プロミスの審査に落ちた場合の対応策

消費者金融でキャッシングを利用する場合、申込時に融資可能かどうかの審査が必ずあります。

それでは、プロミスのカードローンの申し込みをしてキャッシング審査に落ちてしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。
審査に落ちた原因を知りたいと思うのが自然なことだと思います。

プロミスの審査に落ちてしまう原因、また、審査に落ちた時、その後どうすればよいのかに対応策ついてまとめました。

プロミスの審査に落ちてしまう理由とは

まず、プロミスの審査に落ちてしまう理由をチェックしていきましょう。プロミスの審査に落ちてしまう理由として、下記の項目が考えられます。

  • 収入が安定していない
  • 既に他社で多く借り入れをしている
  • 信用情報に問題がある
  • 在籍確認に問題があった
  • 安定した収入がない
  • 一度に複数のキャッシングの申し込みを行っている

それでは各項目を詳しくみていきましょう。

収入が安定していない

一昔前であれば、パートやアルバイトまたは派遣社員など非正規雇用あれば、借り入れ審査において、極端に不利な立場に置かれることが多かったものです。
しかし、派遣社員やアルバイトなど、働き方が多様化した現在では、様々な職業の人に対する審査データの蓄積により働き方に応じた借り入れが利用できるようになりました。
プロミスでは、キャッシング利用の条件として、

「20歳以上69歳以下で安定収入のある方」なら誰でも申込みできます。

と公式ホームページに記載があります。
つまり、アルバイトやパートなどの非正規雇用であっても申し込み条件は十分満たしています。
ただし、専業主婦や年金生活者で年金以外に収入がない場合や、収入が3か月に1度や6か月に1度など不安定な場合には審査に落ちてしまうことがありますので注意しましょう。

既に他社で多く借り入れをしている

既にいくら借り入れをしているのかはプロミスのキャッシング審査だけなく金融機関において聞かれる項目です。
その額が既に年収の3分の1に到達している場合にはそく審査に落ちてしまいます。貸金業法には総量規制というルールが定められていて、そのルールによると個人年収の3分の1までしか貸し付けてはいけないことになっているからです。
また、年収の3分の1以下の借入れ額だとしても他社での借入金額や借入件数が多い場合には、審査に通らないこともありますので、注意しましょう。

総量規制の上限額を超えていると審査に落ちてしまう

総量規制の上限額(年収の3分の1を超えている)際には、他社での借入額をどんなに低く申告しても審査に落ちます。なぜなら、先ほど挙げた信用情報、お金の成績表ですが、こちらは現在の借入額も記載されているからです。そして、他社借入額を低く申告したことが虚偽の申告であると判断される可能性が高いです。いくら不利になりそうと思ったとしても、他社借入額を低く申告しないようにしましょう。

信用情報に問題がある

信用情報というのはお金の成績表のようなもので、個人信用情報機関によって管理され、各金融機関によって共有されています。一般的にはブラックリストと呼ばれたりもしますが、実際には、借り入れ・返済において全く問題のない人でも信用情報に情報は記載されているため、ブラックリストという言い方は少しニュアンスが異なります。

信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの機関です。この機関で、各申込者の信用情報が記録されています。

プロミスへ申し込みをすると、プロミスではは自社が加盟している信用情報機関を通じ、必ず申込者の信用情報をチェックします。そして、これまでの利用状況に事故情報がないかを確認します。
現在、プロミスでは、株式会社日本信用情報機構や株式会社シー・アイ・シーに加盟しています。信用情報に記載されている主な項目は次の通りです。

  • 借り入れ件数
  • 借り入れ総額
  • 金融事故の有無

信用情報では、申込者のお金の借り入れ・返済の履歴が掲載されています。過去にお金をいくら・どこで借りたか、そしてそのお金を問題なく返済できているか。そういったデータがどこの金融機関でもチェックできるように共有されているのです。

信用情報はお金の成績表と言いましたが、実際に借り入れ(クレジットカードを含む)をして真面目に問題なく返しているような人であれば、成績優秀者。プロミスを含めた金融機関が1番お金を貸したい相手となります。

過去に遅滞や滞納または債務整理をしている

信用情報に問題があるとは金融事故(異動情報)があるという場合をいいます。
金融事故とはローンやクレジットカードの返済で何らかの問題が発生し、通常通りに返済が終わらなかった場合をいいます。金融事故が起こると事故情報(移動情報)として記録されます。金融事故の種類は主に下記の通りです。

  • 2~3か月以上の長期の延滞
  • 法的に借金を整理する債務整理(任意整理や自己破産も含まれる)
  • 支払いができなくなった代わりに第三者が支払いを行う代位弁済
  • 金融機関側から一方的に契約を解除される強制解約

これらの事故情報が一度記録されると最長1年~10年間は消えることはありません。この事故情報があると審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

信用情報に何も記載がない場合

信用情報が何も記載がない場合はどうでしょうか。(今で全くカードローンやクレジットカードを利用していない場合)
それはカードローン会社やクレジット会社から借り入れ経験がないということを指します。
クレジットカードさえ作ったことがないような場合には信用情報が真っ白であることがあります。若い人であれば、それでも全く問題はありません。
しかし、ある程度年齢を重ねている場合などには、過去に自己破産などの債務整理をしてで借り入れ履歴を作れなかったのではないか、と疑われることにより、借り入れが困難になることもあります。とはいえ、その判断は総合的にされるものなので、信用情報がまっさらだからといって、即審査落ちになることは考えられません。

在籍確認に問題があった

在籍確認とは、申込時に入力された勤務先が正しいかを調査することです。
プロミスでも、原則審査の終盤で行われます。在籍確認は、プロミス審査担当者が勤務先に電話をかけ、申込者が在籍しているかを確認します。その結果、勤務先が存在しない、すでに退職済みであった、病気や育児休暇などの休職状態であることがわかると審査に落ちてしまいます。

申し込み時の記載を虚偽の記載をしている

申し込み情報を記載する際に、他社借入金額や件数などのキャッシング審査に重要な情報を虚偽記載をした場合は、審査落ちする原因になります。他社借入額、そして勤務先、年収、全てにおいて間違いがないように記載しましょう。また、うっかりミスをした場合にも、悪意があると考えられることがあります。ミスがないように、提出(送信)前にはしっかりと確認しましょう。

また、プロミスからの審査結果が連絡される連絡先を間違えてしまったり、迷惑メール設定をしたままにしておくと、たとえ審査に通っても利用者に審査結果が伝わらないので、プロミスでの契約ができなくなりますので注意しましょう。

一度に複数の借り入れ申し込みを行っている

プロミスを申し込むのと同時に他の消費者金融や銀行などに申し込みを行ってしていないでしょうか。

他の消費者金融への申込み状況は、信用情報に記録され、個人信用情報機関によって各金融機関が利用者の申し込み履歴を共有しています。そのため複数社への同時の申し込みは「よっぽどお金に困っている人」という印象を与え、審査に落ちてしまう可能性があります。(いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれています。」

プロミスの審査は最短30分と早く、審査結果はすぐに受け取れるので、複数社に一度に申し込みするのは避けましょう。

もし、他の消費者金融に申し込みをする場合には、6か月空けてから申し込みをするようにしましょう。なぜなら、信用情報機関から金融業者に申し込みをした記録が削除されるのが、申し込みから6か月経過してからのためです。

プロミスの審査に落ちてしまった場合の対応策

プロミスの審査に落ちてしまったあと、プロミスに再度申し込みする場合や他社消費者金融にキャッシングの申し込みをする場合には信用情報に問題があるかどうかをチェックしてみましょう。

プロミスの審査に落ちてしまうと他の消費者金融や銀行などにも伝わる

長期の遅滞や滞納、また任意整理などの債務整理などがある場合、つまり。信用情報に問題がある場合には、プロミスだけではなく、大手消費者金融や銀行カードローンなどの金融機関の審査に落ちてしまう可能性が高いです。

プロミスの審査に落ちてしまうと、他の消費者金融業者や銀行にもにも審査に落ちた情報は伝わります。
カードローン会社での融資申し込み、審査の可否などの履歴はすべて、信用情報機関に記録されます。プロミスの審査に落ちてしまうと他のキャッシングサービスに申し込んだとしても信用情報機関に記録された、その落ちた情報を元に他の消費者金融や銀行などでも審査されます。

自分の信用情報が心配なときは情報開示をする

プロミスの審査に落ちた時、まずは遅延や延滞などの信用情報に問題があるようなことを過去にしていないか考えてみましょう。
そして、何か心当たりがある場合には、信用情報機関に自分の情報開示をするように請求してください。そうすれば、信用情報に問題があるかどうかがわかります。
プロミスの場合、株式会社日本信用情報機構や株式会社シー・アイ・シーに加盟していますので、これらの信用情報機関にそれぞれ個人信用情報開示請求をしましょう。

信用情報機関への情報開示は、インターネットや郵送で情報開示請求が可能です。ただし、手数料は1000円前後かかります。

携帯電話の本体代金を延滞すると信用情報に傷がつく

携帯本体代金の分割払いです。こちらは割賦払いとなり、信用情報にデータが記載される取引となります。携帯の月々引き落としが滞ったことがある人は信用情報にその事実が記載されています。
信用情報に延滞や滞納などの事故情報がないことを確認した時点でようやくキャッシング融資を受けるスタート地点に立てるといえるでしょう。

信用情報に問題があった場合は事故情報が削除されるのを待つ

信用情報に延滞や破産の事実が記載されている場合、5年~10年が経過することによって、その事実は信用情報から削除されます。信用情報に問題がある場合には、しばらくは消費者金融や銀行などから借り入れをしようとせずに情報が削除されるまで待つ必要があります。下の表は各個人信用情報機関での事故情報の記録が消える期間をまとめたものです。

個人信用情報機関での事故情報の記録が消える期間
個人信用情報機関  複数の金融機関への申込履歴 延滞 債務整理 強制解約
CIC 6か月 5年 5年 5年
JICC 6か月 1年 5年 5年
KSC 8か月 5年 10年 5年

返済金の遅延が1度だけの場合は特に問題ない

一度だけの返済金を延滞しているが、すでに解消しているような場合は、そういったデータが信用情報に残っている場合は申し込みをするかどうか悩みどころです。なぜなら、一度の延滞で即解消であれば、問題視しないカードローン会社がほとんどだからです。
そのような場合は、新規申し込みで違う会社に融資の申し込みをしてみるのもいいでしょう。

消費者金融業者以外でお金を借りるという選択肢もある

家族や周囲の人から借金する

家族や周囲の人に声をかけて、お金を借りるにもいいと思います。ただし、度も家族や友人に声をかけたり、また以前にお金をかりたまたは借りていて返済してない場合にはおすすめできる方法ではありません。

緊急を要する場合には公的な機関で借り入れをする

どうしてもお金を借りる必要がある、例えば自分を含む家族の病気など、緊急を要する場合には、「生活福祉支援貸付制度」という公的な借り入れを利用できます。闇金に手を出さないといけないほど困窮している場合には、同制度の支援対象になる可能性が高いです。もし必要であればご確認ください。

プロミスの審査に落ちてしまったとしても闇金には手を出さない

プロミスでは借りられないとなると、もっと気軽に借りられる闇金のような悪徳業者で借りることも思いつくかもしれません。闇金であれば、信用情報に問題があっても、借入限度額に到達していても関係なくお金を借りることができます。
しかし、金利は大手消費者金融比べて違法なほど高く、返済しても返済しても元金が減らないような返済方法の設定がなされていることもあります。その後の人生を大きく狂わせる原因になりますので、くれぐれもヤミ金には手をださないようにしましょう。

万が一、プロミスの審査落ちしたからといって、落ち込む必要はありません。
今までのお金との付き合い方について考え直すチャンスとなるかもしれないこの機会。信用情報と併せて考えてみてもいいと思います。また、審査に落ちた理由を把握し改善して、きちんと期間を空けて申し込みをすれば、審査に通過することもあります。前向きに審査ポイントを把握し、審査に落ちた原因を改善していきましょう。

プロミスの特徴

プロミス

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率 借入限度額 審査時間 融資までの時間
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間