レイクALSAの2つの無利息期間サービスの上手な利用方法

新生フィナンシャル・グループが2018年4月1日から提供を開始した、無担保ローンサービス「レイクALSA」は、最短即日融資も可能な点や申し込みから借り入れ完了までをネット上で行える点、そしてレイクALSAを初めて利用する方々を対象とした「無利息期間サービス」を儲けている消費者金融カードローンです。レイクALSAでは、大手消費者金融のアコムやプロミスと2つの「無利息期間サービス」を実施しています。

2つの無利息サービスとは借入額5万円までにかかる利息を「180日間無料とするサービス」と、「借入額全額分の利息を30日間無料とするサービス」です。

どちらの無利息期間サービスを利用するのかは、利用者が契約時に選ぶことが可能です。

レイクALSAを初めて契約方であれば、基本的には特別な手続きを必要とすることなく、2種類無利息サービスを利用することが可能となっています。

ここでは、レイクALSAの2種類の無利息期間サービスの詳しい内容をご説明した上で、どちらのサービスを利用した方がより利息総額を抑えることができるのか、また、他のカードローンと比べてどれほど返済時の利息総額がお得になるかについて解説いたします。

2種類の無利息サービスの利用条件と開始日

2種類の無利息期間サービスはあることは、レイクALSAの大きな特徴ですアコムプロミスなどの大手消費者金融カードローン会社でも無利息期間サービス自体は存在しますが、「30日間無利息サービス」のみを提供しているのが現状です。なお、銀行カードローンで無利息期間サービスが利用できるのは、ジャパネット銀行のネットキャッシングのみです。

一方、レイクALSAでは、契約時にこれら2種類の無利息期間サービスの内どちらを利用するのかを利用者自身が選べるようになっています。

レイクALSAの無利息サービスが利用できる条件は、下の表のとおりです。

180日間無利息(5万円まで) 30日間無利息(全額:
対象者 レイクALSAを初めて契約した人
無利息開始日 契約日の翌日から開始
利用限度額(極度額) 1万円?200万円まで 1万円?500万円まで
5万円超分または無利息期間終了後の金利 12.0%?18.0% 4.5%?18.0%

上の表から2つの無利息期間サービスはレイクALSAを初めて利用する方々を対象としたものである点に注意しましょう。(以前、銀行カードローンであった新生銀行レイクに契約していた人も含む)そのため、一度レイクALSAを契約して解約後、その後再度申し込みをした場合には無利息期間サービスは利用することができません。

また、無利息期間の開始日は、契約日の翌日からとなるため、契約後すぐに借り入れを行ったほうが、無利息期間を有効に利用できます。
加えて、無利息期間の中で、利用限度額の範囲内であれば、一度返済して再度借り入れをしても無利息期間での利息はかかりません。

180日間利息無料サービス(借入金額5万円まで)

レイクALSAの180日間無利息期間サービスは、レイクALSAを初めて利用する契約額1~200万円の方を対象に、借入額の内5万円までにかかる利息を180日間無料にするサービスです。
他のアコムやプロミス、アイフルといった大手消費者金融の無利息期間サービスには、180日間無利息サービスは存在しません。よって、レイクALSA独自のサービスです。

この180日間無利息期間は、ローンの初回「契約日」の翌日から適用され(初回「借入」翌日でない点に注意)、無利息期間中は何度借り入れを行っても5万円分までは無利息となります。
なお、5万円を超えた分の借入額については通常のレイクALSAの金利が適用されます。

もし、無利息期間中の返済期日に返済が遅れてしまった場合には、無利息期間が終了となり、遅延損害金や利息の支払いが求められます。そのため、無利息期間を利用する場合には、返済の遅れがないようにしましょう。

30日間無利息サービス

レイクLASAの「30日間無利息サービス」の適用対象となるのは、レイクALSAを初めて利用する方の内契約額が1万円~500万円が対象となります。

無利息サービスを利用することで、借り入れ全額分に対する利息が発生するのを「契約日」の翌日から30日間防ぐことが出来ます。また、この利息無料サービスは無利息期間中に追加で借入を行った分にも適用されます。

なお、全額30日間無利息無利息サービスも、180日間の無利息期間と同様に返済が滞った場合には、無利息期間サービスは停止してしまいます。くわえて、遅延損害金や利息の支払い義務が生じる場合もありますので、返済時には

レイクALSAの特徴

レイクALSA

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資(※)
  • お申込み後、最短15秒審査
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)


全額30日間無利息サービスと180日間無利息サービスの利息額の比較

それでは、30日間無利息サービスと180日間無利息サービスのどちらを利用すれば支払う利息の総額をより低く抑えることが出来るのでしょうか?
2つの無利息サービスの内どちらを利用する方が得なのかは、「借入金額」と「完済するまでの返済回数」によって変化します。
下の表は、借入金額と返済回数との関係から、どちらの無利息サービスを利用した方が利息総額を低く抑えられるのかを表したものです。

               借入金額
返済回数 5万円 10万円 20万円 30万円 50万円
1回 同じ 30日 30日 30日 30日
3回 180日   180日    30日 30日 30日
6回 180日 180日 180日 30日 30日
12回 180日 180日 180日 30日 30日??

※1「30日」…「30日間無利息サービス」
※2「180日」…「借入額5万円まで180日間無利息サービス」

上の表からも分かる通り、返済回数が少ない場合には「30日間無利息サービス」を利用した方が、返済時に支払う利息金額を抑えられます。

一方、借入金額が20万円以下で返済回数が多いケースでは「180日間利息無料サービス」を利用した方が、利息総額を抑えられます。

そのため借入金額が30万円以上の場合には返済回数に関わらず、「30日間無利息サービス」を利用した方が、利息総額を。レイクALSAでの借り入れ金額を30万円以上希望している場合には、契約時に30日間無利息サービスを利用するようにしましょう。

なお、レイクALSA公式ホームページでは返済予定額と返済回数からどちらの無利息サービスを利用すべきかのシミュレーションを行えます。ここでご紹介した表以外のパターンに関して知りjたい方は、借入前にシュミレーションしてみましょう。

他社消費者金融や銀行カードローンなどの利息額の比較

レイクALSAの無利息期間サービスを利用することで節約できる利息総額はいったいどれほどなのかを、他社クレジットカードや銀行カードローンを利用したケースと比較しつつ見てみましょう。

下の表をご覧ください。これは、「レイクALSA」、「プロミス」、「アコム」、「JCBカード(一般 キャッシング枠)」、そして「三井住友銀行カードローン」の5種類のカードローンおける借入金額、及び返済までにかかる利息総額をまとめたものです(レイクALSAにおける利息総額は2種類の無利息サービスの内、より利息総額を抑えられる方を採用した場合の数値を記載)。

借入額10万円を、1カ月で一括返済(返済回数1回)した場合

カードの種類 年率?(上限金利)  返済完了までにかかる利息金額
レイクALSA なし(無利息期間を利用) なし
アコム なし(無利息期間を利用) なし
プロミス なし(無利息期間を利用) なし
JCBカード キャッシング枠 18.00% 1,479円
三井住友銀行カード―ローン 14.50% 1,192円

アコムやプロミス、アイフルといった大手消費者金融会社のカードローンでは、レイクALSAと同様に、初めて借り入れを行う方を対象とした30日間の無利息期間サービスを提供しています。

そのため、借入額の全額を1ヶ月で一括返済するケースにおいては、レイク、アコム、プロミス3社共に返済を行う上で利息は発生しません。つまり、返済時の利息額は0円となります。

一方、JCBカードのキャッシング枠や三井住友銀行カードローンで借り入れを行う場合には、無利息期間サービスが存在しないので、借り入れの翌月に一括返済を行ったとしても利息が発生してしまいます。
このことから、借り入れの翌月に一括返済を行うことを想定してカードローンを組む場合には、レイクALSAやアコム・プロミスでの30日間の無利息期間サービスを利用できるカードローンを活用すべきであることが分かります。

借入額10万円を、6カ月(返済回数6回)で返済した場合

それでは、返済期間が長期にわたる場合、返済時の利息総額はどのように変わるのでしょうか。

カードの種類 年率?(上限金利)  返済完了までにかかる利息金額
レイクALSA 18.0%(180日無利息期間を利用) 1,500円
アコム?? 18.0%(無利息期間を利用分) 3812円   
プロミス 17.8%(無利息期間を利用分) 3769円?
JCBカードキャッシング枠 18.00% 5,649円
三井住友銀行カード―ローン 14.50% 4,268円

このケースでは、借り入れ金額が30万円以下の場合に、より利息額を抑えられるレイクALSAの「5万円まで180日間無利息サービス」を適用した結果の利息総額を表に記載しています。
表の利息総額の欄から分かる通り、5種類のカードローンの中で、レイクALSAの180日間無利息サービスを利用した場合が、返済時の利息額が最もすくなかったです。
そのため、10万円~20万円を借り入れてなおかつ返済期間が6ヶ月で返済を予定している場合には、レイクALSAの180日間無利息サービスを利用するようにしましょう。

借入額30万円を、6カ月(返済回数6回)で返済した場合

では、返済期間はそのままで借入額が30万円に増えたケースにおける各カードローンの利息総額はどの様になるのでしょうか?下の表をご覧ください。

カードローンの種類 年率(上限金利) 返済完了までにかかる利息総額
レイクALSA 18.0%(180日間無利息期間を利用) 1万1,087円
アコム 18.0% 1万1,442円
プロミス 17.8% 1万1,312円
JCB一般カード 18.0% 1万5,391円
三井住友銀行カードローン 14.5% 1万2,810円

借入額30万円を6カ月で返済した場合の各カードローンにおける利息総額は、以上の様な結果となりました。他のカードローンと比べても、レイクALSA利用時の利息総額が依然として低い数値に抑えられていることが見て取れます。

10万円を1カ月で返済したケース10万円を6カ月で返済したケース、そして30万円を6カ月で返済したケースという3つの例からレイクALSAの2つの無利息期間サービスを利用することで、他のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠に比べて、利息額を減らすことが可能です。返済期間や借入額を判断基準としてより効果の高い無利息サービスを利用することで、他のカードローンと比べて借り入れ金額ごとに利息総額を抑えやすい仕組みが整っている点が、レイクALSAの強みです。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資(※)
  • お申込み後、最短15秒審査
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円
審査時間お申込み後、最短15秒
融資までの時間最短即日融資も可能(※)