レイクALSAの利用限度額を増額する方法

レイクALSAでの利用限度額が上限に達しそうで、利用限度額を増やしたい人も多いことでしょう。

レイクALSAの契約後に利用限度額を上げたいときは、利用限度額の増額の申し込みをすれば、融資枠を上げられます。

利用限度額を上げる場合、案内が来ているかどうかで、申し込み方法や手続きに違いがあります。

レイクALSAの利用限度額の増額を検討しているのであれば、レイクALSAからの案内の有無と申し込みの方法を知りたいですよね。

ここでは、レイクALSAの案内の確認方法増額の申し込みの方法について詳しく解説いたします。

レイクALSAの利用限度額を増額する流れ

レイクALSAの利用限度額を増額する流れは以下の通りです。

  1. 増額申請を行う
  2. 仮審査を受ける
  3. 仮審査に通過後申し込みを行う
    (レイクALSAから案内がきていれば、増額申請や仮審査なしで申込可能)
  4. 増額審査(本審査)
  5. 審査通過後、利用者自身で利用限度額の変更を行う

レイクALSAから案内がきている場合と、案内がない場合で、利用限度額の増額の流れは異なります。

  • レイクALSAから増額案内が来ている場合
    増額申請や仮審査不要でWEB・自動契約機や提携ATM・電話のいずれかから申し込む
  • レイクALSAからの増額案内がない場合
    増額申請後、仮審査を受けて、限度額アップと判断されれば、電話から申し込む

レイクALSAから案内が来ている場合、レイクALSAの会員ページや自動契約機や提携ATM、電話から増額申請をすることなく申し込みが可能です。

一方、案内が来ていない場合には、増額申請後、仮審査を行い、増額が可能と判断されれば、電話で増額申し込みを行います。

レイクALSAでは、利用限度額の増額の申し込み後、本審査を行います。

申込後本審査に通過すれば、新たに決定された利用限度額の範囲内で、利用限度額を上げられます。

それでは、レイクALSAの利用者は、案内が来ているかどうかをどのように確認したらいいのでしょうか。

増額案内の確認方法と申し込み方法

レイクALSAでは、利用者の年収や利用実績を元にして、一定の条件をクリアしている候補者を決め、利用限度額のアップの案内をしています。
以下に該当する人は、レイクALSAから優良顧客と認められ、増額の案内が届いている可能性があります。

  • レイクALSAに契約してから3か月~6か月以上利用している(利用実績がある)
  • 契約時から遅延や延滞を起こした事がない
  • 繰り上げ返済や完済をしている
  • 初回契約時から他社借入金額や他社借り入れ件数が増えてない
  • 契約後よりも年収が増えた

上記の条件にひとつでも該当している人は、すでにレイクALSAから案内が届いている可能性があります。レイクALSAから案内がきているかどうかは、公式サイトのQ&Aにあるように以下の方法で確認できます。
レイクALSA
レイクALSA会員ページにログインして、以下の方法で増額案内が来ているかの確認をしてみましょう。
レイクアルサの増額案内
レイクアルサの増額案内(引用:レイクALSA公式HPより)

  1. レイクALSAの会員ページにログインする
  2. メニュー画面にある「お取引状況」のボタンを選択する
  3. 「お借入れ可能額」にある「増額確認」のボタンを確認する

レイクALSAの案内が届いている人は、担当者から優良顧客と認められているため利用限度額を上げやすく、その上、申し込みから審査完了までの時間は、30分~1時間程度です。
そのため、利用限度額の増額の申し込みをおすすめします。
ただし、レイクALSAから案内があったとしても、必ずしも増額審査に通るとは限りません。

案内がある場合の増額申し込み方法

それでは、レイクALSAから案内がある場合の申し込みを方法みてきましょう。
レイクALSAから案内がある場合の申し込み方法は下の表の通りです。

申し込み方法 受付時間 案内の確認方法 申し込みをおすすめする人
レイクALSAの会員ページ 24時間 レイクALSAの会員ページに「増額確認」のボタンが表示 その場で申込をしたい人(来店不要)
自動契約機 平日8:00~22:00土日・祝日8:00~22:00 毎月第3日曜日8:00~21:00 画面上やアナウンスで案内があり 増額についての相談をしたい人(来店が必要)
提携ATM
電話 平日10:00~18:00 電話口でオペレーターが確認 増額についての相談をしたい人(来店不要)

申込方法は、レイクALSAの会員ページ、自動契約機や提携ATM、電話での申込の4通りです。
中でも、24時間受付しており、スマホからその場で申し込み可能なレイクALSAの会員ページから申し込みがおすすめです。

ただし、レイクALSAの担当者に、手続きや増額後の返済額についての相談をしたい場合には、自動契約機・提携ATMもしくは、電話から申し込むようにしましょう。

レイクALSA会員ページからの申し込み

レイクALSAの会員ページ内の「増額確認」のボタンをクリックし、レイクALSAの会員ページから増額申し込みを行いましょう。
レイクALSAの会員ページからの増額申込は、24時間365日申し込みを受けているので、いつでもどこからでも申し込みが可能です。

自動契約機・提携ATMでの申し込み

レイクALSAでは、自動契約機、または提携ATMからでも増額申し込みが可能です。
自動契約機や提携ATMは、平日だけなく土日祝日も営業しています。

自動契約機や提携ATMに併設されている電話を利用して、レイクALSAのオペレーターと直接話せるため、増額手続きの疑問や不明点をその場で解決できます。

また、自動契約機や提携ATMは、平日だけなく土日祝日も営業しています。

そのため、土日祝日に担当者と相談をしながら、利用限度額の増額をしたい人にはおすすめの申込方法です。

電話での申し込み

電話による利用限度額を希望する人は、レイクALSAのフリーダイヤル(0120-090924)に電話して、増額申し込みをしましょう。

電話での増額申し込みでは、その場でレイクALSAのオペレーターと直接話せるため、来店不要で増額手続きの疑問や不明点を相談できます。

ただし、レイクALSAの増額フリーダイヤルの受付時間は、平日9:00~18:00です。

そのため、平日の18時以降や土日祝日に申し込みをしたい人は、レイクALSAの会員ページまたは、自動契約機や提携ATMを利用しましょう。

案内が来ていない場合の申し込み方法

レイクALSAからの案内がない場合、申し込みは以下の通りです。

  1. レイクALSAの会員ページや自動契約機・提携ATM、電話で増額申請を行う
  2. 増額可能かの仮審査を受ける(審査時間15秒)
  3. 仮審査通過後、フリーダイヤルに電話をして申し込みをする
  4. 増額審査(本審査)
  5. 本審査通過後、利用限度額の増額が可能

レイクALSAから案内が来ていない場合、まず増額申請を行いましょう。
増額申請は、レイクALSAの会員ページや自動契約機・提携ATMや電話で行います。
その中でも、スマホからその場で申請可能なレイクALSAの会員ページで行うといいでしょう。
増額申請の流れは以下の通りです。

  1. レイクALSAの会員ページにログインする
  2. メニュー画面にある「利用限度額アップ」のボタンを選択する
  3. 「お借入れ可能額」にある「増額確認」のボタンを確認する

増額申請を行うと、すぐに仮審査が行われ、15秒で結果が出ます。
仮審査の結果、増額可能と判断されれば、レイクALSAのフリーダイヤルに電話して、申し込みを行います。申し込みが完了すると、増額審査が行われ、審査に通過すれば、利用限度額を上げられます。なお、電話での増額申し込み時間は、案内のある場合と同様に、平日9:00~18:00です。平日の18時以降や土日祝日は、申し込みを受けつけていません。

その上、レイクALSAからの案内が来ていない人は、増額審査を慎重にすすめるため、本審査に1日以上の時間がかかることもあります。

そのため、すぐにお金が必要であれば、即日融資可能な他社カードローンに申し込こむようにしましょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能


※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

増額申し込みには収入証明書が必要な場合がある

レイクALSAで利用限度額の増額をする際には、収入証明書を準備しておきましょう。
利用限度額の増額申し込みを行う場合、収入証明書類の提出が求められる場合があるためです。

増額申込時に、収入証明書類が必要になるのは以下の場合です。

  • レイクALSAだけで50万円を超える利用限度額を希望している
  • 他の消費者金融の借り入れ額と合わせて100万円を超える利用限度額を希望している

また、上記に記載されている場合以外でも、申し込み時に収入証明書を提出することで、レイクALSAの担当者は利用者の利用限度額を正しく判断してくれます。
レイクALSA増額時に収入証明書の提出
レイクアルサの増額案内(引用:レイクALSA公式HPより)

レイクALSAに提出する収入証明書類は以下のいずれかです。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 税務署の収受日付印もしくは電子申告の受付日時の記載がある確定申告書
  • 所得(課税)証明書
  • 直近2か月分の給与明細書と直近の賞与明細書

なお、収入証明書の提出方法は、WEBでの申し込みの場合には、会員ページにログインして、画像データを「収入証明書類のご提出」から送信するまたは、メールで送信します。

一方、自動契約機や提携ATMで増額の申し込む際は、自動契約機に収入証明書をスキャンします

在籍確認(職場への電話連絡)は行われない

レイクALSAの利用限度額の増額審査では、申込者の勤務先が契約時と変わっていないのであれば、在籍確認の電話連絡を行いません。

なぜなら、在籍確認は、新規申込者の返済能力を確認することが目的であるため、既にレイクALSAで契約している人については、在籍確認を行う必要はありません。

ただし、転職など契約時に申告した勤務先と現在の勤務先とは異なっている場合には、増額審査時でも、再度在籍確認を行うこともあるようです。

そのため、契約後に勤務先が変更になった場合には、勤務先の変更後すぐに、レイクALSAに連絡するようにしましょう。

増額できる上限額は利用者の年収の3分の1まで

レイクALSAは、貸金業法で総量規制の対象であるため、増額できる利用限度額の上限は、利用者の年収の3分の1の金額までです。
総量規制とは、貸金業者からの借入を個人の年収の3分の1までに制限する規制のことです。貸金業者からの借入とは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社のキャッシング枠です。

たとえば、利用者の年収が300万円でレイクALSAから50万円をすでに借り入れしている場合には、増額できる金額の上限は50万円です。

貸金業者からの借入額は、他社との合計で計算されます。仮に他社から30万円の借り入れがあった場合には、レイクALSAで増額できる金額の上限は、20万円です。

貸金業者からの借入額が、利用者の年収の3分の1を超えている人(年収の3分の1に近い金額の人は)は、レイクALSAでの増額ができないので、総量規制の対象外である銀行カードローンを利用するか、友人から知り合いからお金を借りるようにしましょう。

実際に増額できる金額は10万円~20万円程度

実際にレイクALSAで増額される融資枠は、利用者によって異なりますが、10万円から20万円程度です。

レイクALSAでは、たとえ総量規制の範囲内だとしても、1度の増額申し込みで100万円を超える利用限度額の増額はできません。

そのため、レイクALSAで20万円を超える増額を希望している人は、他社のカードローンに申し込みをしたほうが、より多くのお金を借りることができます

また、どのくらいの金額が増額できるのか知りたい人は、レイクALSAの会員ページにログインし、メニュー画面にある「お取引状況」のボタンを選択した後、「お借入れ可能額」のボタンをクリックしてみましょう。

レイクALSAから増額案内が届いている人であれば、会員ページに増額可能額が表示されています。

増額審査に落ちた方は他のカードローンを利用しよう

レイクALSAの増額審査では、利用者が利用限度額を上げても利用者の返済能力があるかを判断します。さらに、レイクALSAの返済実績も審査基準に加わります。
たとえば、以下に該当する人は、利用限度額を上げる返済能力に問題があるとみなされ、レイクALSAの増額審査に落ちてしまいます。

  • 契約時よりも利用者の年収が下がった、
  • 契約後、他社借り入れ件数や他社借り入れ金額増えた
  • レイクALSAを契約して6か月未満である(利用実績がない)

上記の項目に1つでも該当する人は、増額審査に落ちてしまうため、レイクALSAの利用限度額を上げることは難しいです。
そのため、他社の大手消費者金融に申し込みをして、お金を借りるようにしましょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能


※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

さらに、以下のような項目に該当している場合には、レイクALSAの増額審査に落ちてしまうだけなく、契約時の利用限度額が減額されるもしくは、レイクALSAの利用を停止される場合があります。

  • レイクALSAの契約後に金融事故を起こした
  • レイクALSAの契約後に無職になった

上記に該当する人は、たとえ、他社カードローンに申し込みをしたとしても、審査に落ちてしまいます。そのため、金融機関からお金を借りるよりも、質屋などの審査なしで融資を行ってくれる場所からお金を借りましょう。