りそな銀行カードローンの申込から審査・契約までの流れと審査内容

りそな銀行のカードローンは、利用限度額10万円~200万円の「りそなクイックカードローン」と、限度額最大800万円の「りそなプレミアムカードローン」の2つの商品があります。

この中でも、「りそなクイックカードローン」は、年利9.0~12.475%と低金利カードローンです。利用限度額は他者の大手銀行カードローンと比べて、10万~100万の借り入れをしたい方には、おすすめできる銀行カードローンの1つです。

ここでは、りそな銀行カードローンの申込から審査・契約までの流れと審査内容について、解説いたします。

りそな銀行カードローンの特徴

りそな銀行カードローンは、以下のような特徴があります。

  • 希望額に応じて2種類のカードローンがある
  • 申込者自身に収入の無い専業主婦は申込み不可能
  • 申込みから契約までWEBで完結
  • りそな銀行の口座が無くても申込み可能だが、契約には口座が必要となる
  • りそな銀行や提携ATMなら、24時間365日手数料無料で借入れや返済ができる
  • りそな銀行のキャッシュカードをそのまま利用できる
  • 口座残高不足の時に自動融資可能

りそな銀行のカードローンは2種類ある

りそな銀行のカードローンには「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」の2種類があります。
それぞれの金利や限度額、特典など2つのカードローンの違いを以下の表にまとめます。

利用限度額 金利 特典 保証会社
プレミアムカードローン 10万円~800万円 年3.5%~12.475% りそな銀行の住宅ローン利用中なら金利が0.5%低くなる オリックスクレジット株式会社
クイックカードローン 10万円~200万円 年9.0%~12.475% りそな銀行で給与振込み利用中なら金利が0.5%低くなる りそなカード株式会社

りそなプレミアムカードローンの場合、利用限度額が200万円場合には、金利は年9.0%です。なお、
カードローンの金利は、利用限度額が上がれば上がるほど低くなります。このことから、プレミアムカードローンの場合も利用限度額が200万円以下の場合は、金利が年9.0%~12.475%となり、クイックカードローンと同じになります。
この2つのカードローンの違いは利用限度額と特典、保証会社のみで、申込みから契約・借り入れまでの流れは同じです。

希望の利用限度額が200万円超える場合やりそな銀行で住宅ローンを利用している方はプレミアムカードローンを、希望限度額が200万円以下の場合やりそな銀行で給与振り込みを利用している人はクイックカードローンを利用しましょう。今後は、この2つのカードローンをりそな銀行カードローンとして説明します。

りそな銀行カードローンは大手銀行カードローンの中では低金利である

りそな銀行は最大金利が12.475%と、最大金利14%ほどが多い銀行系カードローンの中でもかなり低金利です。参考として主な銀行の金利を以下の表にご紹介します。

カードローン名 金利 利用限度額
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6% 10万円~1000万円

カードローンの金利は利用限度額が低くなるほど、金利は高くなります。
つまり、利用限度額が10万円ほどであれば、りそな銀行の金利はかなりの低金利といえます。その分、自分自身に収入が無い専業主婦は申込み不可能と確実に返済できる人でないと利用はできません。

りそな銀行カードローンの申込方法

りそな銀行カードローンは、申込みから契約までWEB(りそな銀行公式ホームページより)で行うことができます。りそな銀行の口座が無くても申込みはできますが、契約までには必要となります。申込み後にりそな銀行の口座を開設しましょう。

口座開設は窓口へ直接伺うか、郵送で申込みします。窓口でしたら即日発行も可能ですが、郵送だと1週間以上かかることもあります。お急ぎの方は窓口で口座開設をおすすめします。

りそな銀行カードローンはATM利用が手数料無料

りそな銀行カードローンは、りそな銀行のATMや提携ATMでの入出金の利用がいつでも手数料無料でできます。提携ATMは以下にご紹介します。

  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • コンビニATM E・net
  • ゆうちょ銀行
  • バンクタイム
  • BANCS
  • MICS

りそな銀行のATM以外にもこれらのATMも利用できるので、全国どこにいても借入や返済ができます。

キャッシュカードをそのままローンカードとして利用できる

りそな銀行カードローンはりそな銀行のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できます。わざわざローンカードを作成し郵送されるのを待つ必要が無いので、早く借入れすることができます。
りそな銀行カードローンには、クレジットカードや、公共料金の引き落としなどで、りそな銀行の口座の残高が足りなくなった場合、自動で不足分を融資するオートチャージ機能があります。支払いがあるのに足りないときや、支払いを忘れてしまったときなどに便利な機能です。

りそな銀行カードローンの申込みから審査の流れ

りそな銀行カードローンの流れは以下のようになっています。

  1. 仮申込み
  2. 仮審査
  3. 仮審査結果
  4. 本申込み・本人確認書類の提出
  5. 本審査
  6. 本審査結果
  7. 契約
  8. 借り入れ・利用開始

りそな銀行カードローンは前章で説明した通り、他の銀行系カードローンと比べても低金利です。その分審査は仮審査と本審査と2回かけて行われ、かなり慎重に審査が行われます。

仮申込みはWEBですることができます。ここで「WEB手続き」を選択すれば、契約の際に休日でも契約手続きができる「WEB契約」をすることができます。

仮審査の際に、自宅や勤め先に申込み時に申請した勤め先に本当に勤務しているのかを調べる在籍確認の電話がきます。在籍確認が取れなかった場合は、その旨をりそな銀行から電話連絡がきます。そうしましたら、会社名が載っている保険証または給与明細が必要となることもあります。りそな銀行の指示に従って提出してください。

会社名の載っている仮審査は申込みから2~3営業日ほどかかります。結果が出ましたら、入力したメールアドレスにメールで連絡がきます。場合によっては電話や郵送で連絡がくることもあります。

仮審査に通過したら、本申込みに進みます。本申込みには本人確認書類の提出が必要となります。こちらもWEBで申込み可能です。本申込みが受理されましたら本審査になります。

本審査は本申込みから7~10日かかります。本審査の結果も基本的にはメールで連絡がきますが、電話や郵送になる場合もあります。

本審査に通過できれば契約手続きをします。契約にはりそな銀行の口座が必要となります。ここまでにりそな銀行の口座を作っておきましょう。WEB契約であれば休日でもPCやスマホで簡単にできます。契約手続きには以下の書類が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(50万円を超える利用限度額、もしくはりそな銀行から依頼があった場合)

WEB契約であれば、休日でも利用開始できます。りそな銀行カードローンはりそな銀行のキャッシュカードをそのまま利用できるので、ローンカードの到着を待つ必要はありません。利用開始できるというメールでの連絡がきましたら利用開始できます。

この利用開始の案内メールは時間がかかることもあります。郵送での契約手続きだと、1週間から10日かかります。

申込みから融資までは大体2~3週間ほどかかります。りそな銀行の口座を持っていない人は契約までに口座を開設しなければなりません。口座開設は店頭窓口または郵送で申込みます。店頭窓口でしたら即日で口座開設できますが、郵送だと1週間以上かかりますので、融資まで3~4週間かかることになります。

りそな銀行カードローンの審査基準

りそな銀行カードローンに申込むには以下の条件を満たす必要があります。

  • 申込み時に満20歳以上66歳未満であること(プレミアムカードローンは60歳未満)
  • 継続して安定した収入があること(パート・アルバイト可、専業主婦・学生不可)
  • 保証会社の保証を受けられること

プレミアムカードローンの干すよう保証会社は、オリックスクレジット株式会社、クイックカードローンの保証会社は、りそなカード株式会社です。
この条件を満たせば申込み可能です。

りそな銀行カードローンは仮審査と本審査で2回に分けて審査が行われます。仮審査ではまず属性スコアリングが行われます。

属性スコアリングとは、申込み者の情報を項目ごとに点数化し、審査の判断にするというものです。点数化は機械によって自動で行うことができ、審査結果までの時間の短縮が可能となります。

それぞれ具体的に何点になるのか、審査通過できる点数は何点なのかは公表されていません。以下の表のように点数はつけられます。

この表のように点数をつけていき、合計点が基準点に達すれば審査通過することができます。

これらの属性情報に点数をつけるといいましても、すべての属性での点数が高い必要はありません。

この中でも特に重要視されるのは、今後直接返済できるかどうかに大きく影響する年齢・収入・勤務先・勤務期間・他社借入れ状況です。これらの点数が低いと、返済が困難になるのではないかと判断されます。それは以下のようなことが考えられるからです。

  • 年齢が高く定年退職間際だと、安定した収入が得られるかどうかが疑わしい
  • 収入が低いと返済する余裕が無い可能性がある
  • 勤務先が赤字経営だったりするといつ倒産するか分からない
  • 勤務期間が短いとすぐに仕事をやめてしまう可能性がある
  • 他社借入れが多いとそちらの返済に追われてしまうかもしれない

しかし、りそな銀行はパート・アルバイトでも申込み可能です。収入における点数が低くても審査に落ちるとは限りません。他社に借入れが無く、同じ職場に長く勤務していれば審査に通過できる可能性は十分にあります。
属性スコアリングは、申込者が申告した項目のどれか1つの項目だけではなく、これらを複合的に判断するためのものです。

年齢 20代から30代が点数が高い。その後、年齢が上がるにつれ点数は下がる。
収入 収入が多いほど点数が高い
勤務先 正社員の点数が高い。その中でも大企業や公務員だと点数が高い。パート・アルバイトだと点数は低い
勤務期間 長ければ長いほど点数が高い。半年以下だとかなり点数は低くなる。
居住形態 持家だと点数が高い。
居住年数 長いほうが点数が高い。
家族の有無 配偶者や子供がいたほうが点数が高い。
他社借入れ状況 無いと一番点数が高い。借入件数や借入額が増えると点数は低くなる。
電話番号 固定電話があるほうが点数が高い。

仮審査の際には、在籍確認も行われます。前章で説明した通り、在籍確認は電話による確認か書類提出で行われます。電話でも書類でも在籍確認がとれない場合は、申告された勤務先が正しくないとされ審査は通過できません。

仮審査を通過しましたら、本審査です。本審査の際には本人確認書類が必要です。本人確認書類によって、申込み者が本当に存在していることと、個人信用情報の確認をされます。
個人信用情報とは以下のような内容のことをいいます。

  • ローン申込み情報
  • 借入れ状況
  • クレジットカード・ローンの支払い情報
  • ローン返済における延滞の有無
  • 金融事故の有無

金融事故とは、長期延滞・保証会社や保証人による代位弁済・債務整理・強制解約などを指します。債務整理とは、借金の減額、抹消、支払期日延長を申し立てる手続きのことです。具体的には、自己破産・現在借入れ中のローン(まだ完済していないローン)に対する過払い金請求などが債務整理に値します。

個人信用情報は、全国銀行個人信用情報センター(KSC)・株式会社シー・アイ・シー(CIC)・株式会社日本信用情報機構(JICC)という3つの個人信用情報機関により管理されています。

個人信用情報機関は3つありますが、それぞれ管理する個人信用情報のやり取りがあるので、どこか1つの個人信用情報機関に情報が登録されれば、他の個人信用情報機関にもその情報が登録されます。

それぞれの個人信用情報が個人信用情報機関に記録される期間は以下の表で表します。

ローンの申込み情報 申込み日から半年
契約・支払い情報 解約日から5年間
延滞に関する情報 完済日から1~5年間
債務整理以外の金融事故 5年
債務整理 5~10年

ちなみにりそな銀行は3つの個人信用情報機関すべてに、保証会社であるオリックスクレジット株式会社はKSCとCICに加盟しています。本審査で、この個人信用情報に問題が無いかをチェックされます。

特に厳しくみられるのは金融事故の有無です。個人信用情報機関に情報が残っている10年以内に債務整理、5年以内に債務整理以外の金融事故を起こしている場合、審査通過はかなり厳しいです。
毎月安定した収入があり、個人信用情報に問題が無ければ審査通過の確率は高いです。
しかし、それでも審査に落ちる場合もあります。

りそな銀行カードローンに落ちてしまう理由

りそな銀行カードローンに落ちてしまう理由として以下のようなものがあります。

  • 収入が低すぎる
  • 他社に借入れがある
  • プレミアムカードローンの場合、
    オリックスクレジット株式会社で過去に問題を起こしたことがある
  • 申込みブラックになっている
  • 現在の勤務期間が短い
  • 反社会的勢力に所属している
  • 虚偽申告をしている

収入が低すぎる

りそな銀行カードローンは、最大金利が年12.475%と低金利です。そのため、確実に返済できる収入が無いと審査に通過できません。

りそな銀行カードローンの毎月の最小返済額は利用残高50万円以下で1万円です。りそな銀行カードローンは、パートやアルバイトでも申込み可能ですが、月に1万円の返済がきちんとできるくらいの収入が必要です。目安としては年収200万円あれば、審査通過の確率は上がります。

他社に借入れがある

他社に借入れがあっても、必ず審査通過できないわけではありませんが、その借入額や借入件数によっては審査に落ちてしまいます。
特に注目すべきは借入額よりも借入件数です。例えば同じ借入総額100万円でも、借入件数1件借入額100万円の人よりも、借入額20万円を5件の人のほうが審査に落ちやすいです。これは返済能力が低いのにお金に困っていると判断されるからです。

借入件数が多い方は返済して減らすか、おまとめローンなどを利用して借金を1本化することがおすすめです。

プレミアムカードローンの場合、オリックスクレジット株式会社で過去に問題を起こした

りそな銀行カードローンは、クイックカードローンはりそなカード株式会社が保証会社ですが、プレミアムカードローンはオリックスクレジット株式会社です。

このオリックスクレジット株式会社で過去に問題を起こした場合は、審査通過はかなり厳しいです。個人信用情報機関に登録されている情報には期限がありますが、こういった会社に残されている情報には期限がありません。たとえオリックスクレジットでの返済上の問題が何十年も前の出来事でも審査通過は難しいでしょう。

オリックスクレジット株式会社はりそな銀行以外にも以下の銀行の保証会社をしています。

  • 住信SBIネット銀行
  • オリックス銀行

これらの銀行でも過去に問題を起こした場合は、審査通過は難しいです。

ちなみに問題とは、金融事故や申込みの際の虚偽位申告などがあります。

申込みブラックになっている

半年間の間に、ローンの申込みと審査落ちを繰り返すと申込みブラックになってしまいます。具体的に何回以上申込みをしてはいけないのかは公表されていません。目安としては3回以上申込み・審査落ちを繰り返すと審査通過は厳しくなります。
申込みブラックにならないためにも、むやみやたらに申込みをすることは控えましょう。

現在の勤務期間が短い

現在勤めている勤務先への勤務期間が短いと、すぐに辞めてしまう可能性があるということで審査落ちになる可能性があります。
正社員でしたら半年以上、正社員よりも辞めやすいパート・アルバイトの場合は1年以上続けて勤務していないと、審査に落ちる可能性が上がります。

反社会的勢力に所属している

りそな銀行は、反社会的勢力との関係を断つことを表明しています。
反社会的勢力に所属している方は審査通過することはできません。

虚偽申告をしている

審査に通過しやすいように、と年収や勤務先に嘘をついて申込みをした場合、悪質な虚偽申告をしたと判断されます。虚偽申告をすると、ブラックリストに載ってしまいます。そうしますと、今回の申込みだけでなく、今後もりそな銀行カードローンの審査に通過することは難しいです。

プレミアムカードローンに関しては、保証会社がオリックスクレジット株式会社です。ですので、今後オリックスクレジット株式会社が保証会社をしている住信SBIネット銀行やオリックス銀行カードローンの審査も落ちる可能性が高いです。

りそな銀行カードローンに落ちてしまったらどうしたらいいのか

りそな銀行カードローンに落ちてしまった場合、以下の方法を試してみてください。

  • りそな銀行以外の銀行系カードローンに申込む
  • 消費者金融に申込む

りそな銀行以外の銀行系カードローンを検討する

りそな銀行カードローンで審査を落ちてしまった場合は、他の銀行系カードローンに申込んでみてもいいでしょう。その際にりそな銀行プレミアムカードローンの保証会社をしているオリックスクレジット株式会社が保証会社をしている、住信SBIネット銀行やオリックス銀行は避けましょう。

消費者金融での申込を検討する

消費者金融のほうが銀行系カードローンよりも金利は高いです。しかし、審査基準が銀行系カードローンと違うので、りそな銀行カードローンの審査に落ちてしまっても、消費者金融の審査には通過できることがあります。審査結果がでるまでの時間も早く、お金が急ぎで必要な場合は消費者金融を利用することもおすすめです。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間