アコムACマスターカードの審査に落ちてしまった場合の対応策と審査に落ちる原因

アコムACマスターカードは、即日発行可能でクレジットカードとして人気があります。
このアコムACマスターカードの審査に落ちてしまった場合、どのような対応策を取ればよいのでしょうか。
カード発行が必要な場合は、「家族カードを作る」「楽天カードに申し込む」「デビットカードに申し込む」。キャッシング目的ならば、「カードローンに申し込む」など、利用目的に合わせた、おすすめできる対応策を解説していきます。

ここでは、ACマスターカードの審査に落ちてしまう原因や、どうすれば審査に通るのかについても解説していきます。

アコムACマスターカードの審査に落ちてしまった場合の対応策

アコムACマスターカードの審査に落ちてしまった場合には、どのような対応策を取ればよいのでしょうか。
どのような目的でアコムACマスターカードがを申し込んだのか利用目的をはっきりさせることで、たとえ審査に落ちてしまったとしても対応策が見えてきます。
カードの利用目的別にどのように以下の対応策があります。

  • キャッシング(カードローン)を利用したい場合
  • クレジットカードを発行したい場合

なお、アコムACマスターカードの申し込みを再度検討している場合(再審査を受けたい場合)は、本記事内「アコムACマスターカードの再審査に通過するには6か月間の期間を空けることが必要」で詳しく解説しています。

キャッシング目的なら他社カードローンへの申し込みを検討する

アコムACマスターカードの申し込みをした主な理由が、キャッシング目的(お金を借りたい)であれば、カードローンへの申込みをおすすめします。
おすすめできるカードローンとしては、アコムカードローンと同じように即日融資可能で、30日間無利息期間サービス(メールアドレスをWEB明細の登録が必要)が利用でき、WEB完結申し込みが可能な大手消費者金融のプロミスがおすすめです。
アコムACマスターカードの審査基準(アコムの審査基準)とプロミスの審査基準には違いがあるので、アコムACマスターカードの審査に落ちていても、プロミスの審査には通る可能性があります。ただし、プロミスカードローンは安定した収入がない無職の方や専業主婦の方は申し込みができません。また長期の滞納や延滞、債務整理などの金融事故情報の記録が信用情報に残っている方は、プロミスカードローンの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

プロミスの特徴

プロミスカードローン

プロミスは最短1時間で借り入れ可能 WEB完結もできる

プロミスは最短1時間で借り入れ可能WEB完結も可能です。プロミスの申し込みはWEBからでもできますので、自宅や会社などから簡単に申し込みができます。また、手続きに必要な本人確認書類などがWEBでアップロード可能です。また、平日の14時までであれば、インターネットでの契約が完了していれば、その日の内の融資もできます。初めての利用であれば借り入れ日翌日より30日間無利息サービスも利用可能です。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

プロミスのおすすめのポイント

  • 申し込みから審査、融資まですべてWEBで完結可能
    (インターネットで申し込みから借り入れ・返済まで可能)
  • 借入日翌日からの30日間無利息キャッシングサービス
    (メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
  • 審査スピードや融資スピードが速く、即日融資も可能
  • 安定した収入があればパート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 平日14時以降または土日祝日でもWEB契約後、無人契約機で即日融資も可能
  • 店頭窓口や無人契約機で相談を受けながらの申し込みもOK
実質年率4.5%~17.8%
借入限度額1~500万円
審査時間最短30分
融資までの時間最短1時間


クレジットカードを発行したい場合

クレジットカードの利用を検討していてアコムACマスタカードの審査に落ちてしまった場合には、主に3つの対応策があります。

  • 家族カードに申し込む
  • 楽天カードに申し込む
  • デビットカードに申し込む

家族カードに申し込む

家族カードとは、家族にクレジットカードを契約した人がいる場合、契約者の家族もクレジットカードが使えるサービスのことです。家族カードの発行は基本的には無審査となります。家族カードにおける家族の範囲は、生計を同一とする配偶者、親、満18歳以上(高校生を除く)の子供などです。
クレジットカードには、家族カードが持てるものがあります。家族の中でクレジットカードを持っている人がいて、そのカードが家族カードを発行できるものであるならば、家族カードの申し込みを行ってみるとよいでしょう。基本的に、家族カードの発行には審査は不要です。
家族カードを発行する際に、注意したいことは、家族カードの利用限度額は、本会員のカードの限度額の範囲内になるということです。
本会員のカード限度額が100万円で、本カードで80万円使っている場合、家族カードで使えるのは100万円-20万円=80万円になります。ちなみに、アコムACマスターカードには家族カードのサービスがないので、注意しましょう。
家族カードのメリットとデメリットは以下のとおりです。

  • メリット:申込時の審査が不要でクレジットカードが利用できる
  • デメリット:利用金額を本会員の家族に知られてしまう。クレジットヒステリーを蓄積できない

なお、家族カードについては、クレジットカードを知る、「家族カードのメリット・デメリット – クレジットカードを知る」で詳しく解説しています。

銀行系カードに比べて作りやすい楽天カードでの申し込みを検討する

ACマスターカードの審査に落ちた場合、銀行系に比べて審査に通りやすい楽天カードに申し込むというのもおすすめしたい対応です。ACマスターカードも楽天カードも審査に通りやすいカードで、同程度の審査難易度となっています。

ただ、「ACマスターカードの審査には落ちたけれども、楽天カードの審査には通った」というケースや「ACマスターカードの審査には通ったけれども、楽天カードの審査には落ちた」というケースが比較的よくあります。これは、それぞれのカードで審査基準が異なっているから起こることです。
楽天カードは、ポイント還元率が1.0%と高く、様々な条件を満たすことでさらに高いポイント還元率が見込める人気のカードです。
楽天カードの基本スペックは以下の通りです。

  • 年会費:永年無料
  • 基本還元率:1.0%(100円ごとに1ポイント。1ポイント=1円)
  • カードブランド:Visa、MasterCard、JCB
  • 家族カード:あり

なお、楽天カードについては、クレジットカードを知る楽天カード – クレジットカードを知る」にて詳しく解説しています。

デビットカードに申し込む

デビットカードは、利用すると即時に口座からお金が引き落とされるという仕組みのカードです。キャッシングや立て替えが発生しないので、よほど特別な事情がない限り、デビットカードの審査に落ちることはありません。なお、デビットカードは、利用者の銀行などの口座に入れている額以上の利用はできませんが、買い物などの際にキャッシュレスで決済するのに便利です。

アコムACマスターカードの審査に落ちてしまう原因

アコムACマスターカードの審査に落ちてしまうのには、いくつかの原因が考えられます。

    >信用情報(クレヒス)に金融事故情報がある
  • 他社借入件数が金額が多い
  • 安定した収入がない
  • 在籍確認(勤務先への電話確認)ができない

上記で記載しているアコムACマスターカードの審査に落ちてしまう原因は、アコムカードローンの審査の落ちてしまう原因とほぼ同じです。なぜなら、アコムACマスターカードは他のクレジットカードの審査基準と異なり、アコムのカードローンの審査基準で審査を行っているためです。

信用情報(クレヒス)に金融事故情報がある

申込者の信用情報に金融事故情報がある場合、アコムACマスターカードの審査には通りません。
信用情報とは、個人信用情報機関に記録されている個人のクレジットカードやローンの申し込み・利用・返済などに関する情報のことです。
日本には、株式会社シー・アイ・シー(CIC)株式会社日本信用情報機構(JICC)全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの信用情報機関があります。

信用情報の中でも、長期延滞、強制解約、債務整理といった信用に関するネガティブな情報のことを金融事故情報と呼びます。
金融事故情報の記録がついてしまうと、これらの事故記録が消えるまで1年~10年程度かかってしまうので注意するようにしましょう。

他社借入件数が金額が多い

他社借入の金額が年収に対して大き過ぎる場合、アコムACマスターカードの審査には通りません。では、他者借入額がどれぐらいだと落ちてしまうのでしょうか。そこには「総量規制」という決まりがかかわってきます。

総量規制とは消費者金融業者などの貸金業者が、個人に対して年収の3分の1を超える金額の貸付を行ってはいけないという決まりのこと。たとえば、年収300万円の人はその3分の1の100万円を超える借入は行えません。他社借入と合算されますので、他社借入がある場合、新規借入の限度額から差し引かれることになります。
他社借入が年収の3分の1を超えていると新しく借入を行うことができなくなります。
アコムACマスターカードはクレジットカードではあるのですが、アコムが審査を行っているため、アコムカードローンと同様の貸金業法の総量規制の基準で審査がなされています。
つまり、他社借入が年収の3分の1を超えていると、アコムACマスターカードの審査に落ちてしまうというわけです。

アコムACマスターカードの最低限度額は10万円なので、審査に通るためにはその3倍の30万円以上の年収がなければならないということになります。ただし、実際には、年収が100万円未満の場合には返済能力がないと判断され審査に落ちてしまうことが多いです。

安定した収入がない

アコムACマスターカードの審査申し込み条件は「20歳~69歳で、安定した収入と返済能力がある人」となっています。無職の人は安定した収入と返済能力がないので落ちてしまいます。専業主婦や年金以外の収入がない年金生活者は審査対象外です。学生であったとしてもアルバイトなどをして安定した収入があれば、申し込むことが可能です。

在籍確認ができなかった場合

アコムACマスターカードの審査においては、他のクレジットカードやカードローンの審査と同様に在籍確認が行われます。

在籍確認とは、クレジットカードのカードローンなどの審査の際に、担当者が申込者の申告した勤務先に電話をかけることで実際に在籍しているかどうかを確認することです。担当者は電話をかける際に、会社名を名乗らず、自分の名前を名乗ります。在籍確認によって、周囲にカードローンやクレジットカードへの申し込みがバレる可能性は低いです。在籍確認は審査において特に重要と考えられているので、在籍確認が完了しない場合は審査にも通りません。

在籍確認においてアリバイ会社を利用し、バレた場合も審査に落ちます。アリバイ会社の利用はリスクが大きいので避けるべきです。

アコムACマスターカードの審査に通るにはどうしたらいいのか

アコムACマスターカードの審査に通るための方法を見ていきましょう。

  • 安定した収入を得る
  • 在籍確認がスムーズに行われるようにする
  • 申し込み前に借入がある場合には、借入件数や借入金額を減らしておく
    • スーパーホワイト(信用情報に何も記載がなくても)でも審査に通る可能性がある

安定した収入を得る

アコムACマスターカードの申し込み条件にも「安定した収入」がありますし、安定した収入がないと総量規制による年収条件もクリアすることが難しくなるでしょう。「安定した収入」とは言いますが、必ずしも正社員である必要はありません。アルバイト・パート・契約社員であっても、安定した収入があればアコムACマスターカードの申し込み条件を満たせますし、審査で通る可能性は十分にあります。

在籍確認がスムーズに行われるようにする

職場に電話をかけられるのが嫌だからといって、申し込み時に電話番号を記入しないというようなことをしてはいけません。在籍確認において心配なことがあれば、担当者に相談をして、電話をかける時間などを配慮してもらうようにするとよいでしょう。

申し込み前に借入がある場合には、借入件数や借入金額を減らしておく

他社のカードローンや、クレジットカードのキャッシング枠での借入額が多く、総量規制の基準を上回っている場合、アコムACマスターカードの審査には通りません。返済を行って他社借入を減らし、新規借入の枠を作ることで、アコムACマスターカードの審査に通る可能性が出てきます。

スーパーホワイトでも審査に通る可能性がある

多くのクレジットカードの審査では「スーパーホワイト」の状態の場合、審査に通りにくくなってしまいます。
スーパーホワイトとは、個人信用情報機関に、カードローンやクレジットカードの利用履歴がなく、真っ白の状態のことを言います。スーパーホワイトの状態だと、過去に金融事故情報を起こしていて、長期間カードローンやクレジットカードが利用できなかったのではないかと疑われ、審査において不利になることがあります。
アコムACマスターカードの審査においても、スーパーホワイトではない状態のほうが望ましいですが、スーパーホワイトであるからという理由だけで落とされることはありません。
アコムACマスターカードはスーパーホワイトの人でも通る可能性があるので、クレジットヒステリーを積むために申し込みをするケースもあります。

アコムACマスターカードの再審査に通過するには6か月間の期間を空けることが必要

アコムACマスターカードに限らず同じカードローン会社から再び審査を受けたい場合には、必ず最大6か月は期間を空けてから申し込みしましょう。なぜなら、カードローン会社の利用者の契約情報は6ヶ月以内に削除することが義務付けられていますので、6か月を経過すれば申し込み情報が削除されているために審査に通りやすくなります。
つまり、審査に落ちてから再度6ヶ月以内に申し込みをすると審査に落ちる可能性が高くなります。(いわゆる「申し込みブラック」と言われるものです。)
その理由は、審査に落ちてからすぐに再び審査を受けると、お金時困っていて返済能力がないではないかとカードローン会社や金融機関が判断するからです。

再審査を受けるなら審査落ちになった原因を改善する

ただ何もしないで個人信用情報機関から利用者の申し込み履歴が消える6ヶ月を待っているだけで審査に通るというものではありません。アコムACマスターカードの審査に落ちてしまう項目をクリアすることが最低条件になります。
つまり、申込者の年収が上がる、クレヒスから金融事故の記録が削除されるなどといったなど返済能力が以前よりも改善した場合には、再審査に通る可能性も出てきます。逆に、年収が下がった、カードローンの借入件数や金額が増えたなどの場合に返済能力に問題があると

もし、アコムACマスターカードの再審査を考えているならば、再審査を待っている6か月の間に自分が前の審査に落ちてしまった基準や審査項目をもう一度確認し、それを改善していく必要があります。

例えば、借入金の返済見込みがつきそうな人、他社からの借り入れがなく再審査までの6か月の安定した収入を得ることができた人は、アコムACマスターカードの再度審査をうけてみてもいいと思いますもし、一度審査に落ちてしまって、再度アコムへの申し込みを検討している場合には、審査に落ちてしまった原因を改善することが審査通過への近道となります。

アコムACマスターカードの特徴

アコムACマスターカード

年会費無料、最短即日発行

アコムACマスターカードとは、消費者金融信販会社のアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。国際ブランドがマスターカードなので、世界中で利用できます。ACマスターカードは年会費無料で使える上、審査時間は最短30分、最短即日発行という特徴もやキャッシング機能も搭載されており、お急ぎの方やキャッシングも利用したい方にももおすすめのカードです。ACマスターカードは自動キャッシュバック機能を搭載しており、クレジットカードご利用金額の0.25%が差し引かれた金額が差し引かれます。

おすすめのポイント

  • 年会費永年無料
  • 最短即日発行可能
  • カード審査がアコム独自基準
  • ショピング利用金額の0.25%が自動キャッシュバック
  • ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額が最高800万円
実質年率10.0%~14.6%
利用限度額(ショッピング)1~300万円
審査時間最短30分
カード発行の時間最短即日発行可能