レイクALSAでの審査時の在籍確認のタイミングと電話の内容

レイクALSAを利用しようと考えた場合、気がかりなのが審査時の在籍確認です。

在籍確認とは、カードローンの審査時に申込者が申告した勤務先にきちんと勤務しているかを審査担当者が電話で確認することをいいます。

レイクALSAでは審査時に基本的に電話での在籍確認が行われますが、勤務先への電話に不安がある人も多いですよね。

ここでは、レイクALSAの審査時の在籍確認はどのように行われるのか、勤務先への電話連絡を避けることはできないのかなどについてまとめました。派遣社員や自営業者といった電話での在籍確認が難しいと言われる方の注意点についても記載しているのでぜひチェックしてみてください。

原則としてレイクALSAでは審査時の在籍確認の電話連絡は行われる

レイクALSAでは審査時の在籍確認は原則として電話で行われています。
申込者の勤務先への電話連絡に問題があるようであれば例外もありますが、大々的に他の方法が取れると言っているわけではありません。

審査時の勤務先への電話連絡は申込者の年収を判断する上で重要である

そもそも審査時の勤務先への電話連絡は申込者の収入(返済能力)示すために重要なことです。レイクALSAの申込時に勤務先は記入しますが、あくまで自己申告に過ぎません。
もし、在籍確認の電話連絡をせずに貸付をして申込者が実は無職である場合、レイクALSAには以下のような問題が出てきます。

  • 返済が滞る可能性が高い
  • 本来貸付できない無収入人への貸付をしたことになる

まずは返済してもらえない可能性が高い人に貸したくないというのは会社として当然です。
また、レイクALSAのは総量規制対象のカードローンです。総量規制とは、消費者金融やクレジットカード会社(キャッシング枠のみ)といった貸金業者が個人に貸し付ける金額を年収の3分の1以内に制限する貸金業法の法律です。

そのため、総量規制によって年収がゼロの人に貸付はできませんから、よく確かめもせずに貸し付けをする行為は法律に照らし合わせてもいいこととは言えません。レイクALSAを含む貸金業者は申込者が申告した勤務先に本当に働いているのか、申込の時の年収は妥当なのかをきちんと電話での在籍確認をして判断しなければならないのです。

レイクALSAの在籍確認のタイミングは仮審査の結果後に行われる

レイクALSAは審査までの時間が早く、申し込みのあと営業時間内であれば基本的にはすぐ、あるいは30分以内に仮審査の結果が判明します。
その後本人確認と在籍確認を行うことで最終結果が出て契約を行う流れです。申し込んで仮審査の結果が戻ってくる前に勝手に電話連絡が行くということはありませんので安心しましょう。例えばWEB申込であれば流れは以下のようになります。

  1. 公式ページやアプリに必要事項を入力して申込
  2. 画面上に仮審査の結果が表示されるか、時間を置いてメールが来る
  3. インターネット上などで本人確認書類を提出
  4. 担当から電話があり、在籍確認の時間を調整
  5. 在籍確認完了
  6. 契約

他にも電話や無人契約機で申込ができますが、基本的な申込から審査の流れはWEB申込と同じです。
仮審査の結果は電話ならその場で伝えてもらえるか折り返し、無人契約機なら基本的には画面上に表示されます。
どの申込方法で申し込んでも通常は本人確認書類を送った後に担当から個人の連絡先に連絡があり、時間調整後の在籍確認になります。何か不安な点がある場合はこの時に聞いてみてもいいでしょう。特に時間の希望がない場合は担当との会話後すぐに電話連絡が行われます。

レイクALSAでの在籍確認の電話連絡は担当の個人名で行われる

申込者の勤務先へ電話での在籍確認があるとは言っても、それほど恐れる必要はありません。なぜなら、レイクALSAではプライバシーに配慮して、例えば以下のようなことが守られています。

  • 担当の個人名で連絡をする
  • 用件を聞かれても個人的な用事としか言わず、絶対に社名を出さない

在籍確認の電話連絡では、レイクALSAの名前を言うことがありません。そのため、たとえ職場の他の人が取った場合でも言い訳を考えておけば問題ありません。さらに以下のようなポイントもあります。

  • 申込者が電話に出なくとも在籍していることが分かればよい
  • 電話する時間を調整することも可能</li>

つまり、申込者本人が、在籍確認の電話に出なくても、申込者の職場の人間が在籍確認の電話に出て、申込者が勤務先に在籍していることが完了できれば、問題ありません。
そのため、勤務先の休業日(土日祝日など)勤務先への電話がつながらない時間に申し込みをしてしまうと、在籍確認に時間かかり、審査時間が長くなってしまう可能性があります。そのため、レイクALSAに申込をする際には、勤務先に電話がつながる時間に申し込むといいでしょう。

レイクALSAの在籍確認の電話連絡の内容

レイクALSAでの在籍確認の電話は、「〇〇(個人名)ですが□□さんいらっしゃいますか?」というような形でかかってきます。
申込者本人が電話をとらなかったり、外出中だとしても「□□は席を外しています」「□□は今日シフトが入っていません」など、勤務先に在籍していると分かる回答が得られれば十分です。なお、電話連絡にかかる時間は上記のような用件のみですので、電話での所要時間はおおむね「約1分程度」で完了となります。
在籍確認の電話を入れる前にはレイクALSAから申込者の連絡先に申込完了と本人確認を兼ねた電話がありますので、自分で取りたい、あるいは忙しくて電話をかけてほしくない時間帯がある、などの場合はその電話内で時間を調整することも可能です。わざと外出する時間に電話をしてもらって、追求された場合には「誰だろう」「心当たりがない」という風にする手段もあります。

電話での在籍確認が完了とみなされない場合

レイクALSAの担当が会社に電話をしても在籍が取れなかった(在籍確認が完了していない)と判断される場合もあります。例えば以下のような場合です。

  • 勤務先の人にそんな人はいません(退職または休職中しました)と言われる
  • ちょっと分からないですと言われる
  • 個人的な要件はお繋ぎできません、個人情報の観点でお答えできません、という回答をされる</li>

既に退職している場合や長期の休職中の場合には無職あつかいになってしまう

まず、既に申込者が申告した勤務先を退職していたり休職中の場合には、在籍確認が完了したとはみなされず、勤務先が不明であるため無職扱いとなってしまいます。
そのため、収入がないと判断されてレイクALSAの審査の落ちてしまうことが多いです。

担当者が申込者の勤務先に電話連絡をしても勤務していることが確認できない場合

その会社に入社したばかりだったり、シフト制で全員の名前を把握していないお店、あるいは人数が多い工場などでは「いません」「分かりません」という回答で在籍確認ができない場合があります。

くわえて、最近では個人情報の観点で「どういった用件か分からない電話は不可」「家族以外からの連絡は不可」としている会社も増えています。そういった会社では何の電話だったのかと追求される場合もあり得ます。

レイクALSAから勤務先への電話に申込者自身が確実に出るかあらかじめ会社にレイクALSAからの電話がある旨を知らせておく

もしも自分の会社では在籍確認が取れないかもと思う場合、次の手段が考えられます。

  • 自分が確実に電話に出られる時間に在籍確認をしてもらう
  • あらかじめ会社に電話があることを伝えておく

どちらの手段も難しいようならレイクALSAに先にその旨を伝えてしまいましょう。勤務先への電話に代わる代案を貰える可能性があります。

レイクALSAでの審査時の在籍確認の電話を回避できるのか

レイクALSAでは在籍確認の電話を確実になしにするのはむずかしい

一般的には在籍確認の電話を恐れる必要はないと言っても、会社によっては電話がかかってくること自体が珍しい、あるいは固定電話がなかったり幹部の携帯に転送されてしまうという会社もありどうしても電話を避けたい場合も見られます。しかし、残念ながらレイクALSAでは基本的に在籍確認は電話になっています。担当に相談を持ち掛ければ電話での確認をなしにしたり、他の方法をとってもらうこともできる可能性はありますが、確実にできるとは言い切れません。

審査時の在籍確認の電話連絡をなしにしたい場合は他の消費者金融の利用を検討する

他の消費者金融では会社名とフルネームが書かれた契約書などの書類で在籍確認に代えてくれることもあります。例えば以下のような会社では割と融通を利かせてくれると言われています。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル

レイクALSAでも電話での在籍確認以外の方法を取って貰える可能性はありますので、まずは相談してみましょう。無理な場合は上記の会社に申込んでみるという手段もあります。ただし、同日に二社の申込をすることは避けた方がいいと言われています。信用情報の問い合わせをした際に発覚し、お金に困っているなどの印象を与えて審査に影響するためです。既に申し込んでしまった場合は日をずらして別の会社を利用しましょう。電話での在籍確認が心配な場合は申込前に確認した方が履歴が残らず安心かもしれません。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば確実に職場への電話連絡なしにできる

レイクALSAも含めてアコムやプロミスアイフルといった消費者金融では、勤務先への電話連絡が難しい場合には、書類提出することで職場への連絡をなしにできます。
一方、、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、確実に審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、審査時に職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。
ただし、SMBCモビットのWEB完結申し込みは、申込時に社会保険証もしくは組合保険証の勤務先を証明できる書類と三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っていることが必要となります。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。



派遣社員や自営業者の場合の在籍確認

よく在籍確認の電話連絡が難しいと言われるのが派遣社員と自営業者です。どういった点で難しいのでしょうか。詳しく以下に記載します。

派遣社員は派遣元での在籍確認が難しい

まず、派遣社員は申込欄に派遣元の名前や連絡先を記入することになっており、基本的に派遣元で在籍確認を行います。これによって以下のような難しさが出てきてしまいます。

  • 実際に働いているのは派遣先のため派遣元社員は個別に把握していない可能性が高い
  • 個人情報を答えられない派遣元が多い

派遣元に「□□さんはいらっしゃいますか?」という連絡があったとしても、派遣元で働いている訳ではないので派遣元の社員は中々いるとは答えてくれません。特に大きな派遣会社だと登録している派遣スタッフがたくさんいるため個別に調べて対応してくれることは中々ありません。

それどころか、個人情報の取扱いに厳しいため「お答えできません」と言うことになっている、というマニュアルの派遣元も多くなります。対処法には次のようなものがあります。

  • 派遣元に相談してみる
  • 派遣先での在籍確認では駄目かレイクALSAに問い合わせる
  • 電話連絡以外の方法が取れないかレイクALSAに問い合わせる

前述した通りレイクALSAの在籍確認は基本的に電話のみになっています。そのため、派遣元の担当と密に連絡を取っているようなら、派遣元に在籍確認があるので対応して欲しい旨を相談してしまうのも一つの手段です。

例えば「クレジットカードで在籍確認が必要と言われた」などの言い訳を準備しておけば派遣元との交渉もスムーズです。クレジットカードも似たような在籍確認がありますし、使っていない人も少ないので言い訳に使っても不審に思われることはなかなかないでしょう。他にも、もし派遣先ならば電話してもいいのにという場合は派遣先での在籍確認を提案してみる方法もあります。ただ、基本的には派遣元への連絡なので断られる可能性もあります。他の方法がないかも聞いてみましょう。現代の日本では派遣社員は多くなっているので、対応方法は考えられているはずです。

個人経営の自営業は電話での在籍確認も難しい場合が多い

社員も数名以上いるような会社の社長で、通常通り固定電話もあるというのなら一般的な会社員と同様に振る舞えばいいため在籍確認はそれほど難しくないでしょう。

問題は個人で商売をしていたり外注スタッフとして直接雇用でなく会社に出入りする、あるいは取引をしている個人経営の場合です。個人経営の場合は職場があるのであれば職場の固定電話を申込書に記載します。自宅を事務所代わりにしているのであれば自宅の固定電話で構いません。固定電話を設置していない場合は携帯電話を記載することになります。個人経営の場合の在籍確認の注意事項は以下です。

  • 電話は確実に取れるようにしておく
  • 確定申告など事業をしていることが証明できる書類の提出を求められる可能性がある

他に取ってくれる従業員がいないので、在籍確認の電話は確実に自分が取れる時間にかけてもらいましょう。また、自営業の場合は確定申告などで本当に自営業として稼働しているのかを確認される可能性があります。

自営業者や個人事業主はあらかじめ収入がわかる書類を準備しておく

例えば自営業で、勤務先の電話番号は自分の携帯あるいは実家の固定電話で取るのも申込者本人となると本当に仕事をしているのかという確信が得られないからです。無職の人が自営を語るのが簡単となると、レイクALSA側としては問題です。簡単に用意できるようであれば事前に確定申告や収入を証明できる書類を準備しておくとスムーズです。自営業者が準備しやすい収入証明書は以下のようなものです。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書・納税通知書
  • 所得(課税)証明書

住民税決定通知書や納税通知書は基本的に1年に1度郵送で届きます。所得証明書は少しお金がかかりますが市町村役場で入手できます。もしもすぐには準備できないようであれば、レイクALSA側から必要という連絡が来てからの対応でもいいでしょう。ただし、収入証明書を提出する際には一応以下のような点は確認しておいてください。

  • 申告年収と書類上の所得に大きな開きはないか
  • 一時的な収入のみの年収になっていないか

申告した年収と書類上の所得に大きな金額の開きがあると仮審査では借入ができる、とされていても書類提出によって不可になってしまうという場合があります。また、

申告年収よりも収入証明書の金額が小さかった場合、そちらの金額での再審査になる可能性が高くなります。そのため審査結果もそれに応じたものに変化します。極端な例で言えば、マイナス申告の収入証明書を提出した時点で年収はゼロとみなされるので、レイクALSAがそちらの金額を採用してしまうと審査には通りません。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資(平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。
レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(ご契約額1万~200万円まで60日間無利息・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。
利用条件は以下の通り(期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま・30日間無利息、180日間無利息との併用不可・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。) レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能 (平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円