SMBCモビットのすべてのローン商品は総量規制の対象のローンである

総量規制」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。総量規制とは貸金業法で消費者金融が個人に貸し付ける金額の上限を定めた法律で、この総量規制の上限金額を超えてしまうと、カードローンの審査に通らないということもよくあります。

では、総量規制とはどのような制度で、カードローンの申込にどのような影響があるものなのでしょうか。

ここでは、カードローンの中でも、大手消費者金融のSMBCモビットのカードローンが総量規制が申込にどう関係してくるのか、詳しく解説します。

SMBCモビットは総量規制対象のカードローンである

総量規制とはどのような規制なのか

総量規制は、貸金業法で定められたもので、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠における個人に対する貸し付けについて、その合計額の上限を、借入をする人の年収の3分の1とする制度です。
借り過ぎによって利用者が多重債務者になってしまうこと、そして、貸し過ぎによって貸金業者が貸し倒れの状態になることを防ぐために制定されています。

貸し付けの「合計額」の上限が年収の3分の1なので、複数の業者から借入をしている場合、複数の借入額を合計して3分の1以内に収まらなければなりません。ですから、一つひとつの業者から借りられる額は少なくなります。

たとえば、年収300万円の人が借りられる上限の金額は、300万円の3分の1で、100万円です。もし、Aという業者から借入をしようと思ったら、最大100万円借りられるのです。

では、すでにBという業者から50万円、Cという業者から20万円の借入をしていたらどうでしょう。この人が借りられる額の上限は、「合計で」100万円です。すでに借入額の合計が70万円になっているので、Aから借りられるのは最大30万円ということになります。

一方、三井住友銀行カードローンといった銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。なぜなら、銀行カードローンは銀行が取扱をしているローン商品です。銀行は、消費者金融とは異なり、貸金業法ではなく銀行法で運営されています。そのため、銀行カードローンは、総量規制の対象にはなりません。

SMBCモビットの借入額の上限は申込者の年収の3分の1である

SMBCモビットのカードローンも、貸金業者(消費者金融)による個人への貸し付けですから、総量規制の対象になります。つまり、借りられる上限は利用者の年収の3分の1ということになります。これを超える借入額を希望した場合、審査に落ちてしまいます。
SMBCモビットの利用限度額の上限は、800万円となっていますが、上限いっぱいに借りるには少なくとも2400万円の年収が必要ということです。

もちろん、他の消費者金融などからすでに借入をしている場合は、借入の上限はさらに少なくなります。借入をしている分と、SMBCモビットカードローンの利用額の合計がその人の年収の3分の1以内に収まるように、限度額が設定されるのです。すでに複数の会社から借入をしている場合は、その金額も加味して希望額を申告しなければならないということになります。

収入証明書の提出で申込者の年収をチェックしている

年収を高く申告すればより多く借りられるのでは、と考える方もいるかもしれません。しかし、当然ながらそんなことはできません。
SMBCモビットカードローンの申込には、カード申込とWEB完結申込の2種類の方法があります。カード申込は、WEBや電話、郵送などでできる申込で、モビットカードが発行される方法です。
一方、WEB完結申込は、WEBからの入力だけででき、さらにカードも発行されない方法で、電話や郵送物が一切ないという特徴があります。そして、どちらの方法でも必要になるのが、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と収入証明書で以下のいずれかの書類を用意し、画像のアップロードや郵送などによって提出しなければなりません。

  • 源泉徴収票(写し)
  • 税額通知書(写し)
  • 所得証明書(写し)
  • 確定申告書(写し)

直近2ヶ月の給与明細書と、賞与があれば、年間の賞与額が確認できる賞与明細書(写し)
SMBCモビットの公式ホームページには、カード申込の場合、「いずれかの書類をご提出いただく場合がございます」と記載されていますが、はっきりとした基準は書かれていません。
貸金業法では、「自社の貸付額が50万円を超える場合、あるいは他の貸付け業者も含めた貸付額の合計が100万円を超える場合にはこれらの書類の提出してもらわなければならない」ということが定められています。しかし、SMBCモビットカードローンの場合はこれに該当しない場合でも収入証明書の提出が必要となります。

これらの収入証明書によって、申込者の年収は細かく調べられます。年収を偽って、総量規制で定められた上限を超えて借りることはできないようになっているというわけです。

申込時に虚偽の年収の申告をしても必ずバレてしまう

申込の際、虚偽の申告をした場合は審査に通らないのはもちろん、悪質だと判断されると、今後その会社からの借入が一切できなくなる恐れがあります。また、嘘をついて多く借りても、返済が滞ったり、返せなくなったりといったことにもなりかねません。結局は自分の首を絞めるだけですから、絶対にやめましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)も総量規制の対象のローンである

Tカードプラス(SMBCモビットnext)とはどのような商品なのか

2018年4月24日より、SMBCモビットは「Tカードプラス(SMBCモビットnext)」の発行を開始しました。これは、SMBCモビットカードローン、三井住友カード株式会社のクレジットカード(Mastercard)、そしてTポイント・Tマネーの使えるTカードの機能がひとつになったカードです。

入会費や年会費は無料で、さらに、クレジットカードの利用で200円当たり1ポイントのTポイントがたまります。Tカードとしては、提携しているお店で提示するとTポイントを貯めたり利用したりできる他、Tマネーのチャージ・利用もできます。

また、Tポイント提携先でクレジットカード払いにすると、Tカード提示分とクレジットカード利用分のダブルでポイントがたまります。提携している店をよく利用するという人にとっては、とてもお得なカードだといえるでしょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)のカードローンも総量規制の対象

Tカードプラス(SMBCモビットnext)にはSMBCモビットカードローンの機能がついています。カードが多機能になっているだけで、カードローンサービス自体は従来のSMBCモビットカードローンと同じです。ですから当然、Tカードプラス(SMBCモビットnext)を利用した借入も総量規制の対象になります。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申込方法と必要書類

Tカードプラス(SMBCモビットnext)を利用するための申込方法をご紹介します。まずは必要な書類から見ていきましょう。
Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申込には、SMBCモビットカードローンに申し込むときと同じく、本人確認書類と収入証明書が必要になります。

本人確認書類は次のいずれかの写しを用意します。

  • 運転免許証(変更がある場合は裏面の写しも必要)
  • 健康保険証(カード型の場合は裏面の写しも必要)
  • パスポート(顔写真および住所のページ)

収入証明書は前述しましたが、改めてまとめると以下のとおりです。

  • 源泉徴収票(写し)
  • 税額通知書(写し)
  • 所得証明書(写し)
  • 確定申告書(写し)
  • 直近2ヶ月の給与明細書と、賞与があれば、年間の賞与額が確認できる賞与明細書(写し)

この他、クレジットカードを利用するために銀行口座か郵便貯金口座が必要です。三井住友銀行以外の口座でもかまいません。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申込方法

必要書類をそろえたら、申込をしていきます。大きな流れとしては次のようになっています。

  1. カード申込でSMBCモビットに申し込む
  2. カードローンの審査が行われる。
  3. カードローンの審査に通過後、案内メールが届く。
  4. 同時に、ローンカードが発行されるので受け取りをする
  5. 案内メールに記載されているURLから会員ページにアクセスし、Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申込をする。
  6. クレジットカードの審査が行われる。
  7. 審査に通過すると、Tカードプラス(SMBCモビットnext)が郵送されてくる。

まず、SMBCモビットカードローンに申込をします。Tカードプラス(SMBCモビットnext)の場合カードが必要になるので、必ずカード申込から申込みましょう。カード申込は、WEB、郵送、電話、ローン申込機、三井住友銀行内にあるローン契約機から行えます。
カードローンの審査に通過し、SMBCモビットによる入会手続きが完了すると、SMBCモビットから案内のメールが届きます。記載されているURLから会員サイト「Myモビ」にアクセスし、そこでTカードプラスの申込を行います。

また、同じタイミングでローンカードが発行されます。受け取りは、郵送、ローン申込機、ローン契約機のいずれかを選択します。Tカードプラス(SMBCモビットnext)が発行された場合は不要になりますが、手続きでカード番号が必要になることもありますから、必ず発行しておきましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)の申込をすると、クレジットカードの審査が行われます。審査に通過するとTカードプラス(SMBCモビットnext)が発行されます。単体のローンカードではないので、必ず郵送で届きます。ローン申込機などでの受け取りはできません。Tカードプラス(SMBCモビットnext)を受け取れるのは、SMBCモビットカードローンに申込をしてから1~2週間後です。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)が手元に届いた時点でローンカードは不要になりますから、裁断して処分しましょう。

Tカードプラス(SMBCモビットnext)は3つの便利なカードがひとつにまとまったカードです。ただし、カードローンやクレジットカードを使いやすくなるだけに、使いすぎには注意が必要だといえるでしょう。便利な分、きちんと残高や返済状況を管理しながら、計画的に使うようにしましょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有


SMBCモビットには総量規制対象外であるローン商品はない

「おまとめローン」は総量規制の対象外

総量規制の対象外になるカードローンが、「おまとめローン」や「借換えローン」と呼ばれるローンです。
おまとめローン」は、複数の業者からの借入がある場合に、それを借り換えることによって一本化するものです。たとえば、アコムでは「借換えローン」、プロミスでは「おまとめローン」アイフルなら「おまとめ専用ローン」といった商品名になっています。
「おまとめローン」は、返す先が一か所になることで毎月の返済額が減り、返済が楽になる、金利が安くなることが多いといったメリットがあります。そしてこれは、先ほど紹介した総量規制の「例外」の、「顧客に一方的有利となる借換え」に当たります。ですから、「おまとめローン」は総量規制の対象外となるのです。

SMBCモビットには「おまとめローン」を取り扱っていない

「おまとめローン」は、個人への貸付の場合、消費者金融系のカードローンの中では唯一、総量規制対象外となるローンです。しかし、SMBCモビットには、この「おまとめローン」に当たる商品がありません。
したがって、SMBCモビットのカードローンを利用する場合には、必ず総量規制の対象になります。SMBCモビットで借りられるのは、利用者の年収の3分の1までに限られるということです。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有


総量規制の対象外になる貸し付けとは

総量規制には、「除外」や「例外」となる貸し付けがあります。
まず、除外になる貸し付けは以下のとおりです。

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸し付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸し付け
  • 高額療養費の貸し付け
  • 有価証券担保貸し付け
  • 不動産担保貸し付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸し付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸し付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

上記にあげたなかでも、身近なローンが銀行の住宅ローンや自動車ローンなどでしょう。こうした大きな買い物をするときの貸し付けに関しては、総量規制の対象になりません。
総量規制の例外には、次のようなものがあります。

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸し付け
  • 社会通念上緊急必要と認められる費用を支払うための資金の貸し付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸し付け
  • 個人事業者に対する貸し付け
  • 預金取扱金融機関からの貸し付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸し付け

たとえば、すでに上限まで借りているけれど、緊急入院でお金が必要になったという場合は、この「例外」に当たります。また、個人であっても個人事業者であれば、その人の年収の3分の1を超える額を借りることができます

銀行のカードローンは総量規制の対象ではない

総量規制を定めているのは、貸金業法という法で、主に消費者金融が対象となります。一方、銀行は銀行法という法に従って運営しています。そもそも貸金業法とは関係ないので、総量規制はないのです。
しかし、現在では、銀行カードローンの過剰融資が社会問題化しており(全銀協:カードローンの自主規制強化へ 過剰融資問題で – 毎日新聞)、銀行でも希望額が申込者の年収の3分の1を超える場合はほとんど審査に通らない状況になっています。
総量規制がないからといって多く借りられるわけではないという点には注意が必要です。