レイクALSAでのお金の借り方

レイクALSAは即日融資も可能で最短30分審査、新規なら30日間無利息、あるいは5万円なら180日間無利息サービスもあり、利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、レイクALSAでの申し込みから借り入れまでの流れや審査の仕方、どういう場合に審査に落ちるのか、また契約後の借り入れはどのようにすればいいのかまで解説します。ぜひ参考にしてみてください。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資(平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。
レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(ご契約額1万~200万円まで60日間無利息・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。
利用条件は以下の通り(期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま・30日間無利息、180日間無利息との併用不可・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。) レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能 (平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円



レイクALSAの利用条件と申し込みから契約までの流れ

まず、レイクALSAでの申し込みから借り入れまでの流れを見て行きます。レイクALSAのでは以下のような流れで申込から借り入れまで進みます

  • 申し込み
  • 審査
  • 契約
  • 借り入れ

20歳以上70歳未満で安定した収入があればレイクALSAの申し込みができる

レイクALSAで借り入れをする場合、まずは申し込みが必要です。以下の条件を満たしていれば申し込みが可能です。

  • 20歳以上70歳未満である
  • 安定した収入がある

安定した収入については明言されていませんが、おおよそ一か月に一回以上一定額以上の収入があれば問題ありません。
そのため月々少しでもアルバイトで稼いでいる学生の方やパート勤務での主婦の方、あるいは自営業などでも利用条件は満たしています。
これらを満たしているのであれば申し込みを済ませましょう。

申し込みはWEB、電話または自動契約機で行う

申し込みの方法は以下の3つに分けられます。

  • WEB申し込み(パソコン・スマホ・アプリ)
  • 電話申し込み
  • 自動契約機での申し込み

インターネット環境があるのであればWEB申し込みがおすすめです。24時間受付の上、来店せずにWEB上から申込が可能でなおかつ、WEB上での契約も可能だからです。
WEBを希望する場合は公式ホームページもしくはアプリを開き、「お申し込み開始」のボタンから進みましょう。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資(平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。
レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(ご契約額1万~200万円まで60日間無利息・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。
利用条件は以下の通り(期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま・30日間無利息、180日間無利息との併用不可・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。) レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能 (平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円


電話と自動契約機での申込や契約方法の詳細

電話や自動契約機での申し込みもオペレーターと話しやすく便利です。電話であればフリーダイヤル(0120-09-09-09)に連絡すると自動音声に繋がるので「1」を押して「はじめてのお申し込み」を選択しましょう。オペレーターが出て対応してくれます。自動契約機はタッチパネルになっていますので、「はじめてのお申込み・ご契約手続き」ボタンから必要事項の入力に進みます。分かりにくいことがあれば「オペレーター呼出」のボタンで対応してもらえます。WEBと電話は24時間受付ですが、自動契約機の受付時間は以下のようになっているので注意してください。

  • 平日・土曜日 8時~24時
  • 日曜日・祝日 8時~22時
  • 毎月第3日曜日 8時~19時

第3日曜日に限っては、19時で申込受付が時間で終わってしまいます。そのため、申し込みは24時間受けつか可能なWEBで行って、契約は自動契約機を利用するといいでしょう。

レイクALSAの営業時間内であればすぐに審査結果が出ることが多い

レイクALSAへの申し込みが済むと、営業時間内(審査時間の回答時間帯)であれば早ければ数十秒ほどで結果の返答があります。
WEBや自動契約機ならば申し込みを完了した後の画面上に、電話であれば申し込みの電話が繋がったままで結果の回答が貰えることが多いようです。営業時間は以下のようになっています。

  • WEB 8時10分~21時50分(第3日曜は8時10分~19時)
  • 電話 9時~21時(第3日曜は9時~19時)

なお、審査の状況によって、あるいは夜22時以降などに申込んだ場合は結果が出次第メールや折り返し電話がありますので確認しましょう。
自動契約機での申込の場合にはは、本人確認書類をスキャンした後に画面に審査結果が表示されるのが基本になります。契約可能な旨の審査結果が出たら契約に進みましょう。

契約方法はWEBか自動契約機を選択する

自動契約機で申し込んだ場合はそのまま自動契約機で契約をしてカードを発行してもらって終了です。WEBや電話での申し込みを行った場合は、WEB契約か自動契約機での契約かを選択します。それぞれにメリットがあるので都合のいい方を選びましょう。
WEB契約のメリットは以下のようなところです。

  • 契約書類が一切なしの契約を選択できる
  • 来店の必要がない

レイクALSAのでの契約時には契約書類が発生します。しかし、WEB契約の場合はWEB上で確認ができるように書類の電磁的交付をしてもらえるため、自宅で書類を補完する必要がなくなります。
また、カードレスを選択する、あるいは郵送でのカード受け取りを希望すれば来店の必要はありません。WEB上のみで完結します。もちろん契約はWEB上で行って書面をなしにした上でカードのみ来店で受け取るということも可能です。自動契約機での契約のメリットは以下です。

  • 本人確認書類の送信がしやすい
  • その場でカード発行してもらえる
  • 契約書類が紙で貰える

電話やWEBの場合は本人確認書類を契約の時に提出します。自動契約機ならスキャナが使える上、不備があればすぐにオペレーターが指摘してくれるので便利です。あとは契約後すぐにカード受け取りができること、契約書類が電子では不安という方も紙の書面で安心ということが挙げられます。契約後は借り入れができます。借り入れの仕方については後述します。

本契約の前には在籍確認がある

どの契約方法にしても、本契約の前には在籍確認が必要になります。例えばWEBの場合であれば契約を進める途中で一度レイクALSAから電話があり、在籍確認についての話があります。在籍確認は基本的には勤務先の電話番号に電話することで行われます。ただし、以下のようになっているのであまり心配する必要はありません。

  • レイクALSAとは一切名乗らず、担当の個人名で個人的な用事を装って連絡する
  • 本人が不在でも他の社員の回答で在籍していることが分かれば問題ない
  • 相談すれば連絡する時間は調整が可能

在籍確認の電話があると聞いて特に不安になりやすいのが職場にレイクALSAを使うことがばれないか、ということです。しかし、電話は個人名でかかってきます。内容についても「(個人名)と申しますが〇〇さんいらっしゃいますか?」という簡単なものです。用件を問われても「個人的な要件ですので改めます」などと答え、レイクALSAの名前は出しません。仕事が休みの日に契約をしようとしているので電話に出られない、という場合も、他の人が出て「今日は休みです」「今は席を外しています」など普段在籍していることが分かる回答があればそれで確認完了として扱ってくれます。電話して欲しい時間帯が決まっているのであれば、在籍確認の前に担当と話した時にそう伝えて調整しましょう。

在籍確認が難しい場合は担当に相談するか別の会社に申込む

例えば外部からの連絡を受け付けていない会社であるなど、どうしても在籍確認が難しいという場合もあります。その場合は理由を添えてレイクALSAの担当に確認してみましょう。代替案を出して貰える可能性があります。もしも電話での在籍確認が取れないと不可であるという場合には、レイクALSAではなく別の会社に申し込むという手段もあります。例えば以下のような会社は在籍確認が柔軟で電話以外での対応もしてくれます。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル

電話以外での対応には例えば給与明細など勤務先名と申込者のフルネームが入ったものを確認する、在籍確認をなしにするなどがあります。レイクALSAも明言はしていませんが在籍確認なしで借りられたという声もあるので、まずは担当と話してみましょう。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば100%職場への電話連絡なしにできる

レイクALSAも含めてアコムやプロミスアイフルといった消費者金融では、勤務先への電話連絡が難しい場合には、書類提出することで職場への連絡をなしにできます。
一方、、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、確実に審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、審査時に職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。
ただし、SMBCモビットのWEB完結申し込みは、申込時に社会保険証もしくは組合保険証の勤務先を証明できる書類と三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っていることが必要となります。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。



契約には本人確認書類が必要

レイクALSAで契約を行う時に必要な書類はあるのでしょうか。まず、本人確認書類はどうしても必要になります。レイクALSAで本人確認書類として使えるのは以下のようなものです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カードか特別永住者証

主に顔写真も入っている運転免許証が推奨されていますが、他のものでも構いません。健康保険証場合は他に現住所の確認できる住民票や水道やガスなどの公的な支払いの書類を求められることがあるようですので注意します。両面必要になりますので、送信する際には表面だけ送らないようにしてください。また、次のような場合や、レイクALSAが必要と判断した場合には収入証明書も必要になります。

  • レイクALSAで50万円を利用限度額を希望する場合
  • 他の消費者金融での借り入れ+レイクALSAでの希望する利用限度額が100万円を超える場合

これらに当てはまるのであれば先んじて書類を準備しておくとスムーズに進みます。収入証明書として使えるのは以下のようなものです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書(納税通知書)
  • 所得(課税)証明書
  • 確定申告の控え
  • 給与明細2か月分

どれも最新のもの、給与明細については最新分3か月のうち連続している2か月分が必要になります。できれば年間の書類のほうがきちんと年収が分かるのでいいでしょう。勤続1年未満の場合や、昨年の給与が病欠などで少ないという場合には給与明細を準備してもいいかもしれません。

審査では申込者の申し込み情報と信用情報をもとに融資の合否を判断している

レイクALSAでお金を借りるには審査に通る必要があります。審査は基本的にコンピューターによって行われますがこれには主に二種類の情報を使っているとされています。

  • 申し込みの際に自分で入力した情報(属性情報)
  • 信用情報

詳しく確認しておきましょう。

年収や職業といった申し込み情報はは正確に入力する必要がある

審査の詳しい条件については公表されていませんが、申し込みの時に入力する情報は入力が必要な以上やはり重要な要素です。会社の規模や家族のことまで事細かに入力する欄があるため不安に感じるかもしれませんが、これは返済能力を見るためのものですから間違いなく入力しましょう。
特に、名前や電話番号、勤務先など基本的な情報は入力間違いもないようによく見直してください。間違えただけでも故意に嘘の記載したと捉えられる可能性があります。また、氏名や勤務先といった個人情報の嘘の申告をする人は、詐欺や犯罪に関わっている人が多いので、消費者金融はこういったことにとても敏感なのです。また、申込み内容が虚偽かもしれないと思われた場合には次のような不利益が生じる可能性があります。

  • 慎重審査になり審査の時間が長引く
  • 審査に落ちてしまう
  • 審査に通っても限度額が本来得られたはずの額よりも少なくなる

もちろん基本的な情報だけでなく別の部分もきちんと記載し、判断に迷った部分があれば申し込んだ後でも構わないので担当に確認しておきましょう。勤務先に電話をかけられては困るなどの理由で嘘の勤務先の電話番号を書くのも禁物です。

また、年収や他社からの借入金額も審査に大きく関わるのできちんと記入します。
年収は手取りではなく社会保険料や年金などが引かれる前の、ボーナスや賞与も含めた総支給額での記入であることにも注意してください。消費者金融は総量規制という法律に従ってお金を貸しており、他社での借り入れを含めて年収の3分の1までしか貸せないと決まっています。また、消費者金融でないところでの借り入れに関しても年収との比率で多いか多くないかを判断する場合があります。そのため申告年収はとても大切な要素なのです。間違えのないように、一度明細などを確認して記入するといいでしょう。

金融事故があると審査に落ちる可能性が非常に高い

特に審査の通過に影響していると言われているのが信用情報です。信用情報とは信用情報機関というところが一括して管理しているものです。クレジットやローンの契約あるいは申し込みに関する情報が記載されていて、例えば以下のようなものの支払い履歴やどのくらいローンが残っているかなどが分かります。

  • 銀行の各種ローン
  • クレジットカードのショッピング支払い
  • 携帯電話の機種代の分割払い
  • 各種キャッシング

これらについて支払い遅れの記録があったり、年収に対してあまりに借り入れが多かったりというような場合には審査に不利になる可能性があります。また、以下のような場合には異動情報という記載がされて所謂金融事故がある状態と見なされ、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

  • 2か月から3か月以上の延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 自己破産や個人再生などの債務整理

特に知らないうちに陥りやすいのが数か月以上の延滞です。携帯電話の機種代やショッピングの支払いなどのコンビニ払いを怠る、あるいは引き落しができずそのまま支払いを忘れていたなどがあった場合、いつの間にか数か月が経過して信用情報に傷が残り借り入れができない状況になっていることもあります。また、一度この状況になり異動情報として記載されてしまうと支払いを終えても5年から10年は情報が消えません。普段から支払いには注意しておきましょう。

レイクALSAで借り入れをする方法

契約が終わったら自分で決定した借り入れの上限金額まで借り入れができるようになっています。レイクALSAは借り入れの仕方の種類が豊富なのも魅力のひとつで、以下のような方法で借り入れができます。

  • 銀行振込を使う
  • ATMを使う

銀行振込の希望はWEBか電話で申請できる

カードが手元にない場合は銀行振込かアプリを利用しましょう。銀行振込を希望する場合は以下の手順です。

  1. 事前に会員ページかフリーダイヤルから本人名義の口座を登録
  2. WEB(パソコン・スマホ・アプリ)で会員ページにアクセスして振込を依頼
  3. 0120-09-09-09に連絡して振込を依頼

事前に銀行口座の登録をしておくと振込までスムーズに進めます。登録できる口座は本人名義のみになります。当日に振込を希望する場合は平日14時45分までに手続きを完了する必要がありますので注意しましょう。それを過ぎると翌営業日の振込になります。また、WEBでの振込希望は24時間ですがフリーダイヤルは以下の時間のみになるので注意しましょう。

  • 平日・土曜日 2時~24時
  • 日曜日・祝日 2時~21時30分
  • 第3日曜日 2時~19時

レイクALSAはATMの利用手数料がかからない

レイクALSAで利用できるATMには次の種類があります。

  • 新生銀行レイクATM
  • コンビニATM
  • その他提携先ATM

レイクALSAでは借り入れの際ATM手数料がかからないので、手数料を気にせず利用することが可能です。稼働時間はそれぞれ違うのでそちらだけ注意しておきましょう。新生銀行レイクATMの稼働時間は以下のようになっています。

  • 平日・土曜日 7時30分~24時
  • 日曜日・祝日 7時30分~22時

コンビニで使えるのはセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMのいずれかです。イーネットは様々なコンビニに置いてあります。稼働時間は各店舗によって異なるため確認しておくと便利です。その他のATMについてはイオン銀行や三井住友銀行、三菱UFJ銀行などがあります。一部の地方銀行やクリティセゾンでも借り入れができます。

セブン銀行ATMではアプリを使った借り入れも可能

セブン銀行ATMに限り、レイクALSAの公式アプリを使った借り入れも可能です。アプリへの登録さえ行って置けばカードレスでの利用もできるため便利です。使い方は以下のようになっています。

  1. セブン銀行ATM「スマートフォンでの取引」ボタンを押す
  2. アプリで「お借り入れ」ボタンをタップ
  3. バーコードリーダーが起動、セブン銀行ATMのバーコードを読み取る
  4. スマホに企業番号が表示される
  5. セブン銀行ATMのバーコード画面で「次へ」を押す
  6. セブン銀行ATMに企業番号を入力し「確認」を押す
  7. セブン銀行ATMの指示に従って希望額を借入する

なお、上記のアプリをつかった借り入れは新生銀行レイクATMやセブン銀行ATM以外のATMでは利用できないシステムですので注意しましょう。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資(平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。
レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(ご契約額1万~200万円まで60日間無利息・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。
利用条件は以下の通り(期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま・30日間無利息、180日間無利息との併用不可・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。) レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能 (平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円