レイクALSAで在籍確認が行われるタイミングとは?

レイクALSAから融資を受ける際には、原則電話連絡による在籍確認が必要です。

しかし、レイクALSAから融資を受けたいと考えている方の中には、「在籍確認をしないで融資を受ける方法はないだろうか?」と気にしている方も多いと思います。

そこで、この記事では、「レイクALSAで在籍確認をなしにすることは可能か?」という話題を中心に、在籍確認が行われるタイミングなどについて解説します。

レイクALSAは在籍確認を必ず行う

レイクALSAは、申込者への融資を行う前に在籍確認を必ず行います。レイクALSAが必ず在籍確認を行う理由は、申込者に返済能力があることを確認するためです。

レイクALSAは利用者にお金を貸し、貸したお金と利息を利用者から返してもらうことで営業利益を上げています。
返済能力のない申込者にお金を貸すと、レイクALSAは営業利益が出ないどころか大損するので、レイクALSAにとって申込者の返済能力をチェックするのは絶対に必要なことです。

申込者の返済能力を測るために、レイクALSAは申込者に安定した収入があることを確認する必要があります。
申込者が特定の勤務先で働いていることが分かれば、安定した収入も得ている確率が高いと判断できるので、レイクALSAは在籍確認を必ず行っているのです。

レイクALSAから借り入れをしたいならば、在籍確認を受けることは避けられません。どうしても在籍確認をされるのが嫌な方は、レイクALSA以外の金融機関を利用しましょう。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資(※)
  • お申込み後、最短15秒審査
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは借入・返済時の手数料無料

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

実質年率 4.5~18.0%
借入限度額 1~500万円
審査時間 お申込み後、最短15秒
融資までの時間 最短即日融資も可能(※)


在籍確認は職場への電話連絡で行われる

レイクALSAの在籍確認は、レイクALSAの審査担当者が、申込者の勤務先に電話連絡をすることで行われます。

レイクALSAから勤務先に電話がかかってくると聞くと、「職場に消費者金融から電話がかかってくるのは抵抗がある」と考える方も多いと思いますが、心配は不要です。
というのも、レイクALSAの在籍確認は「もしもし、〇〇(審査担当者の個人名)ですが、□□さん(申込者の名前)いらっしゃいますか?」のように、レイクALSAと名乗ることなく個人名でかかってくるので、職場の人に消費者金融から電話がかかってきたとバレる可能性が低いからです。

レイクALSAの在籍確認を、電話連絡以外の手段に代えてもらうことは不可能です。そのため、どうしても電話連絡による在籍確認を避けたい方にとって、レイクALSAはお金を借りるのに適した金融機関とはいえません。

電話連絡以外の方法による在籍確認を希望する方には、所定の書類を提出することで在籍確認を完了させられる、SMBCモビットの利用をおすすめします。

SMBCモビットならば電話連絡をなしにできる

SMBCモビットは、WEB完結申し込みを利用すると、職場への電話連絡による在籍確認をなしにできます。

SMBCモビットのWEB完結申し込みとは、保険証(健康保険証か組合保険証)と収入証明書類を提出すると、在籍確認の方法を電話連絡から書類提出に変更できる申込方法のことです。

在籍確認を書類提出で済ませれば、職場に電話がかかってくることがなくなるので、消費者金融を利用しようとしていることが上司や同僚にバレにくくなります。
そのため、SMBCモビットは「どうしても職場に電話連絡されるのは嫌だ」と考えている方におすすめですが、WEB完結申し込みが利用できるのは一定の条件を満たしている方だけなので注意しましょう。

なお、SMBCモビットのWEB完結申し込みについて詳しい情報を知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能


在籍確認の電話に出るのは申込者本人でなくても問題ない

在籍確認の電話に出るのは、必ずしも申込者本人である必要はありません。申込者が電話口に出なかったとしても、電話口に出た人の応答によっては、申込者が在籍していることを確認できるからです。

たとえば、レイクALSAの審査担当者に「□□さん(申込者の名前)いらっしゃいますか?」と尋ねられたとき、電話口の人が「□□はただいま外出しております」「□□は本日お休みをいただいております」などと答えれば、申込者が申告した勤務先で働いていることは間違いないとわかります。
在籍確認の目的は「申込者と話すこと」ではなく、「申込者が申告した勤務先で働いているのを確認すること」なので、申込者が確実に働いているとわかる言質が取れれば、たとえ申込者本人と話せなかったとしても問題ありません。

しかし、「個人情報なのでお答えできません」など、電話口の人に申込者が在籍しているかどうかわからないような発言をされてしまうと、レイクALSAの審査担当者は、申込者が申告した勤務先で働いているのか判断できなくなります。

在籍確認の電話に出られない可能性がある方は、職場で電話を取る可能性の高い方に、在籍確認の電話がかかってくることをあらかじめ伝えておきましょう。

電話を取る可能性の高い方に在籍確認について説明する際は、「クレジットカードを申し込んだのでカード会社から電話があるかもしれない」と話すのがおすすめです。
在籍確認の電話は、クレジットカードを申し込んだ場合にもかかってくる可能性があるので、消費者金融を利用しようとしていることがバレる可能性は少ないでしょう。

在籍確認の電話が行われるタイミング

レイクALSAの在籍確認は、以下のタイミングで行われます。

  1. カードローン申し込み
  2. 審査
  3. 本人確認書類の提出
  4. 在籍確認
  5. 融資実行

レイクALSAの在籍確認は、カードローンの審査が完了した後に行われます。そのため、在籍確認の電話がかかってきた場合は、レイクALSAから借り入れができる可能性が高いと考えて問題ありません。

なお、在籍確認は申込開始から30分~1時間以内に行われます。審査がスムーズに進まなかった場合はタイミングが遅くなる可能性もありますが、遅くとも翌日には在籍確認が行われるケースが多いので、覚えておきましょう。

レイクALSAの在籍確認に関するよくある質問

レイクALSAの在籍確認について、よくある質問をまとめました。ここまで記事を読んでわからないことがある方は、下記の内容も参考にしてください。

土日に申し込んだ場合でも在籍確認は行われるの?

レイクALSAへの申し込みが土日だったとしても、在籍確認は行われます。土日でも営業している会社に勤めている場合は問題ありませんが、土日休みの会社に勤めている場合は誰も電話に出てくれないので、在籍確認を完了させることができません。

そのため、土日にレイクALSAへの申し込みを行った場合、平日に申し込んだ場合と比べて、融資を受けられるようになるまでの期間が長引くので注意しましょう。

在籍確認が完了したら確実に融資を受けられるようになるの?

レイクALSAの場合、在籍確認が行われるのは審査に通過した人だけなので、在籍確認が完了すれば確実に融資を受けられます。
しかし、在籍確認で何らかのトラブルが発生した場合は、たとえ審査に通過していたとしても融資を受けられなくなります。

レイクALSAをどうしても利用したいのであれば、在籍確認の電話は自分でとることをおすすめします。

レイクALSAに問い合わせてみたところ、「在籍確認の電話をする時間帯は、お客様の希望に沿うよう最大限考慮します」との回答をもらいました。
そのため、在籍確認の電話を自分で取りたい方は、レイクALSAの申し込みを完了させたら、コールセンターに相談してみましょう。

派遣社員が在籍確認の電話を受ける際に注意すべきことは?

派遣社員の方は、派遣元の会社ではなく、派遣先の会社を勤務先として申告しましょう。

派遣社員の場合、派遣元の会社の社員は、自社の社員の詳細を把握していない可能性があります。
そのため、派遣元の会社を勤務先として申告すると、「うちの会社に□□(申込者の名前)という者はおりません」と言われてしまい、融資を受けられない可能性が高くなります。

実際、レイクALSAのコールセンターに問い合わせたところ、「派遣社員の方は、派遣先の会社を勤務先と申告してください」と言われました。派遣社員の方は、派遣元の会社を勤務先として申告しないよう、注意してください。