じぶん銀行カードローンの申込から審査・契約までの流れや審査基準

じぶん銀行はauと三菱UFJ銀行が共同出資ししてつくられた銀行で、銀行に必要なものを全てインターネットやアプリで完結できるインターネット銀行です。じぶん銀行は有人店舗を持たないネットバンキングですが、普通の銀行と変わらず「じぶんローン」というカードローンのサービスも行っています。

ここでは、じぶん銀行のカードローン「じぶんローン」の審査について詳しく説明します。

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の特徴

じぶん銀行のカードローンである「じぶんローン」の主な特徴は以下のようになります。

  • auユーザーは金利がお得になる
  • カードローンの申込みはネット完結(スマートフォンがあればアプリ完結も可能)
  • 借入れ・返済共に365日24時間ATM手数料無料
  • 返済は自動入金も可能
  • 最低返済額は1,000円か

じぶんローンは、通常の借入れの通常コースのほかに、他社の借入れの借り換えや、複数の借入れをまとめるおまとめローンなどの借り換えコースもあります。

auユーザーに対して特典があるのが大きな特徴

じぶん銀行は、auと三菱UFJ銀行が共同出資してつくられた銀行です。よって、auユーザーに対して特典があります。auユーザーであれば通常コースの金利が0.1%、借り換えコースであれば金利が0.5%も低くなります。auユーザ以外の方の実質年率は2.2%~17.5%ですが、auユーザーならば、通常コース2.1%~17.4%、借り換えコースで1.7%~12.5%という低金利で利用できます。
auユーザーの特典としては、他にじぶん銀行の口座を作らなくてもスマートフォンのみで申込みから契約、借入れまで可能です。
申込みはじぶん銀行に口座が無く、auユーザーでない場合でもネット完結で行うことができます。本人確認書類等の提出もスマートフォンやパソコンから簡単に提出できますし、契約もメールで契約内容確認をすることにより行われます。(電話で契約内容確認することもあります。)
そのため、auユーザーにはおすすめの銀行カードローンといえるでしょう。

コンビニATMやすべての金融機関のATMで手数料無料で利用できる

借入れや返済のためのATM利用は365日24時間手数料無料です。利用できるATMは以下のようになります。

  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • コンビニATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行

じぶんローンはこのようにコンビニATMでも、いつでも手数料無料で借入れや返済ができるので、とても便利なカードローンです。
なお、返済に関しては、じぶん銀行の口座を持っていれば、ATMでの入金以外にじぶん銀行の口座からの自動支払いも可能です。口座に返済分のお金さえ入れておけば、じぶん銀行が自動で支払いをしてくれるので、返済日を忘れてしまうことはありません。
じぶんローンの最低返済額は1,000円からです。これは実質年率9%以下の場合です。最低返済額は実質年率13%以下の場合は1,500円、実質年率13%超の場合は2,000円です。
借入限度額によっては実質年率9%以下になるとは限らないので、最低返済額は1,000円から2,000円となると思っていたほうが良いでしょう。

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の申込みから審査の流れ

じぶんローンの申込から審査、借入れまでの流れは以下のような流れです。

  • WEBで申込み
  • 運転免許証などの本人確認書類の提出
  • 審査結果の連絡
  • 契約
  • 借入れ

申込みは24時間インターネットを利用してすることができます。なお、申込や審査には、運転免許証やパスポートといった本人確認書類が必要となるので、申込完了後にインターネットでスマートフォンやパソコンを使って提出します。

審査時には必要書類として本人確認書類が必要となる

本人確認書類は以下のうちのどれか1点のコピーです。

  • 運転免許証(運転経歴証明書)の表・裏
  • 健康保険証の表・裏
  • パスポート(日本が発行しているもの)の写真・旅券・住所・外務大臣印のページ
  • 個人番号カード表面のみ

申込み、本人確認書類提出が済みますと、じぶん銀行の保証会社であるアコム株式会社による審査が行われます。
その際、申告した職場に本当に勤めているかどうか、審査時に勤務先に電話による在籍確認が行われます。在籍確認は担当者の個人名で行われるため、職場の方々にカードローンを利用していることはバレずに済みます。
もしどうしても、申込者の職場への連絡をさけたいのであれば、申し込み完了後すぐに、じぶん銀行に連絡して、勤務先への電話連絡の相談をするようにしましょう。場合によっては、職場への代替措置として書類提出で問題ない場合もあります。

SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なし

アコムプロミスアイフルなどの消費者金融の申込の場合には、じぶん銀行カードローンの審査時の職場への連絡は原則として必須です。(書類提出で回避も可能。)
しかし、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば審査時の職場への電話連絡なしでカードローンの申込が可能です。
どうしても、カードローンの審査時の職場への電話連絡をしてほしくない方は、SMBCモビットのWEB完結申込を検討してみてはいかがでしょうか。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



じぶん銀行の営業時間内(平日9:00~20:00、土日祝日9:00~17:00、12月31日~17:00は除く)であり混雑状況が落ち着いていれば、申込みから審査結果が出るまでは数時間以内に行われます。申込み時間、混雑状況によっては数日かかる場合もあります。
審査に通りますと、メールか電話で審査結果の通知が行われます。審査に通過して融資可能となれば、メールか電話で契約内容を確認し、契約完了となります。

実際の借入れは、じぶん銀行に口座をお持ちの方は契約後すぐに口座へと振込み可能ですが、口座をお持ちでない場合やATMを利用して借入れする場合はローンカードが自宅に届けられるのを待たなければなりません。

ローンカードは申込みから1週間程度で届きます。ローンカードが届きましたら、ATMを利用して借入れ可能となります。
つまりは、じぶん銀行に口座を持っていれば最短で申込みから融資まで即日~数日で融資を受けることができますが、口座を持っていない場合はローンカードの到着を待たなければならないため、融資まで1週間以上かかってしまいます。
そのため、じぶん銀行カードローンから即日融資を受けることはできません。もし、即日融資を希望しているのであれば、即日融資可能な大手消費者金融であるSMBCモビットの申し込みを検討してみましょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

WEB完結申し込みなら職場への電話連絡なし

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、審査時の職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の審査基準

じぶんローンを利用できる条件とは、以下のようなものです。

  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満
  • 安定収入があること(自営業・パート・アルバイト可能)
  • アコム株式会社の保証を受けられること
  • 外国籍の場合は永住許可を受けている場合のみ

この条件に当てはまらないと申込みすらできません。条件に当てはまる人でも、じぶん銀行の保証会社であるアコム株式会社の審査を受けなければなりません。

じぶんローンの審査基準として注目すべきは以下の点です。

  • 最低返済額である1,000円から2,000円を毎月きちんと返済できるのか
  • 過去にアコム株式会社や三菱UFJ銀行で問題を起こしていないかどうか
  • 個人信用情報に問題は無いか

最低返済額である1,000円から2,000円を毎月きちんと返済できるのか
じぶんローンに申込むための条件として「毎月安定した収入があるのか」というものがあります。これは毎月きちんと返済を行うための条件です。じぶんローンの最低返済額は1,000円から2,000円です。毎月、この金額を家賃や他のローン、食費などの出費があってもきちんと払えるくらいの安定した収入が必要です。

安定した収入とあるので、パートやアルバイトの人は月にいくら収入があるのかに加え、勤務期間も重要となります。あまりに短い勤務期間だと今後も同じように働いて同じ額を稼げるのかどうか判断できません。最低でも半年、できれば1年は勤務期間があると安心です。

過去にアコム株式会社で問題を起こしていないかどうか
じぶんローンの審査は、じぶん銀行の保証会社であるアコム株式会社によって行われます。したがって、過去にアコム株式会社で返済の延滞や保証人による返済などがあった場合は、審査に通過することは難しくなります。
また、じぶん銀行は三菱UFJ銀行がauと共同出資をしてつくった銀行です。三菱UFJ銀行でそのような問題を起こした場合も、審査に通りにくくなります。

ちなみに、アコム株式会社はじぶん銀行以外に以下の銀行の保証会社もしています。

  • ソニー銀行
  • セブン銀行
  • 三菱UFJ銀行

これらの銀行で過去に何か問題を起こしてしまった場合も、審査通過は難しいでしょう。

その他、アコム株式会社の子会社としてエム・ユー信用保証株式会社があります。エム・ユー信用保証株式会社が保証会社をしている銀行は以下に紹介します。

  • 山口銀行
  • 千葉銀行
  • 東邦銀行
  • 百五銀行
  • 百十四銀行
  • 武蔵野銀行
  • 滋賀銀行
  • 七十七銀行
  • 秋田銀行
  • 栃木銀行
  • 第四銀行
  • 阿波銀行
  • 山陰銀行
  • 十八銀行
  • 北九州銀行
  • 佐賀銀行
  • もみじ銀行
  • 筑邦銀行

これらの銀行で長期滞納や債務整理などの金融事故を問題を起こした場合も審査に通過することは厳しいでしょう。

個人信用情報に金融事故情報の記録はないのかをチェックする

申込者の個人信用情報とは、以下のようなことをいいます。
ローンの申込状況

  • 現在のクレジットカードやローン残高・支払い状況
  • 長期延滞・保証会による代位弁済・債務整理・金融業者からの強制解約などの金融事故を起こしたかどうか

債務整理とは、借金の減額または支払期日延長を申し立てる手続きのことを言います。具体的には、自己破産や返済中のローンに対しての過払い金請求などのことです。信用情報とは、その人に返済能力があるのかどうかを判断するための情報です。そこには、人種や思想、犯罪歴といった返済能力に関係ないようなことは含まれません。
この個人信用情報は、KSC・CIC・JICC という3つの個人信用情報機関によって管理されています。これら3つの個人信用情報機関のうちのいずれか1つまたは複数に、消費者金融や銀行は加盟しています。
消費者金融や銀行は、申込者の個人信用情報を加盟している個人信用情報機関から受け取り、審査の参考にします。3つの個人信用情報機関は相互に情報のやり取りもしているので、加盟していない個人信用情報機関の情報も得ることが可能です。
ちなみにじぶん銀行、アコム株式会社はKSC、CIC、JICCすべての個人信用情報機関に、三菱UFJ銀行はKSCに加盟していますそれぞれの個人信用情報が個人信用情報機関に記録される期間は以下の表で表します。

ローンの申込み情報 申込み日から6か月
契約・支払い情報 解約日から5年間
延滞に関する情報 完済日から1~5年間
債務整理以外の金融事故 5年
債務整理 5~10年

これらを考慮すると、以下のような場合はじぶんローンの審査に通ることは難しいでしょう。

  • 半年以内にほかの会社のカードローンに申込みをして審査に落ちてしまった
  • 5年以内に延滞や債務整理以外の金融事故を起こしている
  • 10年以内に債務整理をしたことがある

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」の審査に落ちてしまう理由

じぶんローンの審査に落ちてしまった場合、以下のような理由が考えられます。

  • 収入が安定していない
  • 勤務期間が短い
  • 個人信用情報に問題がある
  • 反社会的勢力に関係している
  • 申込み時に虚偽申告をした
  • 過去にアコム株式会社で問題を起こした経験がある

収入を得るタイミングが安定していない(安定した収入がない)

じぶんローンの最低返済額は1,000円~2,000円です。パートやアルバイトで毎月の収入が低い場合でも返済が難しい額ではありません。審査に落ちる原因としては、収入額よりも収入を得るタイミングのほうにあります。
例えば収入を得るタイミングが年に1回や2回という場合や、自由業などでいつ収入が得られるのか不安定な場合は審査に落ちやすいです。

勤務期間が短い

現在働いている会社の勤務期間が短い場合も審査に落ちやすいです。
先ほども説明しましたが、最低でも半年なるべくならば1年は続けて働いていたほうが審査に通りやすいです。

個人信用情報に問題がある

審査基準の項目でで詳しく説明しましたが、個人信用情報に問題がある場合は審査に落ちやすいです。

特に10年以内に債務整理、5年以内に長期延滞・保証会による代位弁済・金融業者からの強制解約をした場合は、審査に落ちる可能性がかなり高いです。

反社会的勢力に関係している

じぶん銀行は反社会的勢力の排除に力を入れています。本人が反社会的勢力に属しているだけではなく、暴力団員等と関係があるかどうか、暴力的、または法的に反した要求行為を行わないことも問われます。
また、現在反社会的勢力に属していない場合でも、5年以内に属していた場合も審査に落ちます。

申込み時に虚偽申告をした

申込みの際に、審査を有利に進めるために虚偽の内容を申告した場合は審査に落ちてしまうでしょう。虚偽申告は信頼関係を壊してしまう行為であり、犯罪になる場合もあります。審査に落ちるだけではなく、ブラックリストに載ってしまうこともあります。

ブラックリストに載ってしまうと、じぶん銀行だけではなくアコム株式会社、三菱UFJ銀行とそこと関連しているところで借入れすることは難しくなります。虚偽申告は絶対にやめましょう。

過去にアコム株式会社で問題を起こした経験がある

じぶん銀行の保証会社はアコム株式会社で、アコム株式会社が審査を行います。したがって、過去にアコム株式会社やアコム株式会社の関連会社で何か問題を起こした場合は審査に通過することは難しいでしょう。
アコム株式会社やその子会社であるエム・ユー信用保証株式会社が保証会社をしている銀行は3-2で紹介しています。

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」に落ちてしまった時はどうしたらいいのか

もしもお金が必要であるのに関わらず、じぶんローンの審査に落ちてしまった場合には以下の方法を試してみてください。融資を受けられる可能性があります。

  • アコム株式会社やその子会社が保証会社をしていない銀行に申込みをする
  • アコム以外の消費者金融に申込みをする
  • 他に借入れしている場合、借入額や借入れ件数を減らす

アコム株式会社やその子会社が保証会社をしていない銀行に申込みをする

じぶんローンの審査を行うのは、じぶん銀行の保証会社であるアコム株式会社です。アコム株式会社やその子会社であるエム・ユー信用保証会社が保証会社をしていない銀行に申込みをしてみれば、審査に通過できる可能性があります。

アコム株式会社やその子会社であるエム・ユー信用保証会社が保証会社している銀行は、3-2で紹介しています。そこで紹介されていない銀行に申込みをしてみてはいかがでしょうか。
具体的にどのような銀行があるのか、主要な銀行を以下の表に紹介します。
ちなみにじぶん銀行カードローンの金利は、2.5%~18.0%です。

銀行カードローン名 金利
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%

アコム以外の消費者金融に申込みをする

消費者金融のカードローンは、銀行系カードローンに比べて金利が高めであり、その分審査に通過しやすいです。銀行系カードローンで審査が通らない人でも消費者金融のカードローンでは通る可能性があります
ただし、じぶんローンの保証会社はアコム株式会社であり、じぶんローンの審査はアコム株式会社が行います。アコム株式会社が運営する消費者金融であるアコムは避けたほうが良いでしょう。
このような条件を持つ消費者金融はSMBCモビットや・プロミスがあります。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。なお、即日融資を希望の場合でも申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間