プロミスカードローンのインターネット返済の利用方法とメリット

プロミスのカードローンは、店頭窓口(お客様サービスプラザ)やプロミスATMまたはセブン銀行などのコンビニATMを含む提携先ATMでも返済が可能ですが、インターネット決済を利用すると24時間365日家にいながらで銀行振込でのも返済可能で、なおかつ振込手数料も無料と便利でお得です。

ここでは、プロミスのインターネット返済の利用方法やインターネット返済のメリットについて詳しく解説したします。

プロミスのおすすめポイント
  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK



プロミスカードローンのインターネット決済の流れ

プロミスカードローンのインターネット決済の流れは以下の通りです。

  1. プロミスの会員サービスページにログイン
  2. 「インターネット返済ボタン」をクリック
  3. 返済金額を設定
  4. 入金する
    金融機関を選択し指定して金融機関のページにログイン
  5. インターネット返済が実行される

プロミスの公式サイトまたは公式アプリよりプロミスの会員サービスにログインする

まず、プロミスの公式サイトまたはスマートフォンアプリより、カード番号と暗証番号を入力して会員サービスページにログインします。(WEB-IDを利用することも可能です。)

プロミスでのインターネットを利用しての返済は、「インターネット返済」と「口フリ(口座振替)」の2種類があります。(この記事では、主にプロミスのインターネット返済について解説していきます。)

返済金額を設定し金融機関を選択してインターネット決済を行う

ご返済メニューから「インターネット返済」を選択します。
なお、口座振替の登録をしたい時は、口フリを選択してください。後から詳しく説明しますが、プロミスで利用できるネットバンキングは、三井住友銀行三菱UFJ銀行ジャパンネット銀行みずほ銀行楽天銀行の5行のみです。

アコムなどの大手消費者金融など多くの銀行や信用金庫などの金融機関を利用できますが、プロミスでのインターネットバンクが利用できる金融機関は上記の5行のみです。

また、返済金額の指定方法は、「一部返済全額返済金額指定返済」の3つです。これは、プロミスの自社ATMやセブン銀行などのコンビニATMでの返済でも同じです。確認画面で、銀行選択をクリックします。

返済の種類については、一部返済は次回返済期日の借入金の返済(月々の返済)、全額返済は借入金の完済、金額指定返済は追加入金になります。
このようにパソコンやスマートフォン、携帯電話などからプロミスの会員ページにログインするだけで、プロミスの店頭窓口や金融機関、コンビニに出向くことなく返済ができるのは便利だといえるでしょう。

プロミスの公式アプリを利用してインターネット返済も可能

スマートフォンを利用をすると、プロミスの公式アプリからでもインターネット返済が可能です。

プロミスの公式アプリ「アプリローン」については、「プロミスのアプリは申し込みや借り入れの他に増額申請も可能」で詳しく説明しております。

プロミスの会員ページにログインできないときはプロミス電話で確認する

プロミスの会員ページにログインできない場合には、下記のような理由が考えられます。

  • カード番号(Web-ID)や暗証番号を間違えて入力している
  • 暗証番号を複数回間違えて入力している
  • 暗証番号を忘れてしまっている
  • プロミスの利用が停止されている

上記、いずれの場合もプロミスコールに電話をし、担当者に相談してみることをおすすめいたします。
プロミスコールの電話番号は、各種お問い合わせ0120-24-0365です。

なお、プロミスコールの営業時間は、問い合わせの内容によって異なりますので注意しましょう。プロミスコールの営業時間を下の図にまとめました。

プロミスコールの営業時間
問い合わせ内容 平日の営業時間 土日祝日の営業時間
新規申込 9:00~22:00 9:00~22:00
各種お問合せ(音声自動応答) 0:00~24:00 0:00~24:00
各種お問合せ(オペレーター対応) 9:00~18:00 休業
カード紛失・盗難受付 0:00~24:00(24時間終日受付) 0:00~24:00(24時間終日受付)
新規でプロミスカードローンに申し込む場合

プロミスカードローンに新規で申し込みする場合には、下記より申し込みが可能です。

インターネット返済で利用できる金融機関は三井住友銀行など5行のみ

プロミスのインターネット返済を利用できる提携先金融機関は以下の通りです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行(インターネット返済は可能、振込融資は不可)

上記の銀行口座を持っており、インターネットバンキングを利用していなければ、プロミスでのインターネット返済が利用できないということになります。
インターネット返済は非常に便利なサービスなので、上記の金融機関の個人名義銀行口座(インターネットバンキング口座)を持っているのであれば、積極的に活用することをおすすめいたします。

ただし、楽天銀行を利用する場合にはインターネットバンキングを利用しての返済は可能ですが、借入時の振り込み融資はできませんので注意しましょう。
それでは、プロミスのインターネット返済のメリットがどのようなものなのかを見ていくことにしましょう。

プロミスのインターネット返済は24時間365日利用手数料無料で返済可能

それではプロミスのインターネット返済のメリットはどのようなものでしょうか。
下記にメリットを記載しました。

  • 手数料無料で利用できる
  • 土日祝日でも24時間365日返済可能
  • 100円単位の返済ができる(小銭の返済も可能)

インターネット決済以外にも手数料無料の返済方法はある

下記の方法が、インターネット以外で手数料が無料となる返済方法です

  • 口フリ(口座振替)
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミスATM
  • コンビニマルチメディア端末

上記方法の口フリ(口座振替)事前に手続きが必要となります。
プロミスでの口フリ(口座振替)を利用する際には、インターネットで会員ページにログインするかまたはプロミスコールに電話をして申込用紙を送ってもらい、必要事項を記入の上返送する必要があります。
(会員ページでの手続きの場合には、即時変更可能、電話での手続きの場合には2~3か月かかる場合があります。)

また、プロミスの店頭窓口やプロミスATM、コンビニメディア端末での返済の場合、借り入れや返済にかかる手数料無料ですが、店舗やATMの設置してあるところまで出向く必要があります。
プロミスのインターネット以外の返済方法に関しては、「プロミスカードローンのお得な返済方法」で詳しく解説しております。

インターネット返済は土日でも24時間返済可能

インターネット返済を利用するといつでもどこでも24時間365日いつでも返済が可能です。
ただし、毎月第3日曜日0時~6時までと毎週月曜日0時~7時までの間はメンテナンスのため利用ができませんので注意しましょう。また、各金融機関のシステムメンテナンスにより、インターネット返済ができないことがあります。

100円単位の返済可能

インターネットでの返済の場合、返済する金額を指定することができるので、100円単位の細かい返済もきっちり行うことができます。つまり、端数が出ないで返済できるということもメリットの1つです。

ATM返済で小銭を扱っていないATMの場合、1,000円単位の返済になるので多めに返済することになります。多く支払った分は次回の返済に充てられます。

最終の返済で多めに支払ってしまった時は、カードローン会社に預かり金の形で保管されます。この預かり金は次回借り入れした時に相殺するかまたは、返金してもらうことができます。

自宅への郵送物がなくなるWeb明細サービスを利用する

プロミスのWeb明細サービスを利用すれば、自宅への利用明細が郵送されなくなります。
特に、借り入れや返済でインターネットを利用する方は、必ず申込時に「Web明細サービス」に申し込むことをおすすめします。
Web明細サービスで確認できる利用項目は以下のものとなります。

  • 元金充当額
  • 利子充当額
  • 残高額照会
  • 契約日
  • 最終契約日
  • 最終貸付日
  • 最終貸付後の残高額

これらは、法律で認められた明細書の条件を満たしていますので、紙面での明細書となんら変わりはありません。
このWEB明細サービスを受けることで、自宅への郵送物の心配になくなり、家族などに知られることなくプロミスを利用できると思います。
ただし、ローンカードを受け取る場合には、基本的に自宅に郵送されてしまうので注意しましょう。また、ローンカードは郵送の他にプロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)や自動契約機での受取もできますので、自宅へのローンカードの郵送に抵抗がある場合には、店舗出向いてカードを受け取るようにしましょう。

WEB明細への切り替え手続きはインターネットまたは電話で可能

申込時にプロミス公式ホームページから「明細を電子交付サービスに変更する」との項目を選択するだけです。また、プロミスに申し込み後でも会員ページにログインして「Web明細サービス」への変更手続きをするだけです。

特に、借り入れや返済でインターネットを利用する方は、必ず申込時に、Web明細サービスに登録しておくことをおすすめいたします。

Web明細サービスの利用とメールアドレス登録で30日間無利息サービスを受けられる

プロミスでは、初めての申し込みに限り、30日間の無利息サービスを受けることができます。
プロミスでの30日間無利息サービスを受けるには、プロミスへの申し込みが初めてで、Web明細の利用登録とメールアドレスを登録していることが、適用の条件となります。

プロミスのインターネット決済は、事前に金融機関のインターネットバンキングに登録しておく必要がありますが、その後は手数料が無料でなおかつ24時間利用できますので大変便利なサービスといえるでしょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間