楽天銀行カードローン「スーパーカードローン」の特徴や申し込みから審査・契約までの流れ

楽天銀行は「スーパーローン」というカードローンを運営しています。最大金利が14.5%と比較的低金利なので利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

楽天銀行カードローンの申し込みから審査の流れや審査内容について詳しく解説しています。

楽天銀行カードローンに申し込みを検討している方はぜひ参考にしてください。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の特徴

楽天銀行カードローンには、以下のような特徴があります。

  • 金利は年1.9%~14.5%
  • 利用限度額は10万円~800万円
  • 申し込み必要書類送付はスマホで完了
  • 楽天銀行の口座が無くても申し込みが可能
  • 提携先ATM借り入れ利用手数料0円(返済は提携外ATMでも手数料0円)
  • 利用状況に応じて楽天ポイントがたまる

楽天銀行カードローンは「楽天銀行スーパーローン」という名称で運営されています。金利は年1.9%から14.5%で、利用可能限度額に応じて変わります。利用限度額は最大800万円と高額で、旅行や教育資金など様々な用途で利用可能です。
楽天銀行カードローンはスマホで申込み可能で、必要書類は専用アプリから提出できます。なお、カードローン申込時には楽天銀行の口座を持っていなくても利用可能です。その場合手続きをすれば、いつもご利用の口座を利用して借り入れや返済を行えます。
楽天銀行カードローンは提携ATMであれば手数料無料で借入れ可能です。楽天銀行カードローンと提携しているATMは以下のものです。

  • ローソンATM
  • コンビニATM E・net
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

これらの提携ATMであれば時間外であっても手数料無料で借入れすることができます。
楽天銀行カードローンは、専用ページからの入会で1,000ポイント、さらにカードローンの翌月末の利用残高に応じて、500~30,000ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。楽天スーパーポイントは楽天でのショッピングで、1ポイント1円で利用可能です。

利用残高に応じてポイントをもらえる点は、楽天銀行ならではのサービスです。楽天銀行カードローンは、楽天をよく利用する方にはおすすめのカードローンです。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申し込みから審査の流れ

楽天銀行カードローンの申し込みから審査は以下のような流れで行われます。

  1. 楽天銀行の公式ホームページから申し込み
  2. 審査
  3. 勤務先へ在籍確認
  4. 本人へ契約内容確認の電話
  5. 必要書類の提出
  6. ローンカード発行
  7. 口座振替依頼書返送(楽天銀行以外の口座を使用する人のみ)

楽天銀行カードローンの申し込み

申し込みはインターネット上で申込みフォームを記入することによって行います。その際には、楽天銀行の公式サイトから申込むことをおすすめします。この専用ページから申込んだときのみ、楽天スーパーポイント1,000ポイントをもらえます。

審査・在籍確認

申し込みが済みますと、すぐに審査が行われます。審査結果は翌営業日には出るとされていますが、混雑状況によっては数日間かかることもあります。
審査が通過しますと、在籍確認が行われます。主婦以外の方は、在籍確認は必須です。楽天銀行カードローンの在籍確認は、基本的には勤務先へ電話することにより行われます。その際には、楽天銀行カードローンを利用することは分からないように社名ではなく個人名を名乗り電話をかけてくれます。

そのような配慮がありましても、どうしても職場に在籍確認の電話をしてほしくない、という方には書類による在籍確認も受け付けています。

在籍確認の電話を回避するためには、申し込み完了後に「在籍確認の電話はどうしても避けたい」という旨を、楽天銀行カードローン電話窓口(0120-730-115)まで伝えます。この電話窓口の営業時間は平日9時~17時です。電話での在籍確認を行わない場合は、その後審査に通過しましたら本人確認書類などの必要書類とともに在籍証明書を提出します。
なお、専業主婦の場合、在籍確認は行われません。その代わり主婦の場合は、借入限度額が低く設定されています。(専業主婦の場合には、利入限度額は30~50万円になります。)

契約や契約時に必要な書類

申し込み、在籍確認が済みましたら(電話による在籍確認を受けた人のみ)楽天銀行カードローンから本人へ、契約内容確認の電話がかかってきます。この電話で契約内容(本人の情報や借入限度額についてなど)を確認します。
契約内容確認後に必要書類を送付します。必要書類は以下のものになります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(不要な場合もあります)
  • 在籍証明書(電話による在籍確認を回避した人のみ)

本人確認書類は運転免許証を持っている人は運転免許証を、持っていない人は以下のいずれかの写しを提出します。

  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳(顔写真付き)
  • 個人番号カード(顔写真付き)

収入証明書はお勤めの方と自営の方で提出する書類が違います。
お勤めの方は以下のいずれかの写しを提出します。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書

自営の方は以下のいずれかの写しを提出します。

  • 課税証明書
  • 確定申告書

在籍証明書は勤め先に発行してもらいます。在籍証明書には名前・発行日・会社名・住所・社員朱肉印がすべて書かれていて、印刷されたものに限ります。派遣社員の場合は、派遣元の会社に在籍証明書を発行してもらいましょう。

これら必要書類を提出し、申込内容と相違が無いことを確認できましたら契約できます。楽天銀行カードローンからローンカードが送付されてくるのを待ってください。楽天銀行カードローンはカード無しでの借り入れや返済は出来ません。
ローンカードが自宅に届きましたら、借り入れ可能となります。申し込みから借り入れまでは4~5営業日ほどかかります。場合によってはもう数日かかることもあります。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査基準

楽天銀行カードローンは以下の条件を満たす人のみ申し込み可能です。

  • 満20歳以上62歳以下(専業主婦、パート・アルバイトの場合は60歳以下)
  • 日本国内に居住している(外国籍の場合は、永住権を得ていること)
  • お勤めの場合は毎月安定した定期収入があること、もしくは専業主婦
  • 楽天カード株式会社もしくは株式会社セディナの保証を受けることができるこ

これらの条件を全て満たしている人のみ、楽天銀行カードローンに申込みできます。楽天銀行カードローンは、「条件において定期収入があること」とあります。年棒制の方や自営業や自由業などで毎月の定期的に収入が得られない場合は申し込みすらできません。
申し込みができても審査に通過するとは限りません。楽天銀行カードローンを利用するためにはさらに審査を通過しなければなりません。

楽天銀行カードローンの審査は、まずは属性スコアリングが行われます。属性スコアリングとは、申込者の情報を年収や勤務先などの項目ごとに点数化することです。それぞれの項目の合計点が一定の基準を超えた場合審査を通過できます。

データを入力すればコンピュータが自動で計算するので、審査結果を早く出すことが可能になります。楽天銀行カードローンも、基本的には翌営業日に審査結果が出るので、属性スコアリングは行っているでしょう。

属性スコアリングは、実際にどのように点数をつけるのか、合格点が何点なのかは公表されていません。どのような条件が点数が高いのか、ということを以下の表でご紹介します。

年齢 20代から30代が点数が高い。その後、年齢が上がるにつれ点数は下がる。
収入 収入が多いほど点数が高い
勤務先 正社員の点数が高い。その中でも大企業や公務員だと点数が高い。パート・アルバイトだと点数は低い
勤務期間 長ければ長いほど点数が高い。半年以下だとかなり点数は低くなる。
居住形態 持家だと点数が高い。
居住年数 長いほうが点数が高い。
家族の有無 配偶者や子供がいたほうが点数が高い。
他社借り入れ状況 無いと一番点数が高い。借入件数や借入額が増えると点数は低くなる。
電話番号 固定電話があるほうが点数が高い。

この表のように点数をつけていきます。点数が高ければ高いほど、返済能力が高いことが分かります。
点数をつけるといいましても、すべての項目の点数が高い必要はありません。
この中でも特に重要視されるのは、今後直接返済できるかどうかに大きく影響する年齢・収入・勤務先・勤務期間・他社借り入れ状況です。それは以下のようなことが考えられるからです。

  • 年齢が高く定年退職間際だと、安定した収入が得られるかどうかが疑わしい
  • 収入が低いと返済する余裕が無い可能性がある
  • 勤務先が赤字経営だったりするといつ倒産するか分からない
  • 勤務期間が短いとすぐに仕事をやめてしまう可能性がある
  • 他社借り入れが多いとそちらの返済に追われてしまうかもしれない

しかし、楽天銀行はパート・アルバイトでも申し込み可能です。収入における点数が低くても審査に落ちるとは限りません。他社に借り入れが無く、同じ職場に長く勤務していれば審査に通過できる可能性は十分にあります。
属性スコアリングはどれか1つの項目だけではなく、これらを複合的に判断するためのものです。

楽天銀行カードローンは、審査の後に在籍確認や必要書類の確認を行います。そこで、申込者が申告した勤務先や本人情報、収入に嘘が無いかどうかをチェックします。
在籍確認と収入証明書(必要な人のみ)があれば、楽天銀行カードローン側は間違いのない申込者の勤務先と収入が分かります。本人確認書類があれば、申込者本人が本当に存在していることが分かるほかに、個人信用情報を照会することができます。
個人信用情報とは、以下のような情報のことをいいます。

  • ローン申し込み情報
  • 借り入れ状況
  • クレジットカード・ローンの支払い情報
  • ローン返済における延滞の有無
  • 金融事故の有無

金融事故とは、長期延滞・保証会社や保証人による代位弁済・債務整理・強制解約などを指します。債務整理とは、借金の減額、抹消、支払期日延長を申し立てる手続きのことです。具体的には、自己破産・現在借り入れ中のローン(まだ完済していないローン)に対する過払い金請求などが債務整理に値します。

個人情報とは、その人がどのようにお金を借りて返済してきたのか、現在の借り入れは何件あって総額何円借りているのかを把握するためのものです。個人の思想や人種などはそこには含まれません。
この個人信用情報は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)・株式会社シー・アイ・シー(CIC)・株式会社日本信用情報機構(JICC)という3つの個人信用情報機関により管理されています。
銀行や消費者金融など貸金業務に関わる会社は、これらの個人信用情報機関のいずれかに加盟しなければなりません。そして、3つの個人信用情報機関は情報のやり取りをしています。ですので、日本で銀行や消費者金融でお金を借りたり、ローンの申し込みをしたりすれば、その情報はすべて3つの個人信用情報機関に登録されています。
ちなみに楽天銀行はKSCとJICC、株式会社セディナはCICとJICCに加盟しています。それぞれの個人信用情報が個人信用情報機関に記録される期間は以下の表で表します。

ローンの申し込み情報 申込み日から半年
契約・支払い情報 解約日から5年間
延滞に関する情報 完済日から1~5年間
債務整理以外の金融事故 5年
債務整理 5~10年

審査において特に問題とされるのは、金融事故です。特に債務整理についての情報はJICCとCICには5年間、JICCには10年間保存されます。
債務整理以外の金融事故を起こした場合は5年、債務整理をした場合は10年間審査に通過することは難しいでしょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」に落ちてしまう原因

楽天銀行カードローンの審査に落ちた場合、以下のことが考えられます。

  • 他社に借り入れがある
  • 金融事故を起こしている
  • 延滞をしたことがある
  • 半年間にローン申し込み、審査落ちを繰り返している
  • 勤務期間が短い
  • 反社会的勢力に所属している
  • 申込み時に虚偽申告をしている
  • 株式会社セディナやその関連会社で問題を起こしたことがある

他社に借り入れがある

他社に借り入れがある場合、その借り入れ状況によっては審査に落ちます。特に注目すべき点は、借入金額ではなく借入件数です。
例えば借入金額100万円借入件数1件という場合よりも、20万円を5件借りていて借入総額100万円という場合のほうが審査に落ちやすいです。
借入額が低く借入件数が多い場合、お金に困っているうえに返済能力が低いと判断されてしまいます。借入件数が多い人は、申し込み前に返済をして借入件数を減らすか、複数の借金を1本化するおまとめローンを利用しましょう。

金融事故を起こしている

さきほど説明しましたが、過去に長期延滞・保証会社や保証人による代位弁済・債務整理・強制解約などの金融事故を起こしていると審査に通過することは難しいです。

個人信用情報機関に登録されている期間を考慮すると、債務整理は10年、債務整理以外の金融事故は5年経過しないと審査に落ちてしまう可能性が高いです。

延滞をしたことがある

カードローンやクレジットカードのショッピング枠での返済延滞の情報は1~5年残ります。
1度や2度の短期間の延滞でしたら問題ありませんが、度重なる延滞や長期間の延滞をしていると返済に関する信頼度が低くなり審査に落ちる可能性が高くなります。

半年間にローン申し込み、審査落ちを繰り返している
ローン申し込み状況は、半年間個人信用情報機関に記録されます。この半年間に何度も申し込みをしては審査に落ちているということを繰り返している場合も審査に落ちやすくなります。
厳密には明かされていませんが、目安としては半年間の間に3社以上に申し込みをして審査に落ちていると申込みブラックとみなされ、新たに申し込みをしても審査通過は難しいです。

勤務期間が短い

勤務期間短い場合も審査に落ちやすいです。勤務期間が短いと、借り入れ後に仕事を辞めてしまうかもしれないと思われてしまいます。
最低でも正社員ならば半年以下、正社員よりも辞めやすいパートやアルバイトの場合は1年以下の勤務期間の場合審査に落ちやすいです。

反社会的勢力に所属している

楽天銀行は反社会的勢力に関して以下のような人とは取引きしないと表明しています。

  • 現在暴力団員である
  • 過去5年以内に暴力団員であった人
  • 暴力団員と同じような行動をしている人
  • 暴力団へ資金や情報の提供をしていること

このように暴力団員であるだけではなく、暴力団員と関わりがある場合も審査通過はできません。

申込み時に虚偽申告をしている

審査通過のために申込み時に虚偽申告をした場合は審査に落ちます。
虚偽申告は、その後の在籍確認や収入証明書、本人確認書類の照会により確実にバレます。虚偽申告が判明すると、楽天銀行や株式会社セディナでブラックリストに載ってしまいます。
そのため、審査に落ちてしまうだけなく、今後申込んでも審査通過は難しいです。

株式会社セディナやその関連会社で問題を起こしたことがある

楽天銀行カードローンは株式会社セディナが保証会社をしています。株式会社セディナで過去に問題を起こしブラックリストに載ってしまうと、審査通過は難しいです。株士会社セディナは三井住友ファイナンシャルグループに所属しているので、株式会社セディナ以外でも、三井住友銀行・SMBCモビット・プロミスで過去に問題を起こした場合も同様です。
株式会社セディナは、楽天銀行カードローンの他に以下のカードローンの保証会社もしています。

  • 愛知銀行
  • 静岡中央銀行
  • 清水銀行
  • 名古屋銀行
  • 三重銀行
  • もみじ銀行
  • 佐賀銀行
  • 筑邦銀行
  • 北九州銀行

これらの銀行系カードローンで返済上の問題を起こしてしまった場合も審査通過は難しいです。
問題とは、過去に長期延滞・保証会社や保証人による代位弁済・債務整理・強制解約などの金融事故、申込み時に虚偽申告をすることなどです。
個人信用情報機関に登録されている個人信用情報は、登録期限がありますが、会社のブラックリストは期限がありません。過去に問題を起こした時から10年以上経過したとしても、審査通過は難しいでしょう。
なお、楽天銀行の審査に落ちてしまった場合に対応策については、「楽天銀行カードローンの審査に落ちてしまう理由と落ちてしまった場合の対応」で詳しく解説しています。

楽天銀行カードローンの審査に落ちた場合には消費者金融カードローンに申込む

楽天銀行カードローンのの審査に落ちてしまった場合、他の銀行系カードローンも同様に審査に落ちてしまう可能性があります。あまりに申し込みを繰り返すと申込みブラックとなり、より審査に通過しにくくなってしまいます。
消費者金融カードローンと銀行カードローンとでは審査基準が異なります。そのため、何度も銀行系カードローンに申し込みをしては審査落ちを繰り返すよりは、消費者金融カードローンに申込むことも一つの手です。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間