SMBCモビットは専業主婦でもお金を借りられるのか

専業主婦の人は、ママ友とのランチや月々の美容室代、化粧品代など意外にお金がかかるものです。

結婚前に貯金があったとしても、旦那さんからもらえるお小遣いだけでは足りず、旦那さんに内緒で、お金を借りたい人も多いのではないでしょうか。

SMBCモビットは、申込から融資までをすべてWEB上で完結でき、郵送物なしで利用できるため、家族にバレずにお金を借りられます。そのため、SMBCモビットの利用を検討している専業主婦も多いと思います。

しかし、専業主婦は、パートやアルバイトでの収入がないため、SMBCモビットが利用できるかどうかわからない方もいることでしょう。

当記事では、専業主婦がSMBCモビットでお金を借りられるかどうかについて詳しく解説します。

専業主婦はSMBCモビットからお金を借りられない

専業主婦の人は、SMBCモビットの申込条件を満たしていないため、お金を借りられません。SMBCモビットの申込条件として「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方」と公式サイトに記載されているためです。

一方、主婦でもパートなどをして、月一回以上の収入があれば、SMBCモビットを利用してお金を借りられます。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能


専業主婦が借り入れできない理由は総量規制

専業主婦がSMBCモビットを利用できないのは、貸金業法の総量規制のためです。

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者が個人にお金を貸す場合、利用者の年収の3分の1を超えたお金を貸すことができない規制のことです。総量規制は、貸金業者が、利用者に過剰な貸付をすることで、多重債務者になってしまうことを防止するために、貸金業法によって定められた規則です。

たとえば、年収600万円の人がSMBCモビットから借りられる利用限度額の上限は、総量規制である年収の3分の1にあたる200万円になります。

つまり、専業主婦で年収が0円の場合には、総量規制によって利用限度額の上限も当然も0円になりますので、SMBCモビットを利用することができないのです。

収入を偽って申し込みをしてもすぐに発覚してしまう

専業主婦がSMBCモビットの審査に通りたいからといって、収入を偽って申し込みをしても、すぐに発覚してしまいます。
なぜなら、SMBCモビットの申込時には、収入証明書の提出が必要となるからです。

SMBCモビットに申込む際には、本人確認書類の他に給料明細書や源泉徴収票といった収入証明書類の提出が必要になるため、事実と異なる情報で申し込みをしたとしても審査時に嘘が発覚してしまいます。

そのため、専業主婦の人の場合には、職業や年収を偽って申し込むことはせず、何らかの方法で収入を得てから、SMBCモビットに申し込みましょう。

専業主婦がSMBCモビットを利用するにはどうしたらいいのか

専業主婦がSMBCモビットからお金を借りるには、パートなどで安定した収入を得られるようにしましょう。
SMBCモビットの申込条件には「アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。」と公式サイトに記載があることから、パートなどで安定した収入があれば、正社員以外の雇用形態であっても、SMBCモビットから融資を受けられる可能性が高いからです。

パートをして収入を得る

専業主婦の人は、パートで働いて安定した収入を得ることで、SMBCモビットの審査に通過してお金を借りられる可能性が高くなります。

厚生労働省が発表している「毎月勤労統計調査 平成30年分結果確報」によれば、パートタイム労働者の平均給料は99,827円です。

そのため、専業主婦がパートタイム労働者の平均給料に近い金額を稼げれば、安定した収入があると判断され、SMBCモビットからお金を借りられる可能性が高くなると推測されます。

在宅で内職などの仕事をして収入を得る

専業主婦がパートで収入をことが難しい場合には、在宅ワークで収入を得るようにしましょう。
なぜなら、専業主婦が内職などの仕事を在宅で仕事をはじめて、個人事業主としてSMBCモビットに申し込みをすれば、審査に通ることもあります。

ただし、たとえ収入があっても個人事業主は、会社員よりも収入が不安定であるため、返済能力に問題があるとされ、SMBCモビットの審査に不利になる可能性があります。

そのため、専業主婦が在宅ワークで収入を得てから、SMBCモビットに申し込みをする場合には、必要な分だけ借りるようにしましょう。

可能であれば、希望の利用限度額を5万円~20万円といった少額で申告することで、在宅ワークだけの収入でもモビットの審査担当者から返済能力を認められ審査に通りやすくなるでしょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能


配偶者貸付を利用して消費者金融からお金を借りる

収入がない専業主婦は、配偶者貸付が利用できる消費者金融を利用することでお金を借りるようしましょう。なぜなら、配偶者貸付を利用すれば、収入のない専業主婦でも消費者金融からお金を借りれるからです。

配偶者貸付とは、配偶者と申込者本人の年収を合わせた金額の3分の1までを消費者金融などの貸金業者から借りることができる制度です。

配偶者貸付は、総量規制の「例外貸付け」に分類されているため、配偶者に安定した収入あれば、専業主婦でも貸金業者からお金を借りることができるのです。
ただし、SMBCモビットを含む大手消費者金融では、申込や審査手続が煩雑になるため、配偶者貸付を行っていません、
そのため、配偶者貸付を行っている消費者金融を利用しましょう。配偶者貸付を行なっている消費者金融は以下の表の通りです。

配偶者貸付を実施しているキャッシング・カードローン一覧
消費者金融名 金利(専業主婦が借入する場合) 利用限度額(専業主婦が借入する場合) 配偶者貸付を利用できる条件
ベルーナノーティス 8.0~18.0% 1~100万円 配偶者に安定した収入がある
配偶者の勤務先の申告が必要
配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類が必要
アスカ 18.0~20.0% 5~50万円 配偶者に安定した収入がある
配偶者の勤務先の記入が必要
配偶者に同意確認の電話がある
配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類・配偶者の収入証明書が必要
レディースフタバ 14.959~17.950% 10~50万円 配偶者に安定した収入がある
配偶者に同意確認の電話がある
配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類が必要
キャネット 15.0~20.0% 5~50万円 配偶者に安定した収入がある
配偶者の同意書・婚姻関係を証明する書類・配偶者の収入証明書が必要

配偶者貸付を行っている中小消費者金融に申し込みをすれば、収入のない専業主婦の方でも配偶者に収入があれば、お金を借りることが可能です。
ただし、専業主婦が配偶者貸付制度を利用してお金を借りる際には、消費者金融の申込時に配偶者の同意書が必要です。加えて、実際に配偶者との婚姻を証明できる住民票やなどの書類提出する必要があります。

配偶者貸付を利用する場合には配偶者の同意が必要

配偶者に借り入れを内緒にしたい場合には、配偶者の同意が必要であるため、配偶者の同意が必要な配偶者貸付はおすすめできません。なぜなら、配偶者貸付を利用するには、配偶者の同意書など以下の書類が必要なためです。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票または戸籍抄本)
  • 配偶者の年収を証明する書類(一定額以上の借入の場合)

つまり、配偶者貸付は配偶者の同意があって利用できる制度です。
そのため、夫にばれずに消費者金融から借りたいという場合には、配偶者貸付制度を利用することはできません。そのため、配偶者貸付で利用して消費者金融から借入をする場合、旦那さんに内緒で借入することはできませんので、銀行カードローンを利用するようにしましょう。

なお、夫に借金をばれたくないからと、配偶者の同意書などを偽装すると私文書偽装の罪に問われることもありますから、絶対にやめましょう。

楽天銀行や地方銀行などの専業主婦が申し込み可能な銀行カードローンを利用する

専業主婦が銀行からお金を借りるには、銀行カードローンを利用するといいでしょう。なぜなら、銀行は銀行法という法に従って運営されているため、貸金業法の総量規制の対象ではないためです。

ただし、三井住友銀行やみずほ銀行などの大手銀行カードローンは、申込者に安定した収入がないと申し込みができないいため、専業主婦は申し込みこうとができません。

そのため、収入のない専業主婦の人、専業主婦でも申し込み可能な楽天銀行カードローンや静岡銀行や愛媛銀行などの地方銀行のカードローンに申し込みましょう。

ただし、収入のない専業主婦がカードローンを利用すると、返済時に新たに借金をしてカードローンの返済してしまうおそれがあります。
そのため、専業主婦の人が銀行カードローンに申し込む際には、返済の目処があるかどうかを確認してから申し込みましょう。

審査時に配偶者の勤務先に電話連絡がなされる場合が多い

専業主婦が申し込み可能な多くの銀行カードローンでは、審査時に、申込者への勤務先へ電話連絡があります。
専業主婦が銀行カードローンの申し込こんだ場合、審査時に配偶者の勤務先へ銀行の審査担当者が銀行名を名乗って勤務先へ電話連絡を行います。

そのため、配偶者に内緒で、銀行から融資を受けることは難しいでしょう。ただし、楽天銀行であれば、審査時の在籍確認の電話連絡がないために、旦那さんにバレずにカードローンの利用ができます。

楽天銀行カードローンなら旦那さんに内緒で申し込み可能

専業主婦の人が、旦那さんにバレずにカードローンを利用したいのであれば、楽天銀行カードローンの申し込みましょう。
なぜなら、専業主婦が楽天銀行カードローンに申し込みをした場合、審査時の配偶者への在籍確認の電話連絡がないためです。そのため、配偶者に知られることなくカードローンを利用できます。

そのため、どうしても配偶者に内緒でお金を借りたい専業主婦の人はは、審査時に配偶者の勤務先へ電話連絡のない楽天銀行カードローンへの申し込ましょう。

ただし、専業主婦の人が楽天銀行カードローンを利用する場合、利用限度額の上限は50万円に制限されます。