プロミスカードローンの審査の流れ

プロミスのカードローンキャッシングを利用する場合には、アコムアイフルといった他の消費者金融業者や銀行カードローンと同様にキャッシング申し込み完了後の審査に通過して、契約後キャッシング利用が可能となります。

プロミスカードローンの申込から審査・契約・借り入れの流れは以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 仮審査(一次審査)
  3. 必要書類の提出
  4. 本人確認書類を確認しての本審査(二次審査)
  5. 申し込み内容の確認(申込者本人へ電話連絡)
  6. 在籍確認(職場への電話連絡)
  7. 審査結果の連絡(メール・電話)
  8. 契約(ローンカード発行)
  9. 借り入れ

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能


ここでは、プロミスカードローンの申し込みから審査、契約までの流れプロミスでの審査の内容について詳しく解説いたします。

プロミスカードローンの申し込みから・審査・契約・借り入れまでの流れ

まず、プロミスカードローンの申し込みから借り入れまでの流れをみていきましょう。
プロミス申し込みから審査、審査通過後の契約、借り入れそして返済までのまでの流れは、以下の通りです。

  1. WEBや電話・自動契約機での申し込み
  2. 申し込み時に申告した内容をもとに仮審査(一次審査)
  3. 運転免許証など本人確認書類などの必要書類の提出
  4. 本人確認書類を確認しての本審査(二次審査)
  5. 申し込み内容の確認(申込者本人へ電話連絡)
  6. 在籍確認(職場への電話連絡)
  7. 審査結果の連絡(メール・電話)
    審査通過の場合には金利や利用限度額の通知
  8. 契約(ローンカード発行)
  9. 借り入れ
  10. 返済

プロミスカードローンの申込みの際には、申込者の氏名や生年月日・住所年収や職業,雇用形態といった個人情報や他社借入を申告します。申込み時に、虚偽の申告や申告事項の記載漏れや記載ミスがあると、確認のため審査時間が長くかかったり、最悪の場合には審査に落ちてしまうことがあります。そのため、申込時の年収や個人情報や他社借入件数(他社借り入れ金額)は正確に記載するようにしましょう。

プロミスカードローンの申し込み完了後、すぐに年収や職業といった申込時に申告した内容を元にして仮審査(一次審査)が開始されます。
仮審査(一次審査)に通過した場合には、プロミスから仮審査(一次審査)通過のメールが通知され、運転免許証などの本人確認書類を提出します。次に、申込者が本人確認書類を提出すると、プロミスの審査担当者が、本人確認書類と申し込み内容に相違がないかを確認します。くわえて、本審査(二次審査)では、申込者が申告した。勤務先に電話連絡をして勤務先にきちんと勤務しているかを確認する在籍確認を行います。

在籍確認完了後、本審査(二次審査)結果の回答が申込者にメールまたは電話でなされ、プロミスの審査に通過している場合には、プロミスカードローンに契約することが可能となります。
ちなみに、プロミスの申込から審査完了までの時間は、9時~21時の審査回答時間内であれば、最短30分(実際は1時間~2時間程度)で終了します。

上記に記載したプロミスの申込から審査、契約の流れの中で、実際に申込者がすることは、申込時の申込情報の入力と審査通過後のプロミスカードローンへの契約、プロミスからお金を借りる手続きだけです。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

プロミスカードローンの申し込みから審査・契約までをスムーズに行うポイント

プロミスカードローンの申し込みから審査・契約までをスムーズにするポイントは次のとおりです。

プロミスカードローンを利用するためには申込み時や契約時に運転免許証やパスポートといった本人確認書類が必要です。
そのため、事前にこれらの必要書類を準備しておくことで、審査にかかる時間を短縮することができます。
プロミスからすぐにお金を借りたい場合には、24時間365日申込や審査を受けつけているWEB申込を利用して申込を行い、申込内容の確認や修正のないように申込み時に正確に個人情報や他社借り入れ金額などの申込内容を記載しましょう。
また、プロミスでは審査時に申込者の勤務先に電話連絡を行う在籍確認があります。職場への在籍確認の電話連絡、必ずしも申込者本人が出る必要はありませんが、勤務先への電話連絡がきちんと完了しないと審査に時間がかかってしまいます。そのため、申込者の勤務先に連絡が可能な時間帯に申込や契約を行うようにしましょう。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

    事前にWEB上の借入シュミレーションをつかって融資可能かどうかを判断してみる。

    プロミスでは、公式ホームページ内に「お借入シュミレーション」という、事前におおまかな融資の可否を判断することが可能です。 この「お借入診断」を利用して、 プロミスに申込前に他社借入があっても融資可能かどうかを診断してみるのもいいでしょう。
    このお借入診断は、「年収・年齢と借入額」から融資可能かどうかを判断しているだけですので、住所、氏名といった個人情報を入れることもなく安心して融資可能かどうかを判断してくれます。
    診断結果は、下記の2通りです
    「融資可能です」
    「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

    下の画像をクリックするとプロミスの借入シュミレーションができます。

    プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション
    ただし「融資可能です」表示された場合でも、あくまで融資の目安ですので実際の審査結果と異なることもあります。

プロミスの申込時に年収や勤務先・職業といった個人情報や他社借入件数を記載する

プロミスカードローンは、以下の5つの申し込み方法があり、各申し込み方法によって、申し込みの受付時間が異なります。

特に、上記の申込方法の中でもWEB申し込み(インターネットでの申し込み)は、土日祝日を含む24時間365日申し込みを受け付けているので、一番便利な申し込み方法といえるでしょう。
そのため、すぐにプロミスからお金を借りたい場合には、WEB申込を利用して申し込むようにしましょう。
プロミスの申込み方法の詳細については、「プロミスの申し込み方法と申し込みから借り入れまでの流れ

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能


上記のいずれの申し込み方法も、下記にあげる申込者の住所や年収などの個人情報や勤務先情報または、他社借り入れ情報などの申し込み内容を記載します。
なお、電話での申し込みの場合は、申込事項を口頭で伝える必要があります。
そのため、電話申込はWEB申込よりも時間がかかります。

  • 氏名、住所、生年月日、性別、独身/既婚などの個人情報
  • 会社名、勤務先住所、勤務先情報、社員数、収入などの勤務先情報
  • 他社借り入れ状況と他社借り入れ金額
  • プロミスでの希望限度額
  • 審査結果通知・申し込み内容確認の連絡先
    (審査通過後に、金利や利用限度額の連絡を受ける連絡先)
  • 振込口座と振込明細書の送付先について

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能

申し込みが完了する申込内容を元にしてすぐに仮審査(一次審査)がはじまる

申込者がWEB(インターネット)などから、プロミスカードローンの申し込みを完了させると、申込者が申告した個人情報を元にして、すぐにプロミスの仮審査(一次審査)がはじまります。

プロミスの仮審査(一次審査)ではコンピューターが申込者の個人情報を点数化していく

プロミスの仮審査(一次審査)では、属性スコアリングといって、申込時に入力した内容と申込者の個人情報(氏名・住所・勤務先・年収・職業)をもとにして審査を行います。
この属性スコアリングを利用した仮審査(一次審査)では、コンピューターが自動でこれらの個人情報(属性情報)を点数化して、プロミスで融資可能かどうかを判断します。

申込者の他社借入状況や金融事故の有無といった信用情報も仮審査(一次審査)時にチェックする

プロミスの仮審査(一次審査)では、申込者本人から申告された内容をもとにして申込者の個人信用情報機関へ信用情報を照合しに、長期の延滞や債務整理などの金融事故情報(異動情報)が有無を個人信用情報機関に登録されている申込者の信用情報をチェックします。
信用情報とは、カードローンや住宅ローンなどの申込や借入・返済実績の履歴情報のことです。

仮審査(一次審査)の段階で信用情報に金融事故のある人や無職・専業主婦(無収入)の人は審査に落ちてしまう

この仮審査(一次審査)の段階で、信用情報に金融事故の無職の方(無収入)専業主婦、年金生活者(年金のみの収入)など現在収入がない、または申込条件を満たしていない場合には、返済能力がないと判断され本審査(二次審査)に進むことなく、申込者が申し込み時に登録したメールまたは携帯電話などにプロミスから審査落ちの連絡が来ます。

    プロミスの審査が不安なら事前にWEB上の借入シュミレーションをつかって融資可能かどうかを判断してみる。

    プロミスでは、公式ホームページ内に「お借入シュミレーション」という、事前におおまかな融資の可否を判断することが可能です。 この「お借入診断」を利用して、 プロミスに申込前に他社借入があっても融資可能かどうかを診断してみるのもいいでしょう。
    このお借入診断は、「年収・年齢と借入額」から融資可能かどうかを判断しているだけですので、住所、氏名といった個人情報を入れることもなく安心して融資可能かどうかを判断してくれます。
    診断結果は、下記の2通りです
    「融資可能です」
    「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」

    下の画像をクリックするとプロミスの借入シュミレーションができます。

    プロミスの3秒診断_借り入れシュミレーション
    ただし「融資可能です」表示された場合でも、あくまで融資の目安ですので実際の審査結果と異なることもあります。

プロミスカードローンは総量規制の対象

プロミスに申し込みする際に、他社の貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社のキャッシング枠)から借り入れがあり、年収の3分の1に近い金額を借りているのであれば、プロミスカードローンで少額しか融資を受けることができない可能性があります。
なぜなら、プロミスカードローンは総量規制の対象だからです。総量規制とは、消費者金融などの貸金業者は年収の3分の1を超える貸付はしてはならないという規制をいいます。

審査結果の回答の時間帯は9時~21時である

プロミスカードローンの申し込みをした場合、仮審査(一次審査)の結果は申し込み完了後、最短で30分で、申込者が登録したメールアドレスにメールまたは申込み時に登録した電話に連絡が来ます。
審査結果の回答の時間帯は、土日を含めて9時から21時です。
つまり、審査結果の回答時間帯以外にプロミスカードローンの申込みを行なった場合、たとえば21時を過ぎてから申込をした場合などは、審査結果の回答は翌営業日の午前中となりますので注意しましょう。そのため、プロミスの即日融資を希望している場合には、20時までに申込を完了させておくようにしましょう。本審査(二次審査)では審査担当者が本人確認書類などの申し込み内容に虚偽がないかを調べる

カードローンの申し込み後に行われるコンピューターでの仮審査(一次審査)を通過すると、運転免許証などの本人確認書類および必要な場合には収入証明書の必要書類を提出して本審査(二次審査)に入ります。その際に、申込者が提出した運転免許証などの必要書類に虚偽がないかとチェックします。
この段階で問題がなければ、プロミスの審査担当者は申込者の勤務先に在籍確認の電話連絡をします。
この在籍確認の電話が完了すると、本審査(二次審査)が終了します。本審査(二次審査)の審査結果は、申込者に申込時に申告したメールアドレスまたは電話で連絡がきます。

プロミスでの本審査(二次審査)の終盤では申込者の勤務先に電話連絡をする在籍確認が行われる

在籍確認とは申込時に申告された勤務先に申込人が本当に勤務しているかを担当者が勤務先に電話をして確認することをいいます。
プロミスでは、原則として申し込み時の審査時の終盤に、申込者の勤務先に電話連絡をする在籍確認を行います。
「大手消費者金融であるプロミスから自分が勤めている会社に電話連絡が来るなんて困る!」という人がほとんどだと思います。
プロミスの在籍確認では、担当者が会社名や「プロミス」とう商品名を名乗ることなく、プロミスの審査担当者の個人名で連絡をしてくるため、職場にプロミスカードローンを利用しているということがバレてしまうことは少ないです。

申込者の勤務先にかかってくる在籍確認の電話は必ずしも申込者本人が取る必要はない

申込者の職場への在籍確認の電話は、必ずしも申込者本人が出る必要はありません。
申込者が席を外している場合でも申込者の勤務先の同僚などが「○○は離席しています」とだけプロミスの審査担当者に伝われば、その職場に在籍していることの確認はできるためです。

どうしても在籍確認の電話が難しい場合にはまずプロミスの審査担当者に相談する

プロミスでは申込者の勤務先に電話がつながらない」など正当な理由がある場合には、申込前または申込後すぐにプロミスの担当者に電話で相談してみるといいでしょう。
なお、プロミスでの在籍確認の電話が難しい場合については、「プロミスは電話での在籍確認をなしでお金を借りれるのか?」で詳しく解説しています。

プロミスカードローンの審査が完了すると電話またはメールで申込者の審査結果が伝えられる

在籍確認が終了すると審査は完了となります。審査完了後、プロミスの担当者より申込者へ電話またはメールで審査結果の回答が連絡されます。

その際、審査に通過している場合には、審査通過結果とともに決定された利用限度額金利が伝えられ、プロミスでの契約が可能となります。この審査結果の回答の時間帯も9時~21時ですので注意してください。

契約手続きを完了すればすぐに借り入れができる(融資を受けられる)

プロミスでの審査に通過すると、契約手続きを完了すれば、プロミスのキャッシング利用が可能になります。(融資を受けられます。)
プロミスの契約方法は、以下の3つの契約方法があります。

  • WEB契約
  • 来店契約
  • 郵送契約

即日融資を希望する場合は、WEB契約か来店契約を行いましょう。
WEB契約は、インターネット上で契約手続きをそのため、プロミスの店舗(店頭窓口や自動契約機)に出向くことなく契約が可能です。WEB契約の場合には、返済方法は口座振替による返済を選択しましょう。

また、WEB契約時にローンカードの発行の有無も選択も選択できます。ローンカードを発行しない場合には、WEB契約時にプロミスインターネット会員サービスのIDとパスワードが付与されますので、会員サービスにログインして、振込キャッシング・瞬フリ(銀行振込融資)を利用するかまたはアプリをダウンロードしてセブン銀行ATMからお金を引き出すことが可能です。WEB契約を行ってローンカードが発行を希望している場合には、ローンカードは郵送で自宅に発送されます。

一方、店頭窓口(お客さまサービスプラザ)または自動契約機(無人契約機)で契約する方法です、店頭契約では契約書類とプロミスのローンカードがすぐに発行され、プロミスのATMや提携先金融機関ATM・提携先のコンビニATMからお金を引き出すことができます。(WEB申し込みを行った場合でも、申込み時に来店契約を選ぶことで、店頭窓口や自動契約機(無人契約機)または、三井住友銀行ローン契約機での契約は可能です。)
なお、郵送契約の場合には、申込から融資開始まで1週間以上かかるため、急ぎでお金が必要な場合には、おすすめできる契約方法ではありません。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能


プロミスの申し込み・審査に必要な書類は運転免許証などの本人確認書類

プロミスへの申し込み・契約には、運転免許証などの本人確認書類が必要となります。
本人確認書類は下記の3つのうちいずれか1つとなります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証(+例)マイナンバーカード)
  • パスポート


上記に記載した運転免許証などの本人であることを確認できる書類は、申込や契約時には必ず用意する必要があります。
プロミスで有効な本人確認書類は、運転免許証が一般的です。申込者が運転免許証を持っていない場合には健康保険証やパスポートでも問題ありません。
なお、外国人の場合は、在留カード(旧外国人登録証)や特別永住者証明書永住していること証明できれば、プロミスカードローンの申し込みができます。
ただし、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、現住所を確認できるものを一つ用意して一緒に提出する必要があります。現住所を確認できる有効な書類として、公共料金や社会保険などの領収書や納税証明書などがあります。
なお、6カ月以前に発行された公共料金の領収書などは本人確認書類としてみなされないので注意が必要です。

関連項目:「プロミスの審査時に必要な書類や提出方法

申込時に収入証明書の提出が必要な場合

プロミスの公式ホームページでは、収入証明書類よる年収の確認が必要なケースとして、以下の2点をあげています。

  • 他社を含めた借入総額が100万円を超える場合
  • プロミスにおいて50万円を超える契約を行う場合

他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

プロミスでの希望限度額とプロミス以外の消費者金融会社やクレジットカード会社(キャッシング枠)での借入総額が100万円を超える際には、収入証明書が必要になります。
たとえば、A社から40万円、B社から50万円、合計90万円借りているけれども、今回プロミスから30万円借りたいという場合です。プロミスでの契約が成立すると合計で、120万円となります。

A社借入額40万円+B社借入額50万円+プロミスでの希望借入額30万円=合計借入予定額120万円

このようなケースが他社を含めた借入総額が100万円を超える場合です。

プロミスで50万円を超える契約を行う場合

プロミスカードローンで50万円を超える借り入れを希望している場合、もしくは、プロミスでの利用限度額が50万円を超える金額にしたいという場合などが、プロミスにおいて50万円を超える契約を行うケースに該当します。
プロミスに提出する収入証明書は、会社員や派遣社員またはアルバイト、パートなどの給与取得者と自営業などをされている個人事業主とで提出する書類が異なりますので注意してください。一方、上記の2つのケースに当てはまらない場合には、収入証明書の提出は不要で本人確認書類のみで申し込みが可能です。
それぞれに有効な収入証明書は、源泉徴収票や納税証明書などです。
なお、プロミスの収入証明書については、「プロミスでお金を借りる際に収入証明書は必要か」で詳しく解説しています。

プロミスでの利用限度額を増額の場合には増額申込後増額審査が行われる

すでにプロミスカードローンを利用している方の中には、利用限度額を増額したいと考えている方も多いと思います。
プロミスでは、契約後6か月以上経過しておりなおかつ、遅滞や滞納など返済に問題がないようであれば、インターネットまたは電話で利用限度額の増額が可能です。

なお、プロミスの利用限度額の増額については、「プロミスカードローンの利用限度額の増額方法と増額審査」で詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。
プロミスでの申し込みから審査の流れやWEB申し込み時の審査がどのようなものであるかがわかると、プロミスのカードローンを申し込み時の審査に通過するかどうかの心配も和らぐと思います。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間