専業主婦はアイフルの審査に通過できない

アイフルは店舗に直接行かなくてもWEBから申し込みができることや、女性専用ダイヤルが設置されていることから、女性でも相談のしやすい環境が整っているカードローンです。

そのため、初めてカードローンを利用する女性にとって魅力的な要素の多い商品ですが、専業主婦はアイフルの審査には通過できません。

アイフルからの借り入れを検討している専業主婦は、アイフルの審査に通過できない理由と共に、アイフルからの借り入れ以外の方法でお金を工面する方法について確認しましょう。

専業主婦はアイフルの利用条件を満たしていない

アイフルの申込条件は、下記の通りです。

【アイフルの申込条件】
  • 満20歳以上69歳までの人
  • 定期的な収入と返済能力があること

アイフルから借り入れをするためには、定期的な収入があることが条件なので、アルバイトやパートなどの収入がない専業主婦は、審査に通過できません。

なお、アイフルの申込条件で定期的な収入が求められている理由は、貸金業法の総量規制が関係しています。

総量規制とは、個人が貸金業者から借り入れできる額を年収の3分の1を超えない範囲に制限する規制のことで、収入のない人の場合、借り入れできる額は、年収(0円)×1/3=0円となるため、専業主婦はアイフルの審査には通過できません。

収入のない専業主婦は、少額でもパートやアルバイトなどで収入を得なければ、アイフルの審査には通過できないと覚えておきましょう。

定期的な収入の例

アイフルの審査で求められる収入は、金額の多寡ではなく定期的な収入であることが重視されています。アイフルの審査で定期的な収入と認められる収入の例は、下記の通りです。

【定期的な収入の例】
  • アルバイト・パートによる収入
  • 内職による収入
  • 自営業による収入

定期的な収入の目安としては、月1回以上の収入が2か月連続で得られることとされています。

家事や育児で忙しく、パートなどができない専業主婦でも、内職や自営業による定期的な収入がある人であれば審査に通過できる可能性があります。

専業主婦が借り入れする方法

アイフルの申込条件を満たしていない専業主婦は、審査に通過することができません。そのため、アイフルから借り入れをする以外の方法で資金調達できないか検討しましょう。

クレジットカードを利用する

定期的な収入のない専業主婦は、クレジットカードを利用できないか検討しましょう。

クレジットカードであれば、借り入れをしても利息額の支払いが発生しないため、カードローンよりもお得に借り入れできます。

ただし、クレジットカードの請求額は、基本的に一括で借入額を返済するため、「気づいたら請求額が高額になっていて期日に支払えない」といった事態にはならないように注意しましょう。
必要であれば、支払い方法をリボ払いや分割払いにして対応すると良いでしょう。

専業主婦におすすめのカード

専業主婦におすすめのクレジットカードは、セディナカード株式会社が発行する“セディナカードJiyu!da!”です。

セディナカードJiyu!da!は、審査に通りやすいといわれるリボ払いカードなので、審査に不利と言われる専業主婦でも審査に通過しやすくなります。

年会費無料でポイントサービスも充実していることから、初めてクレジットカードに申し込むという人にもおすすめの商品です。

セディナカードJiyu!da!について詳しく知りたい人は、「セディナカードJiyu!da!」についての記事を参考にしてください。

配偶者貸付に対応しているカードローンに申し込む

配偶者貸付とは、申込者と配偶者の収入を合算して返済能力を判断する制度のことで、配偶者の収入を公的書類などで証明することで借り入れできます。

収入のない専業主婦は、配偶者貸付に対応しているカードローンからの借り入れを検討しましょう。

なお、配偶者貸付に対応している商品として、イオン銀行カードローンが挙げられます。

イオン銀行カードローンは、配偶者貸付を利用して借り入れする場合、最大で限度額50万円 まで利用でき、WEBからの申し込みもできる商品です。

家事や育児で忙しい主婦でも、好きなタイミングで申し込みできるため、専業主婦にとって利用しやすい商品です。

ただし、配偶者貸付を利用する場合、配偶者に内緒で借り入れはできません。夫婦間で話し合い、配偶者の同意のうえで申し込みをしましょう。

銀行カードローンの審査に通過するのは難しい

銀行カードローンからの借り入れは総量規制の対象外ですが、銀行カードローンの審査では自主規制が敷かれているため、収入のない専業主婦は、アイフルと同様に審査に通過できません。

銀行カードローンの自主規制とは、返済能力が十分と認められない人は借り入れできないという、銀行独自に定めている制限のことで、総量規制と似た審査基準が敷かれています。

2016年に銀行カードローンの過剰融資で自己破産件数が増加したことを背景に、現在では、ほとんどの銀行カードローンで自主規制が設けられているため、銀行カードローンの申し込みでも定期的な収入が必要となります。

銀行カードローンなら総量規制の対象外だから借り入れできると考えている専業主婦は、他の借入方法を検討しましょう。

虚偽申告はしない

収入のない専業主婦は、審査に通過したいからといって、自分にとって審査が有利になるような虚偽申告をしてはいけません。

アイフルの審査では、信用情報と呼ばれる取引履歴や個人情報が記録された情報を確認するほか、収入証明書類の提出を求められる場合があります。

虚偽申告が発覚するとアイフルの審査に通過できない上に、他のカードローンでも審査に通過できなくなります。最悪の場合、詐欺罪に問われるケースもあるため、虚偽申告は絶対にしないでください。

絶対に闇金から借り入れしてはいけない

どうしても借り入れをしたいからといって、闇金から借り入れすることは絶対にやめましょう。

闇金から借り入れをすると、法外な利息額の請求や違法な取り立てに合います。自分がトラブルに巻き込まれるだけでなく、周囲の人にも迷惑がかかるため、闇金からは絶対に借り入れしてはいけません。

とはいえ、金融機関を名乗る業者のなかには、「建物の外観からしっかりとした印象を受けた」「担当者の対応が良さそうだった」といった理由から、闇金だと分かりづらい業者も存在します。

少しでも怪しいと感じたら、金融庁の公式サイトにある「登録貸金業者情報検索サービス」 から検索して、きちんと登録のされている正規の貸金業者か見分けましょう。