アコムACマスターカードのキャッシングの利用

消費者金融アコムといえば「はじめてのアコム」といったテレビTV有名ですがアコムにはクレジットカードの取り扱いもあります。

アコム発行のクレジットカードは「アコムACマスターカード」という名称です。このアコムACマスターカードは年会費無料で、ショッピング利用・キャッシング利用いずれも可能です。
さらに、アコムの自動契約機「むじんくん」を利用すれば即日発行も可能なため人気があります。
しかし、消費者金融発行のクレジットカードは他にはないため、他のクレジットカードと同じ使い方で問題ないのか気になりますよね。

ここでは、アコムのACマスターカードを利用してキャッシングするときに知っておきたい項目を詳しく解説します。
キャッシング方法はもちろん、金利や利用限度額などの条件から返済方法まで詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能


ACマスターカードを利用したキャッシングの借り入れ方法

アコムACマスターカードを利用するには、申込み後審査に通過して、カードを発行してもらうことが必要です。その後、そのカードを使ってATMでキャッシングするという流れです。

アコムACマスターカードは申込み後の必ず審査がある

まずはアコムACマスターカードに申し込みをして審査に通過することが必要です。
クレジットカードは担保も保証人も必要ない代わりに、利用者に安定した収入があることが必須項目だからです。
申し込みのときに申告する年収や勤務先の情報や、住んでいる住居の種類、他社の借り入れ状況などから返済能力が評価されます。
また、個人信用情報機関の記録を照会して、過去に長期の滞納や自己破産や金融事故がないかもチェックされます。

ACマスターカードは、他のクレジットカードと比べて独自の審査を行っているため、他のクレジットカードに落ちてしまっても、ACマスターカードの審査には通る場合あります。

なぜなら、消費者金融は、銀行や信販会社とは審査基準が異なる、ローンやクレジットカードを利用したことがない人や、ローンの申込や借入返済の記録である信用情報にがなに記録がも残っていない人にも積極的にカード発行しているからです。

なお、ACマスターカードの審査基準はアコムカードローンの審査基準と同様です。

審査時に申込者の勤務先への電話連絡がある

ACマスターカードの審査では、電話連絡による勤務先の在籍確認は必須です。在籍確認とは、申し込み情報として申告した勤務先で本当に働いているのかを確認することです。
また、在籍確認とは別に、申し込み者本人宛にも確認電話が入ります。
これは、申し込みフォームで連絡先として指定した自宅の固定電話か携帯電話に電話が入ります。

つまり、勤務先の在籍確認の電話と、申し込み者宛の確認電話が入りますのでACマスターカードの審査では2つの確認電話が入るということになります。
この申し込み者本人に確認電話が入るときに、審査担当者による詳しいヒアリングも行われます。

在籍確認の電話連絡をどうしてもさけたい場合には書類提出が必要になる

ACマスターカード発行の際には、原則として審査時の勤務先への在籍確認の電話は必須です。
ただし、下記のような理由で、在籍確認の電話確認ができないできない、あるいは在籍確認の電話をどうしても避けたい場合があります。

  • 勤務先に電話をしても申込者本人に取り次いでもらえないような場合
  • 勤務先に個人宛の電話がかかってくることがないので職場の人に不審に思われる場合

会社名の入った健康保険証などの書類提出をもって在籍確認の電話の代わりできる

どうしても在籍確認の電話して勤務先を確認することが、できない場合などは、アコムの担当者の判断で電話以外の方法に変更してもらえることもあります。
電話以外の在籍確認としてアコムの審査担当者から提案されるのは、下記の3つ方法です。

  • 会社名の入った健康保険証(健康保険証)と直近の一か月分の給与明細書を提出する
  • 写真が付いた社員証を提出する
  • 雇用契約書を提出する

この中でも、申込者が提出しやすい書類ということで、勤務先が記載されている健康保険証と直近の1か月分の給与明細を一緒に提出することが一般的なようです。もし、過去1年以内にボーナスをもらっている場合には、賞与明細書も必要になります。月々の給与明細書のみを提出すると、たとえボーナスがあってもアコム側が「給与明細書」に記載されている金額のみを元に年収を算出するので注意してください。

ACマスターカードの契約時に必要な書類は運転免許証などの本人確認書類

アコムACマスターカード発行のために必要な書類は、本人確認書類などの書類が必要です。アコムで有効な本人確認書類は次の通りです。(こちらも、アコムカードローンと同様です。)

  • 運転免許証
  • 健康保険証(マイナンバーカードなども必要)
  • パスポート

健康保険証やパスポートも本人確認書類として使用できますが、下記の書類が必要となります。また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には、下記のあげるいずれかの必要です

  • 公共料金の領収書(電気・水道・ガス・固定電話・NHKなどの領収書)携帯電話の領収書は不可
  • 社会保険料の領収書
  • 国税、地方税の領収書
  • 納税証明書

上記にあげた書類は発行日または領収日付から6か月以内の最新のものが有効となります
ネットでの申し込みの場合には、これらの本人確認書類などの必要書類の写真を撮影してそのデータをメールに添付しておくります。

収入証明書が必要な場合には本人確認書類と同じく写真データを送付する必要がある

収入証明書が必要な場合には以下の通りになります。

  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 利用限度額+他社からの借入額の合計が100万円を超える場合

アコムACマスターカードは即日発行が可能

アコムACマスターカードの審査結果は、申し込みをした当日に出ることか多いです。
審査回答時間は土日祝日も含めて9:00~21:00です。審査通過の連絡を受け、契約後、自動契約機(むじんくん)でカードを発行し、契約手続きが完了すれば利用開始です。アコムでは、ここまでの流れを最短即日で完了させることができます。
申し込みの当日にカード受け取りまでできるクレジットカードは少ないため、この点は、アコムACマスターカードのメリットです。
アコムACマスターカード以外には、エポスカードやPARCOカードなど、ごく一部店頭でカードの受け取りができるクレジットカードが即日発行に対応しています。
カードを当日発行するには、アコムの店舗に来店して自動契約機「むじんくん」を利用する必要があります。
アコムホームページからインターネット申込をして、審査に通過してからむじんくんでカード発行する、という流れでも問題ありません。

なお、アコムの公式ホームページの店舗・ATM検索ページに、ACマスターカードの即日発行可能な契約機を検索することが可能です。

キャッシング枠の利用限度額の範囲内で借り入れできるようになる

無事審査通過となれば、審査通過後の契約手続きでカードの限度額が案内されます。
アコムACマスターカードでは、ショッピング機能とキャッシング機能の両方があります。
キャッシング機能は自動的に付いてきますが、ショッピング専用でACマスターカードを使いたい人はキャッシングを利用しなければそれで問題ありません。
ATMで現金を借り入れできる上限の利用枠は、キャッシング枠の限度額までです。
いくらまで借り入れ可能か確認できれば、必要な金額をATMから引き出します。

キャッシング利用方法は簡単で、アコムACマスターカードが提携しているATMにカードを通し、暗証番号と利用金額を入力するだけです。

ACマスターカードでキャッシングできるATMの種類

ACマスターカードでキャッシングできる提携ATMは以下の通りです。

  • アコムの自社ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 銀行ATM(三菱UFJ銀行など)
  • ローソンATM
  • イーネット

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループのため、提携ATMが充実しています。

手数料を節約したいならアコムの自社ATMから引き出しを行う

このうち、手数料無料でキャッシングできるのは、アコム店舗内にあるアコムATMです。
アコムATMは、アコムのカードローンと、アコムACマスターカードのキャッシング両方で利用可能です。
なお、アコムの自社ATMは、アコムの公式ホームページ「店舗・ATM検索」より検索が可能です。

コンビニなどの提携ATMの利用手数料

自宅や職場の近くなどで、キャッシングしたいときは提携先コンビニATMがおすすめです
アコムATM以外の金融機関やコンビニの提携先ATMでは、以下のATM手数料が発生します。

  • 1万円以下:108円
  • 1万円を超える金額:216円

提携ATMで少額ずつ何度も引き出すと手数料がかさんでしまいます。そのため、計画的に利用しましょう。

土日や夜にキャッシングするにはアコムの自社ATMかコンビニATMがおすすめ

夜にキャッシングしたいときは、アコムATMかコンビニATMがおすすめです。
アコムATMの営業時間は年中無休で24時間営業です。土日でも、深夜でも、いつでもキャッシング可能というのは安心感につながります。
コンビニATMも、メンテナンス時間を除きほぼ24時間利用できます。

なお、アコム店舗は22時を過ぎると入り口のドアがロックされてしまいます。
店舗のドアは自動で開きませんが、入り口のカードリーダーにカードを通すことでロックを解除することができます。

海外でキャッシングする方法

ACマスターカードはマスターカードブランドのクレジットカードのため、海外キャッシングも可能です。
日本国内と同じように、ATMにカードを通して暗証番号と利用金額を入力すれば、現地通貨を引き出すことができます。
ACマスターカードでキャッシングできるのは、MasterCard対応のATMで、「Cirrus(シーラス)」マークがついたATMです。

海外キャッシングの返済は、マスターカード決済センターで売上データを処理した日のレートで日本円での請求額が決まり、後日リボ払いで返済することになります。

アコムACマスターカードの金利や限度額

アコムACマスターカードでキャッシングするときの金利と限度額について見ていきましょう。

ACマスターカードのキャッシング時の金利は3.0~18.0%

アコムACマスターカードには2種類の金利があります。

ショッピング利用に金利があるのは、ショッピングの支払いがリボ払い専用であるためだからです。
このうち、ATMで現金を引き出すキャッシングを利用した場合は、年3.0~18.0%が適用されます。
これは、アコムのカードローンを利用するときと全く同じ金利です。
最低金利の年3.0%から最大金利の年18.0%まで幅がありますが、初回の契約で年18.0%より低い金利が適用されることはまれです。
低い金利は限度額が増えていくことで適用されるようになるからです。
はじめて利用する人は返済実績がなく、返済能力が不明のため、上限金利が設定されることになります。

利用限度額は最大800万円であるが総量規制の対象であるため利用者の年収の3分の1が上限ととなる

アコムACマスターカードの限度額は最大800万円です。
そのうち、ショッピング枠は最大300万円までとなります。
実際の利用限度額は、申込み時の審査で決まりますが、ショッピングとキャッシングの限度額がそれぞれ個別に決まります。

単純にカードの利用上限がそのままキャッシングできる金額になるわけではありませんので注意しましょう。
カード利用上限は、「カードローン契約極度額」(キャッシングの限度額)または「クレジットご利用限度額」(ショッピングの限度額)のどちらか高いほうの金額になります。

たとえば、ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が20万円の場合、現金を借りられる上限は20万円までです。

上記の場合、ショッピングの利用が10万円までなら、キャッシングは利用枠の上限である20万円まで現金を引き出せます。

しかし、ショッピングを20万円利用している場合、限度額の残りは10万円となるため、キャッシングで引き出せる金額も10万円までとなります。

キャッシングは総量規制の対象

ACマスターカードを発行するアコムは貸金業者のため、貸金業法という法律で決めれられた総量規制が適用されます。
総量規制とは、貸金業者からの借り入れの上限は年収の1/3までになるという決まりのことです。
アコム以外の消費者金融や、他社クレジットカードのキャッシング枠を利用しているなら、その金額とACマスターカードのキャッシング枠の上限は年収の1/3を超えることができません。

キャッシングでの返済方法や返済期日

アコムACマスターカードで利用できる返済方法と、毎月の返済日について確認しておきましょう。

返済方法

アコムACマスターカードには、以下の6種類の返済方法があります。

  • 口座振替(自動引き落し)
  • コンビニや金融機関提携先ATM
  • アコムATM
  • 銀行振込
  • インターネット返済
  • 窓口返済

たくさんの返済方法が種類がありますが、利便性や手数料から、自分に合っていると思うものを選んで返済していくことになります。

口座振替(自動引き落し)

口座振替は、あらかじめ登録しておいた金融機関から、毎月の返済日に最低返済額を引き落としする方法です。
クレジットカードの返済方法としては最も一般的な方法です。

引き落とし用口座の残高不足に気をつけてさえいれば、返済忘れの心配がないのがメリットです。
まとまった金額を長期的に返済するときにおすすめです。

また、返済のための手数料がかからないのがメリットです。

提携ATMでも返済可能

コンビニや銀行などの提携ATMでは、キャッシングの借り入れができるほか、毎月の返済も可能です。
預金のキャッシュカードで預け入れをするようなイメージで、ATMに最低返済額以上の入金を行えばその月の返済が完了となります。

返済に使える提携ATMは、基本的に借り入れ時に使えるATMと同じです。

ただし、例外としてローソンATMとファミリーマートなどのイーネットATMはACマスターカードの返済には利用できません。
また、コンビニや銀行のATMは108~216円の利用手数料がかかります。
ATM返済は、支払い回数が小さいときにおすすめです。

たとえば、2~3万円など少額のキャッシングだけなら、数ヶ月で返済できるはずです。
その場合は、わざわざ自動引き落としを設定するよりも、ATM返済がおすすめです。

アコムATM

日本全国のアコム店舗に来店して、アコムATMで支払いする方法です。
メリットはATM手数料が無料となることです。クレジットカードの返済は毎月欠かさず行いますので、年間で考えると千円~数千円の出費になります。
アコムATMで支払えば、手数料がすべて無料となります。

ただし、コンビニや銀行と比べて、アコムの店舗に毎月定期的に入るのは、人目が気になってしまうというデメリットがあります。
特に見られても気にならない人におすすめです。

銀行振込

アコムの返済用口座に月々の返済額を銀行振込で支払う方法です。
こちらは、ATM返済と同じく、返済回数が少ない人におすすめです。
ネット銀行やインターネットバンキングを利用すれば、自宅のPCやスマホから返済することも可能です。ただし、支払いに必要な振込手数料は利用者負担となります。なお、アコムの返済用口座は三菱東京UFJ銀行の口座です。

インターネット返済

こちらはアコムの会員ページからインターネット上で返済手続きをする方法です。
インターネット返済は、利用手数料が無料なのがメリットです。

店頭窓口での返済

窓口返済は、アコムの有人店舗に来店して手渡しで返済する方法です。
無人店舗のアコムATMで返済できますので、窓口返済の利用機会はあまりないでしょう。
アコムは無人店舗が多く、窓口が設置されている店舗は限られています。
窓口返済するには、アコムの公式サイトで最寄りの有人窓口を確認しておく必要があります。
店舗窓口の営業時間は平日9:30~18:00となっています。

返済期日は

続いて、アコムACマスターカードの毎月の返済期日の決まり方を説明します。
ACマスターカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、それぞれ別に請求される仕組みになっています。
キャッシングとショッピングの両方を利用した場合は、それぞれ異なる請求日に支払いを行いますので、月に2回返済日があることになります。ACマスターカードの返済期日は、以下の3種類のパターンで決まります。

  • 35日ごと返済
  • 毎月指定日返済
  • (口座振替は毎月6日)

なお、利用者が特に返済期日を指定しなかった場合は、35日ごと返済が適用されます。
いずれも返済期日が休日の場合は、アコムの翌営業日が期日となります。

35日ごとの返済

35日ごと返済は、初回借り入れ日の翌日から計算して35日後が返済期日になる方式です。
たとえば、6月1日に初回の借り入れをすると、翌日から35日後は7月6日なので、その日が返済期日となります。
ここで、仮に7月1日に返済したとすれば、その翌日から35日後が次回の期日となります。
つまり、2回目の支払いは8月5日までに行うという流れです。
35日間の間には、必ず給料日が含まれますので、いつ返済するかの自由度が高い方式です。

毎月指定期日での返済

毎月指定期日返済は、利用者が好きな日にちを指定する方法です。
給料日の当日など、返済しやすい日を自由に指定できます。
たとえば、利用者の給料日が毎月15日なら、アコムの返済日も15日にしておけば返済しやすくなるでしょう。

口座振替の場合

口座振替(自動引き落とし)を選んだ場合は、自動的に毎月6日が返済日と決まります。
引き落とし日は選ぶことができませんので注意してください。

アコムACマスターカードのキャシング利用時の注意点

即日発行が可能でキャッシングも便利なアコムACマスターカードですが、ひとつ重要な注意点があります。
それは、ACマスターカードのキャッシング枠はカードローンのため、ACマスターカーでキャッシング機能を利用すると、アコムのカードローンを利用したのと同じ扱いになるということです。
そのため、アコムACマスターカードを持っている状態でアコムのカードローンに申し込みをすると、重複申し込みの扱いになってしまいます。

キャッシング専用で利用しようと考えているなら、最初からアコムのカードローンに申し込んだ方がよいでしょう。
アコムのカードローンなら、初回契約時に35日ごと返済を選ぶと30日間の無利息期間サービスがあり、銀行振込でのキャッシングも利用できるからです。

キャッシングを利用したいのならアコムのカードローンを、ショッピングがメインに利用するであればアコムACマスターカードを選ぶのがおすすめです。

アコムACマスターカードの特徴

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードは消費者金融のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用可能。ACマスターカードは年会費無料で使える上、最短即日発行という特徴やキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能



アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間