アコムから郵便物を自宅に届かないようにする方法

アコムでキャッシングしようと思っているのに、自宅にアコムからの郵送物が届いて家族にバレるかもしれないことが気になる、ということがあるかと思います。

家族や周囲の人郵送物などからアコムでのカードローン利用がバレないように借りるために、気をつけるべきポイントをまとめました。

基本的にアコムでの契約書類やローンカードは自宅に郵送される

アコムでは、カードローンの契約書類やローンカードなどの郵便物が申込時に入力した住所へ送付されてしまいますそれでは郵便物が自宅に送付されないようにするにはどうしたらいいのでしょうか申し込みから融資までと借り入れ後に分けて詳しく解説していきます。

申し込みから借り入れ時までに郵便物が来ないようにするには

申し込み時や借り入れまで郵便物が来ないようにするには、以下の点に気をつけてましょう。

  • カードローンの申し込みはインターネットで行う


  • 本人確認や審査結果報告の連絡を携帯電話にしておく
  • あらかじめ勤務先への在籍確認があることを認識しておく
  • 店頭窓口やむじんくん(自動契約機)で契約する

それでは、各項目を詳しく見ていきましょう。

カードローンの申し込みはインターネットで行う

パソコンやスマートフォンからインターネット、またはスマートフォンアプリから申し込みをすることをおすすめします。自宅への郵便物を無しにするには、インターネットでの申し込み以外にもありません。インターネットから申し込むようにし、必要な情報は画面で確認し、WEB上で完結するようにしてください。インターネットでの申し込みの際にはブラウザの閲覧履歴や、ファイルなどダウンロードした際は、消去するのを忘れないよういにしましょう。

また、インターネットからの申し込みの場合、24時間365日受付けています。ネット環境さえあれば、いつでもどこでも申し込みが可能です。

なお、アコムのインターネット申し込みについては、「アコムのWEB完結」で詳しく解説しています。

本人確認や審査結果報告の連絡先を携帯電話にしておく

申込時に連絡先を自分の携帯番号にしておけば安心です。
本人確認の連絡時にかかってくる電話番号ですので、家族や周りの人にアコムのキャッシングを利用していることが気づかれたくないのであれば、申込時の連絡先を自分の携帯電話にしておいたほうがいいでしょう。

本人確認や審査結果の連絡を利用者の携帯電話にする方法

申し込み欄の「審査結果通知・お申し込み内容確認の連絡先について」を選択する際には「携帯」を選択するようにしてください。

アコムでは申し込み審査時の在籍確認は必須である

アコムでは、カードローン申し込み時の審査際に、利用者の勤務先へ電話連絡をして確認する在籍確認があります。
職場への在籍確認の電話はアコムの担当者の個人名で、アコムと関連のない個人の電話番号から連絡があります。(アコムと社名名乗ることはありません。)
電話をかけてくる人の性別を指定することが可能です。

アコムでは、正当な理由を除いて在籍確認を回避することはできません。つまり、アコムでの電話での在籍確認は必須だと考えておくといいでしょう。
アコムの在籍確認についての詳しい内容は、「アコムの在籍確認のタイミングや電話での内容」で解説しています。

店頭窓口やむじんくん(自動契約機)で契約する

インターネットでの申し込み後、契約書類やローンカードはアコムの店頭窓口またはむじんくん(自動契約機)で受け取りましょう。
そうすれば、契約書類やローンカードなどの郵送物も自宅に送付にされることはなく安心です。もし、店舗に出向く時間がなく家にどうしても郵送したい場合は、時間帯指定もできるので便利です。

借り入れ後に明細書などの郵便物が来ないようにするには

借り入れ後に自宅に郵便物が来ないようにするには、以下の点に気をつけてましょう。

  • 返済方法を口座振替にしない
  • WEB上で明細を受けとれるサービスを利用する
  • 返済はなるべくアコムATMや提携ATMから行う
  • 返済を滞りなく行う

返済方法を口座振替にしない

口座振替での借り入れをされた場合は、後日「お取引明細書」が送られてきます。アコムの利用を家族に内緒にしたい場合には、口座振替での返済をしないようにしましょう。
アコムの返済方法は、口座振替のほかに、インターネット返済や店頭窓口での返済、アコムATMや提携ATM(金融機関ATMやコンビニATM)でも返済が可能です。

WEB上で明細を受けとれるサービスを利用する

アコムではWEB上で明細を受けとれるサービス「明細書等の受取サービス(電磁交付)」を実施しています。
このサービスに登録すると明細書などが自宅へ郵送されることはありません。
明細書等の受取サービス(電磁交付)で確認できる項目を下の図にまとめましたので参考にしてみてください。

明細書受取サービスで確認できる主な明細書
明細書の種類 記載内容
貸付明細書 カードローンの借入に関するお取引内容(取引日、取引金額など)。
入金明細書 カードローンの返済またはクレジットの支払いに関するお取引内容(取引日、取引金額など)。
カードご利用明細書 クレジットのご利用内容および口座振替の振替内容。

明細書等のWEB受取サービスは下記の流れで手続き可能です。

  1. 会員ページにログイン
  2. 「交付書面の受け取り方法」登録・変更を選択
  3. 希望の受け取り方法を選択して登録(変更)

返済は店頭窓口やアコムATMまたは提携ATMから行う

口座振替の返済、指定口座への返済は、後日「お取引明細書」が送られてきます。
アコムの店頭窓口、アコムATM、提携ATM(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、広島銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本ファミリー銀行、セブン銀行、イオン銀行、東京スター銀行、第三銀行、クレディセゾン、ローソンロッピー)などからの返済ですと取引明細書にすべて取引内容が明記されるので自宅に郵便物が送られてこないので安心です。ただし、金融機関やコンビニの提携ATMを利用した場合には、利用ごとに1万円以下の場合で、108円、1万円超の場合で218円の利用手数料がかかるので注意しましょう。
なお、アコムの返済方法については、「アコムカードローンの返済方法」で詳しく解説していますのでご覧ください。

連絡先や住所変更がある場合にはきちんとアコムに連絡する

利用中に携帯電話の番号が変わったり、引っ越しをして住所変わったときは、必ずアコムへの連絡するようにしましょう。
アコムからの連絡が付かなくなってしまうと、やむを得ず郵送や自宅への電話連絡を受けることがありますので注意しましょう。

なお、アコムからかかってくる電話については、「アコムからの電話がかかってくるのはどんな時か」で詳しく解説しています。

返済を滞りなく行う

返済が遅れてしまうと督促状が郵送されて来るのでご注意下さい。
延滞の場合も最初から「アコム」名義で催促状が来るわけではなく、「ACサービスセンター」宛で自宅に郵送されます。

もちちん、月々の返済をきっちりしていれば、催促状が送られてくることはありませんので安心してください。
アコムでの返済金を延滞・滞納してしまった場合には、遅延損害金(実質金利20.0%)が発生してしまうので注意しましょう。アコムでの返済金を延滞・滞納してしまった場合については、「アコムで遅滞・滞納してしまったときの対応方法」で詳しく説明しておりますので是非ご覧ください。

大手金融業者のアコムは利用者のプライバシーに配慮してますので、人にみつからずにカードローンを利用することが可能です。
もし、カードローンの利用を誰にも知られたくないのでしたら、申し込み前に事前に自宅への郵便物が来ないようにしておくのが最善だと思いますよ。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率 3.0~18.0%
借入限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間