学生がレイクALSAの審査に通過してお金をかりるには

急な出費が重なったり親に知られたくない支払があったりなど、学生のうちにレイクALSAを利用したいと考える人も多いですよね。しかし、学生でもレイクALSAの審査に通るのか、また親や学校にバレないかなど不安な面もあります。

しかし、レイクALSAは学生でも条件を満たせば問題なく使えるキャッシングです。親や学校に知られずにレイクALSAを利用する可能ですので、申し込みからの流れや審査の際に気を付けることなどを事前に確認しておきましょう。

レイクALSAのカードローンは学生でも申し込みできる

学生の場合はそもそも申し込みができるのか不安になる人も多いと思います。レイクALSAのカードローンを申し込みができる条件は以下の二つですので確認してみましょう。

  • 20歳以上70歳以下である
  • 安定した収入がある

これらを満たしていればいいので、現在学生でも問題なく申し込みができます。安定した収入の定義については詳しく公表されているわけではありませんが、主に毎月一定額以上の収入があることだと言われています。つまり、20歳以上でパートやアルバイトなどで毎月収入を得ている学生であれば申し込みが可能です。年齢的には主に大学生ですが、高校生不可という記載も見当たりませんので申し込み不可ということはないようです。そもそも学校名は申し込みの時に不要なので聞かれることもないでしょう。借入までの流れは以下のようになっています。

  • 申し込み(WEB・電話・自動契約機からの申込)
  • 審査(在籍確認)
  • 契約(WEB・自動契約機)
  • 借入(ATM・銀行振込)

学生でもレイクALSAの審査を有利にするにはどうしたらいいのか

学生は、消費者金融でお金を借りにくいと聞いたことがあるなど、審査が心配という人も多いでしょう。審査についての詳細はレイクALSAからは明らかにされていませんが、学生だからと言って不利になることはないと言われています。次の情報を元に審査が行われますので、それぞれ有利になるように準備しましょう。

  • 申込時に記入する情報(属性情報)
  • 信用情報

それでは、学生がレイクALSAの審査時にどのようにすれば有利になるのか確認していきます。

申込時の情報は正確に記入することが重要

レイクALSAの審査では、申込者の申告した内容が(申込者の属性情報)審査の基準となります。そのため、レイクALSAの審査を有利にするためには次のことに注意します。

  • 虚偽の申告をしない
  • 年収は総支給額を間違いなく計算する

家族の情報や住居についてなど質問が多いと思うかもしれませんが、漏れなく間違いのないように記入してください。基本的には自分の状況を偽りなく入力すれば問題ありません。レイクALSAは相手の信用に応じてお金を貸す会社ですから、虚偽の申告をすると審査に不利になる可能性があります。収入を入力する欄のみ少し注意が必要で、月収は手取りで、年収は総支給額で入力します。アルバイトの場合月収にばらつきがあることもあるでしょうから、年収はだいたいどのくらいになるのか再度よく計算してみることが大切です。

消費者金融では総量規制という法律があるため年収の三分の一までしか借入をすることができません。特にこの兼ね合いで、申込者の年収は審査において重要視されます。また、どうしても年収は少しでも高い方が信用もしやすくなります。嘘はいけませんが、少なく見積もり過ぎても審査に不利になる可能性があります。できれば最近の数か月分の給与明細などを確認してみるといいでしょう。

信用情報に金融事故の履歴があるとレイクALSAの審査に通るのは難しい

審査には申し込みで記入した情報と共に、信用情報という、個人信用情報機関が収集保存している情報が審査時の基準として使われています。
信用情報に記載されているのはローンやクレジットカードの申し込みや契約に関する情報です。つまり、次のような情報が確認できます。

  • 各種ローンやショッピングなどの借入状況はどうか
  • 携帯電話の機種代の支払い遅れがないか
  • 他社でのキャッシングはあるのか

学生の場合はまだクレジットカードなどを持っていないこともあるでしょうが、携帯電話を自分で契約している場合には機種代の分割払いなども信用情報に乗ります。クレジットカードを持っている場合はショッピングなどの支払い状況が重要になります。ここに大きな遅れなどがあると審査では不利になります。信用情報は今後銀行などでローンを組む際にも使われるものになりますので、普段からカードの引き落としや各種の支払い状況には気を付けておくといいでしょう。ちなみに以下のような情報があると審査に通るのは難しくなります。

  • 自己破産などの債務整理
  • 2か月、あるいは3か月以上の延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済

特に長期の延滞は知らず知らずのうちにしてしまいやすいと言われていますので注意が必要です。大学生になって一人暮らしを始めた場合、ガスや電気料金をカード払いにした時に銀行の残高不足で引き落しができなかった時などに延滞が起きやすくなります。もちろんショッピングなどの引き落しにも気を付けてください。逆に審査に有利と言われているのは以下のような人です。

  • 支払いが遅れた履歴がない
  • 他社でキャッシングの利用をしていない
  • 他に申し込み中のキャッシングがない

支払いに遅れた履歴がないと、レイクALSAとの取引でも遅れないだろうと見られますのでやはり審査では有利になりやすいです。また、他社でのキャッシングがないと支払いに不安を持たれにくくなります。他の会社で既に借りている人は生活に困っているのかもしれないと思われる傾向にあります。まだ使っていなくともレイクALSAと同日に審査の申し込みをしているなどは見られていますので、申し込みの日は被らない方がいいでしょう。

レイクALSAが審査で落としているのは主に法律上融資ができない年収3分の1を超えて既に融資を受けている人か、または支払いをしてくれないかもしれないリスクが高い人です。お金を借り過ぎておらず、これまでの経歴にそういった不安を与えるような傷もないのであれば審査には有利だと言えます。信用情報はお金はかかりますが個人でも確認することができますので、もしも不安がある場合には直接信用情報機関に問い合わせてみてもいいでしょう

レイクALSAの申し込み方法は学生でも会社員や変わりない

レイクALSAには、学生専用のプランなどはなく、会社員やアルバイト・パートの方と同じカードローンを利用できます。
申し込みや審査の流れも学生だからと言って変わりません。申し込みの方法にはWEB・電話・自動契約機がありますが、この中でもよく使われているのがWEBでの申し込みです。
WEBで申し込む場合は次のような流れとなります。

  1. パソコンかスマホで公式サイト、あるいはスマホの公式アプリを開く
  2. 「お申し込み開始」ボタンを押す
  3. 利用希望額とメールアドレスを入力し、個人情報の取り扱いに同意
  4. 審査に必要な情報を入力して申し込みをする

電話ならば0120-09-09-09に電話をし、自動契約機ならば機械の操作を行いますが、基本的に審査に必要な情報は変わりません。WEBの場合は電話も来店もする必要がなく24時間好きな時に受付してもらえるので、インターネットに慣れているのであればおすすめです。審査に必要な情報はフルネームや勤務先、加入している保険の種類など様々です。間違いのないように注意して入力しましょう。

レイクALSAを利用するためには審査に通過することが必要

申し込みが終わると申し込みの時に記入した情報を元に審査に入ります。学生だからといって審査が甘くなったり、逆に厳しくなったりということは基本的にはないと言われています。審査の時間も変わりがなく、これを通過しなければ契約して借入をすることはできません。審査は主に機械的に行われるため、WEBの場合以下の時間内であれば早ければ数十秒で審査結果が画面上に表示されます。

  • 通常時間帯:8時10分~21時50分
  • 毎月第3日曜日:8時10分~19時

上記の記載されている時間外や込み合っているなどで仮審査結果が遅れる場合には登録しているメールアドレスに結果の通知がありますので確認しましょう。ちなみに電話申し込みならば申し込みの電話中か折り返しの電話で審査結果の回答がありますし、自動契約機の場合は契約機の画面上で回答されます。審査の詳細や審査に通過するために気を付けたいことについては後述します。

審査の通過通知が来たら審査に通過していれば契約を行う

審査通過の通知が来たら契約を行います。レイクALSAでの契約方法には以下の方法があります。

  • WEB
  • 自動契約機

WEBで契約する場合は結果通知の画面かメール、あるいはマイページの「審査状況の確認」から「ご契約手続き」のボタンで進みます。そうすると本人確認書類の提出を求められますので、携帯電話のカメラの画像などで提出しましょう。本人確認書類として使用できるのは以下のものです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

運転免許証が推奨されていますが学生だとまだない場合もあるでしょう。その場合は他のものでも構いません。健康保険証は家族の名前が載った扶養内のものでも大丈夫です。そこから親に連絡がいくこともないので安心してください。表だけでなく裏面も必要になりますので両方写真に撮って送りましょう。

提出に前後して在籍確認についての連絡があります。個人の電話番号に電話があり、在籍確認の時間を調整します。在籍確認は勤務先の番号に「□□(担当の個人名)ですけれども、〇〇さん(申込者名)はいらっしゃいますか?」という形で電話をすることで行います。申込者が取ったり、電話を変わったりしなくとも「今日は休みです」「シフトは午後からです」などで普段在籍していることが分かれば問題ありません。在籍の確認が取れたら契約を完了させて、借入ができる状態にできます。

借入方法は銀行振込とATMからの借入の2通りがある

契約を終えたら借入が可能です。借入は銀行振込で行うか、新生銀行レイクやコンビニ他全国の提携ATMを使います。銀行振込の場合はWEBのマイページからか、フリーダイヤルから振込先の指定と振込金額の設定を行ってください。平日14時までなら当日中に、それ以降なら翌営業日に振込がされます。

なお、銀行振込での借入を利用する場合には、契約者本人の名義の口座が必要です。親名義などの口座は使えないので注意しましょう。ATMを利用する場合には、カードを郵送もしくは自動契約機で受け取るか、カードレスで利用できるように公式アプリの登録を終えましょう。カードレスで利用できるATMはセブン銀行ATMのみであることに注意します。

学生であってもレイクALSAを利用して10万円以上の借入も可能

学生だとどのくらい借りられるのだろうという疑問もあるかと思いますが、学生だからと言って借り入れできる金額がそれほど下がるとは言われていません。ただし、レイクALSAは総量規制という法律に従っているため、年収の3分の1までの限度額しか取ることができなくなっています。例えば月に8万円程度バイトで稼いでいるなら、次の計算です。

  • 月8万円×12ヶ月=96万円(年収)
  • 96万円÷3=32万円(総量規制から算出した借入できる上限金額)

月に3万円なら年収36万円で12万円までの限度額が限界になりますし、月1万円なら4万円までになります。あくまでも最高値であって、審査の結果それ以下の限度額しか取れないこともあります。ただ、学生でも十分割合大きな額の借入もできることが分かります。

学生が周囲の人にバレずにレイクALSAを利用するのはどうしたらいいのか

お金を借りているのを知られると恥ずかしい、家族や学校にバレたらどうしようという悩みは多いですよね。しかし、学生だからと言って家族や学校に連絡が行くことはないので安心してください。特に学校については学校名を聞かれることもなく、もちろん調べられたりもしません。電話は在籍確認の他には登録した個人の連絡先にしかありません。つまり携帯電話を登録しておけば自分しか取ることはないでしょう。電話以外で他の人にバレてしまいそうと不安になりやすいのは以下のようなところです。

  • 在籍確認で特定されてしまうのではないか
  • 郵送物が届いて見られてしまうのではないか

これらについては心配する人も多いでしょう。バレないように振る舞う方法を順番に確認していきます。

在籍確認は個人名で連絡が来る

まず、バイト先などへの在籍確認でバレるのではないかという不安は多いです。しかし、職場に電話があるからと言ってバレると思う必要はありません。連絡は担当の個人名でありますからレイクALSAからかかってきたと分かる人はいません。ただ、家族でもない人から個人的な電話があるということで不審に思われる場合もあるでしょう。その場合のために言い訳を考えておくと安心です。例えば次のような対処があります。

  • 先んじて個人的な要件で電話があるかもと伝えておく
  • クレジットカードを作るので在籍確認があると言ってしまう
  • 確実に自分が取れる時間に在籍確認をしてもらう

先に電話があることを伝えておけば不審に思われることは少ないでしょう。うまく言い訳ができないかもという人はクレジットカードを作る、と言う方法が便利です。クレジットカードも在籍確認はありますし、多くの人が作るものですから職場での印象を悪くすることも基本的にはないでしょう。

嘘が苦手な場合は確実に自分が取れる時間帯を担当者に指定する方法もあります。在籍確認が行われる前には必ず担当者から個人の番号宛に連絡が来ますので、その際に時間を指定することが可能です。

レイクALSAには郵送物なしで契約する方法がある

ひとり暮らしではなく親と同居している場合ややよく友人が来る場合などは郵送物が心配だという意見も見られます。これについては、レイクALSAでは郵送物の届かない方法があるのでそれを使いましょう。契約時に郵送物が届かないのは以下の2通りです。

  • 自動契約機で契約する
  • WEB契約で、カードの郵送を希望しない

自動契約機で契約する場合は、カードや契約書類はその場で発行されるため後で契約に関して郵送物が届くと言うことはありません。郵送物が届く可能性があるのはWEBですが、こちらもカードの郵送を希望せずに契約すれば郵送物は届きません。契約書類もマイページ上での確認になります。カードなしでもアプリを使えばセブン銀行ATMが使えますし、振込による借入も可能です。

ローンカードが欲しい場合は自動契約機で発行すれば郵送なしでも受け取ることができます。もしもどうしても郵送でカードを発行したい場合でも、時間指定で本人のみが受け取れる郵便で送ってもらうことが可能です。これならば本人確認ができないと家族でも受け取りができないので安心です。

また、レイクALSAからは希望すると毎月明細書が郵送されます。契約の際に明細書の送付の有無の確認がありますので確実に送付しない設定にしておきましょう。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資(平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。
レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(ご契約額1万~200万円まで60日間無利息・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。
利用条件は以下の通り(期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま・30日間無利息、180日間無利息との併用不可・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。) レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能 (平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円