学生でも作れるクレジットカード

クレジットカードの利用は、生活していく上で欠かせないものとなっています

クレジットカードを利用して、日々の買い物や月々の支払いまたはポイント特典などのメリットも見逃せません。

では、学生でもクレジットカードを作ることができるのでしょうか?また、学生でもクレジットカードが作れるのならば、どうすれば審査に通ることができるのでしょうか?

ここでは、学生でも作れるクレジットカードの紹介学生がクレジットカードの審査に通るための方法について解説をしていきます。

学生でもクレジットカードを作ることができる

結論から言うと、学生でもクレジットカードを作ることができます。
ただし、いくら学生だからと言っても高校生以下の学生はクレジットカードを作ることができません。
その理由は、クレジットカードを作ることができるのは、どのクレジットカード会社でも一律18歳以上と決められているからです。

つまり、18歳以上の学生(高校生を除く)であれば、大学生や専門学校生といった学生でもクレジットカードを作ることができます。

クレジットカードの発行資格年齢は18歳から(高校生を除く)

クレジットカードの発行可能な年齢は下記の通りです。

  • 18歳未満:クレジットカードを作ることはできない
  • 18歳以上:クレジットカードを作ることは可能
  • 18歳の高校生:クレジットカードを作ることはできない

ただし、高校3年生で18歳の場合には、18歳以上という条件は満たしていますが、利用者が高校生であるという理由からクレジットカードを作ることはできません。
ただし、例外として海外留学などの場合に限って、会社によっては満15歳から18歳までの高校生に対してクレジットカードを発行してくれるところもあります。
なお、クレジットカードが18歳以上であっても未成年の場合(18歳、19歳の場合)は申し込みに際して親権者の同意が必要になります。
そのため、クレジットカードの申込み時に、親権者にさんに同意書を書いてもらうことになります。学生がクレジットカードを作るための最大のハードルは、どのようにして親権者の同意を得るかです。

クレジットカードをつくるために親を説得するために(親権者の同意を得るためには)どうしたらいいのか

未成年の場合(18歳、19歳の場合)は申し込みに際して親権者の同意が必要になります。
そのため、18歳や19歳の人がクレジットカードを作る際には、どうしてクレジットカード作りたい旨を親に話しておく必要があります。
以下に記載されている順番でなぜクレジットカードを作りたいのをきちんと説明すると、親権者の同意が得やすくなるでしょう。、

  1. なぜクレジットカードが必要なのかを説明する
  2. クレジットカードの利便性の説明
    (ポイント、割引、現金を持ち歩かなくてよいなど
  3. >節度を持った使い方をすると約束する


両親が子供がクレジットカードを作ること不安を感じるのは、子供がクレジットカードを持つことによって無計画にお金を使うようになるのではないかということです。
そのため、クレジットカードをどのように使うのかをしっかりと説明して同意をもらうことが大切になります。

学生のクレジットカード申し込み時の記入内容

クレジットカードの申し込みでは、学生だから社会人と比べて特別に何か記入しなければならないということはありません。
クレジットカード申し込みをする際に、申し込み内容と申込時注意すべきことについて解説いたします。
クレジットカードの申し込み時に記入する内容(実際のカードを参照)は、以下の通りです。

  1. ブランド選択
    国際ブランドである「JCB」「VISA」「Master card」などから選択
  2. カードデザイン選択
  3. 暗証番号
    カード利用時に後で必要になるので、入力と同時に手元にメモをとっておきましょう。
  4. 氏名
    漢字とふりがなを入力します。
  5. メールアドレス
  6. 性別
  7. 生年月日
  8. 電話番号
  9. 住所
  10. 家族、世帯人数、居住年数、居住状況
  11. 住宅ローンや家賃の支払いの有無
  12. 勤め先、学校
    学生の方は「学生」を選択しましょう。
  13. 預貯金額、年収
  14. 他社からの借入額
  15. 支払い口座
  16. 取引の目的
    (生計費を選んでおきましょう。)

国際ブランドとは、日本だけではなく海外でも使えるカードブランドのことです。「VISA」は世界シェアナンバーワンブランドで、 Master cardはVISAに会員数では劣りますが世界的に知名度の高いブランドです。JCBは日本ではシェアが高いのですが、VISAやMaster cardに劣るブランドと認識されつつあります。学生がクレジットカードを発行するのであれば、国際ブランドは、VISA・ Master card・JCBのいずれかにしましょう。
また、申込内容の記載時には年収や他社での借入件数など嘘を書かず、ありのままの現状を正確に記入することです。申込内容の細かい部分はカード会社によって異なりますが、大まかな記入内容はどの会社でも同じです。

学生がクレジットカードの審査を有利にすすめるにはどうしたらいいのか?

学生だからというだけで、クレジットカードの審査において不利になるケースはあまりありません。
ただし、年収やそれらを含めて解説していきます。

年収の申告は正直に行う

クレジットカードの申し込みをする際に年収を記入することになります。アルバイトで収入があるならば、それを記入すればよいのですが、学生の方の中には年収0の人も多いはずです。年収が0ならば、年収0と正直に記入するとよいでしょう。たとえ、収入が0だとしても、学生専用のクレジットカードであれば、審査に通過する可能でありますので、年収は嘘をかかないようにしてください。

親からの仕送りは年収に含めてよいのか?という疑問もありますが、仕送りは収入には入りません。親からの仕送りはあるが、パート・アルバイトをしていないというような状態であるならば、年収0と正直に記入しましょう。

審査が厳しい銀行系のカードは別にして、学生を対象に含めているカードや、学生カードといって学生を対象としたカードの審査において、年収はあまり重視されないのです。これらのカードにおいては、本人の信用力よりも親の信用力のほうをあてにしています。(子供を学校にやれるのだから、親には一定の金銭能力があるはずだと推定できる)そのため、何かマイナスの情報(後述する金融事故情報など)がない限り審査には通りやすいというのが学生カードの特徴なのです。

学生カードとはなにか

学生カードとは学生専用カードのことで、大学生、短大生、専門学校生などを対象としたカードのことです。通常のクレジットカードと比べると、利用限度額が少なく。キャッシングはついていないか、あったとしても少額であることが多いです。

審査が厳しい銀行系のクレジットカードは別にして、学生を対象に含めているカードや、学生カードといって学生を対象としたカードの審査において、年収はあまり重視されないのです。これらのカードにおいては、本人の信用力よりも親の信用力のほうをあてにしています。(子供を学校にやれるのだから、親には一定の金銭能力があるはずだと推定できる)そのため、何かマイナスの情報(後述する金融事故情報など)がない限り審査には通りやすいです。

信用情報に傷がある

学生がクレジットカード(特に学生カード)の申し込みをして落ちるケースの多くは信用情報に関するものです。信用情報とは一体何なのか? 信用情報を傷付けないためには何に気を付けたらいいのかを解説します。

信用情報とは利用者のクレジットカードやローンの申込や利用などの履歴のこと

信用情報というのは、個人信用情報機関に記録されている個人のクレジットカードやカードローンの申し込み、利用、返済などの記録のことです。クレジットカード会社は審査の際に、信用情報機関に照会を行って審査の判断材料のひとつにしています。
信用情報の中でも、長期延滞、債務整理、強制退会などの信用に関するネガティブな情報のことを金融事故情報と呼んでいます。金融事故情報の記録が残っている場合、クレジットカードの審査に通ることが難しくなってしまいます。
住宅ローンや消費者金融でお金を借りたことがないため。金融事故なんて縁がないと思われるかもしれません。
しかし、意外な理由クレジットカードが作れない状態になってしまうことはよくあります。

学生に特有な信用情報に傷がつくケース

携帯・スマホの分割払い料金の滞納

学生が金融事故状態に陥りやすい一番の原因は、携帯・スマホ関連の料金支払いの滞納です。クレジットカードやローンカードを持っていない学生も金融事故になる可能性がある取引なのです。具体的に言うと、携帯・スマホの本体代金を分割支払いで行い、3ヶ月以上滞納してしまったというケースです。

クレジットカードの滞納、カードローンの滞納

既に1枚クレジットカードを作っていて、そこで滞納をしてしまい金融事故情報の記録が残っている場合は新しいクレジットカードの審査に落ちてしまいます。
そのため、日頃からクレジットカードの支払いの返済の遅れがないように、返済日にきちんと返済しましょう。

親(親権者)の信用情報に事故情報記録がある場合は利用者自身の審査に影響するのか

前提条件として、未成年者は親権者の同意が必要で、20歳以上では親権者の同意は必要ないということがあります。
以下、表にしてまとめてみました。

申込者の年齢 親の事故情報の影響
18歳、19歳(未成年) 親の事故情報記録によって落ちる可能性が高い
20歳以上の学生(無収入) 親の事故情報記録によって落ちる可能性がある。
(社内データベースによって、親の信用情報がわかってしまうケースなど)
20歳以上の学生(収入あり) 親の事故情報記録によって落ちる可能性は低い。

未成年の場合は、親権者による同意が必要で、その過程で親の信用情報を調べられ、金融事故情報の記録がある場合、落とされる可能性が高くなります。
その他の場合は、親の事故情報によって落ちるケースは稀です。まず、会社側が親の信用情報を調べる手段がないことが多いということが理由に挙げられます。また、子供が独立して収入を得ている場合は親の信用能力は重視されないことが多いでしょう。

学生でも作れるおすすめのクレジットカード

ここからは学生でも作れるカードを紹介していきます。特におすすめなのは、学生カード(学生専用カード)です。おすすめの理由は、学生が審査に通りやすいというのはもちろんのこと、学生専用のカードなので学生にとってうれしい特典が付いているものが多いからです。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友というブランドが安心の学生カードです。年会費無料、ポイント優遇など通常の三井住友VISAカードよりもスペック的に優れているところもあるおすすめのカードです。

三井住友VISAデビュープラスカードの基本情報
年会費 初年度年会費無料。以降、前年1回利用で翌年度年会費無料。
入会資格 満18歳?25歳までの人(高校生は除く)
利用可能枠 総利用枠 10~30万円
カード利用枠(カードショッピング)  10~30万円
リボ払い・分割払い利用枠 0~30万円
キャッシング利用枠 0~5万円
国際ブランド VISA
ポイントサービス 1,000円利用で2ポイント。入会後3ヶ月は1,000円利用で5ポイント。
ショッピング補償 年間100万円までの買い物を補償
カードランクアップ 満26歳以降最初のカード更新時に「プライムゴールドカード」に切替え。

楽天カードアカデミー

豊富なポイントサービスで有名な楽天カードにも「楽天カードアカデミー」という学生カードがあります。普通の楽天カードとの違いは、書籍購入や旅行での利用にポイントが付与される点です。ポイント還元率が高く、1枚は持っておきたいカードです。

楽天カードアカデミーの基本情報
年会費 無料。
入会資格 満18歳以上28歳以下の学生(高校生を除く)
国際ブランド VISA、JCB
ポイントサービス 街での利用ポイントが100円で1ポイント。楽天市場での利用は基本的に4倍。
カード切り替え 卒業年の6月に楽天カードに切り替え

学生専用ライフカード

ライフカードの学生カードです。海外旅行に対してキャッシュバックなどの手厚いサービスを行っているのが特徴です。

学生専用ライフカードの基本情報
年会費 無料
入会資格 高校生を除く満18歳以上の大学生、大学院生、短大生、専門学生。
国際ブランド VISA、MasterCard/、JCB
ポイントサービス 通常0.5%
利用可能枠 5万円~30万円
特典 海外ショッピングキャッシュバック5%、海外旅行傷害保険(無料)など。

デビットカードなら高校生でも発行可能である

高校生ではクレジットカードを発行することができません。一方。買い物時などの決済手段としてカードが必要という場合は、デビットカードを利用するという選択肢があります。
クレジットカードが後払いなのに対し、デビットカードは銀行口座から即時引き落としになります。そのため、銀行口座にある金額以上の買い物はできませんが、逆に使い過ぎる心配がないというメリットがあります。また、クレジットカードのように立て替えがないため、審査なしでデビットカードを持つことができます。