アコムACマスターカードでETCカードは発行できるのか?

消費者金融大手アコムが発行する「アコムACマスターカード」は、年中無休(年末年始を除く)でいつでも申し込みを受け付けており、自動契約機(むじんくん)でカードの即日発行も可能な点から、申し込む検討しておられる方も多いかと思います。

クレジットカードを選ぶポイントはいくつかありますが、そのうちの1つがクレジットカード発行時に同時に「ETCカードを発行できるか?」という点です。

クレジットカード発行時にETCカードを追加発行できるかどうかは、クレジットカード会社により異なります。

結論からいいますと、アコムACマスターカードは、ETCカードを発行することはできません。

では、アコムACマスターカード利用者がETCカードを入手するためにはどのような方法があるのでしょうか。

アコムACマスターカードはETCカード発行ができない

結論から言うと、アコムACマスターカードではETCカードを発行することは出来ません。アコムACマスターカード発行時にETCカードをできない理由は、アコムがETCカードの取り扱いを行っていないのためです。

そのため、アコムACマスターカードを所持又はその利用を検討している方が、ETCカードを手に入れる為には、ETCカードを追加で発行可能な他のクレジットカードを作成するか、もしくはクレジットカード不要のETCカードを発行する必要があります。

アコムACマスターカードを持っていてETCカードを発行したい場合

では、アコムACマスターカード利用者がETCカードを発行する為にはどうすればよいのでしょうか?ETCカードを手に入れる方法は、大きく分けて次の2つです。

  • ETCカードを発行可能な他社のクレジットカードを作成する
  • クレジットカードを必要としないETCカードを発行する

アコムACマスターカードをもっていても、アコムでETCカードを発行できないため、ETCカードが発行できる他社クレジットカードを発行するか、クレジットカードを必要としないETCカードを発行する方法があります。
ETCカードをすぐに手に入れたい場合には、カード受け取りまでの期間が短いETCカード発行に対応した他社クレジットカードを申し込むことをおすすめします。

ETCカード発行に対応した他社クレジットカードを申し込む

ETCカードを入手する1つの方法は、ETCカード発行に対応したクレジットカードを発行し、その上でETCカードを追加発行します。
そのため、他の会社のクレジットカードを発行する必要があります。

他社クレジットカードを発行するメリット

豊富なプランの中から自分に合ったものを選べる点

クレジットカード会社は、独自のポイント還元率や利用限度額、年会費無料キャンペーンといったさまざまな取り組みをしています。
これらの細かい条件を吟味した上で自分に適したカードを選べる点が、パーソナルカードやコーポレートカードとの最大の違いと言えます。

ETCの利用でポイントが貯まる

クレジットカードの中には楽天カード三井住友VISAカードの様な、ETCを利用した際に「ETCマイレージ」と同じ様にポイントが貯まるものが多く見られます。
ETCマイレージとは、高速道路や指定区間を走行した際に発生する利用料金の一部を、ポイントとして還元するシステムです。
ETCマイレージへの登録は入会金や年会費は無料ですが、申し込みには、「ETCカード」「車両番号」「車載器管理番号」の3つが必要です。
そのため、仕事などで車を利用する機会の多い方は、ETCカードの申し込みが可能な楽天カードや三井住友VISAカードに申し込みを検討しましょう。

ETCカード受け取りまでの日数が短くて済む

カード会社によって異なりますが、クレジットカードの発行期間は、申し込みから発行まで最短で即日~3営業日以内に行うことが可能です。
ETCカードの発行がクレジットカード発行の後に行われることを考慮しても、ETCカードをクレジットカード申し込み日から一週間程度で受け取ることができる様になっています。
そのため、すぐにETCカードを発行したい場合には、ETCカード発行に対応した他社クレジットカードを申し込むようにしましょう。

デメリットはクレジットカード発行時の審査が行われること

クレジットカードを発行する為にはクレジット会社による審査に通過必要があります。
クレジットカードの申し込み時点における年収や借入額、そして、クレヒスが悪い(長期の延滞や債務整理の記録といった金融事故の履歴)と場合によっては、クレジットカード自体の発行ができないケースもあり得る点に注意しましょう。

もし、過去に長期の返済の延滞や債務整理をしたことがある場合には、クレジットカードのクレジットカードの発行は難しいです。
そのため、過去に長期の滞納や債務整理といった悪いクレヒスがある場合には、クレジットカードを必要としない(審査のない)ETCカードを発行するのがおすすめです。

ETCカードが発行可能なクレジットカード

ETCカードを発行する目的でおすすめするクレジットカードは、JCBを発行元とした「JCBカードW」です。JCBカードは日本国内での加盟店舗数がVISAカードの約2倍を記録しており、幅広い場面で利用できるのが最大の特徴です。加えて、年会費永年無料で高倍率のポイント還元を受けられる点やETCカード及び家族カードを無料発行できる点、更には旅行保険機能をも有している点といったさまざまな強みを備えています。

また、ETCを頻繁に利用する方には三菱UFJ銀行が発行する「VIASOカード」がおススメです。年会費無料や発行手数料無料に加え、ETCカード利用分や携帯電話料金の支払いで2倍のポイントを受け取ることができます。こちらもJCAカードWと同様に、家族カードの発行や旅行保険機能の付与が可能となっています。

デビットカードではETCカードを作成できない

更に、ETCカードの発行を検討する上で重要なポイントがあります。それは、クレジットカードの種類に限らず「デビットカードではETCカードを作成できない」という点です

デビットカードでETCカードを発行できない理由、それはクレジットカードとデビットカードにおける決済時期の違いにあります。
クレジットカード利用分の支払いは「毎月○日締めの翌月△日払い」という様に、一定期間における利用分を後日まとめて支払う仕組みとなっています。

一方、デビットカードの場合では、利用分の金額が即座に指定の銀行口座から引き出される仕組みとなっています。この「即座に」という部分に、デビットカードではETCカードが発行不可能な理由があります。

すなわち、即時決済を行った際に指定口座に十分な預金が存在しない場合、高速道路のゲートを通過出来ずに渋滞を招くといったトラブルが発生する危険性があるのです。こうした可能性を考慮し、ETCカードではクレジットカードと同じ「後日決済」の仕組みが採用されています。

ETCパーソナルカードやETCコーポレートカードは審査なしで発行できる

2つ目のETCカード入手方法は、クレジットカードの発行を行わずにETCカードのみを入手する方法、すなわち「ETCパーソナルカード」又は「ETCコーポレートカード」への申し込みを行う方法です。

ETCパーソナルカードとETCコーポレートカードは、どちらも東/西/中日本高速道路株式会社を始めとする、高速道路会社が共同発行するETCカードのことです。なお、ETCコーポレートカードは、法人や個人事業主を対象とした業務用ETCカードとしての性質を有しています。

これらETC機能専用カードを発行する上での最大のメリットは、発行時に審査を受ける必要が無い、と言う点です。運転免許証といった必要書類の提出を始めとする基本的な手続きのルールを守りさえすれば、申し込みを行うことでほぼ確実にETCカードを受け取ることができます。

ETCパーソナルカード発行に伴うデメリット

クレジットカード経由でETCカードを入手するケースと比べて手続きに要する期間やデポジット(保証金)の預け入れといった点でデメリットが存在するのもまた事実です。
ETCパーソナルカード及びETCコーポレートカードを発行する際のデメリットを詳しく解説いたします。

カード申し込みまでの手続きに手間がかかる

ETCパーソナルカードを申し込む為には、「ETCパーソナルカード利用申込書」を同カード事務局宛に郵送する必要があります。しかしこの申込書は、ネット上でダウンロードすることが出来ません。その為、申込書を高速道路のサービスエリアまで取りに行くか、若しくは電話で申し込み用紙を取り寄せる必要があります。
更に、カード発行に際して書類の郵送という手順を踏む為にどうしてもカードを受け取るまでに時間がかかってしまいます。(一般的に、デポジット納入からカードが届くまで約2週間ほどかかるとされています)。

デポジットが高額である

ETCパーソナルカードに申し込む時点で預け入れるデポジットの金額は、「平均利用月額の4か月分」とされています。ですが、同カード事務局ではこの「平均利用月額」を5,000単位の切り上げ方式で計算しているので、最低でも申し込み時点で5,000 × 4(4か月分) =2,0000円を預け入れなければいけません。

また、支払いの済んでいない利用分の金額がデポジット分の80%を超えた場合、ETCパーソナルカードが使用不可能となる点にも注意が必要です。

ETCコーポレートカード発行に伴うデメリット

高額なデポジットの預け入れが必要である

ETCコーポレートカードの申し込みには、ETCパーソナルカードの場合と同様にデポジットの事前預け入れが必要となります。加えて、ETCコーポレートカードにおけるデポジットの最低必要額は10万円(ETC利用額の4カ月分)と、ETCパーソナルカードの場合と比べて高額である点にも注意しましょう。

複数の車両間で同一カードの併用ができない

ETCコーポレートカードは、車両一台ごとに1枚設定されています。このルールに反して同一カードを複数の車両に対して使用した場合、違反金の支払いなどのペナルティーを受ける可能性も考えられます。

ETCマイレージを利用できない

ETCコーポレートカードでは、ETCマイレージの利用登録は出来ません。
また、あくまで業務用ETCカードであるために、一般的なETCカード利用者を対象とした乗り放題プラン等への登録もできません。

これらが、ETC機能専用カードの発行に伴うデメリットです。クレジットカードの審査を受けることなくETCカードを入手できる点は非常に魅力的ですが、日常生活の中でそれほどETCを利用しない方の場合はデポジットの預け入れが負担になったり、あるいはETCの利用に応じた各種割引制度の恩恵を受けづらいといった面もある様です。

ETCの利用に留まらずショッピングや各種支払いといった幅広い場面で活躍するカードが必要な方には、ACマスターカードの他にクレジットカードを申し込み、クレジットカード経由でETCカードを発行する方法が適しています。逆に、仕事柄ETCを頻繁に利用する方であれば、ETC機能専用カードを発行した方が各種割引制度を始めとしたより多くの恩恵を受けることができます。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
  • はじめての方は最大30日間キャッシング金利が0円

実質年率 10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング) 10~300万円
審査時間 最短30分
カード発行の時間 最短即日発行可能