消費者金融の無利息期間サービスの利用方法や開始日の違い

「ちょっとした計算ミスで給料日まで少しだけお金が必要」「急ぎで今月だけお金が必要になった」など、お金のことでピンチになるのはほとんどの人が体験していると思います。
このような急ぎでお金がない場合には、利用したいのが、消費者金融の無利息サービスを利用しての借り入れです。

電車広告や街角広告で消費者金融の「無利息サービス」の文字が大々的に掲示されているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

無利息サービスとは、一定期間、返済時の利息がゼロになるサービスです。たとえば、大手消費者金融のプロミスのように「初回借入日の翌日から30日間無利息(WEB明細とメールアドレスの登録が必要)」というサービスであれば、30日間は利息ゼロでお金を借りることができます。つまり、無利息期間中に借金を完済すれば、利息はかからず元金のみの返済で済むわけです。

ここでは、大手消費者金融の消費者金融の無利息サービスの利用条件カードローン会社ごとに異なる無利息サービス開始日の違いについて詳しく解説いたします。

大手消費者金融では初回契約時限定で無利息期間サービスを行っている

消費者金融や銀行カードローンを利用してお金を借りる際には、返済時の金利が気になると思います。
しかし、消費者金融で無利息期間サービス内にキャッシングを利用してお金を借りた場合、無利息サービス期間中までに全額返済すれば利息一切はかかりません。消費者金融でまとまった額を借りて、給料日やボーナスで一括返済する予定の人は、特に無利息サービスが役に立ちます。

数万円程度の少額の借り入れであれば、返済時に支払う利息も大したことはありませんが、借入額が大きい時や返済期間が長いと利息の支払いも多くなります。
そのため、消費者金融の無利息サービスを利用すると、利息総額が抑えられ、銀行カードローンの並の利息額でお金を借りることができます。
下の表は大手消費者金融での「無利息サービスの有無」と無利息サービス期間についてまとめました。

大手消費者金融各社の無利息期間サービス
消費者金融・サービス 無利息サービス
プロミス 最大30日間
アコム 最大30日間
アイフル 最大30日間
レイクALSA 「お借入れ全額30日間無利息」もしくは「お借入れ額5万円まで180日間無利息(契約額1万円~200万円まで)」
SMBCモビット なし
ノーローン(※) 最大7日間

大手消費者金融のサービスを確認してみると、無利息サービスを行っているカードローンが多いです。
※後述しますが、ノーローンについては厳密には、無利息サービスではなく、条件付きで無利息期間を何回も利用できます。
実際にこれらの無利息サービスは利用すれば金利0円(無利息)で利用することが可能です。ただし、無利息期間サービスには条件もついています。(上記の掲載した消費者金融すべてにおいて、無利息期間サービスが対象なローンは、無担保カードローンです。そのため、おまとめローンでは、どの消費者金融も無利息期間サービスを行っていないので、注意しましょう。
それでは、消費者金融各社で無利息サービスを受けるためには条件があるのかをみていくことにしましょう。

大手消費者金融業者の無利息サービスの利用条件の違い

下の表で、大手消費者金融の公式サイトに掲載されている無利息期間サービスの利用条件を確認してみましょう。

大手消費者金融各社の無利息サービス適応条件
消費者金融 無利息サービス 条件
プロミス 最大30日間金利0円 初めての借り入れ(メールアドレスの登録とWeb明細利用が条件)
借り入れ全額対象
アコム   最大30日間金利0円 初めての借り入れ
返済期日「35日ごと」で契約
アイフル 最大30日間金利0円 初めての借り入れ
「無担保キャッシングローン」で契約
ノーローン 最大7日間金利0円 全額返済すれば翌月も7日間無利息

こうして見るとほとんどの消費者金融で「初めての借り入れ(初回契約)」という無利息サービスの適応条件が入っているのが分かります。
初めての消費者金融で借り入れをする場合であれば、こうした初回限定の無利息サービスを利用するといいでしょう。
なお、ノーローンについては、何度でも無利息のサービスが利用できる(厳密には1ヶ月に最大1回まで)特殊なプランですが、7日間で全額返済することが条件となっており、返済のハードルはやや高めです。
定期的に短期間でお金が必要になり、かつ確実に返済できるような場合には、消費者金融の無利息期間サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

無利息期間サービスの開始日(適応日)は各消費者金融ごとに異なる

ここまでで見ると初めての借り入れであれば、どの消費者金融会社の無利息サービスを利用しても同じように思えます。実はもう一つ見落としてはいけないポイントがあります。それは、この無利息サービスの適用時期が「契約開始日から」か「最初の借入日から」かが非常に重要です。
同じく下の表で確認してみましょう。

大手消費者金融各社の無利息サービス適応時期
消費者金融 無利息サービス 適用開始時期
最大30日間金利 \0 契約日の翌日から適用
プロミス 最大30日間金利0円 初回出金の翌日から適用
アコム 最大30日間金利0円 契約日の翌日から適用
アイフル 最大30日間金利0円 契約日の翌日から適用
レイクALSA 最大30日間金利0円・最大180日間金利0円 契約日の翌日から適用

(※ノーローンは初回サービスではないので除外しています。)
プロミスのみが「初回出金の翌日から適用」、その他の消費者金融業者では「契約日の翌日から適用」となっています。
つまり、プロミスの場合は契約しても借り入れを実際に行うまでは「金利0円サービス」が適用され続ける状態ですが、それ以外の(上記の)金融機関では契約翌日から借り入れをしてもしなくても金利0円サービスの適応日が減り続けます。

アコムやアイフルといった契約日が無利息期間サービスの開始日である場合には、契約して15日後に初めて借り入れをした場合には、無利息で利用できる期間が15日になってしまいます。
そのため、無利息サービスの適用時期が契約日から起算される消費者金融を利用する場合には、契約後すぐにお金を借りるようにして、無利息期間サービスを有効に利用するようにしましょう。

消費者金融の無利息サービスを利用すると利息額がどのくらいお得になるのか

実際に無利息期間サービスを利用した場合と無利息期間を利用しない場合とでは、どのくらいの差があるのでしょうか。

消費者金融の返済時の利息は、元金×金利÷365日×借入日数で求められます。

50万円を年18.0%で30日借りた場合の利息は、

50万円×18.0%÷365日×30日=約7,367円

無利息サービスを利用しないで50万円を年18.0%で30日借りると、約7,367円の利息がかかります。一方、30日無利息期間を利用すれば、利息額の7,367円が0円となり得になります。

なおかつ、返済期間が無利息期間を過ぎて30日を超えた場合でも、30日間は無利息期間なるため、無利息期間サービスを過ぎて返済したとしても、30日分の利息は0円となります。

たとえば、無利息期間のないキャッシングで60日借りた場合、1万3,315円の利息がかかるところ、30日間無利息を利用すると、30日分の利息である約7,367円支払いで済みます。
そのため、無利息期間を上手に利用すると返済時の利息額は、銀行カードローンの利息額よりも低くなる場合もあります。

下の表に、金利18.0%で30日間無利息期間を利用して、50万円を60日間借りた場合と三井住友銀行カードローン(金利4.0~14.5%)を利用して同じ期間利用した場合の利息額を比較してみました。(三井住友銀行カードローンの金利は上限金利である14.5%で算出)

利息額
金利18.0%で30日間無利息期間を利用 約7,367円
三井住友銀行カードローン(上限金利14.6%) 約1万1917円

上の表から、60日間の利用であれば、銀行カードローンでお金を借りるよりも、消費者金融の無利息期間サービスを利用してお金を借りたほうが、返済時の利息が低いことがわかるかと思います。そのため、3ヶ月以内に全額返済する目処がついているのであれば、消費者金融を利用してお金を借りたほうがお得です。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資(※)
  • お申込み後、最短15秒審査
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円
審査時間お申込み後、最短15秒
融資までの時間最短即日融資も可能(※)


借り入れから返済までの期間が短いほど支払う返済金額は安くなる

ここまで実際の額を確認してみて、もし「消費者金融の金利ってこんなに少ないの?」と感じたらそこは大切な気づきです。
というのも、返済は早く済ませれば済ませるほど実際に支払う金利は低く抑えられるためです。
逆に、返済が長くなれば長くなるほど、支払う利息総額は大きなものになります。
そのため、消費者金融での借り入れ金を返済する際には、追加入金や一括返済を利用して、借入期間が短いうちに返済するようにしましょう。
消費者金融で50万を借り入れた際の利息と最終的な返済総額」で具体的な額をまとめていますが、50万円借り入れをした場合、1ヶ月で一括返済するのと少額で返済するのとでは最終的に支払う金利が20万円以上異なることもあります。

レイクALSAの特徴

レイクALSA

レイクALSAのおすすめのポイント

  • 最短即日融資(※)
  • お申込み後、最短15秒審査
  • セブン銀行ATMなどのコンビニの提携ATMは手数料無料

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能。(一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く)

実質年率4.5~18.0%
借入限度額1~500万円
審査時間お申込み後、最短15秒
融資までの時間最短即日融資も可能(※)



アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 最短30分で審査完了!即日融資が可能!
  • 利用者数NO1!WEB申し込みなら24時間申し込み可能
  • 30日間無利息サービスを実施中
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから融資まですべてWEBで完結可能
  • 瞬フリ利用で土日夜間でも24時間365日最短10秒!
  • アプリローンの利用でカードなしでセブン銀行ATMから借入可能
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間