プロミスの借金を早期に完済するにはどうしたらいいか

プロミスでの借金の返済を始めてしばらくたつにも関わらず借金が減っているような気がしない…。そう悩まれる方も多いようです。

毎月きちんと返済をきちんとしているにもかかわらず、借金がなかなか減らない原因なんでしょうか。早期に完済できる方法はないのでしょうか。

今回は、プロミスの借金がなかなか減らない理由と、プロミスの借金を早期に完済する方法についてまとめました。

プロミスの最少返済金額は借入残高によって変わる

プロミスの返済方式は残高スライド元利定額返済方式

返済方式とは、月々の返済額が決まる仕組みをいいます。
プロミスの返済方式は、残高スライド元利定額返済方式です。
この返済方式をまとめると下記になります。

  • 借り入れ直後の残高で月々の最少返済額が決定する
  • 返済額から利息を引いた分が、残った元金の返済に充てられる

借り入れ直後の残高で月々の最少返済額が決定する

返済によって借入残高が減ったとしても最少返済額は変わりません。プロミスの最少返済額は借り入れ直後の残高によって決まるために借り入れが無い限りは変わることはありません。
最少返済金額とは、毎月にこの金額は最低支払わなければ、いけない金額のことを言います。
プロミスでは最少返済金額は借入残高に応じて変動します。下の図に借入残高別の最少返済金額をまとめましたのでご覧ください。

借入直後の残高 最少返済額算出の割合
30万円以下 借入後残高×3.61%
30万円超100万円以下 借入後残高×2.53%
100万円超 借入後残高×1.99%
借り入れ残高 最少返済額
5万円 2,000円
10万円 4,000円
20万円 8,000円
30万円 1万1,000円
40万円 1万1,000円
50万円 1万3,000円

つまり、借入残高が20万円の場合は以下のようになります。
20万円×3.61%=7220円 返済額は、1000円未満を切り上げて8000円となります。

このように一定率が定められているので、借入残高が多ければ多いほど返済金は多くなり、少なければ少ないほど返済金は少なくなります。

返済額から利息を引いた分が、残った元金の返済に充てられる

元金の返済にあてられるのは、返済額から利息分を引いた額です。つまり、利息金額が多ければ多いほど、元金はなかなか減ることがありません。
後述いたしますが、プロミスでは毎月の返済額を多く入金することによって繰り上げ返済(追加入金)や一括返済が可能です。繰り上げ返済や一括返済することで利息総額が少なくなりかつ、元金の減りが早くなります。そのため、返済完了までの時間が早まります。
なお、プロミスの利息については、「プロミスカードローンの金利と利息」で詳しく解説しています。

毎月の返済金額が低いと元金の減りは遅くなる

返済金を支払うとき、返済金はまず利息に充当されます。
それでは、元金の減り方が返済金額の違いによってどのくらいに違いのかを例をあげて説明いたします。
プロミスで50万円を借りた場合、金利が17.8%だとすると

50万円×2.53%=1万2,650円

1,000円未満は切り上げますので、
毎月の最少返済金額は1万3,000円になります。

この最少返済金額で月々の返済をした場合には、完済するまで、58か月かかります。
利息総額は、24万6,160円です。

一方、プロミスカードローンを利用して、金利17.8%で50万円を借りて月々3万円を返済つづけた場合は完済までは20か月です。(最終月の返済は8,635円)

この場合の利息総額は7万8,635円です。

最少返済金額で返済した場合との完済までの期間の差は、約2年4か月そして
利息総額の差は、約16万7,000円にもなるわけです。

つまり、毎月の返済金額が低いとそれだけ元金の減りが遅くなるため、完済までの期間も長くなり、それにともなって利息総額も増えるわけです。

それでは他の大手消費者金融業者の最少返済金額はいくらくらいなのでしょうか。アコムの最少返済金額を比較してみることにしましょう。

アコムと比べプロミスでは最少返済金額が低く設定されている

まず、アコムの最少返済金額からみていくことにしましょう。下の図にアコムの最少返済金額を借入額別にまとめました。

アコムカードローンの借入額と最低返済額
借入額 最低返済額の割合  利用限度額×割合 決定返済額
10万円 4.2% 4,200円 5,000円
20万円 4.2% 8,400円 9,000円
30万円 4.2% 12,600円 13,000円
40万円 3.0% 12,000円 12,000円
50万円 3.0% 15,000円 15,000円

アコムであれば30万円以下の場合4.2%、30万円超の場合には3.0%となり、100万円を超えたところで、3.0%から段階を持って引き下げられます。

つまり、アコムで30万円借りた場合の最少返済金額は、
30万円×4.2%=1万2,600円
1000円未満は切り上げますので
最少返済額は、1万3,000円となります。

一方、プロミスの30万円借りた場合の最少返済金額は、
30万円×3.61%=1万830円
1000円未満は切り上げますので、1万1,000円です。

アコムではプロミスと同じように金額に応じて返済金額は変わりますが、プロミスよりもやや高めの返済金額設定となっているため、プロミスよりも返済は早く終わることになります。

全体的に見て、どこも残高に応じて返済額が変わるする仕組みは同じですが、最少返済金額自体はプロミスが比較的低く、最少返済金額で返済した場合には、他社に比べてなかなか元金が減らないということがわかると思います。

最少返済金額が少ないと低いと毎月の返済の負担が少ない

最少返済金額を他社よりも低く設定しているプロミスにはメリットがないのでしょうか。そういうわけではありません。

最低返済金額が高く設定されていると、急な出費などで返済が困難になる可能性が出てきてしまいます。

しかし、プロミスの最少返済額はアコムの最少返済金額より低いので、万が一の病気やケガまたは急な出費があったときでもなどでも、毎月の負担が少なく安心して返済を継続していくことが可能です。

ただし、先ほども述べたように最少返済金額でずっと返済し続けていると、借入金の元金がなかなか減らずに結果として完済が遅くなってしまいます。
プロミスのキャッシングを利用するときは、意識的に返済を早く行うことによって、借金の総額を減らしきいきましょう。
では、プロミスの借金を早期に完済するにはどうしたらいいのか。プロミスでは返済時に追加入金(繰り上げ返済)をすることが可能です。それでは、プロミスの追加入金(繰り上げ返済)について解説いたします。

借金を早期に完済するには追加入金することが重要

プロミスの借金を早期に完済するためには追加入金をすることが1番の近道です。
プロミスでは借入金額に応じて最低返済金額は決められていますが、返済金額には上限はありません。返したいときに返せるだけ返すことが可能です。

口フリ(口座振替)以外の返済方法であれば追加入金が可能

プロミスでは、返済方法に、下記の手段があります。

  • インターネット返済
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミスATM
  • 提携ATM
  • コンビニ(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート内のマルチメディア端末を使用)
  • 銀行振込
  • 口フリ(口座振替)

上記の口フリ(口座振替)以外の返済方法でしたら、毎月の返済額を多く入金することによって追加入金(繰り上げ返済)や一括返済が可能です。繰り上げ返済や一括返済することで利息総額が少なくなりかつ、元金の減りが早くなりますで、早期に借金の完済ができるでしょう。

なお、プロミスの返済方法については、「プロミスカードローンのお得な返済方法」で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

追加入金のメリットは元金を多く減らせること

追加入金をすると元金を減らすことが可能です。それではどれだけの元金を減らすことができるのでしょうか。

プロミスで50万円を金利17.8%で借りた場合を例にして比較してみましょう。

この場合、初回返済月の利息は、7,416円になります。
最少返済額の1万3,000円を初回の返済月に返済したとすると、
先に利息分の支払いがに充当されますので、

1万3,000円-7,416円=5,584円
この5,584円が元金分の支払いとなります。

一方、返済月に最少返済額の1万3,000円と追加入金として2万円、合計3万3000円を
返済した場合はどうなるでしょうか。

3万3,000円-7,416円=25,584円
この25,584円が元金分の支払いとなります。
つまり、追加入金した2万円は利息ではなく元金の返済に充てられるわけです。
このように追加入金はすべて元金の支払いに充てられるので、返済において効果は絶大ですので有効に活用したいところです。

追加入金の注意点

この追加入金も注意しないといけないことがあります。それは、追加入金をしすぎることによって、手元にお金がなくなり、毎月の支払時にお金がなくなる場合があることです。たとえ、追加入金をしていても、月々の支払いに遅れれば返済の延滞となってしまいます。そのため、追加入金をする際には、月々の返済に無理のないようにする必要があるでしょう。

プロミスでは借入金を最少返済金額で返済していると元金がなかなか減らずに、完済まで時間がかかってしまい。結果として、支払う利息総額が増えてしますことがあります。お金に余裕のある時は、意識的に追加入金を意識的に心がけていきましょう。
もしプロミスで借り入れをしているようでしたら、追加入金を利用して、完済までの期間を短縮すると利息総額も抑えられお得ですよ。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間