学生がアコムACマスターカードの審査を有利にすすめるにはどうしたらいいのか

学生は日々の生活費をアルバイトの収入や親からの仕送りでやりくりすることが多いですよね。体調を崩したり学校の用事でアルバイトの勤務日数が少なくなると、生活費が苦しくなってしまうということもあります。

そのようなときにおすすめなのが、後払いでショッピングができるようになるクレジットカードです。

特に、すぐにクレジットカードを利用したい場合には、申し込みからカード発行まで最短即日発行が可能なアコムACマスターカードが便利です。

しかし、アコムACマスターカードも他のクレジットカード同様に申しみ時の審査があります。

学生は、社会人に比べて年収が低く、クレジットカードの審査に通過できるのか、心配になるかと思いますが結論としては、20歳を超えていてアルバイトで安定した収入があれば学生でも審査に通過してアコムACマスターカードを作ることは可能です。ただし、社会人に比べて学生の場合には、アコムACマスターカードの審査に不利とされています。
では、学生がアコムACマスターカードの審査を有利にすすめるには、どうしたらいいのでしょうか。

アコムACマスターカードの特徴

アコムACマスターカード

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードとは、消費者金融信販会社のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用できます。ACマスターカードは年会費無料で使える上、審査時間は最短30分、最短即日発行という特徴もやキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能



学生でもアコムACマスターカードを作ることは可能

アコムACマスターカードは、学生でも作ることができます。
アコムの公式ホームページを確認すると、申し込みの条件は主に以下の2つを満たすことと記載されています。

  • 20歳以上であること
  • 安定した収入があり、返済能力があること

申し込み条件に記載している通り年齢を満たしているなら、社会人なのか学生なのかという区別はされません。学生でもアルバイトなどで安定した収入があれば社会人と同じ条件でアコムACマスターカードの申し込みができます。

未成年者はアコムACマスターカードを発行することができない

アコムACマスターカードは20歳未満の未成年者は申し込みはできません。
その理由は、アコムACマスターカードには、キャッシング機能としてアコムのカードローンが付帯されるためです
アコムのカードローンの申込条件は、20歳~69歳までの安定した収入の有る方であるため、アコムACマスターカードもアコムカードローンの申込条件に準じています。未成年の人でアコムACマスターカードの申込を検討している場合には、20歳なってから待ってACマスターカードに申し込むか、または18歳以上から申し込めるクレジットカードの申し込みを検討しましょう。

なお、この記事の最後で未成年者でも申し込めるおすすめのクレジットカードを紹介していますので、そちらも参考にしてください。

アコムACマスターカードの申し込みには安定した収入が必須

学生がアコムACマスターカードに申し込むときに気をつけたいもうひとつのポイントは、安定した収入があるかどうかということです。

安定収入とは毎月定期的に入る収入をいいます。この収入には、アルバイトの給与も含まれています。そのため、アコムACマスターカードは、会社員や公務員だけなく、アルバイトやパートの方、また派遣社員や自営業でもカードの発行が可能です。
ただし、安定した収入のない専業主婦や無職の方は、申し込みができません。

アコムACマスターカードは総量規制対象のカードである

アコムACマスターカードに付帯しているカードローン機能が必ず関係してきます。
アコムは貸金業者のため利用者の年収の1/3までしか貸し付けてはいけないという貸金業法で決められたルール、総量規制が適応されます。
また、収入があっても18歳や19歳の未成年の方の申し込みはできませんので注意しましょう。

    カード発行可能かどうかを3秒で診断

    アコムではWEB上でカードの発行可能かどうかの3秒診断が可能です。この3秒診断では、「年齢」「年収(総支給額「他社お借入状況(借入の金額)」を入力し、申込可能または融資可能かどうかの判断を行います。診断の結果「お借入できる可能性が高いです。」と表示された場合にはアコムカードローンの申し込みをしてみるといいでしょう。

親や学校にバレずにカード発行可能か

学生がクレジットカードを発行するときは、親に知られずに発行したいと考える人も多くいます。
特に、アコムACマスターカードは、大手消費者金融であるアコムが発行するクレジットカードのため、借金をしていると思われてしまい、印象が悪いと考える人が多いからです。
アコムACマスターカードを申し込みや利用が親にバレてしまう場合には、どのような場合があるのでしょうか。

申込み時の連絡先は申込者自身の携帯電話の番号を登録する

親にバレずにアコムACマスターカードを発行するには、申し込み完了後の本人確認のが自宅の固定電話に入らないようにすることです。

アコムでは、むじくんん(自動契約機)や店頭窓口、インターネットや電話などのさまざまな申し込み方法があります。この際に、来店不要なインターネット申し込みを選んだ場合でも、申し込みフォームから申込者の年収や職業などの個人情報を送信した後に、アコム担当者から本人確認と申し込み内容の確認電話が入ります。
申込者が申込時に記載した連絡先に、アコムからの本人確認電話がかかってきます。

このうち、申込者の自宅または携帯電話に入る確認電話を自宅の固定電話で受けると、そのときの会話でクレジットカードを発行しようとしているのがバレてしまう可能性があります。

そこで、申込時に申告する連絡先を申込者自身の携帯電話指定することで、本人確認時にの自宅への電話を回避することができます。

アコムからの郵送物が自宅に届かないようにする

アコムから自宅宛に契約書やカードなどの郵送物が届かないようにすることがバレないための有効な方法となります。
アコムから自宅に届く可能性がある郵送物は、以下の3つがあります。

  • 発行されたクレジットカード
    (アコムACマスターカード)
  • 利用明細書
  • 督促のハガキ

申し込みのやり方や利用方法によって、これらの郵送物を一切届かなくすることができます。具体的にどのように手続きをすれば、アコムからの郵便物がとどかなくなるのでしょうか。

カードはアコム店舗で受け取る

発行されるカードの受け取り方法は2つあります。

  • 郵送でカード受け取る
  • アコム店舗(むじんくんや店頭窓口)でカードを発行する

自宅で受け取る方法を選択すると、郵送で送られてきますので、その封筒を見られてバレてしまう可能性があります。
アコムの店舗に来店して無人契約機「むじんくん」でカードを発行すれば、自宅宛に送られてくることはなくなります。

利用明細はWEB上で確認する

アコムACマスターカードの利用明細の受け取り方法は3つあります。

  • 自宅に郵送
  • 勤務先(アルバイト先)に郵送
  • WEB上で確認

このうちおすすめなのはWEBで確認する方法です。
紙の明細書は発行されず、PCやスマホで確認するようになります。
明細書の受け取り方法は、アコムACマスターカードの申し込みをするときに設定します。
書面の受け取り方法として「アコムホームページで確認」を選択しましょう。

返済を遅延しない

自宅に郵送物が届かない設定にしていても、毎月の支払いを遅延してしまうと、督促のハガキが届く場合があります。
利用開始後にアコムACマスターカードの支払いでは絶対に遅延しないようにしましょう。

アコムを利用していることが学校に連絡がいくことはない

学生がアコムACマスターカードに申し込むと、本人宛の確認電話がかかってきたときに、アコムの担当者に通っている学校をヒアリングされることがあります。本人確認の電話の際には、申込者はアコムの担当者に学校の情報も伝えることになりますが、たとえ、申込者が学校名を教えてもアコムアコムが連絡を入れることはありません。

アコムACマスターカードの審査

アコムACマスターカードに学生が申し込んだ場合の審査内容や審査基準について見ていきましょう

学生でも審査内容や審査基準は社会人と同じ

学生バイトは勤務時間が短いこともあり、会社員や公務員などの社会人と比べると年収が低いのは確かです。
クレジットカードは利用者の収入に応じた限度額が決まりますので、学生が申し込むと限度額が低くなるということはあります。
しかし、収入に応じた利用限度額が決まりますので、審査に通過しにくくなるということはありません。
必要書類についても、運転免許証やパスポートなど社会人が申し込むときと全く同じです。
運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、収入証明書のみです。収入証明書とは年収を証明する書類で、源泉徴収票などを使いますが、ACマスターカードのキャッシング枠が50万円以下の場合は提出不要となります。
学生だからといって特別な審査が行われるわけではなく、審査内容は社会人と同じです。

アコムACマスターカードの審査基準

アコムACマスターカードの審査では、申込者に安定収入と支払能力があるかどうかが見られています。
具体的には申込者の勤務先の収入がどれぐらいあるか、収入や生活は安定しているか、他社の利用が多すぎないかといったことがチェックされます。アコムでは、他のクレジットカード会社と同様に個人信用情報機関の記録を照会して、他社の支払い実績や、過去に金融事故がないかも調べられます。

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードの利用記録のことで、個人信用情報機関という期間で管理されています。
個人信用情報機関とはシー・アイ・シー(CIC)日本信用情報機構(JICC)全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの機関です。この機関で、各申込者の信用情報が記録されています。

学生が自己破産などの債務整理をしている可能性はほとんどありませんが、他社のクレジットカードやローンで長期滞納や強制解約になっていると、ACマスターカードの審査落ちの原因となります。

アコムACマスターカードは比較的発行しやすいカードのためクレヒスを積みやすい

アコムACマスターカードの審査基準は、銀行系や信販系のクレジットカードと比べて取得難易度が低くなります。
これは、消費者金融会社のクレジットカードのため、個人向け無担保融資の優れたノウハウがあるからです。
そのため、アコムACマスターカードは、クレヒス修行のためのクレジットカードとしても人気があります。

学生でもアルバイト先に在籍確認の電話はある

勤務先への在籍確認の電話連絡は、学生が申し込む場合でも、会社員や公務員などの社会人が申し込むときと全く同じように行われます。
在籍確認は申込者が申告した勤務先で本当に働いているのかを確認するために行われます。
アコムACマスターカードの審査時の在籍確認もアコムの審査担当者が勤務先の電話番号に実際に電話をかけて確認を行います。
アルバイト先に電話が入りますが、アコムの担当者は必ず個人名を名乗りますので、アコムの社名を出すことはありません。

学生のアルバイトは家庭教師など短時間勤務の仕事や、軽作業など常に現場に出ている仕事があり、在籍確認がやりにくい場合もあります。
通常は申込者が勤務先で電話に直接でなくても、勤務先の会社で電話に出た人の応対のしかたで在籍していることがわかれば在籍確認が完了になります。
しかし、アルバイトで勤務する職場では、たくさんのアルバイトが在籍していたり、アルバイト先に入社したばかりで所属部署の社員から名前を覚えられていなかったりなどで、会社員や公務員と比較して在籍確認がとりにくくなることがあるのです。

在籍確認がとれるまでは審査に通過することができませんので、不安なことがあればアコムの担当者に相談しましょう。

在籍していると偽装するためのアリバイ会社というものも存在しますが、トラブルに発展しますのでやめておきましょう。
不正申し込みをしてバレてしまったときは、利用残高の一括請求を求められる可能性もあります。

学生が審査に通過するためのポイント

学生がアコムACマスターカードの審査に通過するには、以下のようなポイントに気をつけましょう。

  • アルバイトの勤続年数を長くする
  • 親の仕送りを収入として申告しないこと
  • 携帯電話端末の分割払いの支払いに注意する

アルバイトの勤続年数を長くする

クレジットカードの審査では、申込者に安定収入があるかどうかが見られています。
勤続年数は長ければ長いほど信用を得られやすくなります。
学生は短期のアルバイトをしたり、色々なアルバイトにチャレンジすることもあります。
しかし、クレジットカードの審査においては、勤続年数が短すぎると評価が下がってしまいます。
アルバイトが長続きせずすぐに辞めてしまう可能性があるからです。
アルバイト先に入社した直後にACマスターカードに申し込みすると審査落ちする可能性があります。
その場合は、3ヶ月程度勤務した実績を作ってから申し込みするとよいでしょう。

親の仕送りを収入とカウントしない

学生はアルバイトの給料と親の仕送りの両方で生活している人も多いでしょう。
アコムACマスターカードを含むクレジットカードの審査では、親の仕送りは本人の収入にはカウントされませんので注意してください。
たとえば、アルバイトの給料が月に10万円あり、親の仕送りが月に10万円もらっている場合は、年間240万円の生活費があることになります。
しかし、この場合は年収120万円と申告しましょう。

ここで仕送りを足して年収240万円と申告すると、虚偽の申告になってしまい、審査落ちになる可能性があります。

携帯電話端末の分割払いの支払いに注意する

ACマスターカードの審査では、申込者の過去のローンの利用実績をチェックするため、個人信用情報機関の情報を確認しています。

個人信用情報機関に長期滞納や債務整理などの異動情報が記録されていると、契約通りに返済しない可能性があると判断されて審査落ちとなります。
個人信用情報機関にネガティブな記録があることで審査に通過できなくなることを金融ブラックと呼びます。

学生がクレジットカードに申し込むときは、過去に消費者金融や銀行系のローンを利用したことはないことが多いため、本来は金融ブラックになっている可能性は低いです。

ただし、個人信用情報機関には携帯電話端末の分割払いの記録も残るため、その点には注意が必要です。

携帯電話会社でスマホなどの端末を購入すると、月々の電話料金と一緒に分割払いで支払う契約になることがあります。
この分割払いの支払い状況が、アコムACマスターカードの審査に影響します。
この状態で携帯電話料金を長期間滞納すると、端末購入費用の分割払いを滞納したものとして個人信用情報機関に記録されてしまうのです。
そうなると、立派な金融ブラックの扱いになりますので、審査落ちの原因となる可能性があります。

アコムACマスターカードの特徴

アコムACマスターカード

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードとは、消費者金融信販会社のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用できます。ACマスターカードは年会費無料で使える上、審査時間は最短30分、最短即日発行という特徴もやキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能


未成年や無収入の学生でも作れるクレジットカード

アコムACマスターカードは学生でも発行しやすいクレジットカードですが、20歳未満では申し込みできません。どうして、未成年でクレジットカードがほしい場合には、18歳以上の学生でも申し込める楽天カードがおすすめです。
楽天カードは、楽天市場グループのクレジットカードで、親権者の同意があれば18歳以上から申し込みができます。親権者の同意は、楽天カードの審査担当者が親権者に電話をかけて確認をとります。

楽天カードでは、未成年の学生でも申込者本人にアルバイト収入があれば、その収入をもとに審査を受けることができます。
たとえ、申込者本人がアルバイトをしておらず無収入の場合でも、世帯収入として親の収入を申告することにより審査通過が可能です。
また、楽天カードは年会費無料で、無料の海外旅行保険も付帯するため、海外旅行に興味のある学生にもおすすめです。国際ブランドもVISA、MasterCard、JCBの3つから選べます。

楽天グループのサービスを利用することでポイント還元率が高くなり、ポイントの使いみちも豊富なため人気のあるクレジットカードの1つです。