アルバイトやパートの方がレイクALSAの審査を有利にすすめるポイント

レイクALSAは、2つの無利息期間サービスが存在し、はじめての方でも利用しやすいカードローンです。

お金を急な入用に備えて、レイクALSAでの申し込みを考えて思っている人も多いのではないでしょうか

アルバイトやパート、派遣社員の場合には、レイクALSAの審査に通るかどうか心配な方もいるかと思います。レイクALSAは必ずしも正社員でないと利用できないというわけでもありません。

しかし、パートやアルバイトだと審査に少し不利な側面もあると言われます。どうすればアルバイトやパートが審査で有利になるのかを解説いたします。

アルバイトやパートの方でもレイクALSAを利用できる

結論として、パートやアルバイトなど正社員でなくともレイクALSAを利用できます。レイクALSAの利用条件は次のようになっています。

  • 20歳以上70歳未満である
  • 安定した収入がある
  • 日本国籍である

つまり、20歳以上70歳までで収入が安定していれば、雇用形態や年収の多寡にかかわらずレイクALSAの申込ができるのです。ただし、収入がない無職や専業主婦だとレイクALSAを契約することができません。
安定した収入があれば、パートをしている主婦なら問題ありませんし、アルバイトバイトをしている大学生でもレイクALSAの申込は可能です。

安定した収入とは毎月一定額以上の収入があること

レイクALSAでは審査の内容詳細を公表しておらず、公式ホームページにも安定した収入の説明は特にありません。
ただし、一般的には毎月一定額以上稼いでいることが安定した収入の条件になります。
例えば月に1万円でも2万円でも継続的に同じ職場から金銭を得ていることが重要です。
そのため、次のようなバイトやパートをされている場合には、安定している収入とはみなされない可能性があります。

  • 日雇いなどの短期バイトを繰り返している
  • 辞めてはいないけれど最近シフトに入っていない
  • 職場を長期休暇中である

日雇いなどの短期バイトを繰り返している人は、同じ仕事場ではなく勤務したり辞めたりを繰り返しているため安定した収入を得ているとはみなされない可能性が高いです。
ただし、派遣会社に登録していろいろなところに派遣されて仕事をしているというのであれば、雇用主は同じですので問題ありません。

最近シフトに入っていない、または長期休暇中だというのも現在の収入がないためレイクALSAの申込条件を満たしていません。きちんとシフトに入って月々の収入を安定させてからレイクALSAへ申込しましょう。

また、レイクALSAの申込時には次のようなことを記載します。そのため申込時に悩まずに書けるかどうかも目安にするといいでしょう。

  • 手取りの月収
  • 税込み年収

月収が大まかに安定していて、今年の予定年収はこのくらい、と算出できるようであれば、たとえアルバイトやパートでも安定した収入があるとみなされる可能性が高いです。

安定した収入があればWEB完結申込ができる

レイクALSAの特徴のひとつは、WEBだけで申込から契約・借り入れまでが完結できることです。申し込みはもちろん、審査に通った後の契約や銀行振り込みにより借り入れまですべてWEBで申請が可能です。これはもちろんアルバイトやパートの人でも問題なく利用できます。
また、はじめて利用する場合は30日間無利息か5万円まで180日間無利息が選べます。この無利息サービスは審査通過して契約を行えれば、特別な手続きをすることなく適応されます。
その他のサービスについても、アルバイトやパートだから利用できないということは基本的にありません。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資(平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。
レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(ご契約額1万~200万円まで60日間無利息・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。
利用条件は以下の通り(期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま・30日間無利息、180日間無利息との併用不可・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。) レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能 (平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円


アルバイトやパートがレイクALSAでの審査を有利にするには

レイクALSAは無担保でお金を借りられるカードローンです。
こういったカードローンは顧客の信用によってお金を貸しています。信用が特に高いと言われるのは公務員や大きな会社の正社員などです。
こういった人たちは世間的にも信用が高いと言われます。住宅ローンを組む時などに有利になるとよく聞かれると思います。
逆に正社員でない雇用形態の人の中でも、一般的に信用が低いと言われるのがアルバイトやパートでの勤務です。アルバイトやパートは正社員に比べて解雇がしやすい非正規雇用であること、一般的に正社員よりも収入が低いことなどが関係しています。では、もともとの信用が低い状況で審査を有利にする方法はあるのでしょうか。

年収が高くなおかつ安定していれば審査に有利になりやすい

アルバイトやパートでも審査を有利にするポイントは次のようなところです。

  • 年収が高い
  • 勤務年数が長い
  • 同じところにずっと住んでいる

アルバイトやパートでも年収が高い人はいます。
そういった人はレイクALSAの審査でも返済能力があるとみなされ、有利になりやすいです。

また、長く同じところに勤めている、あるいは居住年数が長くあまり移動していないというのも、信用を上げやすいポイントです。これらの年収や勤続年数は申し込みの際にも記入しますので、正確に記載するようにしましょう。

なお、レイクALSAの審査担当者と話す際には勤務先や住所について特に変わる予定がないことを伝えるとアルバイトやパートでの勤務であっても好印象に繋がります。
年収についても、雇用保険などが引かれている人も引かれる前の総支給の金額の年収を記載することになっていますので注意してください。また、審査に当たっては信用情報も重要な要素になります。信用情報についても確認してみましょう。

信用情報に問題があると審査に落ちる可能性がある

信用情報とはローンやクレジットカードの申し込みあるいは契約に関する情報のことで、
個人信用情報機関というところが取り扱っています。ローンやクレジットカードの情報というと、つまり分割払いの支払いが綺麗にされているかどうかや、カードローンを使っている場合はお金をきちんと返済しているかを指します。審査に関しては、信用情報に問題がない人は有利ですが、問題があると審査に落ちる可能性が高まります。

信用情報に問題がないことは審査に通る最低条件である

レイクALSAの審査基準は公表されていないため確実ではありませんが、一般的に次のような人は信用情報が問題ないと判断されます。

  • ローンの返済の遅れや滞納の履歴がない、あるいは少ない
  • 他社借り入れ件数や金額がすくない、あるいはない
  • クレジットカードの利用が多すぎない

今まで他のクレジットカードなどで支払いが遅れていない人は、きっとレイクALSAでも遅れないだろうとみなされて信用が高くなる可能性が高いです。また、他社での借り入れが少ない人は、お金に余裕があるだろうという見方ができます。クレジットカードの利用についても同様です。これらの条件を満たしている人はアルバイトやパートであっても審査では有利になるでしょう。反対に以下のような情報が記載されている人は審査に落ちる可能性が高いです。

  • 自己破産などの債務整理
  • 2か月、あるいは3か月以上の延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済

こういったものは金融事故や異動情報と呼ばれていて基本的にお金を貸せない状態だとみなされます。いわゆるブラックリストと呼ばれることもあります。
ブラックリストなんて入る訳がないと思いがちですが、2か月以上の延滞などはいつ起こっても不思議ではありません。例えばクレジットカードの引き落しができなかったのでコンビニ払いをして欲しい、などの通知が来たまま忘れているなんていうケースもあり得ます。金融事故が起きると最低でも5年はその情報が消えないとされていますので、上記の経験がある人は審査に通るのは難しいでしょう。

携帯電話の支払い遅れがある人とクレジットカードを作ったことがない人も要注意

クレジットカードなどの遅れはないし、自分は大丈夫と思っている方も次のような場合は注意が必要です。

  • 携帯代の支払い忘れをしたことがある
  • そもそもクレジットカードなどを作ったことがない

携帯料金はクレジットカード引き落しにしていない場合は基本的には信用情報には乗りません。ただし、携帯料金には機種代の割賦払いが含まれることが多いです。機種代を一括ではなく割賦払いにして携帯料金と一緒に支払っている場合は、ローンの一種であるという扱いになりますから支払い忘れがあると信用情報に記載されてしまう可能性があります。

また、クレジットカードなどを一切作ってこなかったという人も審査では不利になる場合があります。学生さんなど年齢がまだ若いのであればあまり気にする必要はありませんが、年齢を重ねている場合割賦払いもカード利用もしたことがないという人は稀ですから次のようなことを疑われる可能性があります。

  • 名前や電話番号に虚偽があるのではないか
  • 自己破産をしたことがあるのではないか

信用情報は名前と電話番号から引き出すので、この2つに間違いがあると情報が出てきません。そのため、どちらかが間違っていたり、もしくは嘘をついているのではないかという疑念を持たれる可能性があります。こういう嘘をつく人は詐欺を起こそうという人が含まれるので、カード会社は慎重に審査をします。

また、金融事故のひとつである自己破産をした人も5年から10年の間カードが作れなくなるため情報がない場合があります。どちらにしてもある程度年齢を重ねているのに信用情報が一切ない人というのは少し不利になってしまいます。もちろんそれだけで審査に落ちると決まっているわけではないですが、有利でないことは知っておきましょう。

アルバイトや派遣社員も審査時に職場への電話連絡がある

アルバイトやパート、派遣社員も審査時には職場への電話連絡があることにも注意が必要です。これはもちろん正社員にもあるものです。何故電話連絡があるのでしょうか。

アルバイトやパートでもでも在籍確認の電話連絡がある

審査の時の申込者への職場への電話連絡は在籍確認とも呼ばれています。レイクALSAは消費者金融のカードローンで、消費者金融は貸金業法という法律によって、個人の年収の3分の1までしかお金を貸すことができないと定められています。そのため、無職で年収がない人にお金を貸してしまっては、法律違反になってしまいます。
もちろん、無職の人にお金を貸してしまっては返済してもらえない可能性も高くなります。本当に働いているのだということをしっかり確認するために、職場に電話をするのです。ただし、職場への連絡は次のようになっているので安心してください。

  • レイクALSAとは名乗らず、担当の個人名で連絡する
  • 用件を聞かれても個人的な用事ですとしか言わない

もしも別の社員が電話を取ったとしても、個人名を名乗って例えば「〇〇さんいらっしゃいますか?」とだけ尋ねます。本人に代わってもらっても大丈夫ですし、「今席を外しています」「今日は休みです」「シフトは夜からです」など在籍していることが確認できれば問題ありません。「どんな用件ですか」と尋ねられたとしても「個人的な要件ですので改めます」などと言って切るようになっていますから、電話がレイクALSAからであると知られることはありません。もしも心配な場合は先に私用で電話がかかってくることを周囲に伝えておくあるいは電話がかかってきた後の言い訳を用意しておくといいでしょう。

電話をしても在籍確認が完了できない場合もある

電話をしたけれど在籍は確認できなかったという場合もあります。在籍確認が取れなかったと判断されるのは次のようなケースです。

  • 知らない、在籍していない、辞めてしまったなどと聴聞した場合
  • 電話に誰も出ない場合
  • 産休中など長期休暇が判明した場合
  • 個人情報の兼ね合いで回答できないなど、個人的な連絡に対応してもらえない場合

こういった場合だと残念ながら電話での確認は取れないことになります。詳しく見てみましょう。

シフト制のアルバイトやパートは自分で電話に出た方が確実

アルバイトやパートの入れ替わりが激しいシフト制の場合、名前を言っても「分からない」と言われるケースは多々見られます。また、電話に出にくい時間帯がある会社やお店も多いです。在籍確認を行う時間は指定できますので、電話連絡で不安がある場合は時間を指定するといいでしょう。

自分が電話を取れる時間帯を指定しても問題ないので、特にシフト制のお店などであれば自分で出る方が安心ですし確実です。ただし、電話連絡は基本的に営業時間内に限られるため夜間のシフトなどの場合は難しいこともあります。夜しか開いていないお店の場合も、担当に確認してみた方がいいでしょう。

長期休暇中の場合には休暇後に申し込みをする

長期休暇を取っている場合は、残念ながら休暇が明けてから再度申し込みをした方がいいようです。有休で数日連休を取っている程度なら問題ありませんが、病気療養中や産休育休などの長期休暇中は給与による収入がストップしている可能性があるため審査に通るのが難しいとされています。これは他の消費者金融でも基本的に同じです。医療保険や補助費などが出ていても、それは定期収入とは異なってくるので年収に入れるのは難しいでしょう。

派遣会社は電話での在籍確認がが難しいことが多い

個人的な電話は繋げず、また個人情報流出の観点からいるかどうかも答えてもらえないケースです。これは特に大きな派遣会社に多いので、派遣型のバイトの場合や派遣社員として勤めている場合はもしかしたら電話での在籍確認は難しいかもしれません。

電話での在籍確認が難しい場合は書類での在籍確認もあり得る

電話での在籍確認ができないかもしれないと思う場合には、担当に相談してみるといいでしょう。基本的にWEB完結ができず自動契約機での契約が必須になりますが、会社名と申込者のフルネームの記載された書類などがあれば対応してもらえる可能性があります。在籍確認がなくてもいい条件での審査を提案されたというケースも聞かれますので、まずは担当と話しをしてみることが大切です。申し込みの際には一応在籍の確認に使えそうな勤務先名と申込者のフルネームの入った社会保険証や給与明細などが用意できるか確認しておくとスムーズです。
ただし、在籍確認の電話連絡を書類提出にした場合には、WEB契約ではなく必ず自動契約機でも契約になりますので、注意しましょう。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

期間限定で60日間無利息サービスを行っている

2018年4月からサービスを開始したレイクALSAは、最短即日融資(平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)も可能で、無利息期間サービスもも2種類がある使いやすいカードローンです。
レイクALSAは、期間限定9月3日(月)から11月30日(金)契約完了の方に、60日間無利息サービスを行っています。(ご契約額1万~200万円まで60日間無利息・ご契約額が200万円超えの場合30日間無利息・お借入れ額5万円まで180日間無利息)もちろん、期間中でも180日間無利息サービスも選ぶことが可能です。
利用条件は以下の通り(期間限定  9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さま・30日間無利息、180日間無利息との併用不可・新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。) レイクALSAは、インターネットからなら24時間申し込み可能で、借り入れ時には、セブン銀行などのコンビニの提携ATMなどで手数料0円で利用できます。※なお、利用可能ATMについては、レイクALSAのHPよりご確認ください。

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資も可能 (平日14時までのお申込と本人確認書類の確認の完了が必要です。審査によりご希望に沿えない場合がございます。)
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料
  • 24時間受付可能なインターネット申し込み可能
実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円