審査なしで作れるクレジットカードがない理由

クレジットカードの審査に落ちたことがある人は「審査なしでクレジットカードを発行する方法はあるのか?」考える人も多いでしょう。
結論から言うと、審査なしで発行できるクレジットカードは一切ありません。
審査なしで誰にでもクレジットカードを発行してしまうと、貸し倒れのリスクがあります。そのため、カード会社は、利用者にカード利用金額を支払う能力があるかを審査しているわけです。
しかし、「審査なしで発行できるクレジットカード」はありませんが、「ブラックの人でも発行できるカード」あります。

ここでは、クレジットカードの発行時に審査を行う理由や審査内容とブラックでも発行できるカードについて詳しく解説いたします。

クレジットカードの発行時に審査を行う理由

クレジットカードの発行時に審査を行う理由は、クレジットカードの申込時に申込者の返済能力を調査し、カードの発行可否を判断するためです。

クレジットカードは、商品を購入する際に提示することで、カード会社に商品代金を立て替えてもらい、後払いでカード会社に対して代金を返す仕組みです。

したがって、カード会社にしてみれば、商品代金を一時的に立て替えているので、きちんと返済してくれる人でなければ、クレジットカードを利用させるわけにはいきません。

それでは、クレジットカードの審査内容や審査基準はどのようなものなのでしょうか。
クレジットカードの審査内容や審査基準は以下のとおりです。

  • 属性情報
  • 信用情報(クレジットヒストリー)
  • 月一回の安定した収入
    (カードの種類によっては、専業主婦や無収入の学生でも発行可能)

クレジットカードの審査では、申込者の属性情報を点数化して、カード発行の可否を決めています。

属性情報

属性情報とは、申込者の収入、年齢、家族構成、居住形態、年収、職業、雇用形態、勤続年数などの個人情報です。

属性情報で一定の基準点を満たしている場合には、クレジットカードの審査に通過します。一方、属性情報の点数が低いと審査に落ちてしまうため、カードは発行されません。

そのため、クレジットカードの発行を希望している人は、属性スコアリングをあげるようにしましょう。

たとえば、転職が決まっているのであれば、転職前にクレジットカードを作成するようにしましょう。なぜなら、勤続年数のスコアを下げずに審査を受けることができるためです。

信用情報

クレジットカードやカードローンの契約をしている人は、個人信用情報機関の登録されている利用者の信用情報に利用履歴が記録されます。

カード会社は審査時に、個人信用情報機関から申込者の信用情報(クレジットヒストリー)を照会して、長期返済の滞納延滞や債務整理の金融事故の有無や他社借り入れ状況を確認します。

そのため、信用情報(クレジットヒストリー)に金融事故記録が残っている場合や他社での借り入れが多い場合には、返済能力がないとみなされ、クレジットカードの審査に通りません。

なお、クレジットカードやカードローン支払い遅延は1~5年、個人信用情報機関に記録されます。また、自己破産などの債務整理を行った記録も信用情報に5~10年、個人信用情報機関に記録されます。

ブラックリスト入りや自己破産などで信用情報に金融事故情報がある人は、信用情報から事故情報が消えたあとに、クレジットカードの申し込みをするようにしましょう。

審査に不安があればライフカード(Ch)申し込む

信用情報に不安があって、審査に通るのか心配であれば、独自の審査を行っているライフカード(Ch)に申し込みしましょう。

ライフカードでは、過去に延滞・遅延を起こした人向けのカード、ライフカード(Ch)の取扱をしています。実際に、ライフカードの公式サイトをみると、審査に不安な人でも「もてるカード」と書かれています。

また、ライフカード(Ch)の申し込み条件は、以下の通りです。

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。未成年の方は、親権者の同意が必要となります。

利用条件の中には、安定した収入などの文言は一切ありません。そのため、専業主婦や無職の方やパート・アルバイトの方でも、申し込み可能です。

ライフカード(Ch)が独自の審査を行っていて、過去に返済の遅延や滞納してしまった方でも審査に通る理由は、年会費を取っているためです。

年会費は、カード会社にとって大きな収益源です。そのため、ライフカード(Ch)では、年会費をカード発行時に徴収することで、確実に一定の利益を事前に確保できるので、返済能力に不安のある人でも審査に通りやすいではないかと推測できます。

ブラックの人でも作れるカード

クレジットカードは、発行時に審査がありますが、以下にあげるカードであれば、審査なし発行可能で、その上、クレジットカードと同じように利用できます。

  • デビットカード
  • プリペイドカード

そのため、ブラックリストに載っていて、クレジットカードを作れない人でもこれらのカードであれば発行可能です。

デビットカードなら審査なしでブラックの人でも発行できる

デビットカードは、審査なしで発行可能でクレジットカードのようにキャッシュレスで支払いができるカードです。

そのため、ブラックの人やクレジットカードの審査の落ちてしまった人でも発行できます。
ただし、クレジットカードとデビットカードは、支払い方法が異なります。クレジットカードは、カード利用代金が翌月以降に引き落とされるのに対し、デビットカードはカードを利用時に登録している銀行口座からカード利用代金が引き落とされます。

デビットカードのデメリット

デビットカードは、クレジットカードに比べて、以下の点がデメリットです。

  • 銀行口座が残高不足だとデビットカードの利用はできない
  • 料金の支払いができない場合がある
  • デビットカードの利用ではクレヒスが付かない

銀行口座が残高不足だとデビットカードの利用はできない

決済金額よりも銀行口座にお金がない、または少額でも銀行口座にお金が入っていなければ、全く利用することはできません。

そのため、銀行の口座残高があまりなく、カード代金が後払いのカードが欲しい方は、クレジットカードの発行をおすすめします。

料金支払いができない場合がある

デビットカードでは、高速道路(ETC利用時)やガソリンスタンド、公共料金や携帯電話の支払いの際には利用できない場合もあります。そのため、現金を利用するか、高速道路でも利用できるデビットカードを利用するようにしましょう、

クレヒスがつかない

デビットカードは審査なしで発行できるため、どんなに利用実績を積み上げても、クレヒスがつきません。そのため、クレヒスをつけたい人は、はじめのうちは機能や特典に不満があっても比較的作りやすいクレジットカードを発行して、クレヒスを積むようにしましょう。

デビットカードを発行するなら楽天銀行デビットカードがおすすめ

デビットカードの発行を検討しているのであれば、楽天銀行デビットカードをおすすめします。

デビットカードはクレジットカードに比べポイントやキャッシュバックの還元率が低いですが、楽天銀行のデビットカード(JCB)は、楽天カードと同じくポイント還元率が1.0%です。100円の利用ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるためです。

また、楽天銀行デビットカード(JCB)は、16歳以上で楽天銀行に口座があれば、誰でも発行可能で、その上、発行手数料や年会費は無料です。

なお、楽天銀行デビットカード(JCB)は、公式サイトに入会審査なしと書かれているため、長期返済を滞納した人や自己破産した人といったブラックの人でも発行可能です。

ブラックの人は、クレジットカードの審査に通過することはできないので、したがって、楽天銀行デビットカード(JCB)へ申し込むことをおすすめします。

関連項目:「楽天銀行デビットカード

プリペイドカードも審査なしで発行できる

プリペイドカードもクレジットカードと同様に利用でき、なおかつ審査なしで発行できるカードです。審査が不要であるため、ブラックの人でも利用できます。

プリペイドカードとは、カードにチャージ(入金)した金額内で決済可能なカードです。

チャージ方法は、コンビニ払いや銀行口座からの引き落とし、携帯電話料金と一緒に支払いなど、カードによって様々です。

クレジットカードとプリペイドカードの大きな違いは、クレジットカードが翌月後払い制なのに対して、プリペイドカードは、チャージした金額から即時カード利用分が決済されるという点です。

また、デビットカードは、銀行口座が作れる年齢(16歳以上)であれば誰でも持てるカードなのに対して、プリペイドカードは、発行時に銀行口座を登録する必要がないため何歳からでも持つことができます。

なお、すぐに発行可能なプリペイドカードは、「即日発行可能なプリペイドカード」で解説しています。

バンドルカードを利用すればブラックの人でも後払い利用ができる

ブラックリスト入りしていて、後払いができるカードがほしい人は、バンドルカードを発行しましょう。

バンドルカードは、カードの実態がないバーチャルなプリペイドカードです。決済機能は、クレジットカード決済に対応しており、ネットショッピングでクレジットカードと同じように利用できるカードです。
バンドルカードの特徴は、バンドルカードアプリから「ポッチとチャージ」を利用すれば、その場でお金がなくても審査なしの簡単な手続きで、後払い利用ができる点です。

後払いのチャージができる金額は、3,000円?上限金額(最大50,000円)までの金額です。なお、チャージの後払いを利用した場合、チャージ金額の支払期限は翌月末となります。

ただし、後払いでのチャージ方法を利用する場合は、利用ごとに金額に応じて手数料が発生します。くわえて、チャージ金額を返済しないと、新たに後払いのチャージを利用できません。

バンドルカードの1回のチャージ額と手数料は以下の表のとおりです。

チャージ金額 手数料
3,000円 ? 10,000円 500円
11,000円 ? 20,000円 800円
21,000円 ~ 30,000円 1,150円
31,000円 ~ 40,000円 1,500円
41,000円 ~ 50,000円 1800円

バンドルカードのチャージ手数料は、支払期日やチャージ上限額を踏まえて考えると、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンの利息よりも高いです。

例えば、バンドルカードの後払いを利用して2万円分チャージした場合は、手数料は800円です。一方、クレジットカードのキャシング枠18.0%で2万円借りた場合の30日間の利息額は295円です。つまり、クレジットカードのキャッシング枠に比べて、バンドルカードの後払い手数料は、2.7倍以上多く支払うことになります。

そのため、クレジットカードを発行できるようであれば、クレジットカードを利用したほうがお得です。

なお、ドコモやソフトバンクの携帯キャリア決済(チャージ額と携帯電話料金を一緒に請求する方法)を使った後払いも可能でしたが、2018年7月に利用停止となりました。