みずほ銀行カードローンの審査時の在籍確認

カードローンの申込時に、どうしても避けられないのが審査時の在籍確認です。
在籍確認とは、申込時に申請した勤務先が本当に存在しているか、申込者は実際にそこで勤務しているかを調べることです。なぜなら、勤務状況を確認することで、申込者の収入や申込情報に虚偽がないことを確認するために行われています。

みずほ銀行カードローンの審査の際にも、在籍確認(勤務先への電話連絡)があります。それでは、みずほ銀行カードローンの審査では在籍確認についてはどのくらい融通が効くのでしょうか。

また、みずほ銀行カードローンの審査では在籍確認は避けられるのか、電話の内容は、時間や担当者の指定はできるのかなどについて、解説していきます。

みずほ銀行カードローンは審査の際に必ず申込者への勤務先へ在籍確認の電話連絡をを行っている

在籍確認とは審査時に行われる申込者の勤務先への電話確認のこと

銀行カードローンや消費者金融などの金融機関のローン審査時の在籍確認は、通常電話で行われます。
(担当者が申込者が申告した勤務先へ電話連絡する。)
銀行や消費者金融の担当者から電話がかかってくるのですが、みずほ銀行の場合、カードローンの審査をオリエントコーポレーションという保証会社に委託しているので、オリエントコーポレーションの担当者から電話がかかってくることになります。

他の銀行カードローンや消費者金融のカードローンでも、多くの場合は、申込者の勤務先への電話による在籍確認が行われます。

詳しくは後述しますが、中には、在籍確認の電話連絡を行わない、あるいは電話以外の方法でできる消費者金融もありますが、あくまで例外的なものとして考えるべきでしょう。

みずほ銀行カードローンでは審査時の在籍確認の電話連絡は避けられない

みずほ銀行カードローンの場合、在籍確認は必ず電話で行われます。この勤務先への電話連絡を避けたいと思っても、書類などによる大体措置は受け付けてくれません。

電話による在籍確認が完了しないと、みずほ銀行のカードローンは利用できないということになります。
くわえて、みずほ銀行カードローンの審査を行うのが、保証会社のオリエントコーポレーションという別会社ということもあり、みずほ銀行に職場への電話連絡が難しい旨を事情を話しても、特別な対応してもらうことは難しいでしょう。

ただし、一部ではありますが、在籍確認なしで審査に通ったという人もいるようです。条件は定かではありませんが、みずほ銀行の口座を持っていて、預金残高が充分であり、定期的な振り込みが認められるなどを満たせば、信用度が高いと判断され、電話での在籍確認が省略されることもあるようです。ただし、上記の例もあるというだけで、基本的には全ての人に在籍確認が行われます。
もし、どうしても在籍確認ができない、したくないという場合には、在籍確認のないローンや、書類での確認に対応しているところを利用しましょう。

どうしても職場への連絡に抵抗があるのであれば職場への電話連絡がない他社のカードローンの申込を検討する

りそな銀行クイックカードローン

りそな銀行のクイックカードローンは、審査時になしで利用できますが、その分年収や返済能力といった審査基準は厳しくなるようです。
また、同じりそな銀行でも「プレミアムカードローン」は在籍確認が必要です。

セブン銀行カードローンは利用限度額が50万円以下であれば職場への電話連絡なしで融資を受けられる

セブン銀行カードローンも、在籍確認なしで利用できます。利用限度額は最大50万円までと、みずほ銀行カードローンに比べるとかなり劣りますが、年収がそれほど多くない人やアルバイトの人でも審査に通る可能性があります。
また、地方銀行の中にも、職場への電話連絡なしで利用できるカードローンサービスを提供しているところがあります。

SMBCモビットのWEB完結申込なら職場への電話連絡をなしにできる

SMBCモビットは三井住友銀行グループの会社ではありますが、消費者金融のカードローンで銀行カードローンではありません。
SMBCモビットでは審査時に基本的に職場への電話連絡をを行っています。WEB完結申込を選択すると、社会保険証や組合保険証を提出すれば、職場への電話連絡なしで、契約をすることが可能です。
どうしても勤務先への電話連絡をしたくないという人は、SMBCモビットのWEB完結申し込みを検討してみてもよいでしょう。

SMBCモビットの特徴

モビット

申込後10秒簡易審査結果表示 WEB完結可能

SMBCモビットでは申し込みから借入れまですべての手続きがWeb上で完結する、来店不要のWeb完結申込みサービスがあります。SMBCモビットのWeb完結申込は、これまで電話や郵送にて行われていた契約等の手続きや電話連絡をインターネット上で行うものです。そのため、職場への電話連絡なし、郵便物なしで、融資を受けることが可能です。

SMBCモビットのおすすめのポイント

  • WEB完結申込を利用すると職場への電話連絡なし
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 公式アプリを使ってセブン銀行でスマホATM取引が可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
実質年率3.0%~18.0%
借入限度額1万円~800万円
審査時間10秒簡易審査
融資までの時間当日融資
14:50迄の振込手続完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有


大手消費者金融では書類提出で勤務先への電話連絡なしにすることが可能

消費者金融のカードローンの場合には、審査時には基本的に職場への電話連絡を行います。
ただし、アイフルアコムプロミスは、担当者に事前に職場への連絡が難しいことを相談すれば、書類提出に応じてくれることがあるようです。その場合、以下のような書類の提出によって、在籍確認をします。

  • 社会保険証
  • 直近1ヶ月分の給与明細
  • 写真入りの社員証
  • 雇用契約書の写し

アコムやプロミスなどでどうしても職場への連絡をさけたい場合には、申込み後に審査担当者に職場への電話連絡が難しい旨を相談してみましょう。
ただし、申込状況やタイミング、職場電話を避けたい理由などによっては承諾されないこともあります。

アコムの特徴

アコム

30日間無利息サービス実施中

アコムのキャッシングを利用したことがない方でも「はじめてのアコム♪」というテレビCMでご存知だと思います。アコムは1978年から営業している大手消費者金融会社です。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社となり都市銀行の傘下に入りました。担保や保証人不要で、最短30分で審査完了、WEB申し込みで来店する必要なく即日融資も可能です。

アコムのおすすめのポイント

  • 30日間無利息サービスを実施中
  • 初めての人でも安心できるカードローン
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資が可能
  • 24時間受付可能のインターネット申し込み可能
  • 自動契約機と店舗窓口での契約が可能
  • おまとめローンの取り扱いあり
実質年率3.0~18.0%
借入限度額1~800万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間



プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


みずほ銀行カードローンの審査時に職場への電話がかかってくるタイミングと電話の内容

在籍確認の電話連絡は申込完了から審査結果の回答の間に行われる

みずほ銀行カードローンに申込をすると、1営業日をはさんで、仮審査の結果が出ます。在籍確認が行われるのは、申込がされてから、本審査が完了するまでの平日(土日祝日および年末年始は審査は行われない。)です。つまり、みずほ銀行の担当者は、仮審査と本審査の完了の間に在籍確認の電話連絡します。
ただし、申込の混雑状況や申込方法によって、いつ申込者の職場に在籍確認の電話連絡があるのかはわかりません
たとえば、月曜日の午前中にWEB完結申込をした場合、早ければ翌日には在籍確認の電話がかかってきますが、場合によっては数日後ということもあります。また、みずほ銀行では土日祝日は審査を行っていません。したがって、在籍確認の電話連絡も土日祝日に来ることはありません。
ですから、金曜日の午前中に申し込んだ場合、職場に電話がくるのは早くても月曜日ということになります。もし、土日が営業で月火が休みの企業だとしたら、同じく金曜日の午前中に申し込んだとしても、在籍確認ができるのは水曜日以降ということになってしまいます。

みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話の内容

みずほ銀行カードローンの在籍確認の電話では、担当者は、「みずほ銀行の○○です」「オリエントコーポレーションの○○と申します」など、銀行や保証会社の名前が出てくることはありません。
単に、「○○(担当者名)と申しますが、▲▲様はいらっしゃいますか」のように、担当者の名前でかかってきます。本人に代わったことがわかって初めて、「オリエントコーポレーションの○○と申します。在籍確認のためにお電話しました」のように、内容が告げられます。これで、電話は終わりです。

また、申込者本人が出られない場合でも、「ただいま席を外しております」「お休みを頂戴しております」のように、会社に在籍していることがわかる返答が得られれば、それで在籍確認は完了します。折り返しを求められる、再度職場に電話がくるといったこともありません。

担当者が在籍確認の電話でみずほ銀行やオリエントコーポーレーションと名乗ることはない

もし、電話を受けた人に「どういったご用件でしょうか」と用件を聞かれても、担当者はカードローンの申し込みについては話しません。「伺いたいことがあったのですが」「それでしたら、携帯にご連絡いたします」など、それらしい形で通話を終わらせてくれます。

職場に電話がかかってくると聞くと、職場の人にカードローンのことが知られてしまうと思われるかもしれませんが、その可能性はないといっていいでしょう。先述のとおり、在籍確認の電話は、担当者自身の名前でかかってきます。「みずほ銀行」や「オリエントコーポレーション」の名前が出てくることはありませんから、これでバレてしまうことはほぼないでしょう。

それでも不安なら、「今の誰?」と聞かれてしまったときのために、言い訳を用意しておくとよいでしょう。一番自然なのは「クレジットカードを新しく作った」というものです。これなら在籍確認があっても不思議ではありませんし、深読みもされないでしょう。

また、名刺に個人の携帯電話番号が乗っていない場合には「異業種交流会・パーティで会って名刺交換した人」という答えも使えるかもしれません。ただし、下手にエピソードを作ってしまうとそこから話が広がってしまいかねないので、あまり凝った言い訳はしない方がよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査時の在籍確認での要望はとおるか

電話の時間や担当者の性別を選ぶことはできない

みずほ銀行カードローンの場合、時間指定や担当者の性別を指定するといったことはできません。みずほ銀行カードローンの審査は保証会社であるオリエントコーポレーションが行っているのですが、みずほ銀行に依頼をしても、オリエントコーポレーションに直接お願いをしても、そうした細かい要望には対応していないようです。
他の銀行カードローンの場合、申込時に依頼をすれば、ある程度の融通を効かせてくれる場合があります。

また、消費者金融のカードローンでは、プロミスとアコムでは職場への電話連絡のおおよその時間指定が可能、アイフルは、繋がらなかった場合のみ、2回目の電話の時間が指定できるようです。電話をかける担当者の性別の指定については、ほとんどの消費者金融が対応してくれます。

「みずほ銀行」など、個人名以外で名乗ってもらうこともできない

個人名での電話だとかえって不自然になるようなとき、銀行名を名乗ってもらうことはできるのでしょうか。
結論からいうと、それも不可能です。みずほ銀行カードローンの審査を担当しているのはオリエントコーポレーションなので、担当者がみずほ銀行を名乗るのは嘘になってしまいます。また、みずほ銀行との契約の関係なのか、「オリエントコーポレーション」と名乗ってもらうことも叶わないようです

銀行カードローンの場合、多くは銀行名で電話がかかってくるので、みずほ銀行のこの対応は珍しいといえるかもしれません。銀行名で電話をかけるところは、要望すれば個人名に変更してくれるところもあるようです。
一方、消費者金融の場合、基本的に担当者の個人名で、要望を出せば企業名を名乗ってくれますが、銀行と違ってカードローンであることがすぐにわかってしまうので、わざわざ企業名でというお願いをすることはないでしょう。

自営業や派遣、アルバイトなどの場合の在籍確認

派遣社員やパート・アルバイトの場合の連絡先は実際の勤務先を記入する

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、正社員でなくても行われます。派遣社員やパート・アルバイトの場合、雇用先と勤務先が違うことがありますが、その場合の在籍確認はどうなるのでしょうか。

申込の際の必要事項には、勤務先の電話番号があります。注意書きには、「この番号にかけて在籍確認する」ということが書いてあります。在籍確認をスムーズに行うには、ここには実際に働いている場所の電話番号を書いておいた方がよいでしょう。派遣社員なら、派遣先の電話番号、パート・アルバイトなら、働いている店舗や事務所の番号になります。

派遣社員やアルバイトの場合派遣元や、雇用されている大元の電話番号を書いてもいいのですが、在籍確認に時間がかかる、あるいは、在籍確認が取れない場合もあります。実際に働いている職場に直通する番号の方が確実です。

また、派遣社員の場合、申込時に、勤務先(派遣元)とは別に、出向先・派遣先についても記入する欄があります。ですから、勤務先と在籍確認先の企業が違っても、派遣先と一致していれば問題ないということになります。

自営業や個人事業主の場合は自宅の電話や携帯電話でも問題ない

自営業の場合、特別にオフィスを設けていない、あるいはそもそも固定電話をひいていないという人もいるでしょう。
もし、勤務先と自宅の電話番号が同じ場合や、勤務先の連絡先に欄に自宅の電話番号や携帯電話番号を記載しましょう。
この電話確認では本人確認の電話という意味合いが強くなるかもしれませんが、いずれにしても、勤務先と自宅や携帯電話の番号が同じだからといって、必ずしも審査に不利になるようなことはありません。