アイフルの返済シミュレーション

大手消費者金融のアイフルWEBからも申し込める上、審査完了までが早く、手軽に使えるということでキャッシングを利用しようという方は多いですよね。アイフルの自社ATMや無人契約機が近くにある方は特に便利ですからなおさらです。

しかし、アイフルを初め利用する際には、返済方式やどのようになっているのかについてや金利についても気になります。

アイフルでの返済について確認すると共に、返済時の利息額がお得になる方法はないのかシミュレーションしてみましょう。返済方法についても記載しています。

アイフルのおすすめポイント
  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富



アイフルの返済方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング方式

まず、アイフルの返済方式について確認しましょう。アイフルの返済方式は、新しく契約する方なら「借入後残高スライド元利定額リボルビング」という方式が採用されています。借入後残高スライド元利定額リボルビング方式とは、借り入れ後の残高で返済額が決定する「借り入れ後残高スライド方式」と、「リボルビング」つまりリボ払いが組み合わさった方法です。つまり、以下のような方式になります。

  • 借り入れ直後の残高で月々の最少返済額が決定する
  • 支払いの回数ではなく金額が決まっている

この返済方式がどのような方法なのか詳しく見てみましょう。

借り入れ後残高スライド方式借り入れ直後の残高で月々の最少返済額が決定する

まずは「借り入れ後残高スライド方式」とはどういうことでしょうか。借り入れ後残高スライド方式とは借り入れをした時の残高で最低返済額が決まって、それ以上借り入れをしなければその返済額のままで支払えばいいというものです。

例えば、アイフルで10万円借りたとすると約定日制の契約であれば4,000円が月々の最低返済額です。返済だけするのであれば完済まで毎月ずっと4,000円で構いません。しかし、理由があって例えば途中で50万円の残高まで借り入れをした場合は、最低返済額も変わって11,000円になります。

アイフルでは支払いの回数ではなく毎月支払わないといけない金額が決まっている

次に「リボルビング」はどういう仕組みでしょうか。リボ払いという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、このリボはリボルビングの略です。リボルビング払いとはつまり、毎月の支払額を一定にする支払い方のことです。分割払いと比較すると分かりやすく、分割払いでは10回払い、15回払いなどと回数が決まっていますが、リボルビング払いであれば回数は決まらずに5,000円、8,000円など月々の金額が指定されます。
なお、リボルビング払いについては「キャッシングリボ払いの特徴とはどのようなものか」で詳しく解説していまます。

返済額から利息を引いた金額が元金の返済に充てられる

この2つの返済方式ふたつが合わさったのが「借入後残高スライド元利定額リボルビング」方式ですから、基本的には借りた時の残高に合わせて毎月一定額ずつ返済していくことになります。この時、利息は借りている元金にかかりますから、返済すれば返済するほど元金は減って利息の金額も少なくなります。毎月の利息が減っても一定額ずつ返すので、だんだん元金に当たる金額が増えていくことになります。例えば始めは8,000円の支払いのうち利息が1,000円ほど占めていたのが、後々は200円ほどになった、というような形になるのです。

アイフルの借入期間から利息の総額を算出して比較

月々の最低返済額は上で解説した通り借り入れの残高によって決まっていますが、それ以上であれば多く返済することも可能です。また、実は多く返済して早めに完済した方が全体で見るとお得に利用が可能です。

毎月の返済額を増やすことで支払う利息総額を節約できる

利息は1日ごとにかかるもので、1日あたりの利息は次のような式で計算できます。

利用残高(円) × 契約年率(%) ÷ 365(日)

例えば10万円借りていて、年率が18.0%であれば次のように計算できます。

10万円 × 18.0% ÷ 365日 = 49円

毎日49円くらい利息がかかるということですね。また、この利息は今借りている残高から計算されますから、早めに残高を減らした方が利息も少なくなることも分かります。当然ですが10万円よりも5万円につく利息のほうが少ないです。もちろん一気に5万円も帰さなくとも、毎月少しずつでも多めに返済した方が総支払額は少なくなります。

金利18.0%で10万円を借り入れした場合のシミュレーション

例えば、アイフルで10万円を借りて約定日制を選択すると月々の最低支払額は4,000円です。最初の支払いをするまでの利息は上の計算と同じですから1日約49円です。返済の日が30日後だとするとどうでしょうか。

49円 × 30日 = 1,470円

利息と合わせて101,470円が返済しなければならない金額です。4000円支払った場合は、

101,470 - 4,000 = 97,470

で、次からは97,470円に利息がまた毎日かかるようになります。1か月分を計算すると約1,442円です。このとき、例えば10,000円払ったらどうでしょう。

101,470 - 10,000 = 91,470

こちらで1か月分の利息を出すと約1353円になります。1か月だけでも100円近く違いますね。さらに、10,000円ずつ支払った場合は完済までの期間も短くなるのでその分の利息も浮く形になります。最終的には4,000円で払っていった場合は総利息が約26,260円、10,000円の場合は9,158円とかなりの開きが出てきます。

金利18.0%で30万円を借り入れした場合のシミュレーション

他の金額でも計算してみましょう。借入金額30万円の場合、金利18.0%だとすると、

  • 月の最低金額11,000円で支払う場合の総利息:約8万8,683円
    • 2万円で支払う場合の総利息:約4万2,404円

利息額の支払いだけならなんと、2万円を返済している場合には、最低金額での支払いを比べて半分以下の計算になります。

金利18.0%で50万円を借り入れした場合のシミュレーション 

次に借入額50万円の場合、金利18.0%で計算してみると、

  • 月の最低金額15,000円で支払う場合の総利息:約19万8,327円
  • 2万円で支払う場合の総利息:約13万1,374円

このように大きな差が出ます。利息を支払う金額は低い方がいいですよね。月々多めに支払うとそれだけ最終的に支払う金額としてはかなりお得に利用できるのです。計算には入れていませんが、支払い方法によっては手数料もかかるので注意しましょう。
なお、支払い方法や手数料については後述します。

アイフルでは月の途中で追加入金することも可能

毎月多めに返済しようとすると生活が苦しくなる、ということもあるでしょう。そういう方は計画的に支払いつつ、お金のある時に追加で入金することも可能です。例えばボーナスの出た時などにはATMからまとめて返済すればその分返済期間が短くなり最終的に支払う総利息もお得になります。

多めの支払いにプラスして余裕ができたらさらに追加、という返済の仕方をするとより早く完済できてお得です。自分が月々に返済できる金額をよく考えて、可能な際には繰り上げ返済をしていきましょう。

アイフルの返済期日は二種類ある

返済について記載しましたが、支払い期日は契約によって次の二種類があります。

  • 約定日制
  • 35日サイクル制

契約するときに決めることができますので、自分がどちらで契約するのかはよく考えておきましょう。それぞれ次のような返済方法になります。

約定日制は毎月決まった日に返済する期日

まず、約定日制は毎月決まった日に返済する方法です。例えば毎月1日の返済、10日の返済、と自分自身で設定することができます。月末であったり、返済しやすいように給料日の近くにしておく方が多いようです。返済日が決まっているので管理がしやすいのが特徴で、また最低返済額も35日サイクル制より少し低めに設定されています。注意点として、返済日の十日前からしか当月分としての返済ができず、もし十日より前に入金すると前月分の追加入金として扱われます。もちろん元金に充当されるのですが、十日より前に入金しただけで当月の支払い日が来てしまうと当月分は遅延扱いになってしまうことにリスクがあります。もしも十日より前に入金した場合は遅延にならないように再度入金する必要が出てきます。

35日サイクル制は前の支払日から35日以内に返済する返済期日

35日サイクル制は、約定日制と違って毎月の支払日がばらばらです。何故なら支払ってから35日後までに支払うという契約だからです。例えば1日に最初の借り入れをしたら、1か月が30日なら次の月の6日までの間ならいつ返済しても構いません。次からは返済した日の35日後までの支払いになりますから、例えば月末に支払っていたら次は5日頃が返済期日になります。毎月同じ日の支払いで決めておけば分かりやすいですが、ずれてしまうと返済期日が分かりにくいのが欠点です。ただ、自分で柔軟に返済期日をずらしやすいので生活に合わせた支払いは約定日制よりもしやすくなります。

約定日制と35日サイクル制なら35日サイクル制が利息額がお得になりやすい

約定日制と35日サイクル制、どちらがお得ということはあるのでしょうか。基本的には好きな方を選んでいいのですが、実は35日サイクル制の方がお得になりやすい傾向にあります。理由は以下です。

  • 35日サイクル制の方が1回当たりの最低返済額が高い
  • 1か月に一度という決まりがないので思いついた時に返済しやすい

約定日制よりも千円程度最低返済額が高いので毎月1回返済するのであれば約定日制よりも早い完済になります。また、約定日制は支払日の後、次回は来月でいいと思いがちです。その点35日サイクル制は35日後までの間でいつでもいいのでお金のある時に支払おうと思いやすいです。

もっとも、上に記載している通り約定日制でもプラスアルファの入金はできますので、繰り上げ返済の意志が強い方ならどちらを選んでもいいでしょう。

アイフルの公式サイト内にある返済シミュレーションを利用する

自分がどのくらいの期間で返済できるのかを見たい場合は、アイフルの公式サイトを見ると便利です。返済シミュレーションという欄がありますから、そこに自分の契約を入力します。入力するのは以下の4つです。

  • 支払い方式
  • 支払サイクル
  • 利用金額
  • 貸付利率

支払い方式は、平成23年9月3日以前の人だけが異なるので基本的には「借入後残高スライド元利定額リボルビング」を選びます。支払サイクルは「約定日制」か「35日サイクル制」か自分の契約を選択しましょう。利用金額は、契約した金額ではなく借入をした金額で設定します。貸付利率は99万円までは18%の方が多いです。自分の契約を確認しましょう。これだけ入力すれば、簡単に毎月最低返済額と、その金額で返済をし続けた際の支払いについてのシミュレーションが可能です。

アイフルの返済方法

アイフルを利用するに当たって、返済方法も知っておきましょう。アイフルの返済方法は次のようになっています。

  • アイフルの有人店舗かATMを利用する
  • 提携ATMを利用する
  • 口座振替を登録する
  • 銀行振込で支払う

もちろんどの方法でも自由ですが、おすすめなのは「アイフルの有人店舗かATM」もしくは口座があれば「口座振替」です。理由は簡単で手数料がかからないからになります。毎月返済していく場合、数百円の手数料が塵も積もって最終的には大きな金額になる、ということがあり得ます。借り入れの際も手軽なコンビニなどを利用しがちですが、アイフルのATMでない場合は手数料がかかるので注意しましょう。

口座振替は便利だが最低返済額の分しか引き落とされない

支払い忘れしにくい口座振替は特におすすめですが、注意点もあります。それは最低返済額での引き落ししかできないことです。毎月多めに支払いたいからと言って自分から月々の引き落し金額を設定することはできません。
もしも利息を少しでも抑えたい場合は、口座振替にプラスして余裕のあるときにATMで入金するか、あるいは金額を決めて毎月ATMなどで入金する方がいいでしょう。口座振替にしていると支払いの感覚が薄くなり、安心感から早く完済することを忘れがちです。利息をお得に利用するためにも、ぜひ早めに完済することを目標にしましょう。

アイフルの特徴

アイフル

アイフルは最短30分の審査で30日間無利息

アイフルは、大手消費者金融で大手メガバンクグループに入らず単独で経営している優良の消費者金融です。1000円からの借り入れも可能で、審査時間も最短30分で即日融資も可能、また初回契約時には30日間無利息サービスも利用可能です。また、アイフルでは、誰にも知られずにローンカードを受け取る事が可能です。ご希望の時間にローンカードの配送時間を選べます。くわえて、自宅以外にも配送可能です。

アイフルのおすすめのポイント

  • 初めてなら30日間無利息サービスを実施中
  • インターネットで申し込みは24時間受付可能
  • 最短30分で審査完了、即日融資が可能
  • 誰にも知られずにローンカードを受取可能
  • 借り換えやおまとめローンなどの商品も豊富
実質年率3.0~18.0%
借入限度額最高800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間