保の80~90%が上限です。
返済期日は特に指定しているわけではありませんが、万が一、満期までに返済が終わらなかった場合には、満期時に生命保険の払い戻し金額や定期預金の中から自動的に借り入れ分が相殺されます。

家族や友人からお金を借りる

質屋で売れるものもなく生命保険や定期預金といった担保がない場合には、家族や友人からお金を借りるようにしましょう。
家族や友人・知人からお金を借りるメリットは、審査や本人確認書類の提出の手続きがなくお金を借りれる点です。
お金を借りる相手との信頼関係さえ成立していれば、相談を持ち掛けたその日のうちにお金を借りることもできます。
ただし、個人間の貸し借りだからと言って、返済期日やや返済額を曖昧にするのは避けましょう。
返済期日や返済額を巡って裁判沙汰のトラブルへと発展するケースがあるためです。そのため、個人間でお金の貸し借りをする際には、どんなに親しい間柄であっても借用書を作成しておくことをおすすめします。